2008年06月10日

漫画『新忍者ハットリ君』藤子不二雄A

ハットリかんぞうただいま参上。

ハットリ君は、弟シンゾウ、忍者犬獅子丸らと共に
ケン一の家に住んでいる修行中の忍者少年だ。(伊賀忍者)

その性格は、義に厚く、ずばぬけた身体能力・忍術の腕前を持ち
更に花火を作れたり、絵心もありかつ優れた倫理観を持つ。

「忍者は耐え忍ぶことも大切」と人の見えぬ所で泥をかぶったり、
あえて嫌われ者になったりする姿は、聖人君子そのものであり、
完璧すぎる優等生キャラである。弱点は、カエルである。

基本的に、ストーリーはわがままで考えたらずのケン一や
シンゾウ・獅子丸や、ハットリ君をライバル視するケムマキ
(甲賀忍者)が起こしたトラブルをハットリ君が尻拭いするもの。

また、悪人、三下、チンピラ、変人、近所の迷惑な博士、
ロボット、忍者(アメリカ忍者、中国忍者、ロボ忍者他)などと
いった「トラブルメイカー」が次々と現われ、
それをハットリ君がこらしめたり、いさめたりする「勧善懲悪」的
なバトル物(格闘もの)である。

それにしても、ハットリ君の住むご近所、すぐに悪人が登場する。
日本とは、思えないほど治安が悪い。

どこかに出かけても、悪人や上記したトラブルメイカーが現われ、
ハットリ君たちが襲われる。少年向きギャグマンガでありながら、
陰湿でいじわる・二枚舌なケムマキ、
こども相手でも容赦なく金を巻き上げるカスいチンピラ、
呪いをかける少年などネ暗なキャラが多いのも特徴。

高い倫理観を持つハットリ君と、倫理観の欠如したキャラクター
たちを対比させて読むとまた楽しめる。

しかし、忍法「むささび」(ふろしきを使って空を飛ぶ)、
忍法「壁歩き」(ニュートンの法則を無視して歩く)
などはわかるが
シンゾウの「泣きわめき」(周囲にいる人間を気絶させる)
などは一体どこが忍法なのか謎である。
また、この技の効果が異常に高い。

管理人としては、チクワ大好き、怠惰な忍者犬獅子丸が好きである。

200806100753000.jpg


200806100756000.jpg

文庫版全4巻。基本は短編形式だが、中編のバトル編が随所に入る。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。