2021年02月24日

漫画『阿波連さんははかれない』水あさと

人との距離が測れない阿波連さんと天然なライドウ君との計り知れない学園ラブコメ。無表情最強コンビの何気ない日常に心が癒されること請け合い。二人の関係はもはや恋というよりも愛だよね。ちっちゃくてかわいい阿波連さんに対する保護欲(父性)を発揮するライドウ君が父と子、『よつばと!』のとーちゃんとよつばみたいな関係になって色々がんばる。だが空回りしていることも多い。淡々としているように見える阿波連さんだけど、言動がなんというか最高なんだよね。甘えるときは全力で甘える。信頼した相手には全力で応える。それは大城さんにも言えることだけど、そこにはいわゆる見返りとか打算とかが見えない。純粋無垢な愛情ややさしさが作品から醸し出されていて、読んでいて心が癒されるギャグマンガ。
DSC_0626.jpg

高校生のライドウくんは無表情でとっつきにくいので友達がいない。ともだち100人作りたいなぁと思っていたが、そんなに急に変われない。隣の席のちっちゃい阿波連さんとはまともにしゃべった記憶がない。そもそも言葉を返してもらえない。そんな日々を送っていたが、あることがきっかけで急に阿波連さんと仲良くなる。あれ、でもこの子接近しすぎじゃね?やたら密着してくるし。阿波連さんは人(同級生)との距離を急接近させすぎるので、怖がられともだちがいない。(ストーカーのような大城さんという守護者、まぁともだちかは例外として)心を許した相手に対しては、幼児のように全力で距離をつめてくる。変わり者同士の二人は、信頼しあい一見カップル、よく観察すると親子のような密な関係となり行動を共にするように。

ラブコメなのでライドウ君は妄想癖を強く発揮するが、いわゆるエロ系には全くならない。秋の空のように爽やかなものである。そして一見阿波連さんがボケ、ライドウ君がツッコミのようだが、ライドウ君はド天然で思い込みが激しいので狙わずにボケ倒してくることも多い。ボケているが本人が気づいていないので、阿波連さんがゲッソリするほどフォローしていることもある。しかしこの絶妙な間合いというか距離感というか、不思議な関係性は独創的だと思う。全然違うようで波長が合うというか。いつもそばにいられる心地よさ、絶対に自分を受け入れてくれる存在、裏切らない相手。出会うべきして出会った運命の人っていうのはこういう二人なのかもしれないと思わせる清々しいラブコメ。ライドウ君が無表情で男前発言を繰り出して、阿波連さんが照れるコンボも好き。ジャンプコミックス+ 10巻〜 ☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:31| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

漫画『ブルージャイアントエクスプローラー』石塚真一 story director NUMBER8

ジャズの本場アメリカに単身で上陸した宮本大は、世界一のサックスプレーヤめざして奮闘中。

ヨーロッパで最高の仲間に恵まれ、高い評価を受け知名度も上がり大成功を収めた大。しかし居心地の良い場所をあえて離れ、更なる高みをめざす決意を固めバンドを離れる。仙台に帰郷し、日本の仲間玉田からかつての盟友雪祈がアメリカの音大に通っていることを知らされる。音楽でつながった彼らはやはり音楽でつながっていた。国際自動車免許を無事取得した大は、西海岸シアトルに到着した。ジャズは何と言っても発祥の東海岸が本場だが、アメリカの全部を見たい大はあえてシアトルを選んだ。

アメリカの移動には自動車が必要だと実感した大は入れ墨がえげつないジャックの自動車工場で働くことに。ガソリンスタンドで働いていた過去、昔取った杵柄が生きてきた。ロックが大好きなジャック、音楽でプロをめざしその夢が捨てきれない従業員エディと共に汗を流す大。世界一をめざすと宣言する大にそれはムリだと言うエディだった。だが大の演奏を聴いて思うところがあったのか縁の深いジャズ店での共演を提案する。圧巻の演奏をする本物に出くわし、彼の心の中に芽生えたものとは?そして今後の大の活躍は?壮大なスケールを感じさせるシリーズ大第3作堂々始動!『BLUE GIANT EXPLORE』ビッグコミックススペシャル 2巻〜

DSC_0627.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:28| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

漫画『ブルージャイアント シュプリーム』石塚真一 story director NUMBER8

世界一のジャズシンガーをめざす宮本大は単身ドイツに乗り込んだ。彼の青い情熱は、音楽は国境を越え、人々の心を捉えるのか? 『ブルージャイアント』続編。 http://manga0001.seesaa.net/article/452806141.html

ドイツミュンヘンにやってきた大だったが、静かなジャズを好む傾向が強いことに気付く。街中で練習を試みても警察官に注意され、店での演奏を交渉しても断られてしまう。凍える場所で人知れずサックスを吹く大は、自分を助けてくれる人と出会い着実に前に進み出す。
P2017_0904_215951.JPG

大学生クリスと出会った大は、世界一のジャズシンガーになると宣言し、彼の心を打つ。演奏する場所の交渉と聴衆として仲間たちを集めてくれたクリスに報いりたい。大は思いっきりの即興演奏をこなし圧倒した。クリスらの呼びかけにより、多くの聴衆の前で演奏をすることになった大はスランプに。あてどなく道をさまよいながら、よりよい演奏求めて演奏場所に現れた。高評価を得た大だったが、独りで演奏することの大変さを実感し仲間を探すことに。 力強い演奏が魅力のベーシスト、ハンナ・ペータースとの演奏を依頼するが、断られてしまう。彼女はドイツの大都市ハンブルクに帰るとのこと。
P2017_0904_220106.JPG

親切にしてくれた盟友クリスに別れを告げる。ハンブルクにやってきた大はハンナを捜す。大都市ということもあり音楽に対する理解や聴衆の数も多く、演奏者のレベルも高い。でもやはりいっしょに演奏するなら彼女と決意を固める。老舗楽器店や道行く人々に尋ねるが行方知れずのまま。楽器を大切にする大の姿勢によって楽器店店主ボリスも熱心に彼女を捜し出す。音楽を続けるハンナであったがいろいろな壁を破れもがいていた。ボリスはハンナを見つけ、大の居場所を告げた。

個性が強く妥協を許さない音楽家同士が「我」を通すとき、反発し合うことは必定。ブルーノ、ラファ、ハンナといった才能あふれるメンバー。そして彼らのマネジャーとして加わったガブリエル。「NUMBER FIVE」は失敗や試行、挑戦を繰り返しながら大いなる飛躍を遂げる。聴く者の心に届き、成功の道を歩き出した彼らにビッグプロジェクトの参加が決まる。分かりあえなかった仲間が分かりあえる最高の関係になり、聴衆の心に音楽が染みわたっていく。最高の仲間を得た実感に感謝しながら、しかし大の中で更なる高みをめざす心が強くなっていく。巻末おまけページで、宮本大と関わった者がインタビューに答えるというおしゃれな演出がされている。全11巻 ☆☆☆☆★ ジャズの本場、新天地アメリカをめざす大の活躍を描くのがシリーズ最新作『ブルージャイアントエクスプローラー』だ。近日紹介予定。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

漫画『高校生家族』仲間りょう

目出鯛高校に合格した家谷光太郎は8歳の妹春香、45歳の父一郎、42歳の母静香、そしてかわいくない飼い猫ゴメスも同じ高校に合格し入学が決まったことを知る。俺の青春が家族によって台無しになってしまう…と光太郎は明るくない未来を想像し悲観する。だが、学校でワル目立ちする家族たちとのふつうではない学園生活は面白おかしく、それはそれで青春の日々だった。
DSC_0628.jpg

勉強はできるが負けず嫌いでメンタルは小学生の妹、クラスメイトにゼリーを振る舞い同級生の子が同級生だった母、運動能力とパソコンスキルがムダに高い父、校長室にうんこをしに行くゴメスに振り回されながら、光太郎は普通の高校生として普通ではない高校生活を送る。親友からは陰キャ寄りと指摘されるいたって普通の高校生光太郎の明日はどっちだ?『いそべー』の作者による学園ギャグマンガ。そのセンスの高さは健在で今後も楽しみの作品だ。ジャンプコミックス 1巻〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:41| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

漫画『薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳』原作日向夏 作画倉田三ノ路 キャラクター原案しのとうこ

薬学オタクの猫猫は誘拐され後宮の下女となった。天皇から寵愛を受ける玉葉妃の娘の危機をこっそり助けた猫猫。だが宦官の後宮監督者壬氏に猫猫が優秀な人材だとバレる。そして玉葉妃の侍女に推挙されてしまう。外はキラキラ、中はドロドロな宮廷生活は人の嫉妬が絡み、権力争いもあって殺人など物騒なことが起きやすい。できたら、その渦中に巻き込まれず暮らし、年季を終えて出ていきたかった。だがそううまくはいかないようだ。花街育ちの猫猫は、顔にそばかすをつけ容姿を落とす逆化粧をし、不愛想にすることで身を守ってきた。なんかうさん臭い壬氏に対して露骨に嫌そうな顔をする。しかし壬氏は特殊な変態なのでかえって猫猫に興味を抱き、やたら干渉してくる。
DSC_0625.jpg


うざい…と思いながらも薬師としての手腕を見込まれた彼女は、大好きな調剤や薬に接する機会を得られることに。父(おやじ)ゆずりの薬学知識と花街で培ったエロ知識によって講師としても大活躍。身の回りでは殺人や暗殺未遂が次々と起こり、事件の謎解きをこなしていく。毒味や自身を用いた人体実験、そして宮中に置いても奇行が目立つので苦情が絶えない。でも壬氏などの強いヒキがあるので不問に付される。単なる暇人かと思われた壬氏の意外な素顔と一方通行な恋愛感情。猫猫をうちの子にしたいと豪語する羅漢。因業なやり手ばばあといった濃いキャラたちの干渉を交わすオタクヒロインの姿が印象深い。恋愛脳に陥らない名探偵なので感情に左右されず推理を導き出す。「ノーミソコネコネ」、猫の身体のように脳に柔軟性を感じる。小学館サンデーGXコミックス 10巻〜 ☆☆☆☆+

『薬屋のひとりごと』作画ねこクラゲ 構成七肢綺 ビッグガンガンコミックスバージョンもある。多少違う箇所もあるが基本的にその内容やストーリー、キャラは同じ。評価も同じとする。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:03| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

【鬼考察】

実際に見たわけではないけれど、禰豆子が恵方巻を加えているポップが日本全国で踊っていることが容易に想像できます。そんな節分(あれ、節分って2月3日じゃなかったっけ?)の今日、みなさんはお元気にお過ごしでしょうか?いろんなことがあって落ちこんだりもしたけれど、私は元気です。節分の主役である「鬼」について。鬼は『約束のネバーランド』では人を食べる存在食人鬼ですね。まさに鬼畜の所業。人を食べるような人道に背く存在だから鬼と言われる。鬼道に堕ちた存在というわけです。今、日本全国でこどもにあだ名を禁止しています。鬼滅の刃にちなんで無惨とか63とか「キブツジ」とか言っちゃダメなわけです。私の職場でもあだ名は禁止。まぁ大人なんてでっかいこどもみたいなもんですからね。その都度釘を刺しておかないと神戸の著しく程度の低い犯罪者教師(鬼)みたいななのが現れるわけです。心を鬼にして言いますが、やはり鬼は排除しないといけないわけです。自分に対する戒めとしても。せいぜい職場で崇められるのは仕事の鬼くらいのもんですよ。

歴史的に見た鬼とは?これは傑作小説『QED』シリーズ(高田崇史先生)を論拠に展開したいです。自分から見た鬼とはつまり敵対勢力。たとえば大和朝廷や大和政権から見た敵対勢力のことです。自分たちに逆らう存在、自分たちの意のままにならない存在は敵、鬼なわけです。だから侵略する、武力によって討伐したり統治したり略奪する。相手が人だと思うから良心が痛むので「鬼」(ひとでなし)とすることで侵略するわけです。このメンタルは日本に限りません。歴史に敵に侵略した国、中国、エジプト、モンゴル帝国、ローマ帝国、スペイン、イギリス、アメリカ、韓国、中東地域の紛争…と枚挙にいとまなく出てきます。「正義」とか「聖戦」とかどれだけ自己正当化に努めようと結局のところ侵略であって、略奪・搾取しているという事実しかありません。戦っている双方が自分が正しいと信じているだけ、どっちが正しかったのか間違っていたのか歴史が証明してくれるとかいう人もいますが、死んでいるひとがいる・虐げられたひとがいるという事実の前にはただただ虚しいだけ。

安易に鬼は外鬼は外福は内と言うのも考え物です。だって社会的に権力者の数より被権力者の方がいつの時代も多い気がします。そして、鬼と決めつけられた弱者が先祖という人の方が絶対的に多いわけで、織田信長の子孫なんて人は稀有な存在、大概は農家や漁師、商人・職人が先祖のはずです。どちらが優れているとか尊いとかではなくて単純に生産者系の仕事を生業にしている人の方が多かったはずで、全員侵略者・戦闘民族なんてサイヤ人くらいでしょう。そして、そんなのは滅びるか絶滅危惧種になる存在でしかない。生物学的には弱い存在です。ミャンマーのことについては全然詳しくないのですが、ミャンマー軍の愚策・悪手だけが強調される形になった気がします。ワンピースではないですが、握手して人々が人繋ぎの宝を手に入れる日はいつやってくるのかなぁと思います。物語や創作で鬼がフューチャーされるのは造詣がおもしろいことと、それを人として描いてしまうと生々しいことや世間的にOKが出ないことが大きい気がします。鬼滅の刃では、元々人だったのに鬼と呼ばれる存在になってしまった人の葛藤とか過去の記憶とか悲哀とか、敵方の気持ちの代弁がされていて、それが新鮮だったなぁと。鬼すごかったなあと思いました。

【お知らせ】
一部政治家のポスター等に『鬼滅の刃』の作品イメージを利用したものが見受けられますが、株式会社集英社および週刊少年ジャンプ編集部は、これらについて一切の関与をしておりません。 2021年2月4日 週刊少年ジャンプ編集部(少年ジャンプ公式サイトより引用) ※ 一体全体どういうつもりだァ?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:59| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。