2019年04月26日

漫画『きょうは会社休みます。』藤村真理

青石花笑は恋愛経験0のまま33歳の誕生日を迎える。
無遅刻無欠勤のマジメで几帳面で地味な花笑は、
酔った勢いでアルバイトの田之倉悠斗と関係を持つ。
花笑は戸惑うがとりあえず職場に連絡しなければ。
「きょうは会社休みます」。

全く覚えていないけれど、21歳で職場が同じ田之倉君と
付き合う約束をしたらしい。
一回りも違う相手…、騙されてお金を取られるのでは…
と相談された親友の一華も不安を隠せない。
花笑は発展しそうだった恋愛を拒んだ過去の反省から
田之倉君を信じてあえてこの恋に踏み出した。
don't be afraid to try again.

DSC_0323.jpg


田之倉君との恋愛に一喜一憂する花笑だったが、
同じビルの違う会社のCEO朝尾侑と出会う。
自信満々で常に主導権を握られてしまう恋愛上級者の
朝尾はなぜか花笑に猛アプローチ。
からかわれているのかと思われたが本気らしい。
物語の都合上、花笑は田之倉君と同じくらい
朝尾さんと縁があるらしく思わぬ形で遭遇する。
朝尾さんいけずな部分もあるけどほんま男前や。
男前なひょっこりはんや。

DSC_0318.jpg


職場では、性質の悪い瞳やら幼稚園児レベルの加々見、
厄介な加々見の教育を押しつけてくる課長、
そして性格のゆがんでいる女部長だの何かと
めんどうな人物が登場して花笑を困らせる。
恋愛リア充分、反比例して職場では非リア充だ。

田之倉君に癒されながら、どっぷり恋愛にひたる。
朝尾さんに振り回されるのも決して悪くないし…。
変な夢を見たり、現実をつきつけられたり、
信じることに迷ったり、信じたり…。
思わぬ人から助けられたりしながら物語は進む。
大人のラブコメ。
Alles,je vais pas au travail aujourd'hui.
集英社ココハナ マーガレットコミックス 
全13巻 ☆☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:24| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

【名著名言集U】

人間としてまっとうに生きるには、
目標がなければいけない
それはけっしてぼんやりとした夢で
あってはならず、たしかな目標でなければ

『天切り松闇がたり 第五巻』浅田次郎

(一億総評論家?)
あんなもん、なにが「評論」ですねん。
ただの感想や。今は「感想」が「評論」になる。
そのうち悪口も評論なら愚痴も自慢も評論になります

『結構なファミリー』佐藤愛子

神さまはこの人間を天国に召そうとして
引っ張っておられる。
その脚をお医者さんが下から引っぱる。
私は神さまとお医者さんの
綱引きの綱になるのはごめんです

『まだ生きている』佐藤愛子

自分が好きなものにさえ
金を払いたくない人間がいるんだよ。
本人がよっぽど安い人間なんだろうな

『本と謎の日々』有栖川有栖

まっすぐ行っても、外れって言われることもあれば、
外れだと思ってた人生をまっすぐだと、言ってくれた

『疑いの車中』日下圭介

たとえどんな死に方をしても、
魂が汚れることは決してない。
それは、形を変えて絶対に続いていくはず。
遺していく力の重みこそが、きっと人間が唯一
このどうしようもなくたまらない世界の中に
置いていける何かなのよ。

『ハゴロモ』(抜粋)よしもとばなな

死者にも名誉があります。
ただしそれが汚されても、回復する手段はない。
死者は喋れませんからね。でも、僕は諦めない。
喋れない死者の代わりに、必要ならば声を上げます。

『アナザーフェイス2』堂場瞬一

外に出れば出会いがあるっていうのは、
あなたの幻想だから
つきあう気持ちがない人は、
部屋にこもってても大勢のなかにいても、
所詮は一人のままなの

『あの家に暮らす四人の女』三浦しをん

おいしく食べて元気になってもらうために、
食べ手の体にも心にも気づかって調理する。
それが作り手の良心だから

『佳代のキッチン』原宏一

全体を考えてあくせくすることなく、
一つ一つ着実に試練を乗り越えたい、
自分の心と時間に誠実でありたいと願うことはできる。

『ネオカル日和』辻村深月

人間の人格を形成するについて大事なことは、
他からあたえられる恩恵だけでなく、
他からうける信頼だ

『迷路荘の惨劇』横溝正史

近頃は経済力と軍事力を振りかざして、
高飛車な主張をしているが、
彼らは何故ああも自己中心的で、反日的なのかな?
自己中心的な国だから、中国というのです。

『虚人の星』島田雅彦

ゆっくりでええから、坂上ろう。
きっと綺麗な通天閣が、見えるから。
ほんでチーフも、いつか、この高みから、
いつかの自分を、見下ろせる日が来るから。
頑張ったなぁ、て褒めてあげる日が、くるから。

『通天閣』西加奈子

その気になればね、
砂漠にだって雪を降らすことだって、
余裕でできる

『砂漠』伊坂幸太郎

人生なんていつ終わってしまうか分からないんだから、
話は交わせる時にしておくべきだ。
不躾だろうが何だろうが。

『死神の精度』伊坂幸太郎

見ることには愛があるが、見られることには憎悪がある。
見られる傷みに耐えようとして、人は歯をむくのだ。
しかし誰もが見るだけの人間になるわけにはいかない。
見られた者が見返せば、こんどは見ていた者が、
見られる側にまわってしまうのだ。

人はただ安心するためにニュースを
見ているだけなんだ。
どんな大ニュースを聞かされたところで、
聞いている人間は生きているわけだからな。
本当の大ニュースは、世界の終わりを告げる、
最後のニュースだろう。

『箱男』安部公房
ラベル:名言
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:58| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

漫画『ふたりぼっち戦争』肘原えるぼ

姉と弟の夢はそれぞれを守りたい。
侵略者イドラによって壊滅的被害を受けた人類は
生体兵器アルカナを開発。
世間的には極秘事項も多いアルカナは
イドラへの唯一の対抗手段として人類希望の星。

交通事故によって車椅子になった弟イリヤは
遠隔操作でアルカナを動かすプレイヤーになる
夢を抱くようになる。ただひとりのきょうだいを
守るために姉アンナは防衛軍に入隊し出世。
イリヤもプレイヤーとして最終試験を受けることに。
だがアンナは試験官から驚愕の事実を知らされる。

DSC_0289.jpg


アルカナは人をイドラ化することで生まれる。
血のつながりのある家族がアルカナユニット
(戦争兵器)となり、それをプレイヤーが遠隔操作
している。アンナはイリヤに知らせぬまま
これを受諾し、イリヤは合格しルーキーとして
アンナと共にイドラとの戦争がはじまった。

姉をアルカナとして危険にさらすことにとまどう
イリヤだったが、他のアルカナたちと共に
イドラ討伐に向かう。
姉を守る、危険にさらさないためには自分が強く
ならなければ…と心に誓うイリヤ、
そして身体に変調をきたすアンナ。
命を落とすアルカナメンバーが出るが、
自分たちが戦わなければイドラによって
何百万人の命を失ってしまうかもしれない。
しかし最も愛する姉を失うかもしれない。

ジレンマに陥るイリヤ。元々姉を守るために
アルカナになったはずなのに…。
自分の夢が大切な姉を危険にさらしている。
そしてイドラによってアンナの体調が悪化し、
非情な命令がくだされた。
そして彼らは、ふたりぼっち戦争に突入した。

集英社ジャンプコミックスSQ 全3巻 ☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:23| Comment(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

漫画『おひっこし』沙村広明

『波よ聞いてくれ』がヒット中の沙村先生の
青春ラブコメ。
大学生の遠野(野郎)は色気ムンムンな赤木さんに
恋をするが、幼なじみの小春川は遠野が好きだった。
しかし、遠野が赤木を見る目が自分と全く違う
ことに気づいているのでバンド仲間の木戸と恋人に。

DSC_0264.jpg


赤木さんは青年海外協力隊でザンビアに赴いた
滝先輩という恋人がいる。これはある意味チャンスだ。
なんとか赤木さんとお近づきになりたい。
酔った勢いでわけのわからないデートの誘い方を
してしまう遠野。赤木さんの本心は全くわからないが
空回りしながらもムボーにも突き進む恋心。
そして日本に復讐を誓う謎のイギリス人ハーフの長身男が
登場し物語は全く読めない展開に。

差し挟まれる謎のおまけページ的動物ネタ。
古すぎて新しい懐かしすぎる時事ネタ。
ウィットとセンスのある不思議と笑しんいを誘う会話。
暴走気味の展開かと思いきや読者に語りかける技法。
おかしな魅力の詰まった竹易てあし漫画全集。

18歳少女漫画家船橋夏見の数奇な運命を描いた
涙のランチョン日記も収録。
講談社アフタヌーン 全1巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:01| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

漫画『わたしはキャワワワ!!』大亜門

かわいいヌイグルミを愛でるイヨは
不気味なウサギ状の化物エイナスにつきまとわれる。
「かわいいは正義」であり、かわいければ殺人も無罪!
という妖精達が住むプリティランドからやってきた。
エイナスは語る。(全然かわいくない法治国家!)

しかし「テラキモス帝国」というキモい集団が現われ
ランドを制圧。女王が捕まってしまった。
自分を唯一かわいいと言ってくれた女王に報いたい。
有事の際、異界の戦士キャワワワがなんとかしてくれる
という手前勝手な伝説を信じてここに来た。と語る。
グロスを塗るとキャワワワに変身。

DSC_0277.jpg


魔法少女のような格好にされたイヨは
帝国からの使者アブラハム将軍に襲来される。
アブラハムからもかわいくないと断言された
エイナスは本性を現し、よりかわいくない姿に。
困惑するイヨは自分のヌイグルミをキモい姿に
変えてしまうアブラハムを残酷な手段で一蹴。

イヨは味方を探しながら学園生活を送るが
アブラハムが度々襲来しバトルへと流れ込む。
学園内にいる強力な仲間と共に天然のイヨは
毒舌で暴言ばかりのエイナスと暮らす。
表紙のかわいい絵柄と裏腹に下ネタ全開、
毒舌とパロディー満載のギャグマンガ。作者いわく
編集の出した条件を達せず打ち切りの憂き目にあう。
集英社ヤンジャン 全1巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:32| Comment(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

【漫画名言集・迷言集】

こんな男 ただの底辺男だろ?
犯罪者予備軍だろ!?
こんな男を好きだなんて
おまえ日本滅亡さす気か
いいか!? 幸せになりたいなら
心がきれい人を好きにならなきゃダメ

高校野球の審判くらい
(恋愛対象は)ストライクゾーンを広めにとれるといい

『タラレバ娘リターンズ』

生活の基礎である土地によって
暴利を得る奴らは社会のダニですな。
しかし、いっぺんダニになってみたいものですな。

『3万3千平米(SF)』寺主

おとなは自分が、かつて子どもだったことをわすれ、
子どもはやがておとなになることをわすれている

あの目から流れる水、あれが曲者らしい。
地球人はしばしば目から水を流し
さまざまな問題をウヤムヤに終わらせている。

【征地球論(SF)】宇宙人

ひまのプーさん

女子で柔道強いなんてヤワラちゃんみたいじゃん!
カワイイよ!
どっちの?(カワイイなら漫画の方だな…)

『わたしはキャワワワ!!』マコティ

今まで食べたおいしいものを全部合わせたような味

オレ達が家族だ!!!!
オレ達は同じ運命の下に生まれて
一緒に困難を乗り越えてきた家族じゃねえか!!
みんなで帰ろう

『彼方のアストラ』カナタ

君はいつも言ってた
菓子作りをビジネスとしか考えられない人間は
職人になるべきじゃない
お客に喜んでもらおうという気持ちがなければ
おいしいお菓子は作れない

『西洋骨董菓子店』小野祐介

俺 お前にひでー事言ったよな 悪かった
だからお前も千景に謝れ
今のお前の言い方はフェアじゃなかった

なんであいつらケツをわしづかみにしながら
歩かなきゃいけねえんだろ…

『西洋骨董菓子店』橘圭一郎

エイジ帰ってきたっていんだぜ だってよ…
だってお前うちの子になったんじゃねーか…

『西洋骨董菓子店』会長

文春砲でスキャンダルをスクープされた
政治家の自宅をバズーカ砲で爆破する

美男美女が美辞麗句を並べ立てる地上波の
24時間テレビより
キモいオタク達が誹謗中傷しあう
ネット社会の方が美しい
いちばんたいせつなことは地上波では見れない

ピッカチュー

『星の☆王子さま』
ラベル:漫画名言 名言
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:29| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

漫画『星の☆王子さま』漫☆画太郎

砂漠で出会ったのは、かんしゃく持ちで斧を振り回す
クレイジーボーイだった…。
サンテグジュペリの名作『星の王子さま』を
ギャグマンガの巨匠?画太郎先生が漫画化。
一体、どうなってしまうのか?

DSC_0288.jpg


飛行機が故障してしまい砂漠に不時着したパヤオ。
水は1週間分しかない、大ピンチだ。
そんなパヤオだったが、巨大な斧と生首を持った
不気味なハダカの少年(星の王子さま)と出会った。
アニメーターを夢見ていたが親の意向もあり
パイロットになったパヤオ。
(パヤオは宮崎駿ですね、宮崎作品イジリもあるので)
少年に羊の絵を描いてほしいと言われるが
お気に召さないらしく、斧で殺されそうになる。

パヤオは土壇場で「絵に描いたものを3D化する」
という特殊能力を発揮する。少年に認められ
いっしょに僕の星に来てほしいと言われる。
突如星に出現した怪物植物ババァの魔の手から逃れた
少年だったが、日本にも危険が迫っていた。
(ババァは一見、地表に現われた美しいバラと思われたが、
土の下(内面)に悪質な性質を隠し持っていた。
成長したこの怪植物は少年に悪魔的な命令をし
トラウマを植え付けた)

東京オリンピック開幕の147日前に薬漬けになった
老人達がゾンビ化し、若者たちを食い尽くす。という
地獄のような予知夢をした過激派キツネマン。
親友の預言に怯える少年はババァと対決する道を選ぶ。
ピッカチューと叫ぶ奴や、スタンド使いらを仲間にし、
強敵アル中に挑む少年だったが…。

予測不可能なファンタジーギャグバトル漫画。
大切なことは目には見えない。
庶民(市民)に肝心なことは秘密にされる。
教えてもらえないし知らされない。
それが国家や社会の怖さ、やり方。
王子さまも都合の悪いことはパヤオに言わない。
聞こえないフリをかましてくる。パヤオは汚い!
と弾劾するがこの王子、原作と違って性質が悪い。
こどもの無邪気と大人のズルさを合せ持っている。

一見美しく見えるものの見えない部分に見にくい(醜い)
部分が潜んでいる。は「星の王子さま」のテーマと
思われるが、画太郎先生はこの教訓を作品の中に
ぶっ込んでいる。日本国民を騙す永田町の古狸どもめ〜
とギャグに転じ社会風刺しているが本当に怖いことだ。
古本屋で買った貧乏人は死ねー
と叫んでしまう画太郎の心の弱さも怖いところだ。
ジャンプコミックス+ 3巻〜 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:47| Comment(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。