2018年03月31日

漫画『それではさっそくブォナペディード』ヤマザキマリ

イタリア、ポルトガルを行ったり来たりの
著者による食のあれこれを描いたグルメ漫画。
(グルメ系趣旨ではないと断っているが、
食べたことがない物やその国ならではの食文化、
食の事情も描かれていて懐の深い作品。
基本的に七面倒くさいうんちくや変なこだわりを描かず
食事を楽しもうという姿勢に好感が持てる)。
海外にいるからこそ味わえる食べ物や
意外にも食べられるアジの干物に驚き。
日本に住んでいないから手に入らない食材や
味わえない食べ物。そして感じるありがたみ。

本場のナポリタンは全く別物、甲乙つけがたい。
シチリアVSナポリのピッツァ対決。勝つのはどっち?
貧乏苦学生生活を救ってくれたのはミネストローネ。
おにぎり食べていたら変な誤解をされました。
パン粉がないなら作ればいいじゃない。
日本に来て食べたいのはミソカツ?
作者の最後の晩餐リクエストはポルチーニ茸。
P2018_0315_182902.JPG

年末のイタリア人はフードファイター並の食事をする。
そして、その反動で超粗食に転じダイエットに励む。
なぜか日本でテレビ出演、イタリア料理を作ることに。
ハイジやはだしのゲンに出てきた食べ物にあこがれる。
ありがとうはポルトガル語が由来だと?
うまい食材には理由があった。
万能すぎるバージンオイル、そして義母激怒。
チーズの魅力、これがポルトガル人のやり方か!
イタリア男が愛してやまぬママとヌテッラ。
(ヌテッラ…チョコとヘーゼルナッツのペースト)
ブラジルでの至上のスープムケッカで出会いと
踊り狂った思い出。
言葉を失う北海道のウニと甘エビ丼のウマさ。
食べてみないとわからないあのグロい食材の味とは?
17品に及ぶ料理レシピも収録。
変に気どらず、内容もおもしろく気軽に楽しめる。
講談社 ワイドKC KISS 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

【未来コオロギ】

「行ったり来たりできるよ これから」
埼玉でも桜が開花しました。
みなさんいかがおすごしでしょうか。
乃木坂46時間テレビを堪能しましたか?
生駒ちゃん卒業発表で傷心な管理人ですが
卒業したメンバーも本人が乗り気ならば
乃木坂46時間テレビでサプライズ登場!
という伝統を続けてほしいものです。
マツミンがバカバカしくておもしろかったです。

「きっと想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってる」
新生活に向けて準備を始めている方も
いるかもしれませんね。
部屋の模様替えをされた方、したい方とかも。
独裁ならぬ毒妻アキエ夫人のように
癒着とか後ろ暗い関係とかなく、
私はニトリの寝具関連をおすすめします。
「お、ねだん以上」なのは羽毛布団と
低反発マットレスです。腰痛が緩和されたので。
私とニトリが関係していたということになれば、
安倍が総理大臣も国会議員も辞めるということは
はっきり申し上げておきたい。

「絶えず転がる球を止めて」
そうそうプロ野球も開幕しますね。
私は両親の影響で巨人を応援しているのですが
チームの若返りを掲げる以上、岡本、吉川は結果出なくても
ある程度試合に出してほしい。あと、審判に対して
感じ悪すぎる長野はみっともないから苦言を呈します。
セリーグは広島、パリーグはソフトバンクが強そうですが、
他球団がどこまで食らいつけるか見守りたいものです。

「さよならってやだね 終わらなきゃいいのに」
漫画の話としては、ジャンプでいそべーに続いて
斉木楠雄も終了し、青春兵器ナンバーワンまで終了。
ジャンプはギャグマンガの弱体化が顕著。
春が来たのに冬の時代到来という感じ。

君に届けが12年の歳月を経て終了。
中学生が読みはじめて社会人になり
戌年の方が戌年になるという計算。
言霊(ことだま)、言葉の重みを感じる作品。
あと椎名先生の感性が変わらずすごいな…と。

本ブログでも紹介した『BEASTARS』が
漫画大賞受賞。『バキ』の作者の娘さんらしい。
漫画実写化流行っていますが、この作品は
漫画だからできる表現という気がするすばらしい作品。
知名度の高い『約ネバ』や既にヒット作『ダンジョン飯』
ではなかったことに意義があるなぁと思います。へばなっ!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:11| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

漫画『ひまわりっ健一レジェンド』東村アキコ

漫画家を夢見るアキコが父健一や職場の先輩、後輩、
腐女子高生らに散々振り回されるというギャグマンガ。
ラブコメでもあるが、ギャグ中心のストーリー展開。
父と同じ健一(健一2号)という名を持つ男性との
中学生レベル(小学生レベルかも)な恋愛。
悪魔のようなライバルおかっぱ節子の妨害。
鈍感なバカ健一2号も父レベルで話が通じず、
バカの壁を痛感させられる。
恋愛要素すら笑いのために存在している感が強い。

P2018_0324_060613.JPG


中盤までは、人の話を聞かず自由気ままな父健一により
台無しにされた家族の思い出や日常を描く。
中盤からは父が沖縄に転勤し、
アキコは東京で漫画家をめざすので父の登場は激減。
しかし、平和な日常を脅かす存在(キャラクター)は彼女のすぐそばにいた。
上京し、漫画家をめざす三国志好きの教え子。
そして、父健一に勝るとも劣らないおせっかい体質の
迷惑な先輩がお隣に引っ越してきて結局振り回される。
働きながら漫画を描くという忙しい日々の中で、
理不尽極まりないキャラクターたちに翻弄され、
心乱されながらも何とか作品を仕上げていく。
漫画を描く苦労。
優秀な才能を持つ新人漫画家を発掘した編集者の奮闘。
講談社漫画賞授賞式への流れなど、作中語られるように
『まんが道』的要素や『三国志』的要素もある。
キャラクターが一方的にコントを繰り広げたり、
コスプレに走るという東村先生テイストも健在。
P2018_0324_060736.JPG

〜あらすじ〜
美大を卒業したものの就職決まらなかったアキコは
地元宮崎に帰郷し、父のコネで父と同じ職場に。
あの気まぐれマイウェイな父との職場。
おまけにおかしな先輩(リーダー、元ヤン)の二人により
安穏な日々は送れない。
出入りの植木業者である朴訥でピュア(≒バカ)な
イケメン青年に淡い恋心を抱くアキコ。
だが何の呪いか君の名は父と同じ健一。
健一2号の話してくれたコウモリの話を漫画に描いてみたら
これが編集の目にとまり、漫画を目指すきっかけに。

恋愛に関して異常に保守的な父の監視、
恋のライバル性悪な節子によって進まぬランデブー。
高校の漫研に所属する濃い二人にアシスタントして
もらいながら(職場の先輩には邪魔されながら)
漫画を制作する日々。すれちがう恋心。邪魔する節子。
定期的に厄介ごとを持ち込む父。
味方にもなるがアキコで暇つぶしする先輩たち。

しがらみから逃げるように上京したのにつきまとわれる。
そんなある種のストーカー被害に遭いながら漫画制作。
アシスタントは漫画家を目指し出し、
優秀なアシスタントはリーダーの策略によりいなくなる。
騒々しい日常はどこに行こうと変わらない。
ハイテンションで展開され読んでいて非常に疲れるが、
東村作品随一の笑える作品に仕上がっている。
講談社モーニングKC 全13巻 ☆☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:10| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

漫画『CITY』あらゐけいいち

家賃滞納し、競馬で浪費する女カイジ南雲美鳥は
後輩にーくらに日常的に金を無心するダメ人間。
かつて数々のスポーツで校内を熱狂させた超人は
大学生になったらすっかりダメ人間になっていた。
P2018_0315_183401.JPG

突発的に盗みを働いた南雲は、いろいろあって
洋食マカベと働くことになる。愉快な家族経営を
しているマカベで、すぐにでもバックレそう…
と思われながらもなんとか仕事をこなす。

自分のことを本官と呼び、なぜかCITYの住人
たちからも本官と呼ばれるおまわりさんや、
調子こきのサッカー部員(マカベ店の息子)、
鬼強い大家のバアさん、自由すぎる女子大生わこなど
愉快な仲間たちが繰り広げる日常を描いたギャグマンガ。
モーニングKC ☆☆
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:07| Comment(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

漫画『運命の鳥』高橋留美子

「運命の鳥」
私は他の人には見えない鳥(運命の鳥)が見える。
自業自得で失敗をする人々の頭上に現れるこの鳥は、
その失敗の度合いに応じるかのように数が増す。
自分が好きだったマドンナ的存在の五木ひろみに
あの不幸を告げる鳥が舞い降りた時。
私は彼女が不幸な失敗をしないように忠告したのだ。
でも聞き入れてもらえず、彼女の転落人生を目撃。
P2018_0208_183033.JPG

年月を重ね、喫茶店のマスターになった私は
常連さんに頭に鎮座する鳥たちを見ながら生きている。
それとなく忠告する私だったが、誰も私の忠告なんて
聞きゃしない。この運命変えられないのかな?

「ポジティブ・クッキング」
料理教室に通いはじめたポジティブシンキングな妻は、
おだてに乗りやすい明るい性格の主婦。
創作お手軽料理が雑誌に取り上げられ、
テレビ出演が決まり、夫は危機感を覚えだす。
母の介護を5年もこなし看取り、毎日家事をしてくれ
ちゃんとした料理を毎日出してくれる妻に捨てられる?
感謝の気持ちの一つも言っておくべきだったのでは?
これだから昭和の男は的作品。

「年甲斐もなく」
母が亡くなったことで、父と母のなれそめを聞く。
婚約していた母の相手が他の女と逃げてしまい、
半ばやけになっていた母は父と契り、子を授かった。
母が結婚したのはあんたができたから。
冗談だと思っていた母の戯言。でも冗談じゃなかった。
…聞きたくなかった。

母に惚れきっていた父は、息子よりも若い若菜という
女性を家に連れてきて同居することに。
すごい勢いで貢ぎ出し、結婚しかねない勢い。
だまされているんじゃないか?

など日常に起こる事件や本来足るに足らないことから
勃発する騒動を描いた高橋留美子の短編集。
ビッグコミックススペシャル
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:29| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

【からくりサーカス 名言集】

【才賀勝】

人間の「伝統」は、きっと心の姿勢だ!!
悲しい昔をもっとマシにするためにがんばる心なんだ!!
P2018_0314_055947.JPG


ぼくはね、団員のみんなから――
「気持ちよく生きるための芸」を教わってるんだ。

今に ぼくが大きくなったら
このカゴいっぱいにお母さんに何でも買ってあげるね……

操られて上手に生きるよりも…下手でも…自由に…

思い出の中で大好きな人の笑顔が浮かぶ…
笑顔は本当にはかないもので…少しのコトですぐこわれちゃう。

この人はまるで… どす黒く燃える太陽だ!!

ぼくは、幸せになれなかった人達を、いっぱい知ってる。
だから、だから小さい声で言わないよ。
ぼくは、ぼくの近くで泣いてるヒトを、もう見たくない。

【エレオノール】

「自分の命と明日」
その重みを…ナイフはそのちっぽけな刃にのせているのです。

もうこれ以上はないと思っていたおじいさまのことば……
それよりももっとあたたかいものが……
あなたの腕からながれてくる

私は、あなたのしろがねです。

P2018_0314_060146.JPG

【加藤鳴海】

「死を恐れていない」んじゃねえ。
生きるコトを手放してるだけだろう。

【小銀】

誰かのためを思わない「道」に なんの光がさす。

【ファティマ】

「人生」というお店では、誰もが――
何かを得るためには、何かを支払わねばいけない。

【ギリ】

自分がやった事への後悔だけは逃げても逃げ切れない。
まるで洗い流せない油を背中に浴びせられたようだ。

【生方法安】

本当の才能とは生まれながらに備わった、
優れた才能のことではない…
努力し続ける才能のことを言うのだ。

自分でなんともならん運をなげいたってしょうがねえや。
ヒトは、今、自分にできるコトをやるしかねえ。


【からくりサーカスをご紹介】
http://manga0001.seesaa.net/article/121662144.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:05| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

『ドクタースランプ他 名言集・迷言集』

一番顔のいい奴が(危険な旅に)行くことにしようぜ。
と言うと ええーっ。わしが行くのか。
どあつかましく答えたのは 
千兵衛という村人でした。 顔については
みんなすごく文句があったのですが黙っていました。

こうして目を閉じて歩いていると
まるで暗闇をさまよっているようだ…
当たり前やんけ なに考えとんねん
P2018_0206_180827.JPG

ああっ い いかん
し しまったぁ〜……
ウンチがしたい
お上品なマンガなのに…

ジャッジのブータレブーさん 
真剣に考えております!!
さあ 優勝は!? 1年か!? 3年か!?
…………………
優勝はとなり村のベティさん!!
ええっ!!おら!?

あれは なんだっ!? 
カバだ!! ドッヂボールよ!! 
いやあスッパマンだ…
オカメコオロギより速く!!
トノサマバッタより強く!!
高いカズノコなど ひとっとび!!
P2018_0205_160234.JPG

ここにも一人 平和を乱す者がいないかと
パトロールを続けている 一人の男がいた 
なんだ スッパマンか…

どうして死ぬの?
ヤシの実が落ちてきてアタマに当たり…
ひゃっはっは ダサい死に方!!
P2018_0206_183126.JPG


ムダなページはボツのもと

オレは知っている 
オートバイから降りてしまったら死んでしまうという
「オートバイカラオリタラシンジャウ病」
になってしまったことを…

問題です 
則巻千兵衛は女の人のどこが好きでしょうか
Ⓐオッパイ Ⓑおしり Ⓒ太もも
全部好き!!!
正解です!

私はレースで優勝するよりも
もっとすばらしいものを手に入れてしまいました

【おまけページより抜粋】

週刊連載はおろしたてのパンツのようにキツイ

ホントはみたくなかったのだが
イヤラシ本を一生懸命に見ていると
あんた漫画家でしょ(と店員に顔バレ)
あせって少年ジャンプを買ってしまう。


ウルトラヤベー薬だ!
ヤクザが死体溶かすのに使うぞ!!
良い子は死体処理に使っちゃダメだぞ!
良い子は死体処理に困らねえよ!!
『ドクターストーン』

P2018_0310_073401.JPG

【ドクタースランプ&ドラゴンボール】
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:35| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

【石の中に貝】

【海岸で拾った石の中に貝が入ってたわけで】
P2018_0222_205332.JPG


【えんむすびーち(石川県)にて】
P2018_0221_143938.JPG


ぼ、ぼくはえんむすびよりも
おむすびの方が好きなんだなぁ。
金髪美女と恋人と思しき男性がイチャついていたわけで。
砂浜に相合傘とか書いていたわけで。
それを見てぼくは黙っていたわけで。
それをほほえましい(どす黒い気持ち)で眺めていたわけで。

くだらねぇとつぶやいてさめた目して伏し目がちで歩く。
ウロウロしていたわけで。
なんか、穴が開いているオカリナみたいな石あって
拾ってみたら、中に貝が入り込んでいてびっくり。
いいのかな?。持ち帰ってきたわけで。
人工的な石かと思ったら自然にできる(貝石)らしい。
〜北陸の国から 2008神秘〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:30| Comment(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

漫画『BEASTARS ビースターズ』板垣巴留

本能に抗うオスオオカミ、本能に従うメスウサギ、
過酷な過去を持つオスジカ、お手本大人パンダ…
高い知能を有したことで多くの矛盾や諸問題を
抱えることになった獣人たち。
擬人化されたキャラクターたちによって描かれる
現代社会の闇や諸問題に鋭いメスを入れた
傑作ファンタジー。生臭くて残酷で愛しい世界。
キャラクターの心理描写、造詣、動かし方など
特筆すべき点が多い作品。

全寮制の中高一貫校チェリートン学園は
肉食獣と草食獣が共存し一定の秩序が保たれていた。
しかし、アルパカのテムが食殺されるという
ショッキングな事件が起こり肉食獣が疑われる。
ハイイロオオカミのレゴシもその一人。
繊細で自分を押し殺して生きる忍者のような
虫好きのオス狼はある秘密を抱えていた。
P2018_0302_185426.JPG

この学校には強豪の演劇部がありレゴシもその部員。
演劇部はワケありのメンバーばかりがスカウトされ
厳しい上下関係に耐えた者のみ在籍している。
裏方の美術チームのレゴシは花形役者ルイの秘密練習の
ために待機していたときメスウサギを捕獲する。
自分の中の野生の本能が顔を出し、
危うく食してしまいそうになるが何とか踏みとどまる。

劇に必要な花を調達にやってきたレゴシは、
多くの花を育てているハルと出会う。
あの時のウサギだと気付くレゴシだったが
ハルは気付いていない様子。狩猟本能から生まれた
自分の初恋に気づかずとまどうレゴシだったが
ハルに会ううちにそれは確信へと変わっていく。
P2018_0302_185510.JPG

演劇部が上映した劇は大成功するが、
そのことで肉食獣と草食獣が抱えるジレンマや
部内でいざこざが表面化。劇をまとめあげたルイは
ビースター(この世界での英雄職、要職。
政治家やスポーツ選手、肉食獣・草食獣の頂点)
への道を着実に進めていた。

表立って食肉・吸血は禁じられているこの世界だが
裏市と呼ばれる闇市では食肉が公然と売買される。
肉食獣の大人たちはそれを食し本能を抑え、
なんとか自我(理性)を保っていた。
外出の際、仲間たちはこれを購入しようとするが
レゴシはこれに反発。一人になった際に、
裏市で心療内科をしているパンダ先生に出会う。
レゴシがこじらせていると気づいた先生の治療とは?

肉食獣でありながら草食系男子のレゴシは
草食獣でありながら肉食系女子のハルに告白することに。
身分違いの恋どころじゃないよね、
だって種族が違うのだから。
しかし、ハルは何者かにさらわれてしまった。
ハルを助けようとルイに働きかけるレゴシ…。
そして、食殺事件の犯人をつきとめたレゴシは
大晦日の夜、直接対決!
その現場に駆けつけたのは?
新たな道を歩き始めたキャラクターたちの
今後に目が離せない。

十代の青年が抱える悩みや葛藤、純粋な気持ち、
差別や偏見、理不尽に立ち向かう正義感。
本音と建前が錯綜する矛盾だらけの大人の社会を
若者たちは変革できるのか?
大人たちへの不信、社会への不満…
革命を予感させるストーリー。
獣に宿った魂の誇りは星のように輝くのか?
かつてビースターズを友と共にめざした
祖父ゴーシャと久しぶりに会ったレゴシ。
そして海洋生物の友達ができた。
新しい世界に飛び出した彼に待ち受けるのは?
秋田書店少年チャンピオンコミックス
13巻〜 ☆☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:39| Comment(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。