2018年02月28日

【少年漫画的主人公の話をしつつ、そうだ秋田犬人気に便乗しよう】

邪な思惑ありの不浄の地で開催された五輪だったが、
日本人選手の躍動、特に羽生選手の活躍により
観戦、応援に熱が入るオリンピックだった。
ギャーギャー騒ぎすぎてノドが痛い。
選手でもないのに軽度の燃え尽き症候群だ。

オリンピックで金メダルをとり、国民栄誉賞いただき!
という傲慢な天才柔道家猪熊滋悟郎氏が、孫娘猪熊柔を
柔道にムリヤリ邁進させる漫画『YAWARA!』
を久しぶりに読むことでテンアゲを図る管理人。
48キロ以下級の一見頼りない小柄な柔が
愉快なかませ犬お嬢様さやかや無差別級の強力な
ライバルジョディたちと切磋琢磨する姿に感動。
それにしても、柔はマジで強い。強すぎる。

出場も危ぶまれたケガからの復帰。
大舞台での鬼気迫る迫真の演技。
成功を信じるファンの夢。熱望されるヒーローの登場。
テレビという複数の人々の心を捉える媒体があれば
シンクロニシティは起こりえる。
シンクロしてぇ!シンクロ率400%。

「王者としての誇りだけはゆずらない」(脳内羽生君)
今回の羽生君の活躍はまさに少年漫画的主人公のそれであり
『スラムダンク』、『弱虫ペダル』、『シャカリキ』
といった少年漫画の主人公にしか
到底成しえないレベルの功績である。
『はじめの一歩』も変な意地張らずに
一歩が宮田君と戦えばいいのに…
最近読者の気持ち置き去りだよね、あの漫画…。
どんだけ足踏み繰り返すつもりなの、怒りすら覚える。
いいかげん坂道踏み出せよ。

羽生選手のそれはまさに前人未到の偉業と言いたい。
ケガをする前、350点出すことも可能と発言していたけど、
今となったらありえない話じゃなかったと思える。
羽生君&宇野君の演技を固唾を飲んで見守った方も
多いと思いますがインタビューが対照的でおもしろかった。
羽生君は王者っぽくて、宇野君は天才っぽかった。
「リアルも虚構(ゲーム)も最高だよね!
 ワクワクするってことでは」(脳内宇野君)

残した結果により対応が変わってしまう現金な国民性は
いなめないよね。バブル時なら『だよね〜』
今年だと「そだね〜」という感じだよね〜。
『稲中』で小学校男子がやっていたカーリングが
あんな人気種目になるなんて思いもしなかったよ。
あれは流行るわけがないことをなぜかやっている
という所がおもしろいわけだから今じゃギャグにならない。

坂道シリーズ第3弾の話。
管理人的に本来の坂道シリーズ(乃木坂、欅坂)を
わかっていなくて、坂道といったら漫画界の
チート主人公小野田坂道(『弱虫ペダル』)だと思っていた。

つまり第一弾は弱虫ペダル、第二弾乃木坂、第三弾は欅坂。
吉本坂?ふっ、あんなのムダに盛大なドッキリでしょ。
ドッキリだと知らされた芸人たちが
ちょっとちょっと〜って寒い反応するのが見えるようで…。
将来的になかったことにされそうな話。ノーカン。
吉本にゴリ押しされて坂道転げなきゃいいけどね。
乃木坂、欅坂が巻き込まれなきゃいいな。

さて、小野田坂道君と言えば、小柄でアキバ好きのオタク、
まじめで人との付き合い方不器用、運動能力は低いが
自転車をこぐことだけは得意。
本番(インターハイ)では期待以上の力を発揮する。
逆境にくじけずあきらめない。困難から逃げない。
チームのためにがんばる。
乃木坂の生駒ちゃんと符合する箇所の多い主人公だ。
250話で生駒の文字が…。
よく彼女は少年漫画の主人公のようだと形容されるが
弱虫ペダルの発行元は秋田書店(生駒ちゃんは秋田出身)
『少年チャンピオン』…色々と連想させるものが。
乃木坂のシングル曲に「走れ!Bicycle」まである。
「against」(向かい風)に立ち向かい、
山頂めざすヒルクライム、まさにそのもの。

P2018_0228_174723.JPG

【ザギトワ選手がおねだりした秋田犬。
 秋田県ではJRが無料でガイドブック配布(1月8日現在)。
 部屋に飾っていて毎日いやされる。】

P2018_0228_174759.JPG

【秋田犬 ポストカードは100円で買える。
 自分用と親戚のお子様用に3枚購入】

P2018_0108_105911.JPG

【LET'S MOFU MOFR AKITA!
 in AKITA AIRPORT.】

第三弾は欅坂か…。冨樫先生みたいに詳しくないんだよな。
欅坂とけやき坂の違いとかわからないよ。
はっきりしているのはセンターのてっちこと平手さんに
過剰な重荷と期待を背負わせ過ぎていること。
乃木坂で生駒ちゃんに負担かけ過ぎていた教訓が
全く生かされていないように思える。
センター(エース)固定って他のメンバーの心情や
モチベ―ション、それにファン的にはどうなのかな?

本来の坂道シリーズの主人公たちはアイドルでありながら
歩荷(ぼっか)とか山伏的な仕事まで
こなしている(押しつけられて)ように見えてしまう。
超自然的な力、憑依(ひょうい)を得た平手さんの
パフォーマンスは確かに圧巻。
けれどリアルに命を削っているようで観ていてつらい。
映画も3部作位がちょうどいいので、
弱虫ペダル、乃木坂、欅坂まででいいのでは。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:42| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

【不滅のあなたへ 名言集】

環境にあらがうには それなりの障害がある
時には命を危険にさらす 
ある人間は それを実行し死んだ
しかし 最も尊いものは失わなかった

もうみんな気づいてる
必要なのは殺し合いではなくて助け合いなんだ

あんたの言葉より 
おれが知ってるビオランを信じる

死ねないなんて不幸だな
無限に生きるとしたら生きていることに
どんな意味を見出してるんだ? 
ごめん
人の生き死にに 意味を求めるなんて間違ってる

今すごく嬉しいんだ お前だけ俺を心配して
俺を想って ここに来てくれて…
それって何だか 本当の家族みたいだ…

不幸を乗り越えて手に入れたものは
俺にとって奇跡に近いんだ!

夢を見てたんだ 幸せそのもの 理想そのものだった
でも何か足りなかった 気付いたんだ 
それは本当の自分だ 全然後悔なんてしてないからな

P2017_1203_165052.JPG


敵はお前の記憶も奪うんじゃな
まるで2度目の死じゃな
忘れられて初めて本当の意味で死んでいく

あやつはあの子のことが大好きじゃった
あやつの死を想うなら
あやつのやりたかったことをしてやれ
求める人のために尽くし弱き者を助けろ

そこに(かつての)父は立っていなかった

与えられるべきなんだ
子供は 自分で運命を選ぶチャンスを

結局あたしも奴らと一緒なんだ
行動しないだけで心の中で気にくわない奴を殺してる

P2018_0203_143532.JPG


おれはいつだって生きる方に賛成だっ

後悔… それは私たちの過去です
後悔があったからここに来たんですよ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:54| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

漫画『1日外出緑ハンチョウ』協力福本伸行 原作荻原天晴 漫画上原求 新井和也

大槻班長はチンチロ(賭博)と物販により強制労働施設から脱出。
1日外出券を購入し、シャバの生活を満喫する。
地下では労働を強いられ不自由で味気ない食事。
外の世界では地上の星として燦然と輝きグルメを満喫。

坂本龍馬好きな人たらしのアイディアマンの言動は
一見不可解だがそこには必ず彼なりの意図がある。
人を出し抜くことに愉悦を感じ、ゆがんだ部分があり
喰えないタイプの男。変にニコニコ愛想いい奴は要注意!
トネガワに続くカイジスピンオフ作品第2弾。
P2017_0903_150015.JPG


ブラック企業帝愛の多重債務者は地下の強制労働施設に
拉致され、ドレイのような生活を強いられる。
環境は悪く、愛情のかけらもない食事、
歩きながらのシャワー。日本なら刑務所の方がマシそう…。

大槻は大量にいる多重債務者たちの班長(まとめ役)。
ここではペリカと言われる特殊な金が対価として支給される。
もちろん帝愛側によってピンハネされるので微々たるもの。
お菓子やビール、大金を払えば豪華ディナー、1日外出券
などと交換できる。大槻は班長特例により物品販売、
賭場を開くことが許されていて大量の金をまきあげている。
カイジもその被害者。(本編のカイジ第2シリーズ参照)
カイジはあえてハンチョウと反目することで、
チンチロ直接対決となだれ込んでいる。

ここ一番の大勝負で絶対的な強さをみせる大槻。
その結果、本来高額すぎて入手困難な1日外出券を手にし、
地上に舞い降り、リフレッシュ。人様の金を巻き上げ、
地上に慣れている大槻は鷹揚に行動し贅沢な時間をすごす。
多重債務者を管理する黒服に対しても愛想よく、
従順な態度を示し友好な関係を築く大槻。あなどれない。

そんな大槻のペイを奪いかねない男が登場した。
小田切班長である。小田切を抱き込み、最終的には
アイディアだけを奪い取ろうと画策する大槻は接待敢行。
しかし例のヤツ、「ワンスアポンアタイム」の話となり…
P2018_0207_145534.JPG

部下の帯同、おこぼれ外出、そして自らの食の欲求、
あの日のカレー再現。
肉への渇望から産まれた邪神との対決。
白熱の脳内大槻サミット。
不毛な泥仕合ネタバレ合戦。
世にも奇妙なループ物語。
堕ちてきたアイツ、拗ねちゃったアイツ…
と多彩なアイディアで笑わせてくれる。

ちなみにスピンオフ作品『トネガワ』では、
利根川との意地のかつ丼対決が繰り広げられている。
講談社ヤンマガKC 5巻〜 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:31| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

【最強伝説黒沢&新黒沢最強伝説 名言集・迷言集】

生きてりゃ勝利なんていうのは… 動物の話だ……!
オレは… 人間だ…! 人間は、動物と違う…!
決定的に違う…! 
生きてりゃいい…生きりゃ十分なんて…誰が思うかよ…!
理想があるんだよ……! みな…!
みんなそれぞれ理想の男像…… 人間像ってのがあって… 
そういうものを… 目指すから人間だっ…!

人生は自分が主人公の映画!
主人公である唯一の資格は真剣ってことさ!
勝とうと負けようと悲劇だろうと喜劇だろうと
その物語がガチ!真剣なら良し!恥じることではない!
P2018_0212_160007.JPG


スゴイッ……!
近づき微笑んだだけで女のコが……
問答無用でレジへ…! すさまじい………!
まるで毒ガスッ……! 歩く毒ガス……!
緊急避難っ…! 遠のく…! この人と一緒にいたら…
間違いなく婚期が…! どうすれば女がひくか……
サンプル…! その典型的見本…!
なのに… 本人だけが気づいてない………
自分の異様な風体… 行動……

あ… 民主主義ぃ………?
滅んでしまえ…! そんなもの………!

他人事じゃねぇ…! オレも死ぬ…!
いずれ… 朽ちて死ぬ…!
その死の際… 思うだろ……
結局… オレは何も出来なかった………と…!
結局… オレは… 
女一人… 救えなかったんだ…と…!
望みか…? それが…!
そんなものが…… オレ達の一生……!
物語かっ…! 
気がつけぇ〜っ………
救われねぇのは……… このばあちゃんじゃねぇ…
オレ達なんだよっ……!

わからなくなるんだ。
生活がしょっぱ過ぎて時々わからなくなる。
何が正しくて何が正しくないのか。
時々オレを止めてくれ。
オレが道を踏み外しそうになったら。

まるで太陽だ ズバリ太陽だ!
全ての喰い物は太陽のかけらだ!
ゲバラは、真夜中の太陽だったのかもな…

オレの「こじれ」は オレの「頑固」は逃げ…
怖かったんだ…! 
幸せを求めて幸せを得られないことが…!
成功を求めて成功を得られない事が!
優しさを求めて優しさを得られない事が!

人助けだったんだな。
間違ってると思うけど、人助けだったんだな……!

問うている!
やれなかったのか? やらなかったのか?…って!
謝りてぇっ! 命に! つまり自分に…
オレに、期待してくれた人たちに!

なんだ? この存在感が希薄な若者達は!

どうしてオレたちは争う?
ゆずり合えばいいじゃん。損しときゃいいじゃん。
心は 生まれ落ちる前は
一本の真っ直ぐな糸だったんじゃないのか?

あんたバカ…? これは竹書房! 
オレが言ったのは、酒・所望!!

役に立つとか立たないとか、
そんな事もうどうでもいいじゃないですか。

違う! 今おまえが思ったこと違う!
オレが人殺しになるか否かは…
おまえだ! おまえにかかっている!
受け入れる、どんな運命も。成り行きさ 心から…!

カラカラにひからびた人生なのに、
世間という海で溺れそうだ。

働く場を用意してくれる!
オレは有り難いんだ。 合格さ!
降格は合格なんだよ! 黒ちゃん!
オレ達の歳になったら

この署の全警察官からも嫌われとるよ。
ふんぞり返りのイナバウワーと陰口を叩かれる、
ある意味名物署長だ。

ここで逃げたら、逃げてしまったら、
消える!オレが消える! 
もう永遠にオレはオレを、誇れなくなる!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:16| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

漫画『明智警部の事件簿』天樹征丸 さとうふみや 佐藤友生

キャリア組でロスの研修を終えたエリート明智警部は
警視庁にやってきた。スマートな完璧超人だが
イヤミで鼻持ちならず人に頼るのが苦手。
しかし、正義の実現と誇りを胸に秘めた刑事である。
巡査から叩き上げで刑事となった人情家で情熱を燃やす
相棒の小林くんと共に警視庁の刑事部で働くことに。
『金田一少年の事件簿』のスピンオフ作品。
P2018_0209_183404.JPG

明智は数々の理不尽に立ち向かう青臭い部分を持ち
超人的な推理を披露し活躍を見せる。上司ににらまれる
彼に一目を置き、賛同する小林をはじめとした
刑事仲間たちと共に貫く正義の姿に感動を覚える。
また本編では氷のようにクールな印象の明智が
やさしさや丸みを帯びた人間らしい一面を見せる。
陰惨な事件が多いがキャラクター配置によって
読後感はよく春風のように爽快な印象を与える。
本編よりも推理しやすい中編と短編の推理が楽しめる。
P2018_0209_183333.JPG

絵のタッチも作風にマッチしている意欲作。
本来悲しみを巻き起こす犯罪や正義の番人であるはずの
警察の腐敗やそれを悪用する者などとの戦いを描く。
明智が犯罪の被害者や未遂事件を起こした者に
救いの手を差し伸べるシーンがあるのが印象的。
凡人には見えてこない事件の真実は天才の目によって
白日の下にさらされる。未来へ向かって前向きに生きる
者たちしか見られないそんな景色があるのかもしれない。

表面的に語られるイヤミなセリフの裏で、
時折刑事仲間に見せる明智の胸中の想いが垣間見える。
金田一のライバル(当て馬)的存在だったはずの明智は
本質的には金田一少年的キャラだったのだが、
ある事件を契機に現在のキャラになっていった。
全5巻 KCマガジン ☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:07| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

【ドクタースランプ&銀魂コラボ】

P2018_0204_112812.JPG
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:19| Comment(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

漫画『11月のギムナジウム』萩尾望都

全寮制ギムナジウムに転校してきたエーリックは
トーマという学園のアイドルと瓜二つの容姿だった。
素行の乱暴なエーリックはトーマに苛立ちビンタする。
トーマの信望者で同学年になるためにわざと落第した
オスカーはこれを許さず呼び出しをかける。
剣呑な雰囲気が漂い事件が起こる。
徐々に接近していくエーリックとトーマには
隠された秘密があった。
表題作「11月のギムナジウム」
P2018_0202_210219.JPG

「塔のある家」
少女マチルダは塔のある家で3人の妖精と出会う。
妖精と仲良くなったマチルダは妖精の為に
花を植えそれぞれに名前をつけた。
妖精はそのお礼にミルクを補充してくれた。
マチルダと大の仲良しのともだちトーマスは
親との死別により村を出ていくことに。
悲しむマチルダを慰める妖精たち。
そしてマチルダは母の後ろにたたずむ死神の影を見てしまう。

「もうひとつの恋」
双子の姉ジョイが結婚前夜に事故に遭い死亡。
死神が現れ、説得を試みるがジョイは意識を失う。
意識を取り戻したジョイはうつろな意識の中、
新郎ワイルドと共に結婚の誓いを立て意識を失う。

ジョイの魂は双子の弟ビッキーの中に入り込んだ。
かくしてビッキーとジョイ、二人の意思が
ひとつの身体の中で主導権争いをはじめる。
硬い作品集の中で唯一のドタバタコメディー。

など7編を収録した短編集。
大切な人間との死別、悲壮感。
そして新たな大切な人との出会いが基本的なテーマ。小学館文庫
『A GYMNASIUM IN NOVEMBER』
ラベル:萩尾望都 短編集
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:41| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。