2017年10月29日

【あの漫画出ないのかよ?続きが読みたいぜ!!】

今回は、『リアル』と『よつばと!!』『ガラスの仮面』の
話でもしますかね。期待値が上がる一方なんですが。
『ハンター』はなんだかんだで前巻から1年後に新巻発売し
100万部突破。ファンや有志一同、管理人、そして兄
の硬すぎる予想通り10週で休載しやがりました。でも
「年内にも再開したい」という冨樫先生の言葉を信じ、
(豊田元議員や豊田商事位信じている…つまり信じていない、
おっと、この国で豊田の名の付者の悪口は禁句でしたね。
あぶない。あぶない。まぁ本気で信じている人と受験生は
11人いる!【元ネタはたぶん、『11人いる!』萩尾望都、
冨樫先生に多大な影響を与えた荒木先生のジョジョ7部か?
蛇足ですが巨人の捕手も11人いる!】
100万部突破の原動力となったサイレントマジョリティー
こと愛読者の為にも頑張ってほしいものです。
さて冨樫先生への激励はここまで。問題は三巨匠の話。

閑話休題。『バガボンド』も頓挫している井上先生ですが
とにかく『リアル』の続きが読みたいです。バガボンドは、
武蔵が土をいじっていて地に足ついた展開とも言えますが
いかんせん地味。修羅とはかけ離れた話。リアルは、
主要キャラクターたちやメインのメンバーが歩き出す。
自分の進路に悩む野宮が漫画家めざすあの子に会いに行く。
クズの高橋君はプロレスに感動して車いすバスケのチームに。
闘病に苦しみ、感情を押し込め仮面を被っていた清春の親友
ヤマが吐き出したセリフに読者が涙し、王者を引きずりおろせ!
とチームメイトに発破をかけた所からです。すごい引き。
これは期待せずにはいられない。政治家の46倍は期待できます。
蛇足ですが、作中でギャグとして病院のお見舞いに
『こち亀200巻』を渡しているシーンがありましたが、
まさかそれが最終巻になるとは当時は思いもしませんでしたね。
年内に発売されないと、リアル世界で3年間おあずけ!
P2017_1029_085947.JPG

『よつばと!!』も随分出てませんね。確かよつばの
ばーちゃんが登場し、帰っちゃうばーちゃんによつば号泣。
さて秋も深まり、渡り鳥が飛んでいる描写もあり、
夏休みからはじまったこの漫画もいよいよ冬が訪れる…
(この漫画は1巻あたり1週間ほど時間が経過しまう)
そんな感じでしょうか?舞台は宮城県なのですが、
寒くなるのも関東より早そうですね。余談ですが、
妙齢の独身男性が読むと妙にせつなくなるそうですが
そうだよなぁ。これ位の、場合によってはティーンエイジャー
な実の子がいてもおかしくない年齢なわけで。忘れがちですが
とーちゃんが実の子ではない外国の子よつばを引き取って…
(その辺りの詳細は一切不明)というファンタジー要素や
生さぬ仲の子育てという画期的な発想。
こちらは2年近く発売されておりません。

最後は管理人が生まれる前から描かれている『ガラスの仮面』。
驚くなかれ40周年。巻数は49巻。
おチビちゃん、おそろしい子こと演技の天才少女北島マヤは成人し、
真澄様ともお似合いの年齢に。
日給1500円!でアルバイトしていた数年後に、ケータイ登場。
タイムスリップ?この漫画もやはりファンタジーなのですね。
北島マヤは時をかける少女なのでしょうか。
今にもラベンダーの香りが漂ってきそうです
さてガラスの仮面は長期休載を経て、復活。
紅天女編が進みだしたわけですが、主要人物が大ピンチに…。
恋愛に関しても邪魔者参戦によってドロドロした様相。
御曹司の真澄様はまさかまさかのデーブ・スペクター。
(これは、なしよりのなしですね。デーブ断れよ、失笑)
「ゆるせない」という鬱展開で連載は止まっています。
往年のファンの方々を納得させられるだけの内容になるのか、
正直大いに不安でもありますが、美内先生の手腕を信じます。
余談ですが、ドラえもんが『ガラスのカメ』を読んでいて
絶賛してましたが、あの世界では完結したのでしょうか?
『リアル』の世界ではどうなのでしょうか?
ちなみに発売予定だった50巻は当時発売延期となり、
実に5年経過…。首を長くして待っています。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:09| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

漫画『ブルージャイアント シュプリーム』石塚真一

世界一のジャズシンガーをめざす宮本大は単身
ドイツに乗り込んだ。彼の青い情熱は、
音楽は国境を越え、人々の心を捉えるのか?
『ブルージャイアント』↓続編。
http://manga0001.seesaa.net/article/452806141.html

ドイツミュンヘンにやってきた大だったが、
静かなジャズを好む傾向が強いことに気付く。
街中で練習を試みても警察官に注意され、
店での演奏を交渉しても断られてしまう。
凍える場所で人知れずサックスを吹く大は、
自分を助けてくれる人と出会い歩き出す。
P2017_0904_215951.JPG

大学生クリスと出会った大は、世界一のジャズシンガーに
なると宣言し、彼の心を打つ。演奏する場所の交渉と
聴衆として仲間たちを集めてくれたクリスに報いりたい。
大は思いっきりの即興演奏をこなし圧倒した。
クリスらの呼びかけにより、多くの聴衆の前で演奏を
することになった大はスランプに。
あてどなく道をさまよいながら、よりよい演奏求めて
演奏場所に現れた。高評価を得た大だったが、
独りで演奏することの大変さを実感し仲間を探すことに。

力強い演奏が魅力のベーシスト、ハンナ・ペータースとの
演奏を依頼するが、断られてしまう。
彼女はドイツの大都市ハンブルクに帰るとのこと。
P2017_0904_220106.JPG

親切にしてくれた盟友クリスに別れを告げる。
ハンブルクにやってきた大はハンナを捜す。
大都市ということもあり音楽に対する理解や
聴衆の数も多く、演奏者のレベルも高い。
でもやはりいっしょに演奏するなら彼女と決意を固める。
老舗楽器店や道行く人々に尋ねるが行方知れずのまま。
楽器を大切にする大の姿勢によって楽器店店主ボリスも
熱心に彼女を捜し出す。音楽を続けるハンナであったが
いろいろな壁を破れずもがいていた。
ボリスはハンナを見つけ、大の居場所を告げた。

個性が強く妥協を許さない音楽家同士が「我」を通すとき、
反発し合うことは必定。ブルーノ、ラファ、ハンナ
といったメンバーと共にヨーロッパ一のジャズをめざす。
8巻〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:50| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

漫画『猫背を伸ばして 新装版』押切蓮介

連載が決まった作者(神崎良太)だったがネームに苦しみ
アンケートがふるわない。人気は最下位だと告げられ、
あと5周で打ち切りかもしれない!家でうじうじしていたら
母から運気を動かすためにも運動しろ!と叱られる。

友人との悪ふざけから楽しかった高尾山への遠足も
同級生から白い目で見られる苦い過去に。
16歳で働き始める勤労少年だったが、俺クオリティ
(不幸にあって心の中で俺、俺と嘆いてしまう作者の病)
が発動するような事態に次々と巻き込まれる。

理不尽で稚拙なバカ上司によって辞めていく者続出の
ディスカウントショップの苦労続きのアルバイト。
都市にそびえる高層ビルの暗部と言える
地下室を清掃すると奇怪な現象やモノが続出し…。

漫画家志望の友人のアパートでは不幸な事件が発生し、
友人を苦しめる。中学時代には男女区別せずに鉄拳制裁を
繰り出してくる近藤先生に怯える日々。
漫画家であることをしゃべらされ、
美容院でいたたまれない想いをすることも。
P2017_0831_181844.JPG

楽しいはずの恋人とのクリスマスも暗雲が立ち込める。
サイクリングに出かければお巡りさんから職質の嵐…。

気付けば猫背になってしまう作者は、頭があがらない
母の叱咤激励により、漫画家として独り立ちしていく。
人生に対するやるせなさやもどかしさを知るから
作者独特の世界観が生まれるんだなぁとわかる自伝漫画。
ホラーテイストの作品も収録。フレックスコミックス。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:39| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

漫画『恐怖』楳図かずお

みやこ高校新聞部のエミ子の周囲では
恐怖体験が目白押し!
百物語を行えば、幽霊が現れ心臓を奪う。
鬼の仮面をかぶせれば、美少女が鬼に化ける。
毒蛾の化物に、拷問実験の進化を遂げた超人。
移植された右手によって支配される少女。
幽霊に魅了される男に絵の中から命を狙う女。
雪女に見初められた男は身も凍えそうな日々。
人の本性を見抜く力を授けられた少女は…。
メーキャップによって人格が変貌する少年。
義経を慕う静の亡霊に憑りつかれた少女。
校庭のたたりの木を切ろうとした者たちの悲劇。
水難事故で生まれた亡霊によって命の危機が。
夢遊病に悩む少女の口元には血の跡が。
無理心中を逃れた男は恋人に命を狙われて。
美少女と醜い少女に起こった友情の亀裂の行く末。
割れると災難を巻き起こすという釣り鐘が割れて。
おもちゃの怪獣コンドラ、持ち主のために実体化。
恨みを抱いたまま殺されたミイラの呪い発動。
来院した少女に震える患者、医者、看護婦の謎。
とタイトル通りのホラー漫画の大家にふさわしい
珠玉の怖い話がズラリ!登場人物が次々と死ぬ。
業が深い者ならともかく、非業の死を遂げる者も。
あたらしんみょう(可惜身命)!と叫びたくなる。
秋田文庫 全2巻。

そして、2巻に収録されているイチオシ傑作
「サンタクロースがやってくる」を詳しくご紹介。
鳩笛職人の祖父によって育てられた一坊こと私。
祖父から溺愛され、唯一心を通わせていた。
祖父が容態を壊し病人となり、おばがやってきた。
厳しいおばにより、病人の祖父に近づけず泣く日々。
おばがいないチャンスを見計らい、渡されたハト笛。
つらくてがまんできない時にハト笛を吹け。
結局これが遺言となり、皮袋を抱いたまま永眠。
悲しみを乗り越えた私はおばのよさに気づき成長。
いつしかハト笛の存在を忘れ、良縁に恵まれた。
ひとりむすこ佳司が生まれしあわせな家庭を気付く。
しかし、息子が小さい頃の一坊こと一男にそっくり。
もう嫌な予感しかしない…。サンタがやってきて…。
P2017_0930_182802.JPG
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:20| Comment(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。