2017年09月30日

【ブルージャイアント、逃げ恥 漫画名言集】

みんな… ヘタクソから始まるんだ。
音が出ないとこから始まって…
一つずつ音が出せるようになって…
ヘタクソだから練習して…
そしていつの日か誰かの気持ちに届く音を出す。
この人達の音楽に救われる日は来ないと、
どうして言えるんすか?ヘタクソで、何が悪いんすか。

(世界一のジャズプレーヤーは)
音で言えるんです。
気持ち… 感情の全部を… 音で言えるんです。

思い切り思い切って、毎日毎日出し切らないと
オレの持ってる全部を、毎日出し切らないと。
だって、幸せじゃないスか。
今までたくさんのプレーヤーがいたけど、
きっと… ゴールについた人間は誰もいないんですよ。
ゴールがない世界でずっとやり続けられるなんて、
最高に幸せじゃないすか。
P2017_0817_173122.JPG

楽器と自分の間の問題とか、
カベみたいなモンは何回も来るじゃないすか。
ただ今のカベは雪祈にとっては大きいカベみたいで、
だから、苦しんでます。でも、雪祈は破る。

信じます。オレは、俺のなりたいものに必ずなる
って信じないと、そうじゃないとなれないから。
『ブルージャイアント』宮本大

(どうしたらジャズプレーヤーになれますか?)
なんという青く、真っ直ぐな質問だろう。
この青年はもしかすると…バカかもしれない!!
『ブルージャイアント』ひろせ楽器店主

面白いモノは金を払って観ますよね?
息子さんは面白い。だから月謝は取りません。

サックスってのは守る楽器じゃねえぞ。
先頭に抜け出てポイントを狙う攻めの楽器だろ。
お前はサックスでモノ言いてんだろ?
なら、先に言え。後には絶対ついてくな。
『ブルージャイアント』由井

全力で自分をさらけ出す、それがソロだろ。
内臓をひっくり返すくらい自分をさらけ出すのがソロだろ。
君はソロが出来ないのか?
『ブルージャイアント』平

「かっこいい」はかっこ悪いとこ見ると幻滅するけど
「可愛い」は何やっても可愛いから最強
『逃げるは恥だが役に立つ』森山みくり
P2017_0901_185235.JPG

(心の)壁の内側は快適だったんですよ
誰になんの期待もされず なんの責任もない
孤独だけど心地よい世界
『逃げるは恥だが役に立つ』津崎広匡

周りに遠慮せず 自分の判断で自由に生きて
失敗したらそれも ちゃんと受け止める
それが大人ってもんでしょ
『逃げるは恥だが役に立つ』土屋百合

感情って生き物だから
常にタイミングをうかがっているんです!
タイミングを制する者が物事を制すんですよ!
『逃げるは恥だが役に立つ』五十嵐
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:15| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

漫画『Dr.STONE ドクターストーン』稲垣理一郎 Boichi

世界中の人間が石化し3700年の歳月が流れた。
石化がとけた千空、大樹は石の世界から科学文明の
復活をめざして歩き出す。

幼少期から科学に魅了され、神童として科学の道を
歩む合理的な科学バカの千空。
純粋でクソまじめ、体力バカの大樹は幼なじみの親友。
大樹は5年に及ぶ想い人杠(ゆずりは)に告白する!
と千空に宣言。誰もがフラれると予想する中、
千空だけは成功を疑わない。
しかし告白しようとした瞬間、不思議な光が輝いて
人々の意識は暗闇に包まれた。
そういえば、石化したツバメを杠と治そうとしたが
あれはこの謎の現象の予兆だったのだろうか。
告白する。それまで死ぬわけにはいかない…。

意識をなんとか取り戻した大樹が目にしたのは
ジャングルのような大自然と石化した人々だった。
石化した状態が悪ければ身体はバラバラ
復元できるのはドラえもん位だろう。つまり死亡確定だ。
幸いクスノキのおかげで杠は風化せずに保たれていた。
絶対に杠の石化をとくと誓う大樹は書置きに気付く。
P2017_0907_202948.JPG

一足先に意識を取り戻した千空は、衣食住を整えていた。
ゼロ文明から科学の力で文明を作り出そうと誓う二人。
実験と実践を繰り返すには、体力チートの大樹は必須。
特にマンパワーを欲する千空は、杠の復活を筆頭に
人々の石化をとくことが最重要だと考え実験を繰り返す。
石化したツバメを復活させ、一人分の復活液をつくったが
野生化したライオンたちが襲い掛かってきた。
最強の高校生司を復活させる選択をし、司は見事武力で
ライオンを撃退するが、このことが後顧の憂いに。

司の危険性に気づいた千空は、便利すぎる炭酸カルシウム
(ドクターストーン)の用途は3つあるとつぶやく。
4つめの用途を隠し、司が気づく前に杠を復活させようと
急ぐ千空と大樹。司はこの状況を利用し、問答無用で
欲にまみれた大人を間引き(排除)し若者だけの世界に
浄化しようと、教祖様のような考えを実行する。
石化した人間の破壊(殺人)である。
P2017_0907_203252.JPG

杠復活を喜ぶ余韻もなく危険が迫っている。
3人は暴走する最凶の司と袂を分かつことに。
若者を復活させ武力統治をめざす司帝国に抵抗するには
科学王国をつくり対抗しよう。
狼煙(のろし)により自分たち以外に人がいる!
という希望を見出した千空は接触をはかる。
しかし狼煙を上げた主であるコハクは先に司と出会い…。
村落に科学の灯をともそう!と仲間を募る千空。
ラーメン作ったり、コハクの姉ルリの病を治そうと
奮闘している内に心強い仲間たちもできた。
村長を決める御前試合が開催!

物語の最大の謎、そして新たな冒険への新展開もあって
いよいよ目が離せない。

『アイシールド21』の原作者が新たな絵師と共に
織りなすハイレベルサイエンスファンタジー。
文句なくおもしろい。ジャンプコミックス 11巻〜 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:03| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

漫画『不滅のあなたへ』大今良時

神のような存在により放たれた球と呼ばれる存在。
刺激や感情によって成長、進化を遂げる不思議な生命体。
決して滅びることがない不滅の存在。石、コケ、犬…
と姿を変えてその中で生きるあなたは一人の少年と出会う。
少年は犬ジョアンと酷寒の地、厳しい環境で
5年もの間一人で生きていた。
豊饒の大地、楽園求めて出かけた人々…。
誰一人帰ってこなかった。
少年はジョアンと共に旅に出かけたが、
一人の人間にも会えぬままケガを負い、やがて命を落とす。
少年の感情に触れたあなたは少年の姿を得て
新たな刺激を求めてさまよい歩く。
P2017_0815_221509.JPG

さて、かの少年が生きていた場所と異なる場所で
人々は生活を営んでいた。聖地と呼ばれるニナンナでは
忌まわしい生贄(いけにえ)の儀式が行われていた。
オニグマと呼ばれ神格化されたクマの生贄に選ばれた
少女マーチは大人にあこがれる少女。もっと生きたい!
と叫ぶ少女は両親に諭された。使者の者からは
自分が逃げればともだち、自分の妹が死ぬと告げられる。
絶望感に苛まれるマーチ。

ヤノメからの使者(役人)冷血漢ハヤセたちにより
連行されるマーチは英雄のように送られていく。
いけにえを提供することで得られる報酬に目がくらんだ
ニナンナの人々は多少の罪悪感よりも欲を選ぶ。
マーチの命を守るため、この悪習に懐疑的なパロナは
妹のように思っていたマーチのために立ち上がる。
パロナのおかげで逃亡のチャンスを得たマーチは
森に逃げ込み、不思議な存在「彼」(あなた)に出会う。
自分よりも成長していながら、まるでコドモのような彼に
母性愛を感じたのか「フシ」と名付ける。
ハヤセたちに追い詰められ、オニグマに遭遇し
マーチ、パロナは絶体絶命のピンチに陥る。
そのときフシが姿を変えて…。
P2017_0815_222449.JPG

フシの持つ不思議な力に目をつけたハヤセは
合理的な方法を選択し、マーチらをヤノメ国に連れていく。
悪党ハヤセの策略により自由を奪われたマーチら一行。
パロナは脱走を試み、祈祷師と共にマーチの奪還を試みる。

そして感情を揺さぶられた「彼」は文字を教えてくれる
祈祷師と共に新たな道を踏み出した。
しかし、そこに人外の存在が二体現れた。
片方は彼に助言をくれ、片方は彼に牙をむく。

流浪の民として生きることを義務付けられているフシ。
絶望的な孤独の中、仮面を被り生きるグーグーと出会う。
特異な怪物という存在として生きるフシ。
事故により顔に大きなケガを負い怪物と蔑まれるグーグー。
まさに邂逅した感がある二人の出会い。
自分の中の怪物(差別、偏見、弱い心)を制御できない人間。

新たな道を歩き出したあなたは罪人とその家族が暮らす
流刑の地(島)に行く羽目に。自由の名のもとに私刑が横行し、
殺人すら日常茶飯事のこの世の地獄のような場所だった。
それはいつの時代でもどんな場所でも起こりうる悲劇。
死と隣り合わせだからこそ命の尊さ、大切さに気づかされる。

何かを得るために何かを失う、そこにこの物語の神髄が
あるのではないだろうか。
繊細で独特の感性が光る掴み所のないセツナ系ファンタジー。
講談社マガジンコミックス 10巻〜 ☆☆☆☆★

P2017_0901_182306.JPG
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:07| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

漫画『約束のネバーランド』白井カイウ 出水ぽすか

幸せで安息な楽園の日々は虚構だった。
孤児院は農園であり、孤児は食用の存在。
エマ、ノーマン、レイは絶望的な状況を知り、
脱出を試みる。かわいい絵柄にダマされるな!
この作品は大人をも魅了する傑作ミステリーだ。

孤児院グレイスフィールドハウスには38人の孤児と
彼らに愛情を降り注ぐママイザベラがいる。
規則正しい生活、おいしい食事、こどもたちは
鬼ごっこや読書など思い思いの楽しい日々をすごす。
里親が見つかるまで彼らは幸せな日々を送る。
しかし、IQテストのような問題を解き、
首筋には5桁のナンバーが刻まれている…
このことから読者は不審を抱き始めることだろう。
そして、絶対に近づいてはいけない門と柵の存在…。
P2017_0907_213105.JPG

無邪気で天真爛漫、感情的だがきょうだい想いなエマ。
ずば抜けた頭脳を持つ仁の人ノーマン。
クールな皮肉屋、反逆の貴公子レイの三人は幼なじみ。
孤児院はじまって以来の優秀な人材と言われている。
彼らは年少者から頼りにされる最年長の11歳。
規則では12歳を迎えた場合と6歳以上になり
里親が見つかると退園が決まる。
そして新たな孤児が家族として入園する。

ある日幼少のコニーの里親が決まり、退園することに。
ぬいぐるみを忘れたので渡そうとエマ、ノーマンは
ママとコニーを追いかけた。門にやってきた二人は
変わり果てたコニーの姿と本で見た空想のはずの化物
食人鬼を目の当たりにする。
しかも手引きをしていたのは信頼していたママだった。
そして、自分たちが楽園だと思っていた場所は、
鬼のいけにえにされる食用児を育てる忌まわしい農園。
思い返せば違和感を覚える変なことばかりだ。
逃走を許さない門と柵の存在。首筋のナンバー。
知識を問わないパズルのようなテスト。
ストレスを与えず、健やかな生活を送らせていたのは
家畜のそれと同じで高品質を保つため…。

その場から逃げ出した二人は恐怖にかられながら、
自分たちの状況を考える。このままでは出荷され、
コニーのようにきょうだいも自分も殺されてしまう。
もう、夢見る少女じゃいられない。

エマ、ノーマンはレイに相談し、善後策を練る。
きょうだい全員で逃げたいと言うエマだったが、
幼少の者は足手まといだから少数精鋭で逃げようと
現実的路線を譲らないレイ。情に流され、
まともに歩けない幼児まで連れて行けば、
最悪全滅ということもあり得る。

かりそめの楽園から仮に逃亡できても、
それからのことも考慮しなければ。
敵の手を逃れ、安住の地や食料を確保する算段があるのか。
ノーマンは二人をなだめながら、どちらの意見も頷けるし
尊重したいものだと考えていた。そしてママに
自分たちの考え、秘密の発覚を絶対に覚られてはいけない。
バレたら即出荷され、悲劇は繰り返されるだろう。
P2017_0907_212805.JPG


信頼していた育ての親、聖母のようなママは魔女だった。
戦々恐々としながら、計画を練っていた三人だったが、
油断していたらママの補佐クローネが登場。
ママは補佐役として彼女を呼んだが、反逆精神旺盛な
クローネは造反を企てる。エマたちにとりいり、
ママを追い落とし自分がママになろうと画策。
油断のならない厄介で邪魔な存在なのか、
情報を得るための便利な存在なのか、その両方か?

エマたちはママへの内通者がこどもたちの中にいるという
疑心暗鬼にかられる。ワナをしかけたことで内通者発覚。
叫ぶエマ。でもちゃんと物語を盛り上げる伏線だ。
着実に逃走計画を固めていく三人だったがアクシデントが。
三者三様の焦燥と感情をあふれさせる。
絶望感に苛まれるが、牙を研ぐ反骨精神を忘れたりしない。
怒涛の展開、提示される謎や秘密、圧巻の頭脳戦と
魅せる演出のオンパレード。
何よりも極上のミステリー小説を読んでいるような
会話のセンス、セリフの巧みさに脱帽。
被害者が加害者にまわり、負の連鎖が続く
地獄のような世界からの脱却。

そして、タイトルが示す「約束」とは?
逃げた先に待ち構えるのは「鬼の世界」?。
安住の地にたどり着けるのは果たして?
「狩り」を愉しむ鬼に対抗するエマたちに
勝機はあるのか?レウウィスとの直接対決の行方は?
ミネルヴァ氏を筆頭に、まだたくさんの謎を内包している
ここ最近で最も注目すべき作品。
P2017_0907_212525.JPG

『約ネバ』 ジャンプコミックス 14巻〜 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:10| Comment(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

漫画『からかい上手の高木さん』山本宗一朗

隣の席の高木さんに毎回翻弄される中学生の西片。
からかわれ、バカにされていると思いきや、
高木さんはいじられキャラ西片のことが大好き。
そう、好きな子をいじめたくなるちょこっとサド体質。
暴力をふるわれるわけではないが、言葉責めなどの
ちょっかいを出し、その反応を楽しんでいる。
P2017_0902_081803.JPG

西片はからかわれないようにしようと奮闘。
しかし精神年齢、頭脳で圧倒的なアドバンテージを持つ
女子高木さんにからかわれっ放しの防戦一方。
高木さんは小野選手ばりのエンジェルパス(好意のサイン)を
西片に出しまくっている。だがダメストライカー西片、
そのパスに全然気づいていない。好きだと言われても
自分をからかっているだけと思ってしまう。
もどかしいほどに鈍感。でも変な自信を持ったら
よさが損なわれちゃうからね。いいかこのままで。

西片は高木さんに振り回されながら、拒絶できない。
潜在的に高木さんのことが好きだからだ。
結果的に完全に高木さんにイニシアティブをとられる。
西片の言動を読むことに長けた西片フリークとも言える
高木さんの掌の上で転がされるのが彼の人生。
でもここまで愛されてるなら、しあわせでしょ。
西片的に無自覚であっても、傍から見れば青春満喫の
リア充そのものなのだから。読後感爽やかなラブコメ。
不用意にニマニマしてしまわないように注意が必要。
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル 10巻〜
スピンオフ作品『からかい上手の元高木さん』では、
母親になった高木さんによって翻弄される
子供とその旦那のあれこれが描かれている。
おすすめ同著として『ふだつきのキョーコちゃん』
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:09| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

漫画『竜の学校は山の上』九井諒子

【帰郷】
魔王を倒し帰郷した勇者。しかし、今度は
人間同士の争いが勃発。行き場をなくした
雑魚モンスターたちは度々現れ魔物被害が頻発。
平和になったはずの世界のその後の問題を描く。

【魔王城問題】
魔王を倒したことで魔王城が手に入った。
領主はこの巨大な城を利用しようとす。
だが、荒野の先にあり元々難攻不落の城。
罠が張り巡らされており、近くには独の沼地が。
よって人間に対して健康被害も及ぼす。
勇者としてモンスターと戦い仲間を亡くし、
やさぐれていた男は助言を求められた。

【支配】
高い文明を所有する知的生命体は、過酷な環境で
原始生活を行う星のヒトに文明の椀飯振舞をした。
自動的に食糧を生み出す製造機を与えた。
これが向上心を奪い、製造機の前でエサを待つヒトが殺到。
不健全な行動に頭を抱える知的生命体。
ヒトが製造機に近寄れぬよう攻撃性を与え、防御策を講じた。
さてヒトはどうしたのか?

【現代神話】
P2017_0826_160125.JPG

猿人(ヒト)と馬人(ケンタウロス)が共存する現代社会。
基本的に怠け者のヒトと、
まじめでワーカーホリック気味で体力も半端ない馬人。
彼らは労働に関する考えが大きく異なる。
馬人は働きすぎだと「馬人労働規制法案」が議論される。
時にその生態や能力の違いからジレンマを抱える両者。
だが夫婦として生活を営む者も多くその悲喜交々も描く。

【竜の学校は山の上】
日本唯一の「竜学部」がある宇の山大学に入学したアズマ。
期待に胸を膨らませるアズマだったが「竜研究会」が乱入。
現在、無用の長物と化した竜に需要はない。
よって学生たちの就職先も未来もないと宣言されてしまう。
P2017_0826_155827.JPG

交通、運搬、食用、農耕などに用いられていた竜。
しかし、現在日本にいる300種の竜をコスト的観点で
捉えた場合有効活用できない。実際アズマは運搬業で
飛竜を使用する想定をするが確実に赤字になる結論に。
竜研究会のカノハシらと共に、竜の活用方法を議論しても
その結論は芳しくない。将来的に役に立つ可能性を
秘めているものを探求していく姿は学問の本質だ。

などを収録した『ダンジョン飯』の作者による短編集。
ドラゴン、神様、ケンタウロス、天使、勇者、魔王、
…とファンタジー色強い作品集。イースト・プレス
ラベル:九井諒子 短編集
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:39| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。