2017年03月29日

漫画【出前姫】吉田戦車

あわび王国で出前は神聖な仕事。
他国への出前はでまえ姫しかできない。
出前先ギリギリ王国まで完璧な状態で料理を届けるため
「時を止める」妖術が使われる。(用途が斬新)
気色の悪い護衛がついて、姫は過酷な出前の旅に出た。
道中、気色悪い妖術師グリーンベルトや妖怪たちの
魔の手が迫りピンチを迎える。
また、死んだことになっていた兄と再会するも
あまりの様変わりっぷりに驚愕してしまう。
うさんくさく、へんてこな吉田戦車ワールドが強烈な
みょうちきりんファンタジー漫画。
ビームコミックス 全1巻 ☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

漫画『森薫拾遺集』森薫

「お屋敷へようこそ旦那様」
お屋敷にやってきた少年ジムを待っていたのは
空から降ってきたメイドと老執事だった。
ぜいたくな暮らしを堪能していた二人は、
悩んでいたのは慢性的な旦那様不足wだった。
新たな旦那様を迎えることで再び放蕩三昧の暮らしを
したいとジムに旦那様をしてほしいと頼み込む。
そんな身勝手な…。本来の主従関係を転倒させた
ドタバタ劇で、ジムが格下の二人に振り回される様を
おもしろおかしく描いた作品。
P2017_0311_094330.JPG

メイド、バニー、メガネ女子、女生徒同士の交流と
森薫ワールド全開の読み切り作品、
『エマ』『乙嫁語り』『シャーリー』など代表作の
イラストなどを盛り込んだ一冊。
コルセットや暖炉の考察に6ページ、5ページ使い
あれこれ語るなどまさに趣味全開の内容。
エマの4コマ、リクエストイラスト、販促用イラスト、
作品初期設定あれこれなども語られている。
エンターブレインビームコミックス
ラベル:短編集 森薫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

漫画『ニューヨーク・ニューヨーク』羅川真里茂

ニューヨークの刑事ケインはゲイであることを
隠しながら生きていた。ゲイバーで出会ったメルに
一目ぼれし、純粋なメルに心を奪われていく。
ハードすぎる過去を持つメルであったが、
徐々に心を許していき、ケインと恋人になる。
しあわせな日々は「事件」によって奪われた。
メルが働く店に凶悪な強盗が現れ、死傷者も出た。
命こそ奪われなかったもののメルも被害者となり、
心に大きな傷をおう。後日生存者の女性が殺され
再びメルの下に魔の手が迫っていた。
P2017_0306_212551.JPG

悪夢のような出来事を乗り切った二人であったが
世間のゲイに対する偏見、差別は依然根強い。
職場や街で彼らに心無い言葉を投げつけるものも。
数少ない理解者の助けの中で愛をはぐくむ二人。
ケインはメルを両親に恋人として紹介したいと考える。
母はこのカミングアウトに驚き落胆を隠せない。
理解ある人のアドバイスもあり、メルはケインの
両親からも少しずつ受け入れられていく。
二人は結婚するがメルは突然失踪してしまう。
ケインは失踪人を警察官が本気で捜してくれないことを
知っていたので刑事の仕事を放棄。
血眼でメルを捜索していたケインに連絡が入る。
メルと思しき死体が見つかり悲嘆にくれるケイン。
だが「彼は生きている」と謎の女が現れ宣言した。

連続殺人犯でありながら無罪を勝ち取った男
ジョーイ・クラインによってメルは監禁されている。
FBI捜査官ルナはクラインの仕業と確信し、
メルの奪還、クラインの逮捕をめざす。

同性愛者に対する差別や理不尽な偏見に対して、
愛を貫くことの尊さやそれと戦う人々の想いを描く。
ボーイズラブにミステリー的要素を盛り込んだ本作は
まさに人の生き様を描いた内容に仕上がっている。
白泉社文庫 全2巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

漫画『イグアナの娘』萩尾望都

生まれてきた娘はイグアナでした。
実の母の目から見てリカはイグアナであり
どうがんばってもかわいく見えないのです。
しかし、他の人には人間の姿として映ります。
不思議なことに写真では母もリカのことを
はっきり人間として認識できるのです。
P2017_0311_065545.JPG

でもやはり母はリカのことを受け入れられず
妹マミのように愛情を注ぐことができません。
リカは母からのイグアナ呼ばわりによって
自信をなくし、まともに恋愛もできません。
でも身体も度量も大きな王子様と出会って…。
表題作『イグアナの娘』

「夫婦なんて他人だ」という夫の何気ない言葉により
20年に及ぶ結婚生活に疑問を抱いた賞子。
腹が立つので女学校時代の友人たちに報告するが
友カオルは旦那の度重なる浮気に怒り、
石井はただの軽口にすぎないと笑い飛ばした。

料理教室に出かけた三人は爽やかな好青年海部と出会う。
自分のことを大切に扱ってくれる海部の評価は高まり、
日頃の行いが悪い夫の評価はガンガン下がっていく。
海部は賞子を憎からず思っていることは一目瞭然。
若かりし頃の潔癖だった自分を思い出しもするのだが…
『午後の日射し』

ある朝、別海かつみ少年が起きると
父はワープロに母は電気ジャーになってしまっていた。
電車に乗っても、学校に行っても誰もが異物のような
存在になっていて、かつみ少年は混乱。
しゃべっている内容も要領を得ず、
ちょっと何言ってるかわからない。

だがなぜか好意を寄せる中川マユミ、
親友の甘木だけはまともに見えるし会話もわかる。
マユミからあやしげなクスリを渡されそれを飲んだ。
世界は少しずつまともに見えてきた。
でもなぜかまゆみの頭に花が生えとるやないか。
ある意味重症やないか。
おやおや違う病にかかっちゃったみたいだ。
『学校へ行くクスリ』
など6編を収録した傑作短編集。小学館文庫
突飛なアイディアや発想をまとめ上げる構想力、
キャラクターの心理描写などが巧みですばらしい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

漫画『まほうのめがね。』アルコ

最近バイト先にやってきたメガネの福田から告白?
された結由子だったが軽く受け流してしまう。
名門集英高に通う男なら将来性あるじゃんということで
女子高の結由子のともだちは後押しするが気乗りしない。
そもそも、まともに話したのも昨日がはじめてだし
どこまで本気で言ったのかもわからない。
バイト先でも福田は自分に対して親切だし、
厄介なクレーム処理にもつきあってくれた。
でも感情が読みづらいんだよ。サバサバしている
彼女にとって、福田の本心ってはやっぱりわかりにくい。
メガネを叩き落し、メガネを踏み割ってしまう
彼女だったが…。「まほうのめがね。」

単純なのに繊細、慎重なわりに抜けていて間が悪い(母談)。
そんな女子高生ミオは電車で気になる男を見るのが日課。
ある日、ドジをして踏切の中でバッグをひっくり返し
中身をばらまいてしまう。あせる彼女に救いを差し伸べたのは
いつも見かける男(王子)だった。
何とか勇気をふりしぼってお礼を言ったミオだったが
王子の吐き出す言葉はキツかった。気落ちするミオであったが。
「フラグメンツ」

ヒトメボレなんか信じない。
中村華は自分に告白してくる人が好きじゃない。
あこがれの高嶺の花として男たちの熱い視線を集める彼女は
チャラい男が嫌いである。今日も一人男をフったのだが
この男溝口はとてもしつこい男だった。
なんか行く先々で話しかけてくるし、
普段から女子とも気軽に話しているチャラい奴だ。
あげくの果てには雨の日に捨てられていたネコにカサを
差し出している。やりすぎ…。やっぱり信用できない。
余計にさめてしまう華だったが…
「高嶺の華ちゃん」
の3編を収録した短編集。「俺物語!!」のアルコ原作
集英社マーガレットコミックス
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。