2017年02月25日

漫画『ととどん』ヨシノサツキ

『ばらかもん』の半田先生の父と郷長木戸に
よる4コマ漫画、『ばらかもん』『はんだくん』の
キャラクターたちやヨシノ先生と担当の対談や
リクエストイラストなどを載せたファンブック。
半田清舟の父(とと)が郷長に嫌がらせされた
ことで、本編でのいきなりの仕返し(制裁)が
生まれた経緯がわかる。また、同じことされても
人間ができた父とできていない息子(半田清舟)との
対比を浮き彫りにする結果に…。
半田父は昔から威厳があってどっしりしているなぁ。
立派な父親持つとこどもはそれはそれで苦労する。
本編で結構甘々な部分も見せる父の若き日の姿や
なるの父親誕生の話なども盛り込んだ内容。
遊び心満載のイラストもファンにはうれしい一冊。
スクウェアエニックス ☆☆☆+

P2017_0219_154304.JPG

【カラーイラストも満載】
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

漫画『ももんち』冬目景

予備校生の「もも」こと岡本桃寧は美大生をめざす
いつも眠そうで頼りない末っ子。公認会計士の兄、
気が強いが妹には甘い姉、絵画教室を営む母、
そして職を転々と変え失踪中の自称芸術家の父を持つ。
家族は絶妙のバランスをとりながら壊れることなく、
ももはアルバイトをしながら生活費を捻出。
過保護気味な兄と姉は一人暮らしをはじめたももを心配し
よくアパートにやってくる。兄は太郎と名づけられ
(岡本太郎)、偉大過ぎる芸術家の名前と両親からの過度の
期待に反発。姉は反発精神旺盛な性格からこれに反発。
兄と姉は絵を制作する道を選ばなかったが、
おとうさん子だったももだけは絵の道を選んだ。
P2016_0910_092435.JPG

ももは予備校に通う友人と共に、絵の制作に取り組みながら
わりと充実した日々を送っていた。
恋愛に疎いももだったが、同級生で気になる存在が現れて…。
まったりとした作風と、心優しい登場キャラたちが
ヒロインを見守り、ぼんやりとしているももが
最後の最後で自分で決断して行動を起こすという
まろやかな仕上がり。安心して読める世界観。
ビッグスピリッツコミックスペシャル
ラベル:冬目景
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

漫画『中間管理録トネガワ』原作 萩原天晴 漫画 橋本智広 三好智樹 協力福本伸行

ブラック企業帝愛グループ兵頭会長が多重債務者を使った
血沸き肉踊る悪魔のような余興が観たいと切望。
Boaの歌詞やSNS、クズ(多重債務者)が大嫌いな兵頭は
幹部であり中間管理職である利根川に命題を託した。
利根川は髪形くらいでしか区別のつかない量産型の黒服
(メンインブラック)たちと会議を開く。
気まぐれでいつも不機嫌なめんどくさい王様兵頭を怒らせたら
生き地獄の焼き土下座をさせられるかもしれない。

電通のヤクザ顔の石井元社長を連想させる兵頭は圧倒的な暴力を
行使できるので、帝愛社員は常に命の危険にさらされている。
だがしかし、同時に会長を満足させる悪魔的企画を思いつけば出世、
グループナンバー2の地位は盤石なものとなる。
それには絶対に部下たちの信頼と協力が必要。
まずは彼らに自己紹介をさせることにした利根川であったが…。

兵頭会長の命令により黒服にグラサンという格好をしている
部下たちは無個性で見分けがつかない。
しかもなぜか彼らはみんなしてボウリングが趣味である。
変に気を遣うことで、利根川を困らせることもある。
部下のまぎらわしい苗字にイラつき、部下の失敗の責任で減給。
理不尽な上司兵頭会長の顔色を窺うも不興を買いパワハラを受け、
選択を誤り会長の指がつっこまれたスープを飲む羽目に。

苦悩しながらもすばらしいアイディアが出たことで光明を
見出した利根川らであったが、会長の気まぐれがそれを阻む。
ブラック企業帝愛の入社への選考方法、
男の意地をかけたかつ丼チャレンジ、
ナンバー2の座をかけたライバルとの対決、
影武者捜しに影武者改造計画、飛行機の船内での悲喜交々、
そして部下の失敗によるピンチと次々と難題が降りかかる。
(キングクラス…作中登場するファーストクラスの更に上の
極上サービスが受けられる。暴君兵頭会長も満足の快適さだ)
P2017_0201_114104.JPG

まさに必死の思いで一大プロジェクトに臨む利根川だったが
作品に漂うのは笑いであり、その様は喜劇的ですらある。
会長同席のマネーの虎ごっこ、会長のきまぐれに付き合わされて
20連勤と多忙を窮めるワーホリ利根川にまさかの連休?どうする?

「カイジ」のスピンオフ作品なので利根川のたどる道は明白であり
それがまたファンにはたまらない。
「カイジ」では悪役だった利根川の中間管理職ならではの哀愁、
人間味が実におもしろい。
あと、会長がSNSのことをぼやいたことで歴史的矛盾が
生まれているが、まぁいいか、これギャグマンガだから。
8巻〜 ☆☆☆☆+ 講談社ヤンマガKC
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。