2016年06月25日

漫画『ショートゲーム〜あだち充が短編で繋ぐ高校野球〜』あだち充

あの夏の感動を忘れない。
あだち充が織りなすラブコメ野球漫画と
手抜きギャグテイストの短編をまとめて収録。

【リリーフ】
ごうまんなエース益山によって、球場に滝あゆみを
なんとか連れてくることに成功した浜。
自分のピッチングを見せればきっと俺にほれるはず。
益山の発言に首をかしげる浜。
かつて中学野球で名を馳せた浜は今では控え投手。
同級生だった益山をあごで使っていた4番のエース浜は
わがままな暴君だった。だが野球を続けられないひじと知り
苛立ちから暴力事件を起こし関東大会への話もなくなった。
チームメイトに迷惑をかけた浜は野球から離れていた。
だが益山の強引な勧誘によりベンチに入っていたのだ。
なぜか自分につらくあたる監督だったがそこには見えない
つながりがあった。ここまで読んだら嫌な話だが
意外すぎる読後感のよさと逆転劇はさすがあだち充。

P2016_0625_065744.JPG


【同球生】

あの夏のエラーにより俺たちの甲子園はなくなった。
甲子園で活躍してプロ野球選手になる。
高校球児のあこがれである青写真。
エース高峰の好投によりあと一歩となった
堀宮高校の甲子園行きの切符は安西のエラーでついえた。
その後、安西は大学で野球を続けプロ入り。
今では注目の選手となり試合で活躍していた。
時間が経ち、かつてのチームメイトたちは彼の活躍を
素直に祝福できるようになっていた。
控え選手だった田所や高峰ら、マネージャー中根は
居酒屋に集まり同窓会ならぬ同級会を開いていた。

【ギャグタッチ】

あの有名な『タッチ』をあえて手抜きで2ページだけ
ふざけて書く。そこにあだち充イズムが見事に出ている。

小学館ビッグコミックススペシャル
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

漫画『モーレツ! イタリア家族』ヤマザキマリ

イタリア人の夫と結婚したマリは濃すぎる彼の家族に
振り回される生活を余儀なくされた。
世界有数の「家族愛」を誇るこの国においては
家族間におけるスキンシップが半端ない。
アモーレ(愛)が強すぎて少しひいちゃう。
息子夫婦が転居するというと2500キロ離れた新居にも
すぐさま駆けつける。家族の絆とか、結びつきの強さを
まざまざと見せつけてくれる。

90過ぎのパワフルなアンナとエリザベッタばあさん、
夫ベッピーノの母マルゲリータ、色気ムンムンの妹ローザと
女性陣のパワフルさ、濃さは特筆すべきものがあり笑いを誘う。
夫、子供デルスと共に3人で日本に行くはずだったマリ。
しかしマルゲリータの呼びかけにより親族、友達も同行する
ことになり、かくして9人増えて旅行することになる。
しかもこの人たち全員マイペースでハイテンション。
すっかり振り回されてしまう。
東京、鎌倉、高山、金沢、京都、奈良、姫路、大阪。
全10日間の死の行軍(デスマーチ)的殺人的日程が組まれ
マリたちに気の休まる時間はない。
まだ絵は安定していないけど、作品にパワーがある。
講談社 ワイドKC KISS ☆☆☆★

P2016_0604_180837.JPG

【日本のおばぁが平良とみ(「ちゅらさん」)さんなら
 イタリアのおばぁもやっぱりパワフルなのだ】
ラベル:ヤマザキマリ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

漫画『フードファイタータベル』うすた京介

グルメオタクの原田美味満は高級弁当を神無食流(たべる)に
奪われたことで、嫌なフラグが立ち、彼と関わりを持つ。
実家の食堂「ルーズソックス」は息子うまみついわく
マズイ店でありそのことが余計に彼を外食に駆り立てた。
店にやってくる性質の悪い舘兄弟をフードファイトにより撃破。
底知れぬ胃袋を持つたべるは
フードファイターの聖地テレビ凍狂に赴くことに。

P2016_0505_182122.JPG


行く先々でたべると出会ううまみつは彼の言動にツッコミを
入れながらその雄姿と活躍?に目が離せない。
フードファイターとして名を馳せる実勅弌にケンカを売った
たべるは地方予選に出場し、テレ凍大会決勝での再戦をめざす。
しかし、地方大会はわいろと不正が横行するいばらの道。
お目付け役のひげじににらまれたたべるは、露骨な妨害に遭う。

いろんな意味で何かしでかしてくれそうな男たべると
正統派ツッコミうまみつによるうすた京介待望の久しぶりの新作。
第一話読んだときは不安だったが徐々におもしろくなっている。
ジャンプコミックス+ 6巻〜 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

マンガ『ダンジョン飯』九井諒子

黄金の国の言い伝えにより、冒険者たちがお宝めざして
パーティーを組み、魔物たちを倒しながらダンジョン探索。
人間以外にも、ドワーフ、エルフ、ゴブリン、オークなど
様々な種族やモンスターがうごめくファンタジーの世界観が
魅力的な本作。狩猟採集という生物の根源的な問題を描く。
ちなみにダンジョンには不思議な呪いがかけられており、
冒険者たちは死なず、蘇生してもらえれば復活する。
(損傷が激しすぎるとこの限りでない。)

P2016_0507_110232.JPG


ドラゴンに食べられた妹ファリンが消化される前に救出しようと
ライオス、その仲間エルフのマルシル、チルチャックは
魔物がうごめくダンジョンに再び挑むことに。
しかし、いかんせん先立つもの(お金)がない。
特に食費(食料)が問題だ。探求心が強いライオスは、
パンがなければ魔物を食べればいいじゃない。
という発想にたどり着く。
仲間の冷たい反応をよそにかかんに魔物を捉え食す。
だが食中毒の問題はぬぐいきれない。
そんなライオスを見つめるマルシルの冷たい目。

そんな彼らの前に現れたのはドワーフのセンシだった。
10年以上迷宮で魔物を料理、研究しているという彼により
魔物はすばらしい食材となりその栄養価はあなどれない。
やっぱり冒険にはコック(料理人)が欠かせないのか?
食に対して保守的なマルシルは初めこそイヤがるが
背に腹は代えられないと食してみると驚きのおいしさ。
意外とバランスのよいこのパーティー(ボケ役とツッコミ役)は
モンスターや亜種族、ワナに苦しめられながらファリン救出に向かう。
強力なドラゴン、ダークエルフの影も見え隠れし…。
冒険には驚きと発見がてんこ盛り。
ちょっと食べたくなってくるレシピあり、栄養表まである。
発想が奇抜で内容もしっかりしているグルメ漫画。新鮮。
人気ファンタジー漫画。

ビームコミックス 9巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。