2015年01月25日

漫画『聲の形 こえのかたち』大今良時

退屈が大嫌いな少年石田将也は毎日度胸試しを送り
充実の日々を送っていた。しかし小学校六年生になる
友達はいい加減こんな危険な遊びやめようと諭す。
いっしょにバカをやる相手がいないと退屈で仕方ない。

そんなある日、転校生西宮硝子がやってきた。
彼女は耳が聞こえないのでノート(筆読)を通して
仲良くなりたいとその意思を告げた。
将也の中で彼女はまるで星の異なる住人のように感じ、
「変な奴」とつぶやきクラス中を凍りつかせる。

将也は硝子に執拗にちょっかいを出し自分の中の退屈を
満たそうとする。再三担任から注意を受ける将也だったが
その考えを改めようとせず、悪質ないじめを繰り返す。
『言葉の壁』は教室内にわずらわしいという空気を作り
いじめを率先する将也により、硝子は悲惨な日々を送る。

将也に追従するようにいじめに加わる者、
見て見ぬフリする者、硝子に手を差し伸べたことで
登校拒否に陥る者…。
この辺りがかなりキツメにリアルに描かれる。
特に将也が補聴器を奪い破壊し続けること8回。
そんなひどい境遇に陥りながら、
なぜか硝子は怒りを見せず登校していた。
しかし補聴器破壊総額170万という実害によって、
遂に硝子の母親が学校に相談にやってきた。

やりすぎた…。
実の母親に泣かれ、硝子の母に蔑まれ、
親友からは露骨にいじめを受けるようになった。
それでも自分をかばう硝子を足蹴にした将也は
硝子から反撃を受け、取っ組み合いの大ゲンカ。

1月後、彼女は転校し、その後残ってしまったのは
将也に対するクラスメイトからの非難の目と迫害。
そして、硝子がしてくれていた善意の行為を知ることに。
罪悪感に苛まれながらも彼が感じたのは
硝子への嫌悪感、逆恨みだった。

中学生になった際に、かつて親友だったはずの島田により
将也の悪事は露呈。そのことを否定しなかったので
彼は完全に孤立し、暗黒の青春時代を送ることに。
それすらも自分への罰なのかもしれない。
将也は簡単に想像できる暗い未来を想い描きながら
高校三年生になった。

人は信じられなくなった将也は、他人の顔に×をつけ
見ようともしないのでクラスメイトの顔も覚えていない。
完全に他人である。将也は母が弁償してくれた
170万円をどうにかこうにか工面した将也は
自殺する前に心残りだった硝子に会いに行くことにした。

P2014_1230_160141.JPG


硝子が忘れていったノートを手話で伝えた将也は
勢い余って友達になりたいと伝えてしまう。
彼女は将也に心を許したかのように「会話」してくれたが
硝子の家族は過去を許してくれたわけではない。
硝子に会ったことで自殺を思いとどまった将也は
普段だったら絶対しないような他人を助けるという行動をとる。
そのことにより永束友宏という友を得る。
硝子に会おうとがんばる将也に前に立ちはだかるのは
硝子を守ってきた強力な家族だった。

過去の過ちによって、ちりぢりになったはずの加害者
被害者たちが登場し、その因縁を断ち切り表面上は
永束の提唱する映画作りによって仲良くなっていくのだが、
そこは未熟な思春期の若者たち。
腹の中ではどんな昏い感情を持っているかわからない。
主要キャラクターのほとんどが
ひとくせもふたくせもある連中であるが、
やはり注目すべきはヒロイン硝子であろう。

硝子(ガラス)はひび割れやすく、また同時に
自分(他者)の行いを映すから、美しい存在を見せられると
自分の矮小で醜い部分が露呈してしまうことがある。
「いい人間」のフリをしていたのにごまかせず
本性をさらけ出す事態に陥り、結果自己嫌悪に陥る。
傷つけ合うことでしか自分たちの気持ちを伝えられぬ
のであれば、人は何てせつない生き物なのだろう。
いや断じて違うはずだ。
『言葉の壁』、『心の壁』をぶち破る方法があると
ただただ信じたい。想いは届く。

将也が感じた彼女との距離感が縮みますように…。

しかしこのマンガの導入部がものすごく暗いなァ。
「ちはやふる」もそうだったけど、すばらしい漫画でも
前半キツイとそのまま続きを読むのは大変だ。

全7巻 講談社コミックスマガジン ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

漫画『のぼうの城』和田竜 花咲アキラ

1582年。豊臣秀吉の水攻めによって高松城陥落。
その鮮やかなまでの手腕を見た石田三成は
秀吉は天下を獲ると確信し、
自分もまたこんな戦がしたい!と熱望した。

そして8年後の1590年。
武士として初の関白となった秀吉に屈服せぬ勢力は
小田原北条家だけとなった。
3月1日小田原への出陣を決意した秀吉によって
三成ら諸大名は北条家の支城である館林城、
そして現在の埼玉県行田市にある武州忍城(おしじょう)
を攻略する命を受ける。総大将は三成。
2万と言われる軍勢を任された三成だったが
相手する館林は2千、忍城にいたっては千程度の軍勢。
圧倒的な軍事力の差もあり、その位置づけは
あくまで三成の武勇の名を轟かせるための秀吉の
心遣いであった。
館林はあっさり落城。
では忍城は?

優秀な家臣である丹波や、武勇を誇る柴崎らを有する
かの地には「のぼう」(でくのぼう)と呼ばれ
農民たちに侮られる城主のいとこにあたる成田長親と
いう男がいた。一見、うつけのでくのぼうに思える
この男だったが、幼少期から丹波はこの男に違和感を
覚えながら友として彼と接してきた。

評定(会議)が開かれ、様々な意見が出るが
城主成田氏長が出した答えは
大恩がある北条家のために闘うことだった。
しかしそれはあくまで北条への義理を貫くための建前。
最終的に大軍を目の前に仕方なく開城した形をとると
城主の息子御屋形様は秀吉に内通を知らせようとする。
この形をとれば、戦にならず領民たちに血は流れない。
家臣柴崎と口だけ番長酒巻らのいさかいによって
農民たちも戦をしないという事実を知ってしまう。
秘密を変に隠せばかえって人から人に伝わるものだ。
長親によってそのことに気付いた丹波はあえて
農民たちにそのことを知らせたことで動揺は収まった。

しかし、戦わずに開城することを是としない者がいた。
意地を通せば領民たちがみな死ぬ。
無念であっても受け入れねばならぬ。
数を頼りに押し寄せてきた三成が差し出した正家という
ぼんくらの無礼極まる言動に腹を据えかねる忍城面々。

P2014_1230_155855.JPG


しかし、甲斐姫を秀吉に差し出せという発言によって
長親は戦うと宣言する。
乱心したのかと長親を殴りつける丹波だったが
正念場で長親の誇り高い信念を知った家臣たちは
心を一つにして戦の意志を固める。
農民たちにもそのことを知らせるが、言いだしたのが
長親だと知った彼らはなぜか笑い出し受け入れた。
元々、かの地の農民たちは坂東武者を持ち義侠心に
あふれる者たちである。
一見侮られているかのようだった長親は
その飾らぬ言動威張らぬ人柄により慕われていた。

一枚岩となった彼らによって、
のぼうの城は秀吉にとっても難攻不落の城と化す。
そして、のぼうが心に忍んだ想いとは…。
窮地に遭ったときこそ、真価は問われる。
のぼうらが見せる生き様が感動を誘う必見の一冊。

ビッグコミックスペシャル 全1巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

漫画『銀河パトロールジャコ』鳥山明

脇見運転事故により地球の小さな島に不時着した
自称エリート銀河パトロール隊員ジャコ。
1,8倍という過酷?な倍率を勝ち抜いた雑魚
(ザコ、ジャコ)隊員が出会ったのは
島でタイムマシンを作ろうと奮闘する工学博士大盛だった。

彼は実験中の事故により妻やスタッフを亡くした。
タイムマシンを作りその事故が起こる前に戻り
事故を未然に防ごうと考えた。
そんな大盛博士にジャコが告げたのは絶滅爆弾の存在。
説明しよう。この爆弾を使うと特殊なウイルスによって
地球上の人間だけを排除できるというとっても
エコで便利な代物なのですよ〜。あぶね〜。
しかもジャコはうっかり違う星でこれを使った前科がある
ドジっこである。とりあえず宇宙船が直るまで、
人類を観察し爆弾を使用するべきかどうか決めよう。
ということになり、二人は衣食を共にすることに。

非常に貴重なのでバカ高い燃料空金を得ようと
都市にやってきたジャコは、
トラブルに巻き込まれていた女性タイツを助けた。
(タイツ、どっかで聞いたことあるネーミングセンス)
SF作家をめざしているタイツは強引に島にやってきた。

P2014_1231_184114.JPG


そんな中、宇宙に向けて飛び立つ有人ロケットに
アイドルが搭乗するというアホなイベントが着々と進行中。
『ドラゴンボール』のあのキャラクターたちも次々と登場。
悟空や悟空の両親も出てくるよ。

集英社ジャンプコミックス 全1巻 ☆☆☆+
ラベル:鳥山明
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

【漫画名言集 新最強伝説黒沢&監獄学園】

分からなくなるんだ。
生活がしょっぱ過ぎて時々分からなくなる。
何が正しくて何が正しくないのか。
時々オレを止めてくれ。
オレが道を踏み外しそうになったら。

まるで太陽だ ズバリ太陽だ!
全ての喰い物は太陽の欠片だ!
ゲバラは、真夜中の太陽だったのかもな…
【新最強伝説黒沢】親方

オレの「こじれ」は オレの「頑固」は逃げ…
怖かったんだ…! 
幸せを求めて幸せを得られないことが…!
成功を求めて成功を得られない事が!
優しさを求めて優しさを得られない事が!
【新黒沢最強伝説】こじえもん

人助けだったんだな。
間違ってると思うけど、人助けだったんだな……!
【新黒沢最強伝説】ある父親

問うている!
やれなかったのか? やらなかったのか?…って!
謝りてぇっ! 命に! つまり自分に…
オレに、期待してくれた人たちに!

なんだ? この存在感が希薄な若者達は!

どうしてオレたちは争う?
譲り合えばいいじゃん。損しときゃいいじゃん。
心は 生まれ落ちる前は
一本の真っ直ぐな糸だったんじゃないのか?

あんたバカ…? これは竹書房! 
オレが言ったのは、酒・所望!!

役に立つとか立たないとか、
そんな事もうどうでもいいじゃないですか。

違う! 今おまえが思った事違う!
オレが人殺しになるか否かは…
おまえだ! おまえにかかっている!
受け入れる、どんな運命も。成り行きさ心から…!
【新最強伝説黒沢】黒沢

カラカラにひからびた人生なのに、
世間という海で溺れそうだ。
【新最強伝説黒沢】

働く場を用意してくれる!
オレは有り難いんだ。 合格さ!
降格は合格なんだよ! 黒ちゃん!
オレ達の歳になったら
【新最強伝説黒沢】白山

この署の全警察官からも嫌われとるよ。
ふんぞり返りのイナバウワーと陰口を叩かれる、
ある意味名物署長だ。
【新最強伝説黒沢】先生


好色選挙法違反
【監獄学園】脳内キヨシ

我々は四つ葉のクローバー。
4人それぞれが希望と誠実と幸福と愛を信条に生きる
四つ葉のクローバーなのでござる

フィギュアかわいさに友を売ったとなれば
それこそ関羽様に顔向けできぬ

たとえ今は泥にまみれていようと必ずや
いつか天下人になろう
(コイツ… そういえばクソもらしなんだよな(キヨシ))

戯れに ムチを打たれて 
そのあまり軽きに泣きて 三歩 歩まず
【監獄学園】ガクト

やはり僕のマゾ経済理論は間違っていなかった!
始まったんだ!“アンドレ安・芽衣子高”が!

マゾのウォール街まで進出した僕の投資論!
アンドレノミクス
【監獄学園】アンドレ

へへ…どうだい ここまで弱いと
勝っても後味が悪いだろう?
【監獄学園】ジョー
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

漫画『白暮のクロニクル』ゆうきまさみ

現代に舞い降りた吸血鬼との不思議な交流。

渋谷区保健所で働いている伏木あかりはある日
殺人事件の第一発見者になる。
そこにやってきたのは厚生労働省で大臣官房参事を
勤めるエリート竹之内。
知らぬこととはいえ、雲の上の存在である上司
竹之内にかみついてしまったあかりは
真っ白になるが、なぜか彼はあかりを大抜擢。
竹之内自ら『夜間衛生管理課』のへの配属を
言い渡される。やってきた課の久保園と共に
『殺人図書館』と揶揄される按察使文庫に赴く。

そこには御年88歳の見た目美少年雪村魁がいた。
彼はこの世界に存在する【オキナガ】と言われる
不思議生命体を解明する多きなキーパーソンである
なぜなら、彼自身もオキナガであり、
またあかりが発見した被害者久我井もオキナガだった。

【オキナガ】とは「息長」と呼ばれる表記され
日本に10万人程度いるとされる吸血鬼、
ちょうど人魚のような存在である。
歳をとらず、病気に滅法強く、長寿であり
数百歳という者もざら。見た目は人間と変わらない。
心臓を確実に破壊する特殊な「殺し方」をしないと
蘇生し、ケガを修復する能力も非常に高い。

世間からは吸血鬼として恐れられているが
実際は血を飲まなくても生きていけるので
大きなトラブルを起こすことはないが
偏見や干渉を嫌い住居を転々とする者が多い。
瀕死の者にオキナガの血を与えると
稀に蘇生する場合もあるがそのほとんどは死に至る。

P2014_1229_165624.JPG


心も身体もでかいあかりは、なぜか魁に気にいられ
彼が追いかけている羊殺し事件解決をすることに。
「羊殺し」とは12年ごとに若い女性を殺害し
内臓を抜き取っていくという猟奇的な殺人犯である。
魁はこの殺人犯をこの手で殺すと宣言するなど
並々ならぬ情熱を注いでいる。
また、魁とあかりを結ぶ不思議な因縁として
棗という女性の存在は切っても切れないであろう。

気の遠くなるような年月を生きることを強いられた
マイノリティオキナガと人間による年代記を
ヒット作を量産するゆうきまさみ先生が描いた
期待大の最新作である。
人物描写、構成力、見せ方など流石の一言。

全11巻 ☆☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今年もよろしくお願いするのだ】

P2014_1230_100620.JPG


他人が見ればきっと 笑い飛ばすような

よれよれのしあわせを追いかけて
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。
 マンガのソムリエは
 乃木坂と箱根駅伝を
 応援しています。