2014年02月23日

漫画『亜人』桜井画文 三浦追儺

死んでも蘇る亜人は人類にとっての救世主か脅威か?
世界で50例に満たないこの新種の生命体(UMA)は
人の外見を持ち、高度な精神構造を有し、
人間社会に溶け込み生活している。
そして死んだ時に自らが亜人だと自覚する。
人類は彼らを人ではない存在とみなすことで
人体実験など「非人道的」な扱いを行う。
貴重な存在なので、莫大な懸賞金がもらえるという
ツチノコ的都市伝説があり、多くの者は
目の色を変えて捕獲に乗り出す。
捕えられた亜人は不死への可能性の模索の為に「殺され」、
新薬の被験者、自動車事故の実験体として扱う。
まさにこれは万死に値する行為に感じる。
人類の進歩と銘打ち、生命体に苦痛を与える
悪魔の所業すらも自らの強欲でおしつぶし、続ける。
物語は日本で2人しか発見されていない
3人目の亜人永井圭(ケイ)発見を契機に
巻き起こる騒動を描いたホラーサスペンスである。

P2014_0201_185837.JPG


ケイの唯一無二の親友であるカイとの逃走劇、
そして自らの存在を隠し人間社会に生きている亜人と
様々な思惑で動く人類との闘争劇を劇場的に描く。
マイノリティだが、不死、不思議な能力を有した亜人が
絶対的な個体数を有する人類とどう闘っていくか?
またどのような生き残りの道を模索していくのか?
妹からクズとみなされる性格の主人公が
どのように生まれかわっていくのか?が見所である。

P2014_0201_185528.JPG


自らの立ち位置に揺れるこの主人公の葛藤や
飽くなき人間のエゴ丸出しの姿を見事に描いている。
救いのない物語の中ではカイの存在が際立つ。
原作者が降りたのか途中からは桜井画文のみの名義に
変わっている。

講談社青年アフタヌーンKC 7巻〜 ☆☆☆★
タグ:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

漫画『新最強伝説黒沢』福本伸行

とんかつ弁当にアジフライ混入
(アジフライはハートの形)
など数多くの伝説を残したあの男が復活?

(前作)【最強伝説黒沢】
http://manga0001.seesaa.net/article/145297876.html

天国にやってきた黒沢。
毎日が平穏で安穏、食べたい物も飲みたい物にもこと欠かず、
気の合う者しかいない。まさに天国。
ただし、ここには何かが足りない。
そうだ。ここには女性がいないじゃないか。

P2014_0207_092412.JPG


黒沢は気付いてしまった。
前世(現生)において渇望しながら
手に入らなかった女性、恋愛がここにはない。
ちなみに女性は地獄にいるが鬼をたぶらかして
結構いい暮らしをしているらしい。
じゃあイケメンはどうなんだ?
イケメンは鬼にいじめられているのか。
しかしイケメンは人間の女性と鬼の女性をたぶらかして
いい暮らしをしているらしい。
「地獄の沙汰も顔しだい…」
悔しい。オレモモテタイ…。
半世紀ほど生きてきて、女生と縁のない自分。
あるのは決してまともに話せない歴代のアイドルの
面影だけ…。
黒沢は現世に戻りたいと渇望した。
実に8年もの間、彼は眠り続けていた。
だが、現世に戻るチャンスが与えられた。
「馬鹿は、生きなきゃ治らない」。
あえて苦界に舞い戻った黒沢。
実に現世では8年もの歳月が流れていた。
はじめは、この男の復活は話題を提供し、
歓喜の渦を巻き起こしたが、そもそもこの男
爽やかじゃない…。だって54歳のおっさんだもの。
さっそく疎まれはじめ…。

読者・作者待望の爆笑必死のあの伝説が再び始動!
先生、ゲバラ、アメリカからの刺客にやらせ格闘家
と個性豊かなキャラが次々と現れ、
レジェンド黒沢もてんてこまい?
そして、黒沢またしても生命の危機?どうなる。
レジェンド葛西とは似て非なるレジェンド黒沢の
活躍に期待大。
バカバカしくもどこか憎めず哀愁漂う黒沢がんばれ!
小学館ビッグコミックス 10巻〜 ☆☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

【雪上に咲く花のように】

関東に記録的な大雪が降り、家から出られない
危機的な状況に陥っています。
雪隠詰めになりそうなので雪かきしました。
母と膝まである50cm超の雪をかいて、
1時間くらいとりあえず道路までの行路を確保。
…したのですが、ゴゴゴっとすごい音がして
何かなと思ったら、屋根に乗っかっていた大量の雪が
落ちたようで、何かもう、さっきより家の前埋まって
しまっています。もっと危機的状況に陥っている方も
いらっしゃるかと思います。ただただ心配です。

実際、仕事に言っていた兄は某駅の電車内に
閉じ込められてしまいました。一応、無事とのこと。
雪害に対する備えのない関東で大雪が降ると、
こんなにも深刻な状態になるのかと身につまされます。
停電してしまっている。駅や電車で取り残されている。
家や学校、建物から出られない。
そんな方も数多くいらっしゃることと思います。
少しずつでも、確実にできることをしたいです。
こんな日でも、いえこんな日だからなのか
救急車の音も聞こえてきます。
どうやって自動車動いているのかなと思う位、
雪で道路埋まっていましたが、働いている方も
いるかと思うと、頭が下がります。
そんな中、羽生選手が大きすぎる期待につぶされず
金メダルに輝いたことは励みであり希望です。
華奢に見える身体でありながら、
その芯の強さやしなやかさや妥協しない姿勢は
まるで雪の重みに負けず折れることのない木々を
思わせます。

長年、日本のエースとして引っ張ってくれた高橋選手、
そして、町田語録で有名になった町田選手にも
強く勇気づけられました。

僕は何も変わっていなくて、昔からずっと弱いんですけど、
かけがえのない大切な人に支えられてここに立っている。

日本の選手層の厚さは、町田選手が残したこの
精神性にあるのじゃないかと思います。
酷寒の雪上にも灼熱の砂漠にも花は咲きます。
弱い自分を顧みるとき、そうなりたいと強く思います。
そして、そうありたいものだと。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

漫画『ルシフェルの右手』芹沢直樹

戦場で多くの命を救った医師がいた。
そして、同時に命を奪った医師がいた。
彼は、かつて自分がいた横浜に戻り、
運命的な再会を果たす。
彼の名は勝海由宇。
人を殺めてしまった自らの右手に戒めの為に掘ったのは
堕天使ルシフェルの右手だった。

アフリカのNPOボランティアに参加していた外科医勝海は、
その国の反政府ゲリラに拘束された。
国境なき医師団をほうふつとさせる彼らは
銃弾飛び交う最前戦で今尽きようとしている多くの命を救った。
しかし、政府軍に銃を向けられ、患者の命を奪った彼らに
激情から彼は気付けば銃を撃ち人を殺していた。
医者をやめることにした彼だったが、
横浜の地で行きがかりで医療行為を施した。
そして、かつて彼が医療の道を進むきっかけを与えた
恩師の皆戸野と知らぬうちに再会を果たす。
自分のような人間が医者をしていいのか迷う彼だが
「この手で人を殺したならそれ以上にこの手で
人を救えばいい お前の手はまだ堕ちちゃいねェよ」
という皆戸野の言葉に心を動かされ手術を行うことに。

P2014_0202_172027.JPG


皆戸野は体調を崩したことで彼は、事務員として働く
佐倉と共に皆戸野医院の留守を預かることになった。
医療費を払えない者や表立って医療を受けられない
ワケありの裏世界の者たちがやってくるこの医院は、
無報酬で診療を施すことも多いが
同時に裏街道の暗部的側面も併せ持つ。

目の前にいる者をただ助けたい!という信念を持つ
皆戸野の想いと志を同じくする勝海、佐倉は
厄介者ばかりが訪れるこの医院で奮闘する。
いつしか、彼らの下には船木、七海、沖田といった
一癖も二癖もある同志が集まる。
どんな過去があっても、今を受け入れ、
未来を見据えただ前に進む。
ルシフェルの右手は下げていれば堕ちているが
上に掲げれば空にはばたく飛翔の象徴である。
記憶喪失である佐倉、人を殺めてしまった勝海、
まっとうな道を歩くことにした鈴木、
まじめさ故に職場をてんてんとしてしまう七海、
恋人を事故で失った沖田といった堕天使たちが
悲しい過去を受け入れ、歩いていく姿が感動的な医療漫画。

P2014_0202_171948.JPG


講談社モーニングKC 全6巻 ☆☆☆★
タグ:医療漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

漫画『百姓貴族』荒川弘

「農家の常識は社会の非常識」。
いまや日本のブランド北海道十勝の広大な大自然で
生を受け、農業に従事していた人気漫画家が
日本農業の実態を面白おかしく描いた
農家エッセイコミック。
骨太・ど根性・男顔負けの熱血少年漫画を描く
荒川先生のルーツはここにあった!

P2014_0202_071020.JPG


広大な畑を持ち、乳牛などの酪農を行う荒川家。
「働かざるもの食うべからず」という立派な家訓を持ち
ヤンチャであると伝えられるこの一族は
ひいじいさん与作が足尾銅山鉱毒事件で田中正造と共に
政府と闘ったという逸話がある。
与作氏は開墾に励み、先祖代々働き者を生んだという。
ええ話や…。
その荒川家の当主であり、4人の子供を儲けた荒川家。
父もまたたくさんの伝説をつくっていくのだった。

愛らしい動物たちと雄大な大自然にあこがれを持つ一方
これは軽い覚悟で農家をやりたい!などと言えないなぁ
と思わせるエピソードが大盛りてんこ盛りおかわり。
大変なはずの仕事も笑い飛ばしてしまう農家(お百姓さん)の
誇りとたくましさに頭が下がる。
同時に私を含めた消費者の持つ傲慢が
たくさんのロス(規格外農作物などの廃棄)
を生み出しているという事実を知ると心が痛む。

新書館 4巻〜 ☆☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。