2013年12月01日

漫画『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』谷川ニコ

黒木智子こと「喪子」(交際経験や告白された
ことがない人、つもり非モテ女子のこと、喪女とも。
クズっぷりは漫画界のクロちゃん)
もこっちのどうでもいい日常を描いたギャグ漫画。
主人公の性根の腐り方や変態的思考、
見当違いな言動の空回りが半端なくて笑える。
時に問題発言がひどすぎるのはご愛嬌だ。
基本的にがんばればがんばるほど失敗するタイプ。

タイトル通り彼女は高校生活で全くモテず、
それどころかまともにクラスメイトと話す機会もない
悲しい日々をすごすことになる。
モテたい自分のことは棚にあげてモテ系・リア充を
心の中でビッチと蔑み嫉妬し、逆ギレし
妄想の世界に現実逃避することで自我を保つ。
暇とひとりぼっちの寂しさは妄想(大好物である
乙女ゲームで得た偏った知識に基づいた卑猥なことや
シチュエーション)によって乗り切る。
性質の悪い強すぎる自己愛、根拠のない自信によって
なんとかひきこもりにだけはならず登校している。

しかしクラスでは限りなく透明に近い存在に
なりつつあるので当面の目標は
「空気さん」から「黒木さん」への昇格である。
だがクラスで注目を集めるのは
奇行などによる悪目立ちをしたときばかりなので
1年を通して宇宙飛行士よりも浮いている時間が長い。

唯一まともにしゃべることができる異性は弟のみ。
しかし弟(黒木智貴)に対して理不尽極まりない
限りなく最悪に近い言動で接するため絶賛嫌われ中。
そのため定期的に口を聞いてもらえなくなる。
ちなみに弟へ醜い嫉妬から勝手に
マイナスポイントを算定し憎しみとともに増加中。
弟は姉のせいで人生における
最も意味のない時間を加算中。

唯一無二の親友であり中学時代に地味メガネだった
ゆうちゃん(成瀬優)は高校デビューで
すっかりモテ系リア充に。
ゆうちゃんは違う高校に通っているので
智子の学校での惨状を知ることはない。
親族以外では唯一の話し相手なのにセクハラまがいの
メールを送ったり電話をかけるのだが、
なぜか愛想をつかされず交流は続いている。

P2013_1015_183405.JPG


3歳下のいとこのきーちゃんからは
同情と慈愛の目で見られる始末。
変態同級生こみなんとかさんは弟を
いやらしい目で見てくるし、クラスメイトからは
その挙動不審から警戒されまくり…。

心優しい父と母はいっしょに生活しているので
このどうしようもない智子の黒歴史を垣間見る羽目に
なるが優しく見守っている…親ってホント偉大だよね。

卒業式の今江先輩の話がよくて、
たまにこうやってすごいのブッこんでくるからね。

ぼっち(ひとりぼっち)で腹黒だけど
さみしがりやという面倒くさい非モテの明日はどっちだ?
全喪が泣いた!話題作 通称「ワタモテ」「私モテ」

ネタ切れ起こすと思われたこの作品だが、
マジでヤベェキャラクターが次々と登場し
むしろ新たなおもしろさを生み出している。
途中までぼっちだったはずなのに、会話する相手や
倒錯的ストーカーまで現れ、修学旅行でも
あのネズミの遊園地行っても人に囲まれている。
妙な求心力を持つに至り、大学選びにも他者に影響与える
ような存在に…。
あれっ?いつの間に世渡り上手になったの?
どうした黒木?
と思うけどクロちゃん並のクズっぷりは未だ健在。
心の中ではゲスいことを考えている。

17巻〜 スクウェア・エニックス ☆☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。