2012年07月29日

漫画『日出処の天子 ひいづるところのてんし』山岸涼子

聖徳太子と蘇我毛人の運命的な出会い。
深い絆で結ばれながら、避けられぬ悲劇を描く。

6世紀後期。
大王(おおきみ)と地方豪族が政治を支配する世界。
有力豪族で大臣蘇我馬子の長男毛人(えみし)は
妹の刀自古と共に楽しい少年時代を送っていた。

馬子は、まだ10歳の聖徳太子(厩戸皇子)に
「仏法を理解していない」と言われご機嫌斜め。
馬子は熱心な仏教派であり、ライバル関係の
物部氏(神道派)らに絶対に弱みを見せたくない。
「父の腹立ちの種は息子にも及ぶ」のである。
まだ一族の長男として自覚のない毛人は、
馬子からはっぱをかけられてしまう。

気分を変えたいと池にやってきた毛人は、
まだ寒いのに泳いでいる女を発見。
妹の刀自古と勘違いし、話しかけようとするが、
仙女と見紛うほどの美少年厩戸皇子だった。
(このとき毛人は、美少女と勘違いしている)

厩戸皇子は、柔らかな指・雲のような豊かな髪
花のような美しい顔、口もとは愛らしく、
瞳はつぶらではっきりした美少年であり、
人並みはずれた聡明さと超能力やカリスマ性を
兼ね備えた「弥勒菩薩」の化身のような超人。
超能力…テレパシー、宙を飛ぶ、物を飛ばす、
人を操る、天気を司る(一人ではできない)、
鬼を出す、異界のものが見られるなど



皇子の持つ不思議な能力を目の当たりにした
毛人だったが、なぜか皇子の超能力が効かない。
その得体の知れなさから恐怖する毛人だったが
妖しい魅力や大臣の息子という立場もあり、
実の母さえ恐怖する皇子と厚い情で結ばれていく。
皇子にとっても「本当の自分を受け入れてくれる」
唯一無二の存在として
毛人の存在はどんどん大きくなっていく。

政治を支配するという強い野望を持つ皇子は
蘇我馬子や後の推古天皇と表面的に結託し、
ライバルの物部氏や天皇排斥を画策。
恐ろしいほどの聡明さを持つ皇子は
無能・恥知らず・人望なしのダメ三冠王の崇峻天皇を
じわりじわりと追い詰めていく。

権謀術数うずまく政治の対決、それに密接に関係する
家の復興や繋がりを目的とした結婚。
そして、展開される壮絶なまでの恋愛関係。

神懸り的な超能力とカリスマ性を有しながら
満たされない想いを抱き苦悩する厩戸皇子。

この物語の大きな要素のひとつは純愛もあるが
「道ならぬ恋」の数々。許されぬ禁断の恋。
いわゆるボーイズラブの先駆け的作品。
成就されない多くの想いが、更なる悲劇を生むのは、
いつの時代も変わらない。

随所に作者の遊び心が見られシリアスストーリーに
花を添える。カテゴリーとしては歴史・恋愛漫画。
ルビ(ひらがな)表記が徹底しているので
こどもも読めるが、内容は結構ハードであり
大人も十分に楽しめるレベルの高い作品。



☆☆☆☆+ 白泉社文庫版全7巻

最終巻7巻には「馬屋古女王」も収録。
厩戸皇子の死亡。その棺の上に現れた厩戸皇子
そっくりの美女。次々と誘惑に堕ちていく男たち。
稀代の天才を有しながら、没落していく上宮王家の
悲劇を甘美あふれる内容で締めた完結編。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

漫画『罪と罰』手塚治虫

【足伏が原】

江戸の足伏が原は狐や追いはぎが出るさみしい野原。
この治安の悪い荒れ地を須田紋左は開拓することに。
だが紋左を目の仇する柳生や
追いはぎによって利益をあげている黒主屋らの人災や
次々と巻き起こる天災によって苦戦を強いられることに。
しかし紋左の不屈の闘志は尽きることなく
徐々に人々の心を捉え、開拓がなされていく。
この一連の物語をコミカルに描いた開拓史である。

【化石島】

人の形をした不思議な岩が所々にある化石島にやってきた
三人組の男女は次々と奇想天外な夢を見ることに。
情景や登場人物や人外のもの、時代は次々と変わり、
最終的に人口が爆発した未来の世界を映しだす。
新しい可能性を見出そうと海でも生きられる人間
「人魚」を息子から生成した赤壁邸の博士の過ちから
新たな騒動が起こる。

【罪と罰】

貧しさに苦しむラスコリーニコフは
強欲な金貸しの老婆を殺し、金貨を得るが
その罪の意識にさいなまれることに。
貧しさから苦しい想いをしながら生きる人々の姿を
描いた名作小説を漫画化。

小学館
 
タグ:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 BJ、どろろ、ブッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

漫画『MOON 昴』曽田正人

17歳でドイツの名門バレエ団に在籍する
宮本すばる(昴、スバル)は、強い熱量を発し
観る者を魅了する負けん気の強いじゃじゃ馬娘。

入院中なのに勝手に町に繰り出していたスバルは
舞台監督兼トップダンサーであるユーリから
ペナルティーとして役をはずされてしまう。

非常に高い能力を持つニコ・アスマーの練習風景を
観て惹かれたスバル。
パ・ド・ドゥ(男女二人で踊る)のパートナーに
なってほしいと話しかけるがにべもなく断られる。
実はニコは飛行機事故でパートナーであり恋人だった
ヴィクトリアを亡くしていた。
そして彼女のことをひきずると同時に視力も失っていた。

P2012_0715_082644.JPG


視力がないことなどバレエをやる上で関係ない!
ニコに違う世界を見せてあげる!
と豪語したスバルは文字通りニコとぶつかりながら
パ・ド・ドゥを踊ることに。
ニコと共に世界を魅了し快進撃を続ける彼女だったが
日本に残してきた過去の因縁が待っていた。
中国雑技団出身のミンミンらライバルの台頭。
そして、ニコへの恋心に気付きスバルは葛藤の日々を送る。

P2012_0715_082537.JPG


だがスバルは踊り続ける。
内部に蒼い情熱を燃やしながら外の世界に向けて
大きなエネルギーを放出し続ける。
そして最高峰ダンサープリシラとの再会、夢の競演へ…

華やかな表の世界の裏であくまでも過酷なバレエの世界を
非常に高い描写力と表現力で描いた名作。
バレエの持つポージングの美しさや目の描写、
ヒロインであるスバルの多彩な表情の書き分けが秀逸。

小学館ビッグコミックス 全9巻 ☆☆☆☆★
『昴 スバル』(全11巻)の続編。

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

漫画『未来日記』えすのサカエ

未来を予知する【未来日記】を手に入れた
中学生の天野雪輝は束の間の絶頂の日々を送る。
しかし多少能力が異なるが破壊力満点のこの日記を
所有する者は彼を含めて12人。
神デウスとムルムルらが仕組んだこのゲームは
神の後継者を決めるために参加者が一人になるまで
生き残りをかけたサバイバルゲーム。

P2012_0714_170034.JPG

【神出鬼没の由乃】

雪輝に強い想いを寄せ、ストーカー化してしまった
クラスメイト我妻由乃は日記を所有するライバル。
しかし彼を守る(近くにいる)ために協力体制を提案し、
雪輝のために猟奇的な彼女として危ない行動を繰り返す。
(由乃の場合、雪輝の情報が10分ごとに更新される)

内向的で人との接触を極力避けようとする
社会性に乏しいへたれの雪輝と
殺意満々の最恐最終兵器彼女由乃のコンビは
神の座を狙う参加者や多くのキャラの思惑の中で
何の保証もない明日という未来と
満たされぬ日々を変えるために奮闘。
いつしか雪輝も由乃に淡い恋心を寄せるようになるが
パンドラの匣を開けてしまったことで歯車は狂いだす。

テロリストの雨流みねねや少年探偵秋瀬或といった
人気キャラクターたちは本編にとどまらず
番外編の主人公としても活躍。
角川書店 角川コミックスエース 全12巻 ☆☆☆★
番外編が2冊
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

【国民が第一ならば辞職しろ】



国民の生活が第一ならば汚沢一味は

今すぐに辞めてほしいです。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

漫画『メゾン・ド・ペンギン』大石浩二

ペンギンが管理人というマンションに住む
個性豊かな変人たちの生活を描いたギャグマンガ。
下ネタを基調としたネタが多い。

「ねだんも中身も安っぽい。」
「本も中身もうすぺらい」(128ページしかない)
とカバーで謳うようにジャンプコミックスの持つ
華やかさがまるでないのがある意味で斬新だった。

〜主な登場人物〜

ペンギン…管理人。ちなみに入居者はペット不可。
ツキミ…かわいい姿と裏腹に人間観察能力に優れた
毒舌小学生。大人びた皮肉屋。
いとり…小学校の先生だが言動がいちいちエロい。
ツンエロ委員長…ツンデレかつストレートにエロい。
同級生の若葉とは不思議な絆が。
バカ彦くん…挙動不審よりも、家賃が20円て…。
大石浩二…小学二年生の運動会のときノーパンで
うまくごまかしたつもりがモロバレ。

全5巻 ☆☆☆ おすすめ同著「いぬまるだしっ」

メゾン・ド・ペンギン 1 (ジャンプコミックス) [コミック] / 大石 浩二 (著); 集英社 (刊)
strong>

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

漫画『賭博覇王伝ゼロ ギャン鬼編』福本伸行

ドリームキングダムで行われた悪夢の一日から数年。
崖から落ちてしまった宇海零(ゼロ)だったが
シャーロックホームズのごとく一命をとりとめ
今では不敗のギャンブラーとして名を馳せていた。
【賭博覇王伝ゼロ】の後編。

http://manga0001.seesaa.net/article/144125475.html

〜あらすじ〜

義賊として名を馳せたゼロは、仲間を助けるために
危険を顧みず敵の巣に入り込んだ。
しかし巨悪であり世界の王をめざす在全無量に捉えられる。
在全は欲していた。
国の威信や厄介な国際紛争などを解決する手段である
ギャンブルの代打をする超人的なギャンブラーを。

そんなギャンブラーの「王」を決めるために
ドリームキングダムという異常な催しが行われた。
些細な失敗をすれば命を落としかねないその頭脳ゲームは
イカサマありのハイリスクハイリターンの戦いだった。
類まれなる頭脳を有するゼロと謎多き天才少年標は
ハイレベルの戦いをみせる。
しかしゼロを乗せた自動車がガケに落ちた…。

それから数年の歳月が流れた。
とあるゴルフ場。
ゴルフの学生チャンピオンである結城京介は父と共に
5年後のマスターズを見据えていた。
しかし、うさんくさい男からある勝負を持ちかけられる。
煩わしい問題を解決するために京介は男の提案の
ゴルフ勝負をのむことに。
あろうことかグラブを握ったこともないずぶの素人が
相手だという。そして主役、ゼロの登場である。
ゼロがグラブを打つ姿を見てあまりの素人ぶりに
かえって心配になる親子だったが、
明日の5時に勝負を行うことが決定。

そして約束の5時となり、勝負がはじまった。
新たな伝説がはじまる…。

P2012_0707_110000.JPG


前作同様に、頭脳を駆使した心理戦やギャンブル要素
満載の食うか食われるかのだましあいが展開される。
勝負における心構えや防衛策、観察眼など
勝負事と切っては切れない裏の裏まで考えて行動する
勝負師の生き方などを描いている。


講談社少年マガジンKC 8巻〜 ☆☆☆☆
賭博覇王伝零ギャン鬼編(1)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

漫画『MMR マガジンミステリー調査班』石垣ゆうき

超常現象の数々を科学的?に考察していく
キバヤシたち調査班の活躍を描いた
よい意味でも悪い意味でも伝説的なギャグ漫画である。

超常現象や社会現象などに対してIQ170の
ひらめきを持つキバヤシが飛躍的な発想(妄想)を展開。
読者の不安をあおり、翻弄してくる。
あらゆる事象に対して独自の理論を展開し最終的に
「人類が滅亡に向かっている!」という
読者を恐怖のずんどこに引き落とす仮説を次々と披露。
人々を知らず知らずのうちに洗脳、
支配しようともくろむ謎の集団も現れ、
ときにMMRに魔の手が迫る。

また調査班のメンバーがキバヤシの仮説に対して
「な、なんだって〜」、「なんですってー!?」
と驚きの追従表現をする!という定型(連携)パターンは
数多くのファンを持つ。
あまりにも秀逸すぎるこの表現は柴田亜美先生の
「PAPUWA」を筆頭に
数多くの漫画家がパロディーとして描いている。

P2012_0606_224722.JPG


当時多かれ少なかれ人々の心を侵食・魅了していた
ノストラダムスの大予言などの不安や不安定な世相を反映。
遺伝子組み換え問題、電磁波やコンピュータ・ドラッグなど
科学技術の発展に伴う自然破壊などの諸問題を危惧し、
人類滅亡のシナリオをちゃくちゃくと妄想し、
警鐘を鳴らしている。
その一貫とした姿勢にはただただ頭が下がるよ。ふぅ…

1990年代。20世紀の世紀末に描かれたこの作品は
1999年のノストラダムスをはじめとした末期思想や
人間が抱える(現代も抱える)いろいろな問題を提示
しているので、正直90年代に読んでいれば
より身近であり、一層おもしろかったはずである。

説明のつかない事象(超常現象)などに
何らかの理由をつける(それがこじつけであっても)、
考察をするということはそれだけで単純におもしろい。
恐怖マンガと思って読んだら秀逸なギャグマンガだった。

【MMR キバヤシの名言ランキング】参照
http://park10.wakwak.com/~seikimatu/meigen.html

☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

漫画『OUT』二ノ宮知子

「日本一のゴミ男」こと歌田一郎と同居する
イラストレーター森川真子。
真子は着実に人気を獲得していき順調な仕事の傍らで
同居するヒモ男歌田によって、
安定やフツーの幸せとは程遠い毎日を送る。

なにしろこの歌田、部屋を破壊しかねない
スーパーロボや怪しげな薬品を部屋で精製。
所持しているだけで捕まりそうな銃器などを
「お歳暮」でもらったりしているような
変人を超越したファンキー野郎だ。
特技は「爆弾作り」……あ、あぶねぇ……
発言は、おバカチックだが妙な知識と行動力を持ち、
普段何をしているのか皆目不明…。

そして、浮浪者、外国人、謎の中国人や犯罪者…
などなど不思議で強力な人脈を持っている怪人物。

力ずくで真子を抱きしめ屈服させてしまう一方で、
変な所でやさしさやかっこよさを魅せつける。
この不思議な男によって、今日もまた
想像した以上に騒がしい毎日が僕を待っているだろう。

表題作『OUT』


里子と忍は、剣道一筋(というか
家族に強制された面が強いのだが)に生きてきた
剣道が縁で知り合った剣道カップルだ。
しかし、里子の祖父と忍の父との間には、
決して埋められない溝がある。
それは「しようもない」因縁なのであるが、
他人からは喜劇でも本人たちにとっては悲劇なのだ。
二人のバカらしくも愛らしい恋の行方は?
『勝負しようぜ!』



祥伝社 フィールコミックス
「のだめ」の作者が贈るポップなおバカギャグ漫画。
なんで彼女の描く男は、
女性に対してサディスティックな奴ばかりなのか?
単に作者の好みなのか?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。