2012年05月31日

漫画『星守る犬』村上たかし

車内から発見された中年男性と犬の遺体。
まるで寄り添うように発見された彼ら…
彼らの出会いと足跡をたどる。涙がとまらない。

〜あらすじ〜

物語は捨て犬だった「ぼく」目線で語られる。
女の子「みく」に拾われたぼくは
彼女の家族の一員になる。
まじめで愚直、ぼく(犬)との散歩のときは
よくしゃべるおとうさん。
エサをくれるおかあさん。
遊んでくれるみくちゃん。
比較的よい家族に拾われたと思われる犬は
「ハッピー」と名付けられ、すくすくと育つ。
でも日々の暮らしの中で少しずつ状況は変化。
そしてそれも歳月を重ねれば大きくなる。

みくちゃんは非行に走り、おとうさんは離職。
おかあさんはおとうさんといっしょにがんばれないと
離婚を選択。
離婚と同時に心の支えや経済力などいろんなものを奪った。

P2012_0527_082907.JPG


おとうさんはハッピーといっしょに南にあるふるさと
めざして自動車で旅に出ることにした。
しかしやさしさがあだとなり苦境に立たされることに。
悲しい話だけれど救いはある。あってもいい。
双葉社 ☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

漫画『天才バカボン』赤塚不二夫

ギャグマンガの先駆け的作品であり、
ギャグにおける数々の手法が駆使されている。
まさに金字塔的作品である。
また連載中に「少年マガジン」と「少年サンデー」を
他社を渡り歩いたという非常に珍しい漫画でもある。

P2012_0518_185524.JPG


〜あらすじ〜

だまされやすいバカボンのパパとバカボン。
そしてしっかり者のママの三人家族に
新しい家族の「赤ちゃん」が産まれる!
という所から物語ははじまる。
さぁついに今日生まれるぞ……と引き…
しかし、「天丼」的手法で(同じことを繰り返し、
笑いを誘う笑いのパターン。最低でも3回はしよう!)
なかなか産まれてこない赤ちゃん。
業をにやしたバカボンはママのお腹に
電話の受話器を当てて赤ちゃんに話しかける。
そして生まれた「はじめちゃん」は超がつく天才児。
なんと2週間でしゃべりだした。
(ちなみにパパは生まれた瞬間にしゃべっている。)
親よりも赤子の方が賢く、物知りという
アンバランスなバカボン一家は
常識的なママ(パパと夫婦が続いている点で変人だが)と
常識の枠外のパパという絶妙な組み合わせによって
毎日おもしろおかしくすごしている。
そして「レレレのおじさん」や
「目玉のおまわりさん」(鉄砲のおわまりさん)、
「ウナギイヌ」や「ノラウマ」などの不思議生物
といった個性豊かなキャラクターたちや
かつてパパが卒業した早稲田大学…
の隣にあったバカ田大学の面々が次々と現れ、
読者の想像の遥かに上をいく物語が展開される。
(正直バカ田大学の面々は、本家同様
麻薬でもやっているのではないか…
といぶかしむほどの変人奇人ばかり。
しかし、残念ながらパパたちが卒業してすぐに
潰れてしまったのだ。)

ちなみに作風は初期はほのぼのとしているが
だんだんパパの性格が意地悪く残虐化していき、
ブラックユーモアあふれる内容に変化していく。
そのキレっぷりはすさまじく、
登場人物がダルマになったり、
神様のお告げを守るために素手でウンコを受けたり、
バカボンのパパが人を死に追い込んだり、
主人公であるバカボンのパパが死んだり!
とやりたい放題。(パパは何事もなかったように復活)

P2012_0521_183535.JPG


またいろんなページを行ったりきたりして読む!
全く意味の異なるセリフを覚えさせてから
会話を成立させる。
わざと絵を下手に書く。
いきなり劇画調の絵を描く。
身内ネタに走る。
などという斬新な手法が用いられる回も多い。
なぜか同性愛者が多々登場する。

竹書房文庫版全21巻 

天才バカボン (1) (竹書房文庫) [文庫] / 赤塚 不二夫 (著); 竹書房 (刊)

〜これでいいのだ。〜

 「バカ田大学校歌」

(天才バカボン誕生40周年記念THE BEST参照)

 みやこの西北 ワセダのとなり。
 のさばる校舎は われらが母校。
 われらのノーミソ タリラリランよ。
 先生もドアホで 授業はパアでも
 社会はまねくよ われらが頭脳。
 かがやくわれらの バカぶりみろよ
 バカ田 バカ田 バカ田
 バカ田 バカ田 バカ田 バカ田〜

「ウナギイヌ出生の秘密」

泥棒犬が魚屋にいたメスのウナギにひとめぼれ。
周囲の反対を押し切って結婚し生まれたのが
世にも奇妙なウナギイヌ。
人語を解し、おまけにしゃべれるのである。
あっさり食べられてしまったこともある。
母であるウナギのために半分ほど沈没した
へんてこな家に住んでいる。

「バカボンのパパ」

生まれた瞬間から歴史的名言をしゃべったという
超天才のバカボンのパパは
なぜタリラリランになってしまったのか?
実はくしゃみをしたときに大きなネジが飛び出し
それ以降おかしくなってしまったのだ。
でもパパはしあわせそうだからこれでいいのだ。
ちなみに働いていないように見えるパパだが
屋台をひいていたり、会社勤めをしていたりする。
だが、入社直後に会社をつぶしたり、
とうがらしの味見をする仕事に就くが
すぐに辞めてしまったり…と長続きしない。

「バカボンのパパはバカボンが生まれる前は
何て呼ばれていたのか?」

いろいろあるが、バカ田大学時代は
キャロルと呼ばれていた。
また、「ノールス」と呼ばれていたことも。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

漫画『花田少年史』一色まこと

幽霊が見える腕白少年花田一路は、
幽霊やと人、動物を助けるために元気に奮闘。
少年は、人の生き死にや、人のやさしさ・
滑稽さ・そして、愛を知り大人へと成長していく。
いっぱい笑え、いっぱい泣ける清々しい漫画。
温かくておすすめな花田少年の成長物語。
ギャグ・号泣系マンガ。忘れてしまった
「少年」の日のひたむきさを思い出す…
そんな大人にもおすすめな漫画である。

〜あらすじ〜

近所で評判のいたずら少年花田一路。
一路を見ると犬や猫だけでなく、虫たちも逃げ出し、
一路が通った後はぺんぺん草も生えてこない!
と言われるほどのいたずら坊主の悪たれ坊主。
自称正義の味方の一路は
「カラーテレビを買え」と祖父を人質に取り
(この時点で正義の味方じゃない)母に要求。
テレビをバットで叩き壊したり!と、やんちゃがすぎる。
そのやんちゃぶり、悪童ぶりには、
家族もあきれ、ほとほと手を焼いていた。

ある日彼は自業自得で交通事故に逢ってしまい、
臨死体験(幽体離脱)する。
この世に未練を残し幽霊となりさまよっていた
「ユキ」と出会い、蘇生を果たすが、
一路は幽霊が見える・話せるという
ありがたくない能力を得てしまう。
一路は、おばけや幽霊の類が大嫌いなのだ。

頭を9針も縫う大怪我を負った一路は、
つるピカハゲ丸そっくりになってしまう。
そんなハゲ丸一路の所にこの世に未練のある幽霊たちは
「成仏したい」とやってきて無理難題を押し付けてくる。
はじめは嫌がる一路だったが、なんだかんだで
幽霊の要求を聞き、幽霊助けや人間助けを行う。
切ない思いを抱いた幽霊から、
「おっぱいをもみたい」と切望する
しょうもない青年の幽霊など、悲喜交々が描かれる。

父のいない親友壮太との号泣エピソードや、
同級生壮太と桂が家族になる物語、
花田少年の初恋エピソード「りん子」編など、
ほろ苦くてあまずっぱいCANDYみたいな物語や、
桜、ひまわり、かたくりなど花を冠した
極上のストーリーが満載。

後半、実は花田家の男は、幽霊に縁の深い一家だ
ということが暗に示されている。
そりゃあ、花田家いい男?が多いわけだ。

全5巻。講談社、アッパーズKC。
4巻で「花田少年史」の物語自体は完結したのだが、
5巻(番外編)では花田少年の新たな活躍が描かれる。

〜5巻のあらすじ〜

ついうっかり洋平らクラスメイトたちとの
「約束」を破ってしまった花田一路は、
「絶交」をつきつけられてしまい仲間はずれに。
ひとりぼっちになってしまった一路に
話しかけてきたお姉さんを見て、
一路は彼女が幽霊であることを見抜く。
お姉さんの頼みは、去年の夏に洋平が
お姉さんとした約束を思い出させること。
…洋平の奴も約束忘れているじゃないか
と思いながらも、一路はそのことを洋平に
伝えようとするのだが…。
「約束」「走れメロン!!」

クリスマスにはカラーテレビを!
花田家において、家族5人の願いで唯一
叶えられるのは一人分だけ。
全員が我慢を知らない花田家においては、
声高に自分の主張を言い合うだけで何も決まらず
結局ケーキを食べるだけに収まることが多い。
だから一路は、クリスマスプレゼントに対し
憧れが人一倍強いのだ。
テレビがほしいと思いながら自転車を漕いで
いた一路は、自転車同士の事故に遭い、
相手方のおじさんをケガさせてしまう。
おじさんから
「家に丸一年帰っていないのだが、
息子にプレゼントを届けてほしい」
と頼まれた一路は、
息子さんがいるという中学校に行くのだが…。
「クリスマスにはグローブを買って」

200901021038000.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

漫画『ガールフレンズ』山下和美

【白い花 赤い華】

北海道から引っ越してきた甲田百合子は
クラスで中心的な存在である小早川美華に
気に入られたことで順調な学園生活をスタート
したかに思われた。
しかし、歯に衣着せぬ美華の発言や大きな目はまるで
傷口にアンメルツヨコヨコを塗るように投げつけられた
百合子やクラスメイトの心を蝕んでいくのだ。
百合子は、気になるクラスメイトからラブレターを
もらうが、美華に釘をさされてしまい意気消沈する。
だが、クラスでわが道を行く西園寺の言動によって
大切なことに気づくのだった。
好きでもない学校や人とムリに付き合う必要はない。
自分のしたいように生きようと百合子は動き出した。

【天使みたい】

事故で亡くなってしまった双子の少女かなたは
優秀だが愚かな両親によって生きかえった。
はるかは、今日起こった出来事をせっせと日記に書き
それをかなたに情報として共有することに。
でもかなたは、死んだことになっているので外に
出ることは許されない。
あくまで家の中でだけ、大きくなれば型を作り直して
はるかと同じ大きさに…。
そして、高校生になったはるかは当たり前のように
恋をしたのだった。

P2012_0501_182526.JPG


人間関係や恋愛、友情に揺れる生身の女性を主人公に据え
描かれる7つの物語を描いた短編集。
迷うときもあれば傷つくこともあるけれど、
未来へ歩いていくヒロインたちのたくましさが粋。

全2巻 ヤングユーコミックスワイド版 ☆☆☆★
おすすめ同著 『天才柳沢教授の生活』『不思議な少年』
ラベル:山下和美
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

漫画『金田夫妻』けらえいこ

ビンボーな金田夫妻が宝くじを買うと
その日から当選した日に備えて貧乏くさい物を
捨てるようになる。
しかしツマ(妻)的にはもったいなくて
捨てられないのだ。
金田夫妻は購入した宝くじを当てるために
イメージトレーニングを活用し、
高額当選という非現実的な奇跡を手繰り寄せようと
自らの肉声を録音し高額当選の瞬間を再現。
妻が流した涙は喜びだったのか?
それとも虚しさだったのか?
いろんなゲンを担ぐ一般庶民金田夫妻の
おバカで愛らしい姿がおもしろい。

他、かつての体験した謎の松島への家族旅行や
夫婦の生態や、気楽に楽しめる4コマなどを
収録した短編集。

個人的には金田夫妻の話と
全然かわいくないマッチョな天使の話がよかった。

P2012_0504_182323.JPG

幻冬舎 全1巻
ラベル:けらえいこ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

【漫画名言集〜うしおととら〜】


【蒼月潮 あおつきうしお】

どんなに誰かが… がんばっても…
すくえねえヤツがいる…
…だからって… あきらめ…られるか…
自己満足か… よくわかんねえよ。
でも… もしよ…
もし、オレが願えば… 誰かが助かるなら…
もしもオレが泣けば…
誰かの涙を全部泣いちまえるなら…  俺は願うさ。
何度だって泣いてやる。 そして立つ 立って戦う!

オレが間違ってんのかもしれねえ…。
でもよ…許せねえもんは 許せねえーんだよ。

たとえオレがガキでも 本当のコトは
ちゃんと受けとめなきゃなんないんだよ!
どんなひでーコトでも、家族のコトは受けとめて
ねじふせて生きていかなくちゃなんない。

おまえは人間になれない…
おまえは、なまはげにもなれなかった……
元の飼い主の史代さんを襲った時、
猿であることもやめた………
なまはげでもない、猿でもない…
おまえはそこでかわいてゆけ。

男って、一生のうちに
なん人の女の子の涙をとめてやれるんだろう?
                 
自分が負けたって思わなけりゃあ…
負けなんてねえんだよ!!

(抜粋)
うれしいなァ。 みんなと一緒だ!
人間だけじゃ白面に勝てねぇ…
もちろんバケモノだけでも…
白面は強いさ。
だけど…人間とバケモノが一緒に戦ったら
わかんねえよな そうとう強いぜ…オレ達!

P2012_0509_220338.JPG


【とら】

おまえは人間だろが。

理屈なんてしらねえ… ただ…
あいつといると退屈はしねえな。

もう… 喰ったさ。 ハラァ… いっぱいだ。

【蒼月紫暮】

トンネルってよ、いやあな時みたいだなァ。
一人っきりで寒くてよ… でもな、
いつかは抜けるんだぜ。

【白面の者】

夜だ。 この国に、おまえ達に!
わが夜をもたらしてやるのだ!!

【坂口】

オレは人間だからよ! 
助け呼んでる者 ほっとけねえ

【母娘の会話】

ママ…… おじちゃん… 死んじゃったの…
…ううん… 自分の家に…… 帰ったのよ…
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:58| Comment(1) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

漫画『ジャングルの王者ターちゃん』徳弘正也

アフリカで捨てられサルなどの動物によって
育てられたジャングルの王者ターちゃんと
その妻ヂェーンやユーモラスな動物たちの
おバカな毎日を描いたギャグマンガ。
下ネタ満載だが、たまにすごくいい話をする。
が、次のページでは見事にオチを入れてくるという
作者の演出が心憎い。
一話7ページ形式をとり、中身が凝縮されている。
数多くの動物のその生態を描いているが、
冗談でアフリカに生息しない動物も登場する。

P2012_0429_185436.JPG


ターちゃんは動物たちに育てられた超人である。
(実は王族の子である)。
チーター並の走力にゴリラにも負けない腕力を持つ。
(格闘技はマウンテンゴリラのゴリさんに教わった。
ターちゃんは銃を持ったハンターよりも強い。
頭脳面はエテ吉(猿)に教わったので
ちょっと残念な結果に…)

視力や聴力なども半端じゃない能力を持つ。
動物たちとの会話や意思疎通も可能であり、
実はかなり手先が器用でほがらかな男である。
彼を慕う人間や動物も多く、
ハンターや密猟者の中には改心する者がいる。
ターちゃんはアフリカに訪れた人やテレビ関係者の
ガイドをすることもある。
そんなターちゃんの奥さんは元トップモデルで
デザイナーの才能も持つ賢いヂェーン。
しかし、家事労働全般をターちゃんに押し付け
フルーツを食べまくり、ハンモックの上で読書ばかり
しているのでかつての抜群のプロポーションは
影をひそめ、今ではカバと見間違われる体型に。
一見、自分本位のわがままな悪妻にしか見えない
ヂェーンが時折見せる
ターちゃんや動物たちへの愛情に触れる瞬間、
実際はいい夫婦なんだなぁと感心する。

副題【JUNGLE KING】
集英社文庫版全3巻 ☆☆☆★
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

漫画『新選組刀義抄 アサギ』原作山村竜也 作画蜷川ヤエコ 構成協力町田一八

1863年。
近藤、土方、沖田ら壬生浪士組(後の新選組)は、
将軍警護の目的で京都にやってきた。
しかし、京都に誘った張本人清河は江戸に戻り
尊王攘夷のために働けと宣言。
これに反発した近藤らは、京都にとどまることを選択。
(黒船来航以来我が物顔をしている外国勢力を
武力で打ち払い天皇中心の政権を造ろうとする集団。
幕府を倒そうとしたことで「討幕派」と呼ばれるように。
対して「佐幕派」は幕府を支える道を選んだ者たち。
壬生浪士組は佐幕派である)

P2012_0503_100157.JPG


大きな後ろ楯を失った彼らは宙ぶらりんな日々を送るが
不逞浪士であり「人斬り」と呼ばれるビッグネーム
岡田以蔵、田中新兵衛らが会津候松平容保を襲撃した際に
これを阻止した活躍で京の治安を守る役目を
将軍からじきじきに賜ることに。

しかし壬生浪士組には大きな問題があった。
それは近藤勇を慕う近藤派と
芹沢鴨を慕う芹沢派という内部での対立である。
将軍も認める壬生浪士組となったことで
芹沢鴨らはその威光を悪用し、
北朝鮮や中国のようなタカリ行為を行うようになる。
ちなみに作中芹沢鴨の人物像は二重人格者
(仏のような性格と悪そのもののような人格、
ちょうどジキルとハイド的性格を併せ持つ)
として描かれている。更に芹沢一派には鬼畜のような
佐伯という男も加わり、悪行三昧を繰り返し、
近藤たちの頭を悩ますように。

また、揃いの羽織を作る際にも金銭面の問題が浮上し、
窮地に立たされる彼ら。
(このエピソードでは、芹沢派らとの対立。
そして近藤の義理に厚い人柄や
彼を慕う沖田らの清々しい姿が描かれる)。

同時に、討幕を目論む悪党武市らなどにとって
壬生浪士組は邪魔な存在なのでたびたび彼らと
命を懸けた真剣勝負が繰り広げられることに。

多くの問題を抱えながら青雲の志に燃える決して
高い身分でない彼ら(特に近藤、土方は農民である)は
ときに空を見上げながら、真の武士をめざして邁進する。

タイトルの由来である新選組の揃いの羽織の
浅葱(アサギ)色は作中では空の色とされている。
綺麗な絵柄で見やすく、ストーリーや演出もうまく
男性の美形キャラが多いが、
女性キャラが悲惨な目に遭うことが多い。
時代考証も交え、オリジナルの部分もあるが
基本的に新選組の活躍や魅力をわかりやすく伝えている。
合間に入る実録話もうれしい。

全8巻 ヤングガンガンコミックス ☆☆☆☆
新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス) [コミック] / 山村 竜也 (著); 蜷川 ヤエコ (イラスト); スクウェア・エニックス (刊)

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

漫画『少年探偵団』原作江戸川乱歩 まんが山田貴敏

世間をにぎわす怪人二十面相と対決する
名探偵明智小五郎と助手の小林少年の戦いを
描いた有名な推理小説の漫画版。
絵は「ドクターコトー診療所」の作者が担当し
バランス、表現力ともに安定感のある描写が
冒険活劇的要素の高いストーリーを盛り立てる。

P2012_0421_183953.JPG


顔を変幻自在に変えることができる怪人二十面相。
基本的に盗むターゲットを所有者に予告状により
通知した後盗みに現れ、人殺しをしないという主義を
持つこの怪盗は多くの手下を引き連れ、
その変装技術と催眠術によって狙った獲物を手中に
収めてきた。
その最大のライバルであり頭脳名声な名探偵明智小五郎、
そして正義感に燃えるあまり暴走気味な小林少年は
二十面相の盗難の防止や人質の救出などに赴く。

全3巻 小学館ビッグコミックス  ☆☆☆+
ラベル:山田貴敏
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。