2012年03月28日

漫画『PIL』ヤマザキマリ

1983年。
波多野七海はお嬢様学校に通う女子高生。
浪費癖を持ち老いらくの恋に走る
残念な祖父と二人で暮らす七海は生活費に困っていた。
彼女は高額日給につられて
チリ紙交換のバイトをすることに。
お嬢様たちと一味違う七海にあこがれる笹といっしょに
体力仕事に勤しむ七海だったが、
成果は乏しく支払われた賃金はたったの560円。
自分の力でお金を得られたことを素直に喜ぶ笹。
だが生活費に苦しむ七海にはその現実は厳しい。
世間に疎く、家庭をはじめいろんな問題から
守られているお嬢様たちと自分とのギャップ。
過剰なまでに生徒の言動に口を出してくる校風に
うんざりしていた七海。
変な所で度胸のある彼女は
ばっさりと髪を切り捨て坊主頭に大変身。

彼女は自分が好きな音楽パンク(特にPIL)の
ためにバイトに明け暮れながら、
ロンドンにあこがれる。
作者自身の体験が活かされている意欲作。
目先の欲望に弱い祖父、音楽の夢を叶えるために
祖父に娘を預け外国に出かけてしまった母、
時代にそぐわない生き方を選んだ自分。
わが道を行く人たちの物語。
全1巻 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

【漫画名言集・迷言集 宇宙兄弟】

【南波日々人】(ヒビト)

そうだな 世の中には絶対はないかもな
でもダイジョブ 俺のまん中にはあるから

(月の石も)
月で見たら− そこらへんの石だったよ

P2012_0410_202412.JPG


フラれたからって相手を嫌いにはならないだろ?
俺は今も好きなままだよ
あきらめきれないことのためにあきらめることもある

【シャロン】

迷った時はね
「どっちが正しいか」なんて考えちゃダメよ
「どっちが楽しいか」で決めなさい

ねえヒビト 覚えといて あなたには
お兄ちゃんを引っぱって行く程の力がある
あなたがいつも兄(ムッタ)の前にいて
先へ進み続けていれば
兄はあなたに引っぱられて前進できるわ
もしもあなたが止まってしまったら
その時はきっと 後ろから兄があなたの背中を押してくれる
あなたたちはきっと そんな素敵な兄弟になる

個人の願いが集まって…
みんなの夢って呼べるようになったら
それはきっと叶うわ



私が夢だった天文学者になれたのはきっと
若き日の“ドキドキ”を信じたからです
もしあなたが何かの瞬間
抑えきれない心臓の高鳴りをきいたら
信じてみてください

私が思うに そんなつもりはなくても 人はね
誰かに 生きる勇気を与えるために生きてるのよ
誰かに 勇気をもらいながら

【星加】

情をはさむなってんなら 
パソコンにでも決めさせりゃいい
人を選ぶのは結局人の情の部分でしょう
私は南波君と仕事がしたいと思いました
だから彼を推すんです

【福田】

胸を張れ! ここまで来たんだ
自分の年なんて忘れよう
私の夢は 年をとっていない

【手島有利】

ここでもし一番になれたとしたら
何だってやれると思った

【DJ】

世の中にあるものはたいがい 目に入れたら痛い

【ナレーション】

それでも彼女は笑っていた

【吾妻滝生宇宙飛行士】

「38万キロ」くらいなら 近所です

【デニール・ヤング】

ワシはなムッタ…
お前に 一流の宇宙飛行士
になってもらいたいと思っているんだ
しかしワシには一流の宇宙飛行士になる方法
などわからんし 教え方も知らん だが… 
一流のパイロットになる方法なら教えられる
やれるとこまでやって 何か見つけろよムッタ
どーせやるなら その道の一流を目指そうぜ

【茄子田シゲオ】

人の悪口というのは
仲間内で言う人は凡人
口に出さない人は賢人 
不特定多数に向けて発信する人は暇人

【イヴァン・トルストイ】

行動なき自問自答は不毛だぞ
答えは常に踏み出した先だ

【アンディの母】

あなたは辛さに鈍感な子だわ でも悪いことじゃない
誰よりもタフになれる可能性があるってことよ

【ハガード】

どうでも良いのだ 他所の声など
聞こえていようが聞こえていまいが
私が見てるのはトラブルの向こう側だ

【伊藤せりか】

発する言葉は自分自身なんだって
皆がネットに打ち込む文字も結局その人でしかない
鏡を見てるってことに気付いてない人が多い

先があると思ってたのに突然終わるものだってある

【南波六太(ムッタ)】

最下位でも何でもいいから
絶対…… ゴールまで歩いてやる
1位と最下位との差なんて 大したことねーんだよ
ゴールすることとしないことの差に比べりゃ

俺の敵は だいたい俺です
自分の“宇宙へ行きたい”っていう夢を
さんざん邪魔して足を引っ張り続けたのは
結局 俺でした 他に敵はいません
そーいうことに気づかせてくれたのが
天文学者のシャロンという人です

モノ作りには……
失敗することにかける金と労力が必要なんだよ
………
いい素材使ってるモノが いいモノとは限らねえんだ
だけど  失敗を知って乗り越えたモノなら
それはいいモノだ

(失敗を前向きにとらえるのは)
本気でやった場合に限るよ 本気の失敗には価値がある

目が覚めたよ 俺 それで…
先のこと考えるのやめたんだ
わかってたけど… 大事なのは結局… 今だ
今この訓練が どうやったら
最高のもんになるかだけを考えることにした
やったことはきっと俺らの力に変わるはず…
だからケンジ… 
ちょっとだけ無理なことに挑戦してこーぜ

逃げ道ってのは甘えの道だ
誰でも楽に歩けるかわりどこにも辿り着けない
日々人はちゃんと険しくも楽しい宇宙への道を歩いてるよ
だからあいつの夢はいつも 現実になるんだ

この先また怖くなったりして
生きる意味とかに迷っちゃってもさ
最後には必ず 生きることを選んでよ
生きてて欲しいんだよ

同じ志を持った一生付き合っていける仲間がここにいたんだ
今その仲間たちは… 変わらず同じ志を持ったまま
それぞれの場所で頑張っているのを私は知っています
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

漫画『風の谷のナウシカ』宮崎駿

世界中に広がった産業文明によって
生命体すらも意のままに造りかえる術を得た人類。
この世の春を謳歌する人類は絶頂期に達するが
急激な衰退を迎えることになる。
「火の7日間」と呼ばれる悲惨な戦争が勃発。
巨神兵と呼ばれる兵器などによって甚大な被害を生む。
都市群に有毒物質が撒き散らされ、
地上のほとんどは不毛の大地と化した。
そして多くの技術体系は失われ、
人々は菌類や巨大な蟲たちが猛威を振るう世界で
永いたそがれの時代を生きることになる。
物語は「風の谷」と呼ばれる小国の姫として育った
不思議な力を持った少女ナウシカの冒険譚を描く。

モチーフは「虫愛ずる姫君」である。
ナウシカは人々が忌み嫌う蟲(王蟲)などにも
心を通わせることができる慈愛に満ちた少女。
不思議なカリスマ性を持つナウシカは、
過去の失敗から何も学ばず今もなお領土拡大も目論む
愚かなトルメキアの王や
超常力を持つ神聖皇帝(皇兄、皇弟)、
人の心を蝕む精神世界での「虚無」らと対決。
ナウシカは数々の伝承から人々が「使徒」と呼ぶ
存在なのであろうか?
不毛な大地に現れた救世主となりうるのか?

P2012_0319_184813.JPG


〜補足〜

ナウシカには10人の兄弟姉妹がいたらしいが
結局生き残ったのはナウシカただ一人であった。
過酷な環境に耐えうる者は少なく、
また腐海と呼ばれる地域ではマスクなしで
人は生きられない。腐海には多くの謎が残されている。

クシャナはトルメキアの第4皇女である。
「魔女」と呼称されるが木偶の坊でへたれの兄たちよりも
遥かに軍内部では信頼も厚い。
そのカリスマ性が仇となり、王である父からも
命を狙われている。クシャナの身代わりとして
母は毒を食らい、精神を病んでしまっている。

映画版はいわゆる序章にすぎない。
だいたい物語の5分の1程度である。
腐海一の剣士ユパや映画では登場しない悪役や
物語を彩るデティールや広がっていく世界観を
ぜひ漫画で知ってほしい。

全7巻 徳間書店 ☆☆☆☆★
ラベル:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

【おぼっちゃまくん 名言集・迷言集】

【おぼうちゃま】

おとうちゃまみたいに…、
自分のお嫁ちゃまが死んでも……、
ず〜〜っと大事に思える人になるとぶぁ〜〜い!

かさんでしゅ。だって、もったいないでしゅもの。
おまえなんかロールスロイスに乗ってればいい

平野はじいやがハイヤーでこいや!

ここのコック長の横山さんのフランス料理が
なかなかおいしいぶぁい!
えーとでしゅね、横山さんの料理した……

舌平目のもんじゃ焼! エスカルゴのおでん!
キャビアの焼きうどん地中海風味!

P2012_0318_165229.JPG


【おとうちゃま】

おまえは本物じゃ!
大物になりたくてがんばり通すバカ者より、
茶魔は「本物」になることをえらんだのじゃ!

すまん…、中東和平の件で…。
ブッシュとゴルバのやつがどーしても相談したいと
言ってきとるんじゃ…。

不治の病でダイ(死ぬ)エンド(終わり)だと〜っ!?
不治の病で DIE END!?

【びんぼっちゃま 】

あつかましいやつだな〜〜。大っキライなタイプだ。
まあ、よかろう。今、食ってるメシは……、
一カ月前に、おまえんちから借りた米だしな。

うるさい! おまえには責任があるかもしれんが…、
オレには生活があるんだーっ!

P2012_0318_082036.JPG


友だちんこは下品な言葉ではないっ!
「ぼくのちんこをきみにならさわらせてもいいよっ!」
という友を信頼する美しい言葉なのだ!
みんなまちがっている!
「ちんこ」というひびきだけで、下品
ときめつけるやつらの心こそが下品なのだ!!

フン!いやなやつに、なったな、おまえは……。
えらそーにあわれみくれやがって…。
昔ならこの残りの5てきを、
おまえとうばいあってのんだもんだゼ。

【びんぼっちゃまの父】

いいか、もううちには金も財産もなーんにもない!!
あるのはその金庫の中のホコリだけ! 
誇りだけ! プライドだけだっ!
おまえたちは金がなくても、
わが貧保家の誇りを持っているのだっ!
つらいとき、困ったときは
金庫を開けてそのことを思いだせっ!

【どたまかちわる】

人間をきたえ、成績を上げるのがあたしの使命。
怒玉勝悪は、金ではころばない!
あなたの息子は必死の気持ちがないのよ!
だからドンジリなの!!
どたまかちわるどーっ。

【スペシャル】

政財界合同ゆ着パーティー
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

漫画『夢カメラ』藤子・F・不二雄

タイム・トラベラー「ヨドバ」氏は不思議な
カメラのセールスマン(ヨドバシカメラ)だ。

彼は、原住民の生活を知って楽しもう!
と現代にやってきた未来人。当然のように
不思議な道具を所有し、ボロアパートに勝手に出入り。
一週間の間、ここに住まわせろと主張。
住民は彼を追い出そうと躍起になるが
物理的な攻撃を受けるわけがない。
善意から代償としてお金を払おうとするが、
未来の紙幣なので通貨が通じない。
合成でない肉や土壌で作られた野菜に感激する
ヨドバは、汚い布団などでしあわせを感じていた。

しかし…。
未来からやってきたヨドバは、
病原菌への免疫がなく、あっという間に重病に。
未来の世界に帰れず、現代の世界で生きるはめに。
途方に暮れるヨドバ。
唯一の救いは、彼が所有する不思議なカメラたち。
彼は悩みを抱える主人公たちに、
不思議なカメラを売りながら生計を立てることに。

P2012_0314_185005.JPG


時空を超える「タイムカメラ」、
人間の値打ちを測れる「値ぶみカメラ」、
夢を音声付きで映す「夢カメラ」、
復讐を果たすのに最適「丑の刻禍盟羅(カメラ)」
などを売っていく。
(お試し期間としてレンタルすることが多い)

この短編集のよい所は、
圧倒的破壊力・魅力を有するカメラたちの性能も
そうだが、それを扱う人間及びヨドバの人間性。
効果は絶大!というカメラばかりなのに
結果的に売れないことが多いのだ。
お人よしで、人の足元につけこめない
セールスマンヨドバが奮闘する姿と、
ときに利益を度外視する潔さにスカッとする。

藤子・F・不二雄短編集/夢カメラ (My First Big)

藤子・F・不二雄短編集/夢カメラ (My First Big)

  • 作者: 藤子 不二雄F
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: ムック


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

漫画『燃える!お兄さん』佐藤正

幼少期に父に誤って川に落とされ、
変人空手家によって山で育てられたおにーさんこと
国宝憲一(ケンイチ)。
うさんくさいが実力者である玄米茶のじーさんは
奪ってきた赤ん坊かえでと共にケンイチの身元を
把握していながら、勝手に自分の空手の後継者として
育てることを決意。
最強の野生児として育ったケンイチは
クマにもガチで勝てるほどに成長。
13年のときが流れて、憲一は下山することを決意。

東京都是羽市にやってきた世間知らずのおにーさんは
実の妹国宝雪絵と再会し、是羽市立第二中学校の
同級生となり、同じ教室で勉強することに。
超人的なパワーを持つ反面ギネスバカと言われる
おにーさんは山暮らしの影響なのかチコク魔であり
日常でも旅行などのイベントでも例外なくチコクを
繰り返してしまう。
特技はアヒルのダック君、オオカミのフリッパー
をはじめとした動物としゃべれること。
無邪気ないたずら気質のケンイチの言動は、
いかんせんパワーが異常なので
被害は甚大になってしまう。

P2012_0309_184108.JPG


極悪組の3代目であり、雪絵に恋心を抱く
はんにゃ顔の火堂害や、
ハーフの変人ロッキーらと仲良くなったおにーさん。
しかし、変人暴力教師や変態サイボーグ教師らと対立。
騒がしくもバカバカしい賑やかな学園生活を送る。
また、この漫画ではたびたび宇宙人が襲来し、
なぜかピンポイントでおにーさんたちの住む
是羽市がターゲットになる。
日常市に迷惑をかけている彼が救世主的な存在になる
そう、それは大長編ドラえもん(映画版ドラえもん)の
ジャイアンのような存在と言えるかもしれない。
あとなぜかインチキ系のなぞなぞ(クイズ)が
たびたび登場するギャグ漫画である。

集英社文庫 全12巻 ☆☆☆+


P2012_0309_184403.JPG
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

漫画『LIVE−ライブ−』梅沢春人

同級生暗井が黒魔術で呼び出した地獄の悪魔
スレイヤはその場に出くわしてしまった
お人よしの少年王仁瓦勇太朗に三つの願いを尋ねる。
破壊的な魔力を発揮するスレイヤを危惧した勇太朗は
スレイヤの死を望むが、スレイヤの死は勇太朗の死に
勇太朗の死はスレイヤの死と連動すると教えられる。
追い詰められた勇太朗は
「スレイヤを普通の人間にしてほしい」と望んだ。
そしてスレイヤは人間に…。

P2012_0308_065031.JPG


人間になったスレイヤだったが改心することはなく
元来の悪魔的な強さは変わることがなかったので
凶悪な暴力に対してより凶悪な暴力で応酬し、
人を殺しかねない。勇太朗は暴走するスレイヤに
人を殺すようなことだけはしないでほしいと諭す。
笑い飛ばすスレイヤだったが、胸を打つものが
あったらしく、勇太朗が危惧するほどの暴走はしない。
そんなスレイヤだったが勇太朗の痛みや精神の動揺は
スレイヤに同様に反映することが判明。
つまり勇太朗の死はスレイヤの死につながる。
但し、スレイヤの痛みは勇太朗に反映されない。
スレイヤは人の道を外れた悪人との戦いを通して
生身の人間として成長していくのか?

ジャンプコミックス 全1巻 ☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

漫画『海のトリトン』手塚治虫

人魚族の生き残りのトリトンが
海の支配者にしてトリトン一族の滅亡と
地上侵略を目論むポセイドンとその一味と対決。
ポセイドンが発生させる地震、津波などの天災や
人間が引き起こす人災に苦しめられながら
種の存亡をかけてトリトンは困難に立ち向かう。
また彼の同種である人魚のピピ子やイルカ、
彼を育ててくれた兄和也ら人間の助けを借りながら
金色のイルカルカ―に乗って大海原に旅立つ。

P2012_0304_064725.JPG


〜あらすじ〜

海辺の村に住む和也は決して近寄ってはいけないと
言われる猪の首の岬の下であかんぼうを発見。
和也は家に連れ帰るが、
その直後大きな津波によって父を亡くしてしまう。
津波を憎む和也は祖母からかつてトリトンという名の
不思議な青年と恋仲になったことを明かされる。
トリトン一族は天敵であるポセイドンと長きにわたり
死闘を演じていた。

結局トリトンはポセイドンとの対決に敗れ、
祖母は悲しみにくれるのだった。
あかんぼうはトリトン一族の再来であり、
ポセイドン一味からの地震や津波などの自然災害を
受ける大きな危険をはらんでいる。
だからあかんぼうは手放すようにと諭されるが和也は
この海辺の町を離れ母と一緒に
このあかんぼうを育てることを決意する。
トリトンと名付けられたこどもは、
いっぺんに大きくなるという変態的成長を遂げ、
水中ではまさに水を得た魚のようにパワーアップ。
トリトンは変人丹下全善に見込まれ(てしまい)、
危険極まりない特訓を海の中で叩き込まれる。
一方和也は、自分をだました先輩への恨みから
事件を起こしてしまい、不気味な船長が支配する
貨物船無骨丸に乗ることになり、
トリトンと母の前から姿を消すことに。
少年に成長したトリトンは、自分の命を狙う
ポセイドン一族の存在を知り、自分の一族を
滅ぼそうとするポセイドンに対して強い憎しみを
覚えるようになる。また、人間と密通している
ポセイドンは人間を滅ぼそうと企てている。

物語は冒険活劇が主であるが、
自然破壊や差別、家族や仲間への愛、
敵でありながら情が湧いてしまうことへの
言葉にできない自己矛盾、生まれてきた意味など
実は多くの深いテーマが隠されている。

秋田文庫 全3巻


海のトリトン (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka) [文庫] / 手塚 治虫 (著); 秋田書店 (刊)
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 BJ、どろろ、ブッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。