2012年02月29日

漫画『帰ッテキタせぇるすまん』藤子不二雄A

喪黒福造がわざわざ海外に出張して
人々を不幸のどん底に突き落としてまわるという
「笑ゥせぇるすまん」の続編。世界一周編。
もちろん日本を舞台とした作品も収録。
ラスベガスでのルーレットや
拷問器具「鉄の乙女(アイアンメイデン)」などなど
作者の趣味や精通ぶりが垣間見える。

お金や女性、支配欲といった人間の持つ
ポピュラーな欲求を見事に刺激し、
持ち上げて叩き落とすというマスコミ的態度を
貫く彼の活躍を間延びせずシャープに描いている。
マンサンコミックス
ラベル:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

漫画『ドン・ドラキュラ』手塚治虫

ルーマニアのトランシルヴァニアからはるばる
日本にやってきたドラキュラとその娘チョコラ。
特に処女の生血に目がないドラキュラ伯爵は
お屋敷に住みマントをひるがえし
さっそうと暮らすが苦手なものも多い。
太陽の光に浴びると灰になるので
日中は棺桶に入り夜を待つ。
コウモリに変態でき、闇夜を華麗に舞う。
水やにんにく、十字架が大の苦手。
また心臓に杭を刺されると死んでしまうので
(まぁ人間もたいがい死んでしまうが)大嫌い。

P2012_0223_183722.JPG


ドラキュラ伯爵は夜間中学校に通う愛娘チョコラと
召使いであるイゴールと共に現代日本で生活。
イボ痔のため、ドラキュラを天敵としている
ヘルシング教授は伯爵を追って
チョコラの中学校にやってきた。

彼らが遭遇する怪奇現象や怪物、
吸血鬼と揶揄される詐欺集団などとの対決や
見事に日本の生活に順応している
彼らの生活をコミカルに描いている。
ホラー漫画というよりはハートフルコメディー。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 BJ、どろろ、ブッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

漫画『鋼の錬金術師』荒川弘

亡くなった母を生き返らせるという禁忌を犯した
幼いエルリック兄弟はその過ちの代償として
兄エドワード(エド)は左足を、
弟アルフォンス(アル)は全身を失ってしまう。
エドは何とかアルの魂をつなぎとめるために
弟の魂を鎧に錬成し定着させることに成功。
しかし、その代償として右腕を失うことに。
優秀な錬金術師として成長した兄弟は、
自らの身体を取り戻すというわずかな希望を胸に
過酷な冒険の旅に出かける。

「錬金術」や「賢者の石」が存在するファンタジーの
世界で冒険を続ける彼らは
いつしか強力な権力を持つ軍や各国の思惑や傷の男、
人造人間(ホムンクルス)やキメラとの熾烈な戦いに
巻き込まれていく。
シリアスな展開な合間に、作者の遊び心が盛り込まれ
かつ敵味方を問わず魅力的なキャラクターが登場し、
読者を魅了する最高レベルのファンタジー漫画である。
本編もそうだが、おまけページの出来も
エクセレントアンドエレガント。

P2012_0218_180502.JPG


〜あらすじ〜

幼くして母を亡くしてしまったエルリック兄弟。
父は数日前に失踪してしまい不安を抱えていた兄弟は
大好きだった母を蘇らせようと、錬金術の世界でも
禁忌とされている蘇生を試みるが失敗。
彼らが生み出したのは大好きな母ではなく
人ではないおぞましいものだった。
そしてその代償はあまりにも大きかった。
彼らは強い罪悪感と共に身体を失うことに。
エルは努力によって義手・義足を使いこなし、
錬金術に磨きをかけ、最年少で国家錬金術師に合格。
その通り名は「鋼の錬金術師」。
アルも大きな鎧に身にまといながら、
エルを超える高い戦闘力を有する頼もしい存在に成長。
彼らは冒険によって、世界に蔓延している理不尽に
立ち向かいながら旅を続けていた。

P2012_0219_121944.JPG


国家錬金術師であるエルは様々な特権を有するものの
軍に属している性質上、軍からの要請で「兵器」として
戦わなくてはいけない義務がある。
エルの上司であり、軍のトップを狙う実力者
「焔の錬金術師」ことロイ・マスタングや
彼を信望するルイ・アームストロングや
リザ・ホークアイらと共に反乱分子として暗躍する
人造人間(ホムンクルス)らと戦うことに。
「不老不死」をはじめとした多くの欲望を叶えてくれる
「賢者の石」をめぐり、多くの戦いが生まれる。

P2012_0219_121404.JPG


二人の幼なじみであり彼らの冒険をサポートする
義肢装具師ウィンリィ・ロックベル。
二人の錬金術の師匠であるイズミ・カーティスをはじめ
彼らを温かく見守り応援、参戦する仲間たちが
あたたかくていいんだよなぁ。

愛称「ハガレン」
FULLMETAL ALCHEMIST
ガンガンコミックス 全27巻 ☆☆☆☆☆


P2012_0219_162356.JPG
ラベル:おすすめ 荒川弘
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

【漫画名言集・迷言集 鋼の錬金術師】

痛みを伴わない教訓には意義がない
人は何かの犠牲なしに何も得る事などできないのだから

P2012_0219_162301.JPG


【エドワード・エルリック】

自分で考えろ 立って歩け 前へ進め
あんたには立派な足がついてるじゃないか

過去を悔やんでばかりでは前に進めないぞ弟よ

前に進むしかないじゃないか!
もう誰一人失わない方法で
身の程知らずと言われようとも
今のオレにはこれしか思いつかない

めんどくせぇ!!
将を射んと欲するなら将を射っちまえばいいだろが

P2012_0218_044745.JPG


【アルフォンス・エルリック】

何かに一生懸命になれるって事はそれ自体が才能

たしかにこの身体だと不自由な事はたくさんある
だけど不自由である事と不幸である事はイコールじゃない

「どうせ」とか「しょうがない」とかあきらめないでよ!
枯れた事言わないでよ!!
元の身体に戻れる可能性を探りもしないで

なんで二択なの?
「元の身体に戻って皆を救えない」のと
「元の身体はあきらめて皆を救う」の
ふたつだけじゃないだろ
なんで「元の身体を取り戻してかつ皆を救う」が
選択肢に無いんだよ
原則に縛られずに可能性を求めるのも
人類の進歩には必要だと思うよ?

いやなんだよ!! ボクのせいで…
自分の非力のせいで人が死ぬなんてもう沢山だ!!
守れたはずの人が目の前で死んでいくのを見るのは
我慢できない!!

【ロイ・マスタング】

うろたえるな! 思考を止めるな! 
生きる事をあきらめるな!

ゆめ(公約)はミニスカハーレムだ 

〜12巻背表紙〜 

わかった 置いて行く
置いて行くから 追いついて来い

いや 雨だよ

P2012_0219_162040.JPG


【リザ・ホークアイ】

銃はいいです 拳やナイフと違って
人の死に行く感触が手に残りませんから

【アレックス・ルイ・アームストロング】

我輩は戦いから逃げました
軍のやり方が間違っている… 
…そう強く思っていて それなのに逃げたのです

己の戦場に背を向けたのです
我輩は戦場に残って 
その「間違ってるもの」と戦うべきだった
イシュヴァールから逃げ戻って今日この日まで
信念を曲げ逃げた己れを恥じなかった日はありません

【オリヴィエ・ミラ・アームストロング】

上っツラで私が育てた兵を語るな

【ヴォン・ハーエンハイム】

おしおきだ
俺のパンツとお前のパンツを一緒に洗ってやる

〜10巻おまけページより〜

人より長く生きすぎるなんて
しんどい事ばかりだと思ってた
だけどきみや息子達に会えて
生きてて良かったと心から思うようになったよ
充実した人生だった そうさ十分だ…
…………… ああ くそっ 
でもやっぱり死にたくねぇなぁと思っちゃうな

【グリード(強欲)】

十分だ ああ もう十分だ なんも要らねぇや


P2012_0219_183346.JPG
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

漫画『アウターゾーン』光原伸

現実と紙一重の所で存在する奇妙な世界の出来事を
謎の美女ミザリーが案内人として語るホラー漫画。
現代(1990年代)の日本を舞台とした作品が多いが
魔女狩りや外国での不思議な出来事、
時代を超越して恐竜が全盛を極めた世界や
はたまた人類が宇宙に飛び出しアンドロイドなどの
新生命体を作り出すなどSF調の作品も多い。
怪物や悪魔、また欲望や悪意によって「悪魔」化した
人間の姿を端的にグロテスクに描くことも多い。

P2012_0212_164412.JPG


女性(マキ)の魂が人形に宿り火牙刑事と共に
奇怪な事件を解決していくという準主役的存在も
いるがミザリーという謎の存在が際立つ物語である。

P2012_0212_164925.JPG


エッチなシーンや残虐なシーンも多いが、
少年誌的配慮からか「勧善懲悪的性質」を持った
ストーリーが多く、よい行いをした者は助かったり
明るい未来を切り開くことが多いのが特徴。
欲望に支配された人間はほぼ例外なくひどい目に遭う
(最悪の場合死ぬことも)。

ミザリーは不思議な商品を与える骨董品屋の
店主的側面が強い。(いろんな場面に溶け込み、
登場人物にいろんな形でアプローチする。
基本的に善的存在として描かれている)。
その言動の多くは「人間を試している」と考えられる。

集英社ジャンプコミックス 文庫版全10巻
☆☆☆★


ラベル:ホラー漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

漫画『ぼっけさん』西義之

超能力によって幼なじみの尾白白湯(サユ)を
助けたことがある火ノ宮満(ヒノ)。
テレビによって「インチキ少年」と呼ばれて以来
めだたないように空気のような存在になろうと決意。
松露葉北高校に通うようになってからも口を閉ざすが
それを許さないかのように
サユはヒノに話しかけ続けてくる。
平穏無事な日々を望むヒノだったが、
彼らがクラス松露葉町では奇怪な殺人事件が頻発。
それは超人的な存在「菩怪」(ぼっけ)の仕業だった。
「ぼっけ」とは妖怪(八百万の神)であり、
この界隈では伝説として語られる謎の存在。
そして、同じ町に棲みながら
人と「共生」する道を模索する北区のぼっけと
人を「排除」することをめざす南区のぼっけは
何百年の間水面下で戦っていた。
潜在的にぼっけとして超能力を秘めていたヒノは
南側の「ぼっけ」からの攻撃により
自らの「ぼっけ」としてのその力を覚醒させる。
北区に住むヒノとサユは敵対する「ぼっけ」から
襲撃を受けながら、南区の「ぼっけ」たちが目論む
「赤紅」がもたらす天変地異という「災悪」を
防ごうと立ち上がる。

全2巻(上・下巻) ☆☆☆★
ラベル:妖怪漫画 西義之
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

漫画『孔雀色のカナリア』美内すずえ

母からまともな愛情を受けられないみじめな私生児
として育った水谷亜紀子。
唯一、自分に親切にしてくれた絵本作家から
「孔雀になったカナリア」という童話を教えられる。
鳥たちの間で鳥の王様を決めることになった。
鳥たちは最も美しい孔雀こそ王にふさわしいと考えていた。
カナリアはどうしても自分が王になりたくて
孔雀を殺し、その輝く羽を自らにつけることで
孔雀になりすまし、生活を送る。
しかし、いつばれるのではないか?
という恐怖の中、心休まる日はない。
ある日、美しい羽根をほめられたカナリアは
つい地声で鳴いてしまい正体がばれ殺されてしまう。

亜紀子が16歳になった頃、母が亡くなる。
母は今際の際に実は亜紀子には双子の妹がいて
資産家の娘としてもらわれていったことを知る。
みじめな境遇で育ち、今なお幸せとは程遠い生活を
強いられる亜紀子は、妹岩淵優子に会いに行く。
その際に令嬢として何不自由なく育ち、
自分をさげすんで見た優子に強い怒りを覚えた亜紀子は
恐ろしい陰謀(完全犯罪)を企てる。
優子を殺害し、自分が岩淵優子になりすまし
明るい薔薇色の未来を切り開くのだ。
企ては成功し、記憶喪失を装った亜紀子は
優子のふりをし、優雅な生活を手に入れる。

P2012_0212_081453.JPG


しかしいつ正体がばれないかと恐々とした日々を送る。
そんな折、優子が通う学園で不良として嫌われる
京と出会う。京もまた私生児として育ち、
親からの愛を享受できなかったことを知った
亜紀子は次第に彼に魅かれていく。
優子の親すらも見事にあざむく亜紀子だったが
ささいなほころびを露呈してしまうこともあり、
疑いだす人物も現れ…。

表題作【孔雀色のカナリア】他3編

「すばらしき遺産」「ポーリュシカ・ポーレ」
「ジャーロックホームズのひ孫の冒険」を含む短編集。
表題作は起承転結、特にラストがすばらしい。
白泉社文庫 全1巻

ラベル:美内すずえ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

漫画『貧乏神が!』助野嘉昭

容姿や頭脳、富に恵まれ無病息災。
努力もせずに「幸せ」を謳歌する女子高生桜市子。
だがある日貧乏神の紅葉が現れ、
市子の強すぎる幸運を他人の為に使うように忠告し、
市子に憑りついた。
基本的に自己中で極端なわがまま娘である市子は、
唯一心を許す諏訪野以外には傍若無人の振る舞い。
しかし、紅葉の嫌がらせ(働きかけ)もあり、
徐々にその本質が見えてくる。
気づいたら他人のために本気になっている市子と
その成長を見守る紅葉、そして市子の生い立ちと
強すぎる幸運に隠された秘密が徐々に明かされていく。

P2012_0129_183116.JPG


物語自体は、「DB」、「ジョジョ」「北斗の拳」、
「アイシールド21」他ジャンプ漫画のパロディーと
「らんま」や「うる星」的学園漫画的要素と
「ドラえもん」の秘密道具的要素と
敵味方が最終的に強い絆(友情)を結んでいくという
「ケロロ」的要素などなどいろんな要素を盛り込んだ
おバカ系ラブコメ学園ギャグ漫画である。
数多くの変態や異世界から次々と不思議ちゃんや
電波バカ(貧乏神、福の神他)が登場し物語を盛り上げる。

表面的な意味での「幸せ」に対して
本質的な意味での「幸せ」は違うものなんだなぁ
というのがテーマの作品だと思う。
集英社ジャンプコミックススクエア 全16巻

http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/binbou/index.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

漫画『グラゼニ GURAZENI』原作 森高有次 漫画 アダチケイジ

26歳で年収1800万円の
左でサイドスローの中継ぎ投手凡田夏之介が
野球選手の心理や野球に携わった人たちの生の声を
読者に語りかけるように描いた野球漫画。
タイトル「グラゼニ」とは凡田の造語である。
「グラウンドには銭が埋まっている」という形容から。

プロ野球に限らずプロの世界はシビアである。
たったひとつのミスやスーパープレイが選手本人や
対戦相手、また彼らに関わる多くの人の人生を
巻き込んでしまうケースも多い。
スポーツ選手の契約金は、サラリーマンの退職金的
意味合いもあり、チャンスで結果を残せない、
ケガやチーム状況によってそもそものチャンス自体が
めぐってこないことも往々にしてある。
ドラフト1位であっても、年に数億円稼ぎ出す
ビッグプレーヤーであっても安泰というわけではない。
2軍に落とされることや戦力外通告を言い渡されたり
チーム事情で引退を余儀なくされることもある。
先発を夢見ながら、中継ぎでそこそこの成績に
甘んじてしまっている凡田はもちろんのこと、
プロの世界に身を置く以上、一寸先は闇である。
そしていろんな理由から引退しても
日々の生活費を稼ぎださなくてはいけないのである。

P2012_0205_075405.JPG


主人公の凡田は左のワンポイントのサイドスロー投手。
成績もほぼ防御率3程度でコントロールが生命線という
しごく平凡な人当たりのよいピッチャーである。
選手の成績やデータが載った選手名鑑を見るのが趣味。
ほとんどのプロ野球選手の年俸を知る凡田は
自分より低い年俸の打者を抑えやすい反面、
自分よりも高い年俸の打者を抑えにくいいう一面を持つ。
(相手の年俸が高くなりすぎるとその限りでない)。
グッズも発売されていないこの地味で人気もない凡田が
一流の打者と戦う際にどういった心境で球を投げ込み、
グラウンドに落ちているという銭(お金)を掘り出すか。
そしてチャンスや結婚相手をつかんでいくのかが
見所の漫画である。

講談社モーニングKC 全17巻
「東京ドーム編」に続く! ☆☆☆☆
ラベル:野球漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

漫画『ヒミズ』古谷実

特別な才能がないと自覚のある中学生住田は
平穏で「普通」に暮らすことをめざしていた。
しかし、あることがきっかけで状況は一転。
社会の歯車からはみだしてしまった住田は
自らの命をあと一年と決めた。
自らが生きる証(世直し)の為、「悪人」を探し出し、
犯罪を未然に防ごうと町をさまようように。
かねてから見えていた不気味な存在(死神?)の
影が色濃くなっていく中、
彼を心配し危惧する人たちとの生活の中で
少年が出した「答え」とは?

P2012_0129_172407.JPG


〜あらすじ〜

母が営むボート屋の河川敷の簡易小屋に住む住田は
まともに働かない父(離婚は成立)を持つ。
自らの未来にある種の諦観を固めてしまっている住田は
死生観すらもドライそのもの。
夢など持たず、安寧な「普通」の生活だけを望む。
「世の中金」と言い切り盗癖のある夜野、
漫画家を夢見るいじめられっ子赤田、
妙に肝の据わった茶沢景子らは
根暗な住田の数少ない理解者である。

母の失踪に伴う財政難から働くことになり、
そのことも引き金となり事件を起こす住田。
彼を心配する夜野、茶沢も事件に巻き込まれていく。

「罪と罰」を連想させる斬新なストーリー。
「大人の都合」に翻弄される中学生たちという
悲惨な内容ながらリアリティーのある不気味さ
日常に潜む「悪」「異常性」が見事に描かれていて
暗い魅力のあるアングラ系作品。

ヤンマガKC 全4巻 ☆☆☆☆★
ラベル:おすすめ 古谷実
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。