2011年11月29日

漫画『おれは直角』小山ゆう

江戸時代の萩藩の名門校明倫館に入学した
火の玉小僧石垣直角は曲がったことと嘘をつくことが
大嫌いな暴れん坊である。
まっすぐな男に育ってほしいという父の願いを
真に受けて、得意な武の道を追求した男は
直角斬りという秘剣を開眼しほぼ無敵の強さを誇る。
下級武士の子供でありながら、明倫館に入った直角は
町人や職人と分け隔てなく話し、
偏見を持たない性格に成長した。

しかし、藩や明倫館、そして人々には依然大きな因習や
覆しようのないものが蔓延っていた。
「文武両道」を掲げ、名門と名高い明倫館であったが
実質的には文(学問)ばかりに重点を置いた学校である。
学問においてはからっきしの直角であるが、
ご城代家老立花薫に見込まれたことで明倫館に入学。
また、武を疎かにした代償として一部の乱暴者たちに
よって、多くの生徒は恐怖的支配をされていた。
直角は明倫館で出会った骨のある男郷に見込まれ、
明倫館を支配する暗い空気を払拭し、
生徒たちを守るために立ち上がる。
その一途でひたむきな姿はいつしか明倫館にとどまらず
多くの人々の心を捉えていく。

大進撃を続ける直角の前に現れたのは
萩藩において最も権力を握る北条氏の溺愛する
孫の照正だった。3年間長崎に勉強に行っていた
次期ご城代家老と目される照正だったが、
残念ながら洋風かぶれのばか者であった。
幼くして両親を亡くし、親の愛を知らない照正は
誰にも心を開かず、誰も知らない洋風のものを好み
人々の歓心を得、優越感に浸るという悲しい男。
人気者であり友達に囲まれている直角を妬み、
彼を出し抜こうと試みるが、道化そのものである。
だが郷の働き掛けもあり、
まっすぐで裏表のない直角だけには心を開き、
唯一友情を感じるようになる。


北条氏の希望で若くしてご城代家老に指名された
照正だったが、家臣たちばかりか祖父までもが
自分のことをばかと知りながら、本心を隠し
彼に接していたことを耳に入れ自信を喪失。
疑心暗鬼から直角の友情すら信じられなくなって
しまった照正は以前にもまして奇妙な行動に
明け暮れるようになってしまう。
照正は立派な家老になるに違いないと固く信じる
直角は藩の人々の批判を浴びながらも東奔西走する。


【直角斬り 独自の方法で生み出した自己流の剣
      動きが独特であり、ほぼかわせない】

〜背景〜

直角を見込んだ人物立花薫ことご城代の話。
かつて、直角に負けず劣らず無茶ばかりしていた立花は
若いときにまだ愚かだった北条氏に唯一意見を吐き
しかもぶん殴ってしまった骨のある家臣である。
直角同様に決して高い身分の武士でなかったが、
その熱血漢ぶりが北条氏の心を動かし
名城代に育て上げたのである。
立花には子供がなく、本質的にお茶目で人を驚かす
ことが大好きな童心を持ち続けるこの大人物は
直角を自分のこどものように感じ、目をかけ、
大きな期待を寄せているのである。
ギャグ漫画だと思っていたけど、随所に感動的な
話が織り込まれているすごくよい漫画。
直角のひたむきさ、照正の勇気、
ご城代の辛抱強さ、
そして身分を超えた人々の持つ信頼の強さや
あたたかさが実に清々しい。

小学館少年サンデーコミックス ☆☆☆☆+
 
全14巻 文庫版全8巻

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

漫画『響子と父さん』石黒正数

イラストレーターの響子には庭で模造刀を振り回す
わがままで厄介な父親がいた。
奥さんを旅行に送り出せる位の度量はあるのだが
まともに自炊もできずインスタントラーメンばかり
食べている父を心配した響子は、
留守中くらいはと父の面倒を見ることに…。
しかし、そこは厄介さんのこと。珍騒動が巻き起こる。



響子の結婚話(結婚の条件は人生ゲームで勝つことだ)や
行方不明中の妹春香との幼少時代や
家族が離れてしまったエピソードも交えて
家族のありかたを描いたヒューマンコメディー。
少しズレているボケのオヤジ、
しっかり者のツッコミの響子さんの兼ね合いも
見事でおもしろい。



また本作では同著【ネムルバカ】の春香が登場し、
ネムルバカで活躍する春香の過去話や
それからが描かれていてファンにはうれしい演出。
徳間書店リュウコミックス 全1巻 ☆☆☆★


『電話で本音がポロリ…いい話や』
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 石黒正数『それ町、外天楼』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

【漫画名言集 Dr.コトー診療所】

【五島健助】

人間として答えるならば、
あなたが「生きている」と思っている以上、
この患者は生きています。
医者として答えるならば、
生きていなければぼくはここにはいません。

変わってよくなるものと、
変わらないでいいものとがあると思います。
ぼくはこの島には変わらないでほしい。
変わらないことが魅力になる日が、
きっと来ると思います。

医者が一人であろうとなかろうと、医者である以上、
人の命に責任を持つことは、当然のことです。
あの夜のぼくは、
誰かにその責任を押しつけようとしていました。
あの夜のぼくは、医者じゃなかった。



あなたがこの島でこのまま亡くなったら、
息子さんの心には、
一生消えることのない傷が残ることでしょう。
傷つけたままにしておくなんて、
医者として不本意じゃありませんか?

【原】

先生、オレは難しいことはわからねえ。
でも、これだけはいつも
息子のタケヒロに言って聞かせてるんだ。
何があっても、友達だけは裏切るな。
まわりがなんて言おうと、自分が信じた相手は
とことんまで信じろってな。
オレは、医者を信じたわけじゃねえが、
あんたのことは一生、信じる。それだけだ。



タケヒロ、おまえは勘違いをしてる。
おまえにとってプライドってなんだ?
人に頭を下げてなくなるようなプライドなんて
たかがしれてる。オレはおまえのオヤジだ。
おまえにとっていいことなら、
何百回だって何千回だって頭を地面にこすりつける。
それ以外のどんなことだってできるぜ。
それがオレのオヤジとしてのプライドだ。
おまえも子供をもちゃわかる。

【三上】

どうして島の人達は、みんな不安そうな顔をしてるんです?
先生の気持ちが、島の人達に伝わってるんじゃないですか?
いまの先生は島の人達を癒やしていない。
医者の表情一つで癒やされる人、不安になる人がいるんです。
ぼくは先生にそう教わりました。
先生にはいつも「癒者」でいてほしいんです。

【俊太の母】

もし俊太の記憶がなくなっても、
母さんが思い出させてみせる。
もし俊太が言葉を話せなくなっても、
おまえが思ってることは、
どんなことでもわかってみせる。
おまえが生きてさえいてくれたら、
母さんには、一日一日、
おまえのしるしが残っていく。
俊太がいるだけで、どれだけ幸せか…

【たくや】

次の日も、また次の日も、
おおきくなったらなんになるって…
かあさんの病気を治すお医者さんになるって、
もっと早く言えばよかった。

【古川公平】

勘違いするな。病人を治すのは、
どんな医療機器でも薬でもない。
人だよ。人と人…… 医者は病人と向き合うことで、
初めて病気に立ち向かえるんだ。
私もそれを、ここに来て思い出させてもらった。
病気を見ずに、病人を見ろ、公一。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(1) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

漫画『鋼鉄の華っ柱』西森博之

1兆円の資産を大財閥のご子息として生まれ
頭脳や運動能力、容姿にまで恵まれた御前崎真道。
プリンスと呼ばれ、女性にモテ、赤じゅうたんを
歩き続けてきた男だったが、グループの倒産が相次ぎ、
ほぼ裸一貫の状態で世間に放り出されることに。



ボディガードとして彼に寄り添っていた
佳賀朝涼・夏野姉弟も同様に
世間の荒波にさらされることに。
真道への妬みから心の底では彼をバカにしていた
夏野だったが、何か彼に心を動かされてしまったらしく
朝涼、そしてギャグ要因である爺といっしょに
真道と行動を共にする道を選択する。


【一見タンポポ、実際はアザミでトゲがある朝涼】

実は計算高く「紳士的振る舞い」と同時に
「だまし」を信条とする腹黒い真道は、
他を圧倒するプライドと人を人とも思わない独裁者的
男であるが同時に妙な庶民的バランス感覚を併せ持つ。
またとても根に持つタイプで
絶対に敵に回したくない男でもある。
謎の少女サッチャンの逸話に代表されるように
独特のたとえ話を繰り出し、まるで楽しむかのように
次々と巻き起こる難局を乗り切っていく。



【健気でギャンブル狂いの父を持つが
貧しさに負けない薄幸の美少女サッチャン。】

現在の社会構造では底辺の生活から
上流階級まで登りつめるのはほぼ不可能な状態であり
圧倒的な資本(お金)を持つ者ほど多くの利益を生む
ことは自明の理であるが、
どんな局面も笑って乗り切れるのであれば
人生の勝者(笑者)であることはゆるぎないのである。
マクロ的な影響力を将来持つことを約束された男が
逆境によってミクロ的な生活を送っているという
そのギャップがまたおもしろい。
そこらへんをサラリと書いてしまう所が
西森先生のすごいところである。

少年サンデーコミック 全9巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

漫画『不可思議堂奇譚』えんどコイチ

夢を失った人たちに希望を与える魔法のような
アイテムを提供する不思議な店不可思議堂。
人助けを身上とする高齢のおばばこと無量と
彼女が後継者として育てたオヤジギャル(死語)のお穣
によって世の迷える人々を救うというヒューマンドラマ。
基本的にあの「ドーン」のサラリーマンの話を
よい話として描いた物語と言えよう。



少年ジャンプで掲載されたものの10週待たずに、
打ち切りになってしまった作品。
何話かは覚えていた。懐かしかったなぁ…。
おばばとお穣の手助けによって、主人公たちが
人として大切な何かに気づき成長していくという
内容は個人的には嫌いじゃない。
何ていうか絵もそうだけどパンチがないのが残念。

集英社ジャンプコミックス 全1巻 ☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

漫画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』原作ママチャリ オオイシヒロト

70年代の田舎町を舞台に繰り広げられた
高校生たちと駐在さんのおバカなイタズラ戦争を描く。
(まぁ実際には700日も戦っていないのだが、
ご愛嬌。たぶん「ぼくらの七日間戦争」っぽく
したかったからだね)



高校二年生のママチャリはイタズラ作戦の参謀である。
原チャリのスピード違反で捕まってしまった
イタズラ仲間の西条のかたき討ちのために
嫌がらせで坂を利用して自転車で駆け抜ける!
という不毛な作戦を思いつき仲間たちと共に実行。
ご存知の方も多いと思うが、自転車は車両なので
スピード違反ならば捕まる。飲酒運転も適用される。
彼らは当然のように捕まり、親も呼ばれ説教まで
されてしまうが、このままあっさり引き下がるわけない。
あの手この手で駐在さんにイタズラ(犯罪行為)を行い
対立は激化していくのだった。
ノスタルジックでほのぼのとした作風。
どこか憎めない登場キャラクターたちの
ほろ苦くも人間臭いヒューマンドラマが心地よい。

小学館ヤングサンデーコミックス 全1巻


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

漫画『最終フェイス』小林よしのり

そもそも美人とは何なのか?を問いかける問題作。
大女優一条麗子の自慢の娘であり人類が到達する
最終美「最終フェイス」(美の帰結点)
と信じて疑わない個性的な顔を持つかれんは
自らの美しさを信じて疑わないパワフルな変人。
大作家である父ですら生理的に受け付けず嫌う
かれんの顔は現在の日本の美の基準から見れば
究極のブスであり、多くの者は嘲笑と嫌悪を抱く。
しかし、一度見たら嫌でも忘れられないインパクトの
あるその顔は一部の者の間では圧倒的な支持を受ける。



自分の通う高校に一条麗子が自分を超える逸材だと
太鼓判を押す娘が転入するということを
テレビで知った苦労知らずのおぼっちゃん榎本健一は
かれんの顔も見ずにプレゼント攻勢を試みる。
かれんを見た榎本はその個性的すぎる顔におぞけるが、
強引にかれんにつきまとわれていくうちに
彼女の持つ不思議な魅力にとりつかれていく。

芸能界への進出を果たし、個性的な顔を要する
ちみみと共にアイドルデビュー。
話題作りのために自殺未遂を行い、
その後も不謹慎すぎるキャンペーンを決行する。

無個性に整っている美人たちの中で個性的な顔を持つ
二人は圧倒的な存在感を持ち、世間に絶対的な
インパクトを与え、認知されていく。
最終的に整形などによって作られたわけではない
かれんをはじめとした個性的な女性の本質的な
揺るがない美しさ、つまり自然美に
榎本や一部の世間の人々が気づかされていく。

徳間コミック文庫全1巻 ☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

【近況報告】

えーと。ブログの更新が滞っておりました。
その理由としましては、
パソコンにコーヒーをぶちまけてしまい、
修理に出していたからです。

日曜にボクシングを観戦しながら
パソコンを楽しんでいる際にコーヒーをこぼし、
電源が入らなくなりました。
まるまるいっぱい分だったのでヤバいかなぁ。
でも意外に大丈夫なんじゃないかなぁ。
自分の会社の金だから100億借りても
大丈夫だろうとどこかの誰かさんみたいに
楽観的に考えていたのですが誰かさん同様に
全然大丈夫じゃないことは後にわかります。

月曜が健康診断で会社が休みだったので、
ヤマダ電機に行き、メーカーに修理に出しました。
会社指定の健康診断の場所はなぜか妙に遠い所で
軽く迷ったりもしましたが
親切な人に道を聞いてことなきを得ました。
あのご恩は忘れるまで忘れません。
ついでにドンキとブックオフに行きました。
ブックオフはいつも同じ曲が流れていますね。
今の時期はセンチメンタルがテーマらしく
最後の曲はミスチルのSignが流れます。

火曜日に出社。パソコンどれくらい費用かかるかなと
もんもんとした日々をすごしました。

水曜日に高校時代好きだった人が夢に出てきて
(今も好きだと確信)どきがむねむねして、
起きた時に呼吸が荒くなって大変でした。
あの人はしあわせに暮らしているでしょうか?

木曜日に仕事をこなしていたら電話があり、
修理代は74000円かかると言われました。
2年前に90000円で買ったパソコンです。
購入金額の8割超という天文学的数字です。
ケータイを落っことしそうになりました。
大切にしていたi-tunesなどの音楽情報や
ブログ用の文章やネタを書き溜めた内容が
一切修復できないと言われました。
それなら新しいのを買おうと思いました。
さようならマイケル(なぜか兄がセットアップ
する際にこの変な名前にしやがりました)
パソコンを新しく買うお金もそうですが
消失した情報の多さに恐れおののきました。
またお気に入りのサイトの中には
パスワードなどが必要なものも多く、
パソコンに覚えさせているものの中には
うまく入れない所もありました。
バックアップやメモをとっておけばと後悔の念。
あとのまつり。

金曜日はいつものように残業で、仕事の内容に
変更点があったのでいつもより更に疲れました。
土曜日は仕事があるかわからなかったのですが
休みということで新しいパソコンを買いました。
兄の助言もあり、なんとか環境が整いました。

社会人になってうれしいことはやはり安定した
収入があることでしょう。
基本的につらいことは仕事への責任感と
一日の大半は仕事によって拘束されることです。
こればかりは覚悟しているつもりでも
やはり精神的に負担になっています。
大好きな漫画を読む時間や音楽を聴く時間が
減ってしまいますが、嫌いな仕事でもないし
とりあえず1年続いて(続けられて)よかったなぁ
という感じです。最近読んだ漫画では
ドロヘドロとリアルの新巻がよかったです。
あとためておいて一気に読みたかったDr.コトー。
ドラマも好きでしたが原作も期待通りでした。
明日からまた一週間に2回以上のペースで
更新できそうです。
よろしくおねがいしまうー
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

漫画『SEASONS-なつのひかりの-』高橋しん

【なつのひかりの】

小学校の同窓会によって10年ぶりに集まった
かつての少年少女たちは現実の生活に追われていた。
でも今日くらいは、あの日に戻って…。



いとこのこどもを押し付けられてしまった涼子は
こどもたちと共に同窓会にやってきた。
会費タダ酒ということばに釣られて…。
ぞくぞくと集まる同級生たちと近況を報告しあいながら
よみがえる想い出の残滓たち。
あのとき教室で泣いていた子は誰だっけ…?
あいまいな記憶と見え隠れする同級生の影。

みんなの想い出と将来の夢を入れたタイムカプセルを
宝探しという形にして残した。
炎天下のムダに暑い夏に宝探しはキツすぎる…。

【ヒミツキチ】

誰にも内緒の美しい洋館の秘密基地には
謎の美少年がいた。
病床につく父によって暗い影が差す家にいたくなかった
少女は逃げるようにヒミツキチで少年と遊ぶ日々。



でも少女が秘密を話してしまったことで
洋館はなくなってしまって…。
22歳になったかつての少女夏菜が
介護の道を選んだのはやはり父の影響があったのか。
法事によって久しぶりに帰郷した夏菜は
メルヘンチックな幼少時のひみつきちと
紅顔の美少年との密会を思い出す。
せつなさが止まらない。



小学館 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

漫画『ネムルバカ』石黒正数

大学の女子寮のルームメイトの先輩ルカと後輩柚実。
バンドのボーカルとして音楽にどっぷり。
でも、いつも音楽の世界で壁を感じているルカ。
特に何に打ちこめているわけでもない柚実は
バイトに明け暮れている。
そんな二人の日常を恋愛問題や
友情などを交えながら描いた青春物語。



社会から見たらモラトリアムというぬるま湯。
でも、本人たちにとっては大事。
金欠にあえぎながら成功を夢見る先輩と
フツーの生活にあこがれる後輩のありふれた日常。

そんなルカに思いがけぬチャンスが降って湧いて…
この世界観やキャラクター設定は
【それでも町は廻っている】の
主人公葉鳥(柚実)と紺先輩(ルカ)に
通じるものがあるなぁ。
ちなみにタイトル【ネムルバカ】(眠る馬鹿)は
柚実が寝ているときに奏でた歌がその由来である。



徳間書店 RYU COMICS ☆☆☆★
ラベル:石黒正数
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 石黒正数『それ町、外天楼』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

漫画『スキマスキ』宇仁田ゆみ

ビルなどにある隙間が好きなヘイサクは
近所に住む女性の部屋のカーテンの隙間から覗く行為を
くり返していた。まぁつまり盗み見ていたわけだ。
大学の二部に通うヘイサクは昼にバイトをして
夜間は大学にやってくる。
心が広い友人マサジとなぜか美人の恋人がいるキンタと
共に味気ない日々を送るヘイサクにとって
それはとても刺激的な行為なのかもしれない。
しかし見る者は見られる者。
ヘイサクが覗いていた女性からもヘイサクの部屋は
丸見えだったわけで。その行為はばればれだった。
しかもその女性文緒はヘイサクの赤裸々な姿を
盗撮し、部屋に飾るという悪趣味の持ち主だった。





文緒は実は同じ大学に昼間通っている学生。
もちろん出会う可能性もあるわけで……。
隙間から見ていた彼女&彼が現実で直面することも
お互いに惹かれてしまうこともあるわけ。

何て言うかじわじわとおもしろい漫画。
小学館IKKI COMIX ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。
 マンガのソムリエは
 乃木坂と箱根駅伝を
 応援しています。