2010年06月27日

漫画『13月の悲劇』美内すずえ

映画スターの父を持つマリーは、
聖バラ十字学校の転入生。
母が亡くなり、表向き独身。
アカデミー賞を受賞した父ラリーは、
マリーと母の存在を隠していた。
マリーは日陰者としてほとんど父に会えなかった。

この学校の生徒は無表情ばかりだ。
マリーは一瞬、生徒たちが仮面をかぶっている
ように錯覚した。それは錯覚ではなかった。
外部と隔絶された監獄のような宿舎。厳しい戒律。
無表情な生徒たちが脅える【反省室】。

主ルシフェルを崇拝する不気味なシスターたち。
見え隠れする悪魔の姿。
不気味なシスターたちが目論むのは世界征服。
秘密結社として世界で暗躍する魔女集団と対決
することになった少女の悲劇を描いたホラー。
ラリーの自覚のないカスっぷりがすごい。


【金色の闇が見ている】

病弱な弟サミュエルの療養のために
おじの住む街に住むことになったエスター。
お屋敷に着く前に車に轢かれた親猫を発見。
すがりつくように泣く猫と静観する猫。
サミュエルのたっての願いで猫は引き取られた。
ジョエル。そして額に白十字のマークを持つ猫は
ノエルと名付けられた。

この街には大きな特徴があった。
異常に猫が多いのだ。人口2万人の街なのに
猫は10万匹いると言われる。
ネズミが爆発的に増え、これを駆除しようと
導入された500匹の猫。ネズミは駆除されたが
今度はネコが爆発的に増えてしまった。
その結果、街の至る所に現れ多くの被害を与える。

自分の食べ物を二匹の猫に与えるなど
かいがいしく猫を可愛がるサミュエル。
ジョエル・ノエルを溺愛するサミュエルのような
ケースは稀であり、この街ではネコは人間の敵。
増えすぎた猫は害獣として捕獲の対象となる。
たまたま家から出ていたジョエル・ノエルは
猫狩りに遭う。人間によって親を奪われ、
その後も迫害されたノエルは強い憎悪を人間に抱く。

人間によって住む場所を奪われ、駆除された猫は
窮鼠猫を噛むならぬ「窮描人を噛む」。
殺人猫となり、猫たちを煽動するようになった
ノエルにより街は恐怖のどん底に叩き落とされる。
犬は人につき、猫は家につくと言うが、
街に猫がついたという発想が斬新。

【冬のひまわり】

雪山の肖像画に小さく書かれていたひまわり。
冬に咲くひまわりを描いた作者不詳の不思議な絵
マリオンに魅せられたニコラ・ルーセン。
名門セント・グレート校に入学したルーセンは
冬のひまわりを探さんと登山部に入り、
不思議な体験をすることに。


【ポリアンナの騎士】

身重の母を救った額に十字の傷を持つ少年。
命の恩人として母から少年のことを聞かされた
ポリアンナはお金持ちのお嬢様。
少女時代にロンドン旅行にやってきた際に、
迷子になり親切なハンサム少年に出会う。
少年によって無事お屋敷に着いたポリアンナは
少年の額に十字の傷があることに気付き…。

美内すずえ傑作選4 白泉社文庫

13月の悲劇 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

13月の悲劇 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

  • 作者: 美内 すずえ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 文庫



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

【I'll be】

勝てる予感があっても、
どこかで不安を抱いていた。
デンマーク戦にはそんな雰囲気があった。


【I'll be】

歴史的快挙・歴史的勝利に立ち会おうと
3時起き。まだ結構肌寒い。
DVD録画し追っかけて見始める。
途中で父も起きてきた。
「勝てると思うんだよねぇ」
と話しながらもドーハの悲劇をはじめ
最後の最後で期待を裏切られ続けてきた父は
やはりどこか不安そう。
我が家には3時30分頃新聞が来ることを知る。

「日本は試合をするごとに強くなってきている」
父は語る。そう、それは試合を積むごとに
成長する高校球児のようだ。
男子三日会わざれば活目して見よ!
と言うがチームとして着実に善戦できる
チームになってきた。
しっかり守って1−0と勝てる!というのが
二人の見解だった。
ベントレーは長友がとめてくれるはず。

和をもって尊しとなし。
輪(サークル)となり、手をつなぎ結束した
チームプレーは堅固な一枚岩となり、
どこかちぐはぐなカメルーンチームにも
しっかりと勝ちを納めた。

オランダ戦でも善戦。
川島はキーパーとしてもこの2試合で
非凡なる才能をみせた。
実は世界最高クラスのキーパーかも。

試合がはじまる。
デンマークのスピーディーなパスまわしに
ひやひやさせられる。
イヤな雰囲気が漂う。
土壇場で勝てない。ドーハの悲劇の再来…
イヤな汗をかきながら応援。

そして前半16分(17分)の本田のフリー…
距離も結構あった。
無回転のシュートは吸い寄せられていき…
ネットを揺らした!! グレート!!
すげぇ〜。あんなの日本人でも打てるんだ。


【画像はイメージです ジャイアントキリング】

海外のスーパーシュート特集とかで観る
クラスの世界レベルのシュートだった。
本田はこのワールドカップで大口でなく
実力があることを証明した。有言実行!!

勝てる!という予感が確信に変わったのは
遠藤のフリーキックが見事に決まった瞬間。
本田が打つだろうと思っていたのか
反応が遅れた相手キーパーの横を貫いた。
朝がしらみはじめていた。

守護神川島がいる限り3点は取られまい。
「ファインセーブ」の連発と言われる川島。
ファインセーブどころじゃないプレーが多い。
グッドないしはグレート、ワンダフル
冠してほしい。川島には称賛を惜しまない。

フリーキックって相手チームに決められる
ことはあっても、日本チームが決めることって
稀だったから。セットプレーとかじゃなく
一発で決まる。そんなスーパープレーが二発。
決めるべきときにかっちり決まる。
これは勝てる試合!

点こそ獲られたものの、安定した試合展開で
危なげない。本田は、自分で打たずに
交代出場の岡崎にパスし3点目が入る。
本田ってすごい奴だなぁ。

守護神:川島がよくとめた。
決めるべきときに得点が見事に決まった。
何よりも今日の日本のサッカーは観ていて
おもしろかった。魅せる要素が多かった。

長友・闘莉王・中澤・駒野、
阿部・長谷部、本田、大久保、遠藤、松井が
ボールを追っかける。
岡田監督は、チームがうまくまわっているので
固定フォーメーションを貫く。
交代した岡崎も得点を決め、はずみがついた。

次の相手は「パラグアイ」。
イタリアではなかった。
グループ混戦を制した1位通過のパラグアイ。
Eグループみたいにはっきりとした順位が
つかなかった。
ホリケン風に「パラグアイダ〜」と叫ぶ。
タイプ的には守備に定評があり、
隙をついて攻めてくるという日本と似た
タイプのチームとのこと。

しかし今日の本田と川島はすごかった。
世界最高クラスのプレーもあった。
今日と同じ位の試合ができれば、
分不相応かもしれないけど
でっかい夢が見れるなぁ。
次戦も期待できるなぁ。

日本決勝トーナメント進出。歴史的快挙!
ワールドカップアウェー戦初勝利。
3時起きしてよかったなぁ。
29日のパラグアイ戦も楽しみ楽しみ。

勝ちたいときに 勝つべきときに勝つ。
それが本当の強さだ。
全然勝てず、中身も伴わなかった親善試合。
あれすらも今じゃ笑い話。
「世界を驚かせる」という岡田監督の言葉が
現実味を帯びてきた。
そして今日は最高の気分ですし、
日本にとって特別な記念日ですが、
まだ挑戦できるチャンスがある以上、
いくらでも上をめざしましょう!
最強チームと実際に戦うことで
見えてくるものが必ずあるはずなので…。

何がうれしいって決勝トーナメントを
指をくわえて観ているだけじゃなくて
一生懸命観戦できることでしょう。
勝ったゆえの特権ですからね。


http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100625/scr1006250525031-n1.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000065-san-int
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

【ワールドカップ】

いわば代理戦争だから。ワールドカップは。
おっとあまり剣呑な内容を書くと当局のマークに
あうのでマイルドにしますか。

日本のディフェンス重視、攻撃をしようとしない
戦い方は退屈だ。つまらん!
はじめから引き分け狙いで勝つ気ないのか!
全体的にフォーメーションが引き気味で消極的!
と世界からお叱りを受けている日本の戦術。
まぁそうですね。
これは日本の歴史、つまり戦争放棄(平和主義)
からの伝統ですから。
攻撃(アタック・シュート)しないのです。
するにしても、【世界に遠慮しながらです。
入れてもいい?ダメ!って遠慮しながらです。
だから点が入らないんです。本気出したら、
どんな強豪だろうとフルボッコの完勝ですよ。
ネウロ以来の「妄想」ですよ。】

補助的なミッドフィールダーやディフェンスに
定評がある選手は長友をはじめいっぱいいますし
世界で活躍する選手もいますがどうも得点はとれない。
これは仕方のないことなのです。
どこかの国みたいに攻撃大好きじゃないのです。
どこかの都知事みたいじゃないのです。
おっと危ない。危ない。

長い間、日本のサッカーは【決定力不足】と
言われ続けてきました。国際試合で点取れない!
でも仕方ないのです。米の国の占領統治や
国連での発言権、世界での冷遇や、
第二次世界大戦での加害者認定などによって、
攻撃する剣(権)を奪われ続けた日本。
これで決定力不足にならぬわけがない。
よくも悪くも安保の庇護を受けてきた歴史。
軍事費による無駄な支出をせずに済むも
高度な政治的交渉をする機会が与えられ
なかったのだから決定力が不足するわけです。
(戦争放棄という考え方に賛成も反対も
しません。明言もしません。チキンなので。
戦争放棄によって表立って攻撃されない・
いたずらに他国の不安を煽らないなどの
メリットもありますし、
戦争・攻撃を視野に入れた対抗カードがない、
普天間などの基地問題や在日米軍などの犯罪が
有耶無耶になるなどのデメリットもある)
と思うので、どこかの誰かさんみたいに軽々しく
発言しようと思いませんね。

でも確実に言えることは
決定力不足という負債はついてきました。
いざというときに自分たちで決められません。
自分の進退から他人に委ねようとした岡田監督。
彼はたしかに決定力不足かもしれませんが、
すごく日本人らしい監督だと思います。
結果が伴わずバッシングを浴びましたが…。
今じゃ名将でしょう。(苦笑)
和をもって貴しとなし的監督。
ディフェンスで使うはずの本田をオフェンスで
起用したときは
正直指揮官としてどうかと思いましたが
結果がついてきた時点でやはり名監督です。
素人の私では本田をフォワードにしません。

点取れない日本の戦い方はロースコア試合狙い。
組織的に守り、ピンチは早めに摘む。
相手チームの攻撃の要選手には徹底マーク。
複数で当たる。これはサッカーに限りません。
野球ならシフトや苦手コースを責め、
バスケならマンツーマンや2人、3人を割き、
アメフトやラグビーなら
クオーターバックにパスを出される前に潰す。
攻撃的な戦術とされる【プレス】は、
実は自分たちが攻撃される機会を減らす
防御面も兼ね備えた最高の作戦なのです。
(非常に体力を消耗しますが)。

攻撃大好き北朝鮮。だが大敗。
前半はポルトガル相手に善戦。
得意の攻撃も冴え渡り、多くのチャンスを演出。
でも後半大量失点で7点。
国営放送したのが仇となり、監督や選手が
罰として「炭鉱送りになる」と噂されています。
(脱北プロスポーツ選手の証言などより。
ただ、炭鉱での強制労働期間などは
過去の例より緩和されつつあるらしいが、
北の監督が「ない」と否定すればするほど
「ある」ように感じてしまう)。
練習して代表選手になって罰を受けるって変。
代表選手になりたくないなぁ。なれないけど。
強気な発言や軍事演習と称してやりたい放題の
北朝鮮ですが、実際に戦争をしたら世界から
フルボッコにされるということを示唆している
ような試合展開でした。

内紛によって自滅したフランス。
実力的には優勝候補のフランス。
自滅しました。
敵は本能寺(身内)にありでした。
国を器に喩えたら、とてもいびつで小さく、
あちらこちらにヒビが入っていたという感じ。
エトーを擁するカメルーンも敗退決定。
やはりチーム内の亀裂が大きかったようで…。
苦戦を強いられているイングランドもごたごた。
勝ち残りましたがてっぺんまではいけなそう。

マラドーナ監督。
すごくうまいメッシ率いるアルゼンチン。
今大会の最高選手と言われているメッシ。
その中である意味、メッシより目立つ。
【神の手】伝説を持つ名将は優勝を掴むのか!!
選手の時と比べ、その太りっぷり・ビジュアルの
変わりっぷりがすごいですが、メディア的には
最高のエンターテイナーでしょう。
サービス精神旺盛。マックの定員みたいね。
メッシが喰われているもん。
だから太ったんだな。……オチがイマイチ。

Superflyのタマシイレボリューション。
曲はすばらしいけど、タイトルがイマイチ。
日本の記録的な勝利と勝ち上がりを熱望。
弱い奴が強い奴に勝つからおもしろい。
ジャイアントキリングを起こすんだ。日本!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

漫画『おおきく振りかぶって』ひぐちアサ

挙動不審のエース三橋と一緒に甲子園をめざす
一年生チーム埼玉県の西浦高校。
野球をよく知り、バイト料を野球部につぎこむ
熱血ケツバット女性監督モモエ。
元ソフト部出身の働き者のマネージャー。
メンタルトレーナー兼蘊蓄王の志賀。
応援団長浜田や、西浦野球部の母たちの想いを
乗せて、叶うか?地方大会突破!そして甲子園!!



祖父が群馬県の中学校の理事長だったことから
ヒイキされ「特別扱い」されていた三橋。
自他共に認める「球が遅い」という弱点があるが
野球部エースの座を意地でも譲らなかった。
その結果同じくピッチャーをやっていた叶以外の
チームメンバーや生徒から疎まれ、嫌われ続けた。
チーム状態は最悪。試合をやっても負け続けた。
野球は好きだけど、エスカレーターで高校もある
三星学園で野球を続けることはできないと
雪が降る群馬を去り埼玉の西浦高校にやってきた。
「野球を続けろ」と励ましてくれた叶の言葉。
支えがあるとしたらそれだけ。父が作ってくれた
9分割の壁に向かってひたすら球を投げ続けた。

西浦高校は今年から硬式野球部が設立された。
よって入学した一年生のみでチームができた。
野球部に入ろうと集まったのは10人。
そこにいた巨乳の女監督はモモカンこと桃枝。
西浦高校軟式野球部OG。
正確無比のフライを打つのがうまく、
野球に詳しく、戦国無双なみの怪力。
人を乗せるのがうまい熱血監督だ。
部員からは尊敬を集める一方恐れられている。



キャッチャー阿部は、中学(シニア)時代の
経験から「自分の配球通りに投げる素直」な
ピッチャーを熱望していた。
本格的なピッチャー経験者は三橋だけだったが、
遅い球しか投げられない三橋は自信なさそう。
そのキョドり具合やすぐに泣きだすなど
周囲をイラつかせるが、
阿部は三橋の持つ玄人裸足のコントロールのよさや
自分の配球通りに投げる素直さ(じしんのなさ)
を高く評価する。数多くの変化球も投げられる
三橋は同時に変則的なストレートも持っていた。
打者としてだけでなく類稀な野球センスを持つ
マイペース下ネタ天才肌の田島。
チームの三冠王(打点王、打率王、下ネタ王)。
長身でチームを引っ張るムードメイカー花井
を中心に仲が良く息の合ったチームが生まれた。

「三橋に自信をつけさせエースにして、
みんなで得点とれば甲子園も夢じゃない」
モモカンや阿部、田島らが掲げる目標は
少しずつ現実味を増してくる。

チーム内の誰もが三橋の実力を認めながらも
本人に自信がないのはチームにとってよくない。
過去を断ち切らせるために美星学園との試合が
組まれた。新設校ということもあり、
相手が揃えてきたのは一年生チーム。
もちろんかつてのチームメイトたちも数多い。
三橋は敵視されながらも、
阿部のリードも光り好投をみせる。
阿部に対する信頼と言うよりも依存心から
首を振らずに言われたコースに投げた。
ちなみに阿部と三橋の関係は、
封建時代の主従関係を思わせる。
極端にキャッチャー(恋女房)が強いバッテリー。



チームの誰もが三橋をエースと認めていた。
自信と自覚がないのは投げている三橋本人だけ。
歯車のがっちり噛み合ったチームは
甲子園に向けて着実に走り出した。
埼玉県夏の地方大会初戦の西浦高校の相手は
前回優勝校桐青高校。初戦敗退が濃厚の雰囲気
の中でも、甲子園をあきらめない者がいた。

自分の出身県なので、「この高校のモデル」は?
とか考えて楽しめる。
「西浦高校」は「浦和西高」がモデル。
県大会には漫画でも触れているが170校位出場。
(本年度は159校である)
今年の優勝候補は浦和学院(春の関東大会優勝)
と花咲徳栄。ここ10年間の代表をみても
春日部共栄、本庄第一、聖望学園……
とやはり私立が強いのである。
(10年で6回浦学こと浦和学院が代表である)
作品でも触れているが、練習時間が圧倒的に多い
私立に比べ県立である西浦高校が勝つのは
やはり非常に困難である。



作風は青春真っ盛りの高校野球で、
結構キャッチャー目線。監督の読み合いも多い。
作者が「ドカベン」を愛読していたからか、
野球蘊蓄も多く、メンタルトレーニングを重視
するなど今風の野球部の雰囲気がある。
球速を最重視する(150キロ、160キロという
数字の魅力も認める)昨今の野球漫画と真逆の
エース像を描いているのも興味深い。
「投げる精密機械」「ミスターコントロール」
小宮山悟を髣髴とさせる三橋。
彼の能力を引き出す捕手の阿部やチームメイトの
「信頼関係」やチーム協調型の試合展開や
和気藹藹の中での成長劇を描く。
三橋は気弱でキョドり、奇妙な笑いや奇声を発し
うまくしゃべれないことが多いので、
ちょっとイラつく。
コミックスでは野球用語の解説に触れている。
(やや漢字の間違いが多いのはご愛嬌)

高校野球応援歌「狙い撃ち」も再現されている。
場外ホームラン 場外ホームラン 
場外ホームラン かっとばせよ〜 ねらいうち
打てよ打てよ打て打てよ〜(わっしょい)
打てよ打てよ打て打てよ〜(わっしょい)
お前が打たなきゃ誰が打つ ねらいうち〜 

今の高校野球は試合中失敗しても笑っていることが
多い。いろんな意見もあるが、楽しく野球が
できたらきっとその方がいいよなぁ。
野球が大好きな野球少年たちが集まって、
彼らを温かく見守る人々の支えが心地よい。
この漫画にはそういう爽やかな雰囲気がある。

〜埼玉ローカルネタ〜

コバトン(シラコバト、ご当地キャラ。
ゆるキャラではなく前からいる)

埼玉りそな(埼玉のメインバンク
元々りそなが年間赤字なのに、
埼玉りそなは年間黒字の年度も)

ガリガリ君(部員が食べている、赤城乳業)

テレたま(テレビ埼玉、県営大宮球場での
高校野球の試合を放送、5チャンネル)

もったいないおばけ(CM)

〜群馬ローカルネタ〜

焼きまんじゅう…群馬県の郷土食。美味。
串にまんじゅうを4個ほどぶっ刺し、
黒砂糖・水飴などで甘くした味噌だれを塗り
焼いたもの。埼玉には
「うまい。うますぎる。十万石まんじゅう!」
があるが管理人は焼きまんじゅうの方が好き。

講談社アフタヌーンKC 20巻〜 ☆☆☆★

「おお振り」と略される。
ラベル:野球漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:54| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

【ドカベン 大甲子園 名言集・迷言集】

【岩鬼正美】

またはじまった やめとけ 文字がふえるやんけ

岩鬼の前に岩鬼なし!
岩鬼の後に岩鬼なし!
それもそのはず岩鬼は一人!

花は桜木 男は岩鬼 打たれて泣くもまた花よ

わいをコケにするのはかまへんわい
けどな ファンの期待を裏切る行為は 
わいは腹が立つんや

ほめるな 当たり前のことをほめるな 
みっともない!!
(自らが大ファインプレーをした直後に)

心の病は 1日でも1時間でも 
早う治さなあきまへん
特にけがれなき少年の心の痛みはな

とにかく気をつけます
なんで気ィつけなあかんのじゃい
うしろめたいとこひとつもあらへんわいやで
岩鬼おんどりゃどアホか(ノリツッコミ) 

さあー さらにけがれなき青春といくでえ
喰いを残さんよう男・岩鬼のピッチングやったる

岩鬼:修行が足りんのじゃい
小便などわしゃ全部汗にして出しとるで
山田:おいやめろよ 小便かけるのは


【意外に山田はユーモアのセンスが高い】

おんどりゃ〜
どチビの虚弱体質やったがけどな里中
おんどりゃやっぱし 小さな巨人やったで

ええか よう聞けえ
今こそ青春の正念場じゃ!!

今は150キロ台のタマでも
投法を見つけだしたら170キロはだすで
その探究の切り札 
江川卓は作新学院二年生の 春

【山田太郎】

おれは岩鬼が好きだ 他人になんかなりたくない

【土井垣】

君はひと昔前のキャッチャーのイメージだな

【里中】

おれのかけた青春をあなたに邪魔する資格はない

【某野球部監督】(大甲子園) 

試合にゃ負けても男人生の勝負はこれからよ               

【近藤】(大甲子園)

不可能ということばは
万に一つも勝算がない というこったぜ 
いいのかい そんな軽はずみなことを口にして

【真田一球】(大甲子園)

礼などいらないよ
悔いの残らない青春であってほしいだけのことさ

技術を超えた気迫がもたらすもの それが奇跡




<ドカベン・大甲子園より抜粋>
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

漫画『ワン・オア・ダブル 1orW』高橋留美子

【スリム観音】

あこがれの春日野先輩とダンスを踊るために
「観音法ダイエット」なる
あやしげなダイエットに挑戦する翔子。
寺で出会ったやまとコーチは、
ビリー隊長ばりのハードな特訓を強要。

【犬で悪いか!!】

笑うと犬になる変態の父を持つ主人公志郎は、
鼻血を出すと犬になってしまう。
私立今一高校に転校してきた志郎は、
なりゆきで他校ボクシング部の戸隠に一方的に
交際を迫られていたボクシン部マネージャーの
桃子を助け、ボクシング部に誘われる。
鼻血を出すと犬になるので、部員になるのは
嫌だが桃子に好意を抱いた志郎は部員に。
そして因縁の相手戸隠と闘うことに。

【お婆さんといっしょ】

看病をしていた友達の法子が死んだ。
その友達のぞみとその恋人は法子が莫大な遺産の
唯一の法定相続人であることを知った直後に。
法子の祖母の遺言もあり相続権を法子にまだ
あるものの、タイムリミットが迫っている。
法子と姉妹によく間違えられていたのぞみは
法子になりすますことを思いつく。
見え隠れする祖母の魂。
莫大な遺産が絡み、二人に危険が迫る。

【がんばり末世】

食料危機に備え、後光大輔は熱心にイモを耕す。
ある日園芸部の部員と共にイモを掘っていたら
弥勒菩薩が現れた。後光が射す弥勒菩薩は説法を
説くが、現実主義の後光は説法など腹の足しに
ならんと言い切り対立する。
二人はテレビに出ることになり激論を戦わす。



【グランド・ファザー】

川上哲は甲子園1回戦でサヨナラ負けした
ピッチャー。草野球で剛腕を振るうたびに
祖父玄にピッチャー料として謝礼が払われる。
祖父はいい歳をして同年代の老婆といい関係。
内心おもしろくない哲だが、老婆の孫娘に
一目惚れした。商店街の新春ご祝儀試合が
敢行されることを知った哲。
そして玄は、別々のチームで対決することに。
剛腕哲と卑怯者の玄の闘いを描く。

【宝塚への招待
INVITATION TO TAKARAZUKA】

ビジュアルバンドにいながらなぜかステージに
立つと棒立ちでしか歌えない真彦。
どうも幼少時の体験で宝塚が嫌いになったことが
起因するらしい。
宝塚が大好きだった祖母が亡くなってから、
真彦は記録が飛んでしまうことがある。
どうやら真彦に祖母の霊が憑いているようだ。

【ワン・オア・ダブル】

人の話を聞かない剣道部の若田部先生は
部員の宮本に期待を寄せていた。
部活を辞めたがっている宮本だったが、
マネージャーの一柳のことが気になる。
逃げ出した宮本を追ってきた若田部先生によって
一柳と若田部は事故に遭い亡くなってしまう。
悲しむ剣道部員たちだったが、一柳が目を覚ます。
しかしどうもおかしい。若田部の魂が一柳の身体に
入ってしまったのだ。霊になった一柳も現れ、
宮本を強くしようとする若田部の意向もあり、
剣道で勝負をすることに。

【ハッピー・トーク HAPPY TALK】

母捜しのためにクラスメートからカンパを募った
日菜子を手助けしようと思った小尾。
だが日菜子は年の離れたおっさんと歩いていた。
騙されたのかもしれないと不信感を大く小尾。
だが、日菜子は探偵を雇っていたのだ。
小尾も加えた3人での母捜しがはじまる。

【うちが女神じゃ!!】

焼畑農業高校ラグビー部は記録的な弱さを誇る。
なんと現在999連敗中である。
キャプテン完吾には、自分たちを応援する謎の女
(幽霊)の姿が見える。でも他の部員には見えぬ。
初代ラグビー部キャプテンだった校長は完吾の親。
そして、父も兄も連敗記録を増やした張本人。
自称「勝利の女神」月子の幽霊は、完吾だけでなく
父も兄も見たことがあるという。
月子は初勝利をもたらすのか?



小学館 高橋留美子短編集 るーみっくわーるど

1orW(ワン・オア・ダブル)―るーみっくわーるど

1orW(ワン・オア・ダブル)―るーみっくわーるど

  • 作者: 高橋 留美子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: コミック


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

漫画『ミッシング・ピース』中条比紗也

陰陽師の血をひき、記憶消去と暗示の超能力を
持つ秋月透。麻薬が蔓延る高校に密偵として
やってきた。好奇心旺盛で事件に首をつっこみ
たがる女子高生沢渡藍は、たまたま透の暗示に
かからず、自分も学園内の犯人捜しに加わると宣言。
透同様に超能力を有する要や
ファイアスターター、はたまたライバル関係に
ある陰陽師一派も現れ、サイコ系の事件に
巻き込まれていく。

題名が示す通り、藍の失われた記憶と絡めて
語られる透の過去などが物語のカギとなる。

犯人が丸わかりな所や、ストーリーに課題を感じる
ものの、好奇心が強く好きな人のためなら暴走して
しまう前向きなヒロインや、関西弁キャラ、
古傷を持つ王子役と次作『花ざかりの君たちへ』
に活かされるキャラ設定がなされている。

絵のモデルを頼まれたことから、自分らしさに
めざめ美しくなっていくヒロインを描いた
『黄昏はささやく』、自分の声に自信が持てない
女の子が恋に気付くまでを描いた『融ける声』、
セクシー小学生との恋を描いた『真夏の犯罪者』
も収録(2巻)。

全2巻 白泉社 花とゆめコミックス

ミッシング・ピース 1 (花とゆめCOMICS)

ミッシング・ピース 1 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 中条 比紗也
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: コミック



ラベル:少女漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

【ハチミツとクローバー・赤ちゃんと僕 名言集 】

逃げないでいっしょにあがこう。
逃げ出すのは一瞬でできるから。
             
忘れないね 私もずっと あなたのこと 見てる
ずっと ずっと……

『ハチミツとクローバー』はぐ(花本はぐみ)



何も返したりしなくていいんじゃないかな
それはその人が自分で見つけるべきものであって
君があげるものではないんじゃないかな
そしてその人は 
それをちゃんと見つけられる人だと オレは思う

ずっと考えてたんだ
うまく行かなかった恋に 意味はあるのかって
消えて行ってしまうものは 
無かったものと同じなのかって…
今ならわかる 意味はある あったんだよここに

『ハチミツとクローバー』竹本祐太

親が子供に教えなければならないのは
「転ばない方法」では無く むしろ
人間は転んでも何度だって立ち上がれる
という事じゃないか!?

『ハチミツとクローバー』森田忍



人が恋におちる瞬間をはじめてみてしまった

『ハチミツとクローバー』真山

最初にいったよなあ? ええ?六太郎よ
「不幸自慢禁止」って
お前だけじゃねぇ みんな事情はある
―が腹におさめてがんばってんだよ
キリがねえんだよ そこ張り合い始めたら
全員で不幸めざしてヨーイドンだ
そんなんどこにイミがある?

『ハチミツとクローバー』棟梁

世界中の子供たちから半永久的に毎月50円ずつ
巻き上げ続ける完璧なシステムだよ

『ハチミツとクローバー』森田馨


友達でいてくれること以外で何を望んでいるのよ

『赤ちゃんと僕』槍溝愛

あの子供好きは変態の域に達してるわよ

『赤ちゃんと僕』保母(保育士)さん

>園長のこどもを愛する偏愛ぶりを評し
(但し対象は容姿のよいかわいいもののみ)

父さんと母さんは共通の幸せがある
それがお前(子供)だよ

『赤ちゃんと僕』ある父親

投げられるボール(言葉)は
今度は受け取る人が必要となる
その相手がボールを取ってくれるか
放り投げられるか逸らされるか
それは投げてみないと分からないだろ?
君には受け取ってくれる人がいるはずだよ

『赤ちゃんと僕』寛野先生


ラベル:漫画名言 名言
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

漫画『赤ちゃんと僕』羅川真里茂

母が亡くなり、父とまだ赤ちゃんの実と
力をあわせて暮らしていくことになった
10歳の少年榎木拓也の愛と感動と笑いの物語。
榎木少年や実の成長や、
父やご近所の人たちとの触れ合いや葛藤。
拓也の同級生のゴン兄妹や藤井6姉弟。
おとなりの木村さん一家などをメインに
彼らに発生する問題をドラマチックに
やさしいタッチで描いた傑作ヒューマンドラマ。



やさしかった母が亡くなった。
エンジニアである父春美とまだ赤ん坊の実と
いっしょに暮らす「僕」拓也は、
実の面倒を見なければならない。
つまりお母さん代わりになって
実のことを見て上げねばならない。
すぐに泣きだし、わがまま放題の赤ちゃんは
かわいい反面、ものすごく憎らしく面倒な存在。
理屈は通じないし、嘘もつく。癇癪を起こす。
この物語が傑作なのは、第一話にして赤ちゃんの
マイナス面に言及している点である。
その後も自分をかまってほしがる赤ちゃん・幼児
の特性や父や拓也や物(子供用自動車)などに
対する執着心なども描かれる。





拓也は、実を「けとばしたくなる」「面倒くさい」
「放置したくなる」と自らの心情を吐露している。
そう、赤ん坊はプラス面ばかりではないのだ。
実の存在によって、拓也は友達と遊ぶ時間もなく
家事もこなさなくてはならない。
でも、弟でありかけがえのない存在である弟のため
自分のことを後回しにしているのだ。
(拓也は、両親とりわけ母を実にとられたことを
よく覚えていた。だから実が自分や父に向ける
強い執着に対し理解できるのだ)

うー、偉いね。既にもうこのシチューエーション
だけで感動的で泣く要素満載だ。
その後も、やはり母親がいない淋しさなのか
いろいろと問題を引き起こす実によって
親代わりの拓也はいろんな人に頭を下げている。
かわいいからすべてが許されるほど人は寛大ではない。
周囲からはブラコンと称される兄弟愛が存在する
拓也と実だから物語自体は安心して楽しめる。
主要キャラは基本的にイヤな奴がいないし。


【絵本を読むといちいち反応する実】


【子供なので食べるのがヘタなのだ】

同じように年の離れた妹を持つ同級生のゴンちゃん、
6兄妹の4番目の藤井昭宏、その妹の一加とマー坊
など小学生や幼少キャラも多く登場し、
その家族構成や立場によって、いろいろな視点を
描いているのがおもしろい。


【一加のわがままに巻き込まれることが多いマー坊】


【お化け屋敷はやはり怖い】

母性愛を刺激する圧倒的なかわいさを持つ実。
特に成長していくに連れて兄拓也に対する
ブラコンの度合いは増していく。




【拓也に飛びついてくる実】

舌足らずなので
「にーちゃしゅきー」(兄ちゃん好き)
としゃべる姿は卑怯なほどかわいい。
「しゅごいねー」や脈絡など「ちょこしゅきー」
と言い出したり、いろんな表情をみせる魅力的。
すがたかたちはかわいいものの、
実よりちょっと年上の一加・マー坊コンビになると
こまっしゃくれた発言もかまし、笑いを誘う。
藤井家クリスマスエピソードや誕生日エピソード、
おねしょ隠蔽工作など二人が活躍する話も多い。
誰にでもやさしいベビーフェイスの美少年拓也を
めぐる少女たちのアプローチ。
そしてそれに嫉妬の炎を燃やすもてない男熊出。
実をめぐる一加とヒロの「女の闘い」も見逃せない。



またこの物語ではいろいろな「家族」が登場し、
その中で生きる人々を見事に言及して描いている
のも興味深い。基本メインは拓也の学校生活、
実の保育園での生活、榎木家ののほほん生活だが、
シリアスな事件や騒動に巻き込まれたり、
藤井家のエピソードが描かれたり、
SF仕立てや夢物語とバラエティに富んだ内容。
拓也と実のパパとママの馴れ初めについては
長編でコミックス1冊分使用されている。
天然発言の多いゴンのセリフが一見めだつが
完璧超人のパパ(昔はかるかったのです)や、
まぶたの母由加子、
神出鬼没の逆セクハラの槍溝さん、
拓也の先生や父の友人である勇貴などが
結構いいこと言っているのである。

版権の問題を回避するためか
はたまたブロガー並の自己顕示欲なのか
作者の名前を冠した店名などが多々登場する。
実や一加、マー坊、ヒロに太一と
幼児はたしかに泣いて騒がしいが、
自分もそうだったのだろうなぁと思うと
迂闊に子供が騒がしいことを批判できないん
だよなぁ。全然騒がず、能面みたいな顔している
こどもはそれはそれで不安を与えるでしょう。
サイレントベイビーは不安。
子育てには、逃げ場(息抜きをする時間)がないと
キツイよなぁ。悲喜交々あるはず。



文庫版全10巻。白泉社文庫 略称『赤僕』
☆☆☆☆☆ 完全ルビ対応。 
全巻を通して安定感のあるおもしろさ

赤ちゃんと僕 (第1巻) (白泉社文庫)

赤ちゃんと僕 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 羅川 真里茂
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 文庫




posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

【スラムダンクで鳩山政権を茶化す】

マニフェストとは 口だけの目標かね

日本一の首相ってどんな首相だと思う…
きっと日本を世界一に導く首相だと思うんだよな 
オレはそれになる 一歩も引く気はねーぜ
>もっと早く引いてほしかった。

トラブルこそ私の生きる道なんだよ!

オヤジ(鳩山一郎)の栄光時代はいつだよ
日本自由党を結成したときか?
総理大臣になったときか?
日ソ共同宣言のときか?
オレは………
……………
オレは今なんだよ!!

ちょーどいいハンデだ
テロ国家やテロ支援国家くらいの相手ならな
いずれ宇宙に出る このオレにとって
日本の首相など通過点にすぎんからな!

金が大好きです 今度は嘘じゃないっす

小沢の金魚のフンフンフンフンフンフン

(特別出演 ジョジョ)
れんほう……無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ

でかいのは口だけ?結構じゃないか
体力や技術は身につけさすことはできる…
だが… お前の口をでかくすることはできない
たとえオレがどんな名コーチでもな
立派な才能だ

静かにしろいこの音が……
ルーピー鳩山 ルーピー鳩山
オレを甦らせる 何度でもよ

おまえのために日本があるんじゃねぇ
日本のためにおまえはいらないんだ!!

(鳩山が首相になる前)
ふっふっ
この小沢の脚本通りになってきたぞ…
脚本・小沢一郎 主演・鳩山由紀夫だ…!!
ふふ 変なことを口走っちまったおちつけ一郎

最後までやるんだ!!
ゆっくりでもいい!!
自分の力でやり遂げろ!!
>ムリでした

(鳩山夫人に会った際)
ピカッ ガガーン モロ好みだ…!!!

与党野党ともにヤジが飛び交う国会…
まるで静聴していない

限界ギリギリの鳩山を支えているのは―
自分のために民主党がクリーンを心掛けてくれる…
ヤジがとだえるその一瞬を逃さず社民党がパスをくれるはず…
落ちても自民党が政権をとってくれるはず…
という信頼―
奴は今 赤ん坊のように敵味方を信頼しきる事で
なんとか支えられている

飽きられたら そこで試合終了だよ…
小沢先生 続投がしたいです

呆れられたら そこで試合終了だよ…

続投が 続投がしたいです

不思議と迷いはなかった
やるべきことが1つに絞られたから
【辞職】
それに こんな風に 誰かに必要とされ
期待されるのは初めてだったから…

(民主党新代表の投票時ねぎらいの拍手が)
慰められると 泣きたくなる

もっと もっと早く 褒めてくれよ
少し昔を思い出した鳩山であった

【スラムダンク風に鳩山内閣を語る】
(あわせて読みたい)
http://vip0nanzo.blog109.fc2.com/blog-entry-309.html

【スラムダンク 名言集・迷言集】
(参考にしてください)
http://manga0001.seesaa.net/article/136827377.html


【オープニング 「金が好きだと叫びたい」】

たたかれた(早く辞めろと) いつものように肩を


【エンディング 政界が終わるまでは】

大巨魁に僕はもう一人で
投げ捨てられた 次 菅のようだ 

鳩山君へ
中の人の具合はどうですか?
こちらでは新しい内閣がスタートしました
ラベル:スラムダンク
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の茶番劇(創作物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

漫画『検事犬神(ウルフ)』村上もとか

41歳の敏腕検事犬神が、事件の裏に隠された
真相を探っていくという本格派社会派ミステリー。

大学時代に自分の恋人を殺したと疑われる
佐久間享が殺人容疑で逮捕され、被疑者として
検察庁の犬神(あだなはウルフ)の前に現れた。

佐久間の供述に耳を傾けながら、彼は自分の
恋人杏子のことやかつて日本中に吹き荒れた
学生運動を思いだしていた。

被疑者に対する疑念や疑惑、マイナスの感情は
公平さ人への愛情の妨げになる。
犬神は、佐久間の供述に疑わしい点はないのか
粘り強く徹底して調べ直し、間違いがないと
確信するまで起訴しないという方針をとる。

罪を自白しながら疑わしいと考える
白川綾子による殺人事件。
巨悪政治家と疑われる神永、中山に対する
贈収賄及び大手ゼネコン汚職事件。
宗教法人大日真宗で起こった疑惑つきの
自殺事件。警察官殺人事件などを担当。
(便宜上殺人事件などで表記した)

事件の裏に隠された人間関係や人間の業、
男女の愛憎劇、そして職業上強い責任を負う
検事という仕事を鋭く描く。

集英社 スーパージャンプコミックス

検事犬神(ウルフ) (ジャンプ・コミックスデラックス―SUPER JUMP COMICS)

検事犬神(ウルフ) (ジャンプ・コミックスデラックス―SUPER JUMP COMICS)

  • 作者: 村上 もとか
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/08/04
  • メディア: コミック



ラベル:村上もとか
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

【ハトの耳に念仏】

国民が聞く耳を持たない。
鳩山首相の辞意表明ならぬ自慰表明に
ホント最低最悪の総理だったなぁという
感慨しかわきません。
聞くに値しない人間であり
聞くに値しない政策だから尊敬もされないし、
ついて行く気になれないとは思わないのかな?
自己弁護と自己満足ばかりで
自己犠牲の精神はない性質の悪い八方美人。
野党時代や過去の発言と矛盾する頓珍漢。
そんな日和見ポッポ野郎を誰が支持するか!
最後まで国民を不快な気持ちにするなよ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100602/plc1006022016030-n1.htm

…しかし、程度の低い人間でしたね。
やはりいい年して母親から毎月1500万円
もらっているボーヤは一味違うぜ。
リアルおぼっちゃまくんは違うぜ。

立つ鳥水を濁さずと言いますが……。
名前とは裏腹に紛争の種をまき散らすハトと
名前とは真逆に穢れきっている小沢(汚沢)。
思いつく限り最低最悪のコンビが辞職。
結局の所、何がしたかったのかな?
余計なことだけしてた印象しかありません。

>小沢という権力の後ろ盾で首相に。
 (虎の威を借る狐)

>自民党とは別の道・別の政策を選ぼう。
 (思考停止)

>いっそ真逆の道を進もう。(安易)

>普天間基地移設問題で大風呂敷(注目)

>元来た道に戻れず暗中模索。(自業自得)

>国民は聞く耳を持たない。(逆ギレ)

>福島さんに反対されたからクビにしよう。
 (短絡的)

>でもお母さんはおこづかいくれるもんね。
 (甘え)

>カーナビに聞いても目的地(着地点)を
 教えてくれない。
 (リーダーシップの欠如)

>大風呂敷のたたみ方がわからない。
 (実力不足)

>失敗

>小沢と共に退陣。(一蓮托生)

>ツケは聞く耳を持たない国民に…
 
>バカバカしくてやってられないのは
 鳩山さんあんたじゃなくて国民ですよ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。