2009年05月27日

漫画『下弦の月 Last Quarter』矢沢あい

寂しがりやのアダムとイヴは運命的な出会いをし、
洋館でしあわせな時間をすごすが悲劇が訪れる。

記憶をなくしてしまったイヴは、アダムとの再会を信じ
古びた洋館に閉じ込められたまま。
憶えているのは、哀しい瞳をしたギター弾きのアダムのことだけ。
夢に出てきた見知らぬ少女の正体は?

小学5年生に進級した蛍は、夢の中で昔離れ離れになってしまった
飼い猫ルルを追いかけていた。ルルを抱きしめようとした途端、
美女に変わった。彼女は悲しそうに泣いていた。

夢から醒めた蛍は、近所にある立ち入り禁止になっていた洋館で
ルルによく似た猫を見た気がして、まるで導かれるように洋館に
足を踏み入れるのだった。

不思議な体験をした蛍は親友の沙絵や、同級生の哲、三浦らと
ともに洋館に閉じ込められていた謎の美女「イヴ」を助けようと奮闘。
「もう一度だけ あの人に会わせて」
と訴えるイヴのために4人は力を合わせて隠された秘密を
解き明かしていく。少女・少年に起こった痛みのない「小さな恋」と
痛みの伴う「大人の恋」を描く凝ったストーリー。
演出力、圧倒的な画力で魅せるのは流石。

矢沢あい先生のファンに限らずおすすめできる完成度の高い漫画。
りぼんマスコットコミックス全3巻。愛蔵版全2巻。集英社。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

漫画『金田一少年の事件簿 Caseシリーズ』原作 天樹征丸 漫画 さとうふみや

推理能力・スリ能力・人間性以外は人並み以下の高校生探偵
金田一一(金田一耕助の孫)の活躍を描いた人気シリーズCase編。
落第生でただのスケベにしかみえないIQ180を誇る天才高校生
金田一は、幼なじみの美雪や助手佐木、事件解決によって親友と
なった剣持らと共に難事件を解決していくおすすめ推理マンガ。

20090524164255.jpg


大ヒットした全27巻のファイルシリーズに続く本格ミステリーもので、
7タイトル全10巻。見立て殺人、宝探し、幻想的、遺産相続、
密室殺人、名探偵の殺人容疑などなどバラエティー要素を
盛り込んだシリーズである。
作品の最終ページでは、第T期完結と締めくくられその後、
「探偵学園Q」の連載によって一時中断していたが、
現在新シリーズが少年マガジンで不定期で連載中。
(画風が異なり、個人的には新シリーズよりもCaseシリーズの
絵の方が好きである。)

金田一とライバル関係にある天才的犯罪者「地獄の傀儡師」こと
高遠遙一との直接対決。犯人に対する金田一の決め台詞など
魅せる要素も多く、ファイルシリーズと同等の完成度を保っている
気がする。幻想的な雰囲気で一味違った作品「雪影村殺人事件」、
原作者が最高傑作と一押しする「露西亜人形殺人事件」(上・下)、
香港を舞台に巻き起こる最終決戦「金田一少年の決死行」(上・下)
などが特におすすめ。
ラベル:推理漫画 頭脳戦
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

「知らないを知る」

ソクラテスは「知らないことを知った」(発見した)大人物です。

ある日本を代表する数学者の話を要約します。
「私は、数学のうちの2〜3%しか知らないし、理解していません。
そして、数学の勉強をすればするほど、知らないということに
気付きました。」

私はこれを聞いたとき、すごい衝撃を受けました。
数学を生涯の道とする数学者を持ってして、その発言です。
専門家は何でも知っている・わかっているという考えが
考えたらずだと気付きました。思えばずーっと無知のままですw
「何でも知っている」と自称する人間は、ほぼ100%偽者です。
無知の知ならぬ、無恥の知と言い換えられそうです。
そう言えば小学校3年生のときの担任は、
「先生はあなたたちのこと何でも知ってる。お見通しよ」
とか教室でのたまう人でした。
えぇ、みんなから嫌われていましたね。
こどもの世界でも「知ったかぶり」する者は嫌われますから。

知るということを突き詰めていけば、テストで答えられればOK
というわけではないでしょうし、上辺をなぞればいいわけでも
なさそうです。
実行できる、人に正しく教えられる、深く掘り下げられる……
たくさんの要素があって「知る」は確かなものになると思います。

最後に、数学者は言いました。
「知らないということは、恥ずかしいことではありません。
知るチャンスを得られます。知る喜びを味わえます。
知らないことがなくなったら、つまらないでしょう」
たしかにそのとおりだと思います。
知りたいと思うことは尽きません。
知らないことばかりだからこそ、探究心を刺激するのです。
人生は、甘い味ばかりじゃなくて、苦かったり、渋かったり
ちょうど柿みたいですが、食べないとわからないことだらけです。
ときには、苦すぎて泣きたくなることもありますが、
だからこそ人生って「楽しい」のかもしれません。逆にですね。

知っているからこそできないこともありますし、
知らないからこそできることもありますがそれはまた別の話〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

漫画『狂乱 こわい本 楳図かずお恐怖文庫・8』

舞台は江戸時代。美しい娘たちが次々と神隠しに会う。
その前触れに大量の小判が放り込まれるのだが、
その後美しい娘は頭に傷の縫いあとのある死体となって発見される。
この怪事件を解明せんと十手の親分とたこ八が事件に乗り出すが、
親分は傷を負ってしまう。親分の娘ひとみは、父の残した「てんぐ」
といううわごとをヒントに、たこ八といっしょに事件真相に乗り出す
推理モノ。そこには、恐ろしい陰謀が隠されていた。
推理能力と実行力が伴ったヒロインひとみの活躍を描いた
3部作の1作目。

200809150845000.jpg


企みにより後妻を殺した4人姉妹たちは、遺産を物色中に
美しいふりそでを見つける。美しいふりそでに見せられた四人は、
ふりそでを奪い合うのだが、持ち主が次々と変死を遂げる。
それは、殺された後妻による呪いなのか?
それとも、何者かによる仕業なのか?
ひとみとたこ八は、事件関係者たちから事情聴取を行い、
事件真相に乗り出す。後世にも伝わった「ふりそで火事」、
「ふりそで事件」をモチーフにした2作目。

人々を魅了する中村花之丞は、江戸を代表する美しい舞台俳優。
花之丞に想いを寄せる松坂屋の多恵に、花之丞も想いを寄せる。
いいなずけのいる多恵は、こっそりと逢瀬を重ねるのだが、
そこに醜い顔をしたあやしい男が多恵の前にたびたび現われる。
そして起こった悲劇。
ひとみの気転と頭脳が冴え渡る3作目。
「ふりそで小町捕物控」シリーズ。

お留守番をしている少女マミ。
雨が降ると知らないおばちゃん「雨女」が現われ
マミをさらおうとする。
不気味な笑い声をあげながら、マミをさらおうとする雨女だが
マミ以外には目撃者がなく、こどもの言うこととママは信じて
くれない。しかし、雨女はやってくる。
マミは「ヘンゼルとグレーテル」をヒントにさらわれたときの
ために頭を働かせるのだった。
「雨女」

他「ツンドラ」「手」「面」など、人の心にひそむ「狂乱」や
不気味さを描いた巨匠楳図かずおのホラー短編集。おすすめ漫画。
やや大人向きで、グロテスクな表現も多い。版元 朝日ソノラマ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

漫画『一球さん』水島新司

野球素人の野生児さわやか一球さんが巻き起こす野球の常識を
超えた超人プレーと、珍騒動を描いた青春野球漫画。

20090504181729.jpg


エース大友の活躍で甲子園ベスト8を成し遂げた巨人学園高校は、
一軍だけではなく二軍を有する野球名門校。
現在、原島一軍監督はアメリカに海外遊学中。
その留守中に、東部6大学の覇者神宮大学に挑戦。
その大事な試合で岩風代理監督から4番に指名された謎の男
「真田一球」。そして、見も知らぬ三人の新メンバーが先発に起用
されていた。俊足・打力などの得点力を有する「三銃士」こと
「三球士」堀田・一角・司などはともかく、真田一球は静岡の
富士山の山奥で育った野生児。野球のことなんててんで知らない。
エース大友は、高い人気と実力を持ちながら精神的に弱い面を持つ
「おやまの大将」。大友らレギュラー陣は、新参の4人が試合に
出ているのがおもしろくない。
特にルールを知らずたびたび試合をとめるマイペースな一球に
敵チームのメンバーと共にイライラを募らせペースを乱される。
しかし、頭の回転が速くのみこみが早い一球は、
すごいスピードでルールを覚えていき、
その超人的な能力で人々をときに呆れさせ、ときに魅了する。

一球ら4人を呼んだ岩風の真意とは?
さわやかなレモンのようなスケールの巨きな人一球の
ひたむきでがむしゃらな超人一球の「一球入魂」プレーの数々と
快進撃を描いた高校野球漫画。
サンデーコミックス版全14巻。ワイド版全7巻。文庫版全8巻
ラベル:野球漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

漫画『人形の墓〜美内すずえ作品集』

「黒百合の系図」

鬼姫の呪いによって、飛竜家最後のひとりとなったヒロイン安希子。
大好きだった母千里は、庭に咲いた黒百合に脅え、その直後に死亡
母が何故、黒百合に脅え、父にまで過去を語りたがらなかったのか?
疑問を抱いた安希子は、母がかつて住んでいた鬼姫谷に出かけ、
数々の恐怖体験をする。安希子は呪われた因縁に終止符を打てるのか?

「泥棒シンデレラ」

望は、人の持つ才能を人一倍羨んでしまう女の子。
同級生たちが持つ、美貌・頭脳・恋人・歌唱力・財力をねたむ。
その「願い」が通じたのか、頭痛と共に彼女はその能力を手に入れる
のだが、そこには大きな代償がつきまとうのだった。

「人形の墓」

孤児院で暮らしてきたアナベルに、豪邸の養女になる話しが起こる。
信じられないような幸運に喜ぶアナベルだったが、母になるリー夫人
だけはアナベルを歓迎していない。
リー夫人は、亡くなってしまった自分の娘との約束を守り続け、
人形セーらを我が子のように溺愛していたのだった。
アナベルの愛は、人形の愛を超えるのか?
魂を持つ人形セーラの魔の手がアナベルに襲い掛かる。

「孔雀色のカナリア」 おすすめ!

私生児として、過酷な人生を歩んできた亜紀子は、
母の遺言によって自分には双子の妹がいることを聞かされる。
双子の妹は、北海道のお金持ちの家にもらわれ、
何不自由ない暮らしをしていることを雑誌の特集記事で知る。
「ひとめ会いたい」という思いを胸に北海道にやってきた亜紀子
だったが、妹優子は冷たい仕打ちを取る。
亜紀子の胸に起こったのは、温かい家族への情愛ではなく
冷たい嫉妬心だった。
亜紀子は、完全犯罪を企て、優子を演じる計画を立てる。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

「当たり前?」

当たり前ほど、怖いものはありません。

電気があるのは当たり前。
学校行けるのが当たり前。
兵役はないのが当たり前。
お水があるのは当たり前。
年金もらえるの当たり前。
既得権益あるの当たり前。

「当たり前のことが誰かの手によって守られていることは
あまり知られていません」
というCMがありました。何のCMかは忘れました。
インフラ(水、ガス、電気)関連だと思われます。

世の中には、たくさんの「当たり前」が溢れています。
例えば「年金」制度を考えてみます。
年金というのは、すごくテキトーに要約すれば
「100払っていない者が、100もらえる」という制度です。
そして、未来の金を現在引き出しているという制度です。
その制度が導入された頃は、確かに画期的な制度だったんだろう
と思いますし、福祉的な役割もあったんでしょう。

しかし、「高齢化社会」「超高齢化社会」をユリオカ超特急で
走り続ける日本において、この制度自体にムリを感じます。
加えて、杜撰な資産運用と年金記録、年金の私的流用……
が「当たり前」のこととしてずーっとまかり通ってきました。
なぜこの「犯罪者」たちが処罰されないのか?
それとも処罰されないことが「当たり前」なのか?
大いに疑問です。

また、「自分がもらえないから払わない」という理論もおかしいです。
自分の親やその親がもらっている以上、
自分も払わなければ成立しないでしょう。
単に「損・得」で片付けていけない問題です。
不透明で・不健全な運営や立派じゃない犯罪行為そのものの
私的流用が成されているからといって自分たちもそこまで
堕ちることはないし、そのことをいいわけにしてはいけません。
それらの行為は負担を孫の世代、これから生まれいづるものたちに
「丸投げ」しているようにしか思えません。
自覚、無自覚関係なく、それは悪いことだと思います。
結果、生まれついての借金まみれの「多重債務者」
(MADE IN JAPAN)を生み出すことになります。

日本の平均寿命が発表されて、世界一(女性)の長寿国と
いうニュースとかを観るたびに複雑な気持ちになります。
【長生きするのは当たり前】
という現状を知ると本当に、当たり前ほど怖いものはないと思います。

藤子F不二雄さんの作品に「姥捨て」復活を示唆する話しが
ありましたが、そんなうすら寒いことが当たり前にならない
とは誰も言い切れないでしょう。このていたらくでは。

でも人間ダメなのが当たり前だなんて決して思いたくありません。
なんでもかんでも当たり前のひとことで片付けてしまうことが、
いろんな可能性をなくしてしまう。そんな気がする今日この頃です。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

【漫画名言集X】

友情とは成長のおそい植物である。
それが、友情という名の花を咲かせるには
幾度かの試練、困難の打撃を受けて堪えねばならん 
           
「キン肉マン」

ダチと同じ病気の子供を治して、
“金なんかいらねぇ”って
その子の親に言ってやるのがオレの夢だった。

「ハンター×ハンター」レオリオ


人が創るすべての技術は「人を生かすか、殺すか」
どちらかのためにのみ生み出されます。

「最終兵器彼女」


できそうな気がしてたのよ、この(こどもの)頃は…
だれよりも強くなれると……信じてた。

【KATSU! カツ】水谷香月


佐藤君は路傍の石なんかじゃないわ
血も肉もあるダメ人間だもの!

【NHKにようこそ!】岬


佐藤君なんて もし地球が百人の村なら 千番目よ!

【NHKにようこそ!】岬


おんなごころとあき竹城のスリーサイズはわからない

【クレヨンしんちゃん】野原しんのすけ
ラベル:漫画名言
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

漫画『ドカベン』水島新司

ドカベン山田太郎、破天荒な男岩鬼、天才打者&名手殿馬、
小さな巨人里中、常に笑顔の微笑らを擁する最強明訓高校。
打倒明訓めざして剛球投手の不知火に土門、最強犬飼兄弟、
雲竜に谷津、坂田に武蔵坊と義経……と
「野球に青春をかけた」者たちの熱いドラマが繰り広げられる
名作野球漫画。次々と登場するライバルたちとの戦いが熱い。

作者の野球理論や特殊なプレーなどに対するルール上の問題なども
数多く取り上げた本格派野球漫画の面と、悪球打ち岩鬼や
トリックプレーの代名詞的な殿馬の秘打に象徴されるイロモノ的
側面を併せ持ったストーリーは、野球ファンだけでなく野球を
知らない方にもおすすめできる懐の深さを感じさせる作品だ。
またセリフのおもしろさや作品の随所に作者の遊び心も見受けられ、
感動的&エンターテイメント的要素も高い。

この作品のすごいところのひとつに、なかなか
「野球がはじまらない」ことが挙げられる。
実際読んでいただくとわかるのだが。
作品は岩鬼の決闘シーンにはじまり、転校生山田太郎が登場。
ちなみにふたりの出会いは、高校ではなく中学だ。
結果的に決闘の邪魔をしたこと、
山田太郎が食べていたドカベン(どでかい弁当)箱が
巨漢岩鬼の食べていたドカベンよりも更に大きかったことから
岩鬼から一方的に恨みを買う山田。
まじめで人に恥をかかせないやさしさを持った礼儀正しい山田と、
破天荒にして誰ともなじまない規格外のはみだし者の岩鬼。
ふたりの対照的な大物は、なぜか野球の道に進まず柔道一直線。
強力なライバルとの出会いなどによって急成長を遂げる。

あとは、あえて地味なキャッチャーを主人公にしたこともそうだ。
井上先生が「スラムダンク」を書こうとしたとき、
担当者から「人気が出ないよ」と釘をさされたとのこと。
実際、岩鬼や殿馬、里中……といった個性的なキャラがいなければ
優等生すぎるドカベン山田で人気を保っていけたのかは疑問。

野球部エースの長島や理事長、ライバルらの期待を受けながら、
なぜか野球をしようとしない山田。
そこには、かつて起こってしまった悲劇が影響していた。

悲劇を乗り切ったドカベン山田は、遂に野球の道を歩み始める。
(ここまでが長いんだ!)めざすは高校球児たちの夢「甲子園」。

「神奈川を制するものは全国を制する」と言われる強豪校ひしめく
神奈川県「明訓高校」に入学した足以外は超高校級のドカベン山田。
明訓には、超高校生級の実力を有するキャッチャーの土井垣主将が
いるのだが、あえて山田は明訓を選んだ。
その類稀なる天才的な野球の才能と明晰な頭脳を駆使しながら、
次々と現われるライバルたちを岩鬼・里中・殿馬らと迎え撃つ。
個性的な明訓ナインやライバルたちの成長劇と青春を描く。

名作野球漫画として代表的な作品でありおすすめ。
コミックス版全48巻。文庫版(秋田文庫)全31巻
と読み応えたっぷりの作品。

「大甲子園」(ここまで高校生編。おすすめ!)
「ドカベン プロ野球編」
「ドカベン スーパースターズ編」……と続いていく。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

【十人十色】

美女のおっぱいがみたい。という夢と、
平和な世界をみたい。という夢があったとする。

この夢が同次元の価値観や、支持率を有するのかと言えば
答えは論じるまでもない。Noだ。

しかし、前者がばかげていて、後者が尊いと言い切れるだけの
根拠があるだろうか?

前者が欲望にまみれた肉欲的な感情に基づく程度の低い夢で、
後者が理性的で、尊敬されて、より高度な夢だと断定できるのか?
それだって。Noだろう?

具体的な意味での平和な世界の実現……不可能そうな夢だね。
だいたい平和な世界の定義自体が曖昧模糊としている。
地域における【平和】のレベル認識があまりにも違いすぎるし、
誰もが納得する平和なんてないでしょう。
戦争や紛争、論争が巻き起こる毎日に安息を感じる御仁がいないと
誰が言い切れるのか?
国の最高法規たる「憲法」の理想系が人によって違うように、
法律、たとえば道路交通法や自動車の危険性に対する認識にしたって
人によって捉え方が全く違う。

ヒラ意見(平井堅)が言うように、永遠はどこにもない。
永遠に生き続ける生き物はいない。
永遠に変わらない法律や価値観もない。
永遠の愛……はあったらいいね。
そして、理想的な平和の形なんてない。
もっと言えば、天国だとか、地獄だとかの、理想郷だとか奈落
とかの概念も人によってかなりまちまちかもしれないよ。

針の山を歩くことに快楽を見出す悪人もいるかもしれないし、
天下泰平な天国に苦痛を見出す善人もいるかもしれない。
【理想】だとか【苦行】だとかもね、人によって違うんだ。
つまり十人十色だと言いたい。
グローバルスタンダード?
ちゃんちゃらおかしくてへそで茶を沸かしちゃうわ!
多様性を認めたからこそ、人間はここまでしぶとく生き延びて
きたのだし、大いなる可能性が生まれるんだ。
優秀な遺伝子だけを残していたら、新型ウイルスで人類イチコロ
だったかもしれないよ。ホント、ニューヨークっ子どもは、
外見気にせずにマスクをかぶれよ。そりゃあ、蔓延するわ。

さて、おっぱいがみたい!綾瀬はるかのおっぱいがみたい!
という思想は、ある意味で平和の象徴のような夢だ。

君のおっぱいは世界一 もうこれ以上の生きることのよろこび
なんていらない (BY スピッツ「おっぱい」)

おっぱいバレーは全然観たくないけれど、綾瀬はるかのおっぱい
見られるものなら見てみたい。

世界平和。見られるものなら見てみたい。

それはどっちもすてきな夢だと思う。
でもそれらの夢を支持する根拠は、【押し付けられない】こと。
それが大前提だ。

……憲法記念日に何を書いているんだ。私は。
9条問題よりも、野球の球場問題の方が気になる。
広島の新球場はなかなかクセがあって好き。
バーベキュー焼いて、寝転がって見れる!って画期的!
でも、よく考えたら家なら普通にできるし、やっていることだ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

マンガ『NHKにようこそ!』原作滝本竜彦 漫画大岩ケンヂ

ひきこもりの前に突如現れた美少女は天使?悪魔?
日本ひきこもり協会(NHKの頭文字)の陰謀?によって
動き出した歯車は、徐々に暴走し、迷走しはじめる。
(注 私自身もそうなのですが、タイトルからNHKとか放送局内の
内容なのかなぁと思うかもしれないですが、そういった内容は
一切皆無です。アナウンサーとかが出てくるわけでもありません)

フィギアオタクに、不登校児、薬物依存者に、自殺志願者、マルチ…
不器用なキャラたちが、いろんな悩みをかかえながら
それでも前に進もう&逃げちゃダメだともがく人間ドラマ。
ギャグ要素を交えて描いた作品なのだが、前半のおもしろさに比べて
後半の失速感とオチの弱さに対しては不満を感じる。
男の妄想的エロシーンやロリコン、同人誌的な一面なども併せ持つ。
オタク文化を離れて見るのか、自分のことと捉えて見るのかで
作品に対する感じ方や思いは変わってくるかもしれない。
個人的に大岩ケンヂさんの絵は好きである。角川書店。全8巻。

〜あらすじ〜

大学中退から4年、ひきこもり街道まっしぐらの佐藤は
ある日宗教勧誘でやってきた岬に対して、自分がひきこもりで
困っていることを衝動的にぶっちゃけてしまう。
普通だったらひかれるはずなのに、岬は佐藤になぜか興味をもつ。
彼女の掲げるあやしげな「プロジェクト」に巻き込まれる佐藤。
それは佐藤救済の名を借りた、岬自身の救済のメッセージであった。
が、そのときの佐藤はそのことを知る由もなかった。

また高校時代の後輩山崎と同じアパートで運命の再会。
好きな柏先輩の前でかっこつけたかったから山崎を助けた佐藤。
それを知らない山崎は、今でも佐藤を慕っていた。
オタク文化邁進中の山崎は佐藤に「エロゲー」の共同製作を持ちかけ、
意気投合。形はともかく前に歩き出した佐藤だったが……。

久しぶりに再会したあこがれの柏先輩は、やはり問題を抱えていて
前以上にやばい精神状態で薬物依存を深めていた。
先輩に対して未だに恋愛感情を抱く佐藤は、危なげな柏を
放っておけずに事件に巻き込まれるのだった。


誰もが「踏み出す」チャンスを待っているのかもしれない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。