2009年02月27日

【集中力2】

トイレの洋式化が日本人の集中力の低下を促しているとする説。
そんなバカな……とお思いの方もいるかもしれないが、
この説はなかなか肯けるものがある。あくまで一説だけど。

日本語に「腰を据える」というのがあるが、
和式トイレで腰を据えて(落として)ふんばるのと違って、
洋式トイレにおいては「いきむ」ことができない。
これは思わぬ弊害である。
ラクではあるが、それによって「ふんばりがきかない」のである。
そして私は考える。
汚い話しになってしまい恐縮なのだが、山奥で用を足したく
なったとする。その際に、洋式トイレにならされた現代人は
様式スタイルで用を足そうとする……そのときふと気づくのである。
「あれ。これはできないぞ」と。
たとえば、木などをつかみながらなら可能かもしれない。
まぁそれはそれで大変であるが、片手になってしまいとても不便。
便だけに不便……すまん。忘れて。

まぁ実際にスポーツをこよなく愛する人や、健康志向の人なら
「腰が安定していること」がどれだけ大切かはおわかりいただける
と思う。大半の労働人口が農業を営んできた農耕民族日本人が、
狩猟民族のそれよりも「腰が据わる」のはある意味当たり前だ。
それが崩壊してきたのだとしたら、洋風(洋式化)と言う名の
「毒」による所が大きいな……とか洋式トイレで考えたり。
洋式トイレだと本とか漫画が読めて便利だけど、その分肝心の
用を足す行為自体が疎かになってしまい、これを本末転倒と呼ぶ。
うん、集中力が足りない。便利だけど、不便だね。将来的には。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

【集中力1】

テレビの影響か?45分間・50分間集中できないこどもたち!

テレビだけの影響かどうかは知らないが、小学校、中学校、高校で
授業1本分集中力が持続しないこどもたちが増えているらしい。
つまり、テレビの民放のテレビは番組の途中でCMが入るが、
その感覚で授業の合間にダレる子が増えているというのだ。

ふむ、一理あるかもしれない。だが百理ない。
一概に言えないことだと思う。
なにしろ、集中力と一言に言ってもすごく個人差があるからだ。

別に昔から集中力がないと言うか、授業に熱心に参加しない生徒
はいたと思う。実際教室には私をはじめ、そんなのばかりだった。
現代だけの教育問題じゃないと思う。
授業の内容とか先生の魅力次第だと思うのだ。

私はよく世間でいう所の、漫画を読むとバカになる・
テレビを観るとバカになる(一億総白痴化)説には反対だ。
「ゲーム脳」とか一つのことにだけ責任を転嫁するやり方にも
反対だ。「勉強はおもしろいんだ」「将来の役に立つんだ」
「未来は明るいんだ」とどれだけこどもたちに伝えられるかに
かかっていると思うのである。
(勉強の大切さや必要性に気づいた頃には大人と言われる年齢だ。
後悔するのはいつだって、その好機を逃してしまってからだ。
だから、こどもに「勉強はやった方がいい」という大人が多い。
そして煙たがれる)

もっとも漫画ばかり読んでいる者やテレビばかり観ていれば、
必然的に勉強する時間は減る(なくなる)ので成績が落ちる
とは思う。そして、漠然と漫画を読んだり、テレビを観たり
ゲームをやっていれば世間でいう所のバカになるとは思う。

そして、あるゲームをしたり、ある漫画を読むには結構集中力が
いるという事実に気づかない限り、「わかってないな」と
なじられてしまうのである。
こどもに限らず大人にも反感を買われてしまうのである。

天体観測が高尚な趣味で、マンガが低俗な趣味なんて
わからないもののたわごとでしかない。
現に後者の方が圧倒的に支持者(実際に趣味にしている人)が多い。
そして他人にしてみれば、自分に迷惑をかけない趣味なら同価値だ。
要は単に夢中になれる、集中力を持って実行できるかでしかない。
もっとも面接会場で、趣味がマンガを読むこと・アニメを観ること!
と主張して全面的に受け入れられるのは、マンガを扱う出版社とか
アニメ制作会社とか代々木アニメーションスクールとかに限られる。
上司気力がない会社で、常識力がない新入社員が入社。
でもマンガを読んでいると、結構幅広い年齢層に対応できる。
おすすめは「ドラえもん」「ドラゴンボール」。知名度が抜群。
「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「ドクタースランプ」もよい。
年齢高めだと「ドカベン」とかもよい。

こどもの集中力を高める解決策?
NHKを観せればいいんじゃない?……違うか!
NHKも結構アニメに力を入れていますよね。観ないけど
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

マンガ『PAPUWA』柴田亜美

再び楽園パプワ島にやってきたシンタローの弟コタロー。
しかし、記憶喪失に。
前作の旧来のキャラに加わり、個性豊かな新たなナマモノと
新たなキャラクターたち。そして多くの謎が解明されていく。
「南国少年パプワ君」に続く物語。全14巻。ガンガンコミックス。
☆☆☆☆のおすすめマンガ。前作を損なわない完成度。

「南国少年パプワ君」
http://manga0001.seesaa.net/article/70701430.html

パプワとシンタローが強い友情を抱きながら別れてから4年。
呼ばれるようにしてシンタローの弟コタローがパプワ島に再来。
しかし、ショックを受けて記憶喪失のコタロー。
超強力な力で暴走したかつてのコタローを知る島の面々は、
彼の記憶を戻させないために「ロタロー」と呼び生活を共にする。
パプワ、チャッピー、リキッドらは、たくましい自給自足の生活を
営みながら、コタローの成長を見守るのだった。

またパプワ島に再びやってきたガンマ団の面々や特戦部隊の面々や、
ガンマ団とライバル関係にある心戦組の面々。そしてナマモノたち。
戦国無双の女性キャラUMA子(ウマ子)、
24時間ストーカー男土方トシゾーなども加わりよりにぎやかに。

世界の均衡を保つほどの力を有する「赤い秘石・青い秘石」の
争奪戦や様々な想いの中で育まれていくおすすめ格闘ギャグマンガ。
感動テイスト、名言テイストも高く、悪役キャラが少ないのが特徴。
聖犬伝説、かっぱえびせん隊、あの世界一有名なネズミ、ソニック、
目玉の親父……などパロディーネタが多いこともその特徴だ。
あと、この作品でパプワはUMAともフツーにしゃべれることが判明。

リキッド…アメリカ大統領のこども。ヤンキーだがミッ○ーに
目がなくもちろんあのランドも大好きだ。パプワやチャッピーと
寝食を共にしながら、重い運命を背負っている楽天的な性格。
秘石の番人になったことで永遠の20歳である。
家庭内では、新たに生活に加わったコタローらから扱き使われ、
大嫌いなUMA子から一方的に求愛されるなど不幸続きである。

UMA子……その巨体からは想像できない(というかしたくない)が
女子高生である。ダイナマイト(すぎる)バディの持ち主で、
惚れっぽい性格でリキッドのストーキングに日夜励んでいる。
戦闘能力は異常に高く、シンタローですら一目置く強さだ。
最終兵器彼女(UMA子)と呼ばれることが多い。
グリズリーを軽くしとめられる強さ。実はコージの妹である。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

漫画『鳥山明○作劇場 VOL1』

【ワンダー・アイランド】

鳥山明作品としてははじめて日の目を見た作品。
内容は、1979年、不思議な島「ワンダーアイランド」にいながら
未だ日本に帰還できない軍人が、グラサンでパーマのピーマンと
妖精に出会うというドタバタコメディー。
ピーマンは口からドクタースランプの「んちゃ砲」のようなものを
吐き、又登場人物の中にガッちゃんっぽいのがいることが特徴。
ウルトラマンやゴジラのパロディーネタも見受けられる。

【ギャル刑事トマト】

ハチャメチャギャルトマトが酔堪署(よいこらしょ)に赴任され
巻き起こすドタバタコメディーである。
ワンダー・アイランドは人気がなかったのに対し、この作品は
人気があったらしく、これに気をよくして女の子を主人公にした
「ドクタースランプ」が描かれた。

【ポラアンドロイド】

宇宙を舞台にした冒険活劇物。
現金なタクシードライバーロイドは、
強盗を働く自称正義の味方娘ポラと出会う。
いっしょに弱っちくてユニークなガガンボ帝国の総帥ガガンボ総統
をこらしめる。ニコチャン大王もちゃっかり登場する。

【まっどまちっく】

昔むかし、突然現れたドラゴンによって人々は恐怖におののいた。
人々は、ドラゴンの大好き酒をえさにして
ドラゴンを巨大な冷蔵庫に閉じ込めることに成功したのだが……
ときは流れ、偶然が重なりドラゴンがふたたび動き始める。

【チョビット】

小さな小さなチョビットは、超能力を使うことができる宇宙人。
牛とブタのケンカを仲裁する位しか事件がないというトントン村で
駐在をしている山野麦文。妹竹の子と、弟栗丸は、不器用ながら
仕事をこなしていたが、チョビットと出会ったことによって、
想像した以上に騒がしく刺激的な毎日が待っていた。

おまけページでは鳥山明が漫画家になった経緯が描かれていて、
そこも含めておもしろい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

「HIGH&LOW」

受験シーズンを慮ってかバラエティー得意の「落下」演出を
テレビで観ることがなくなった。(私が知る限りでだが)

落下→落ちるということで、それは不吉な印象を残すことになり
それらを回避するために、
「ヘキサゴン」では落下もの→縄跳びでみんなはね上がる(胴上げ)
などに移行しているし、
「とんねるず」でも「細かすぎて伝わらないものまね」などをせず
ゴンドラで上がるゲームなどにしている。

それらはテレビ局だけの配慮ではなく、視聴者からの意見などを
反映してのものかもしれない。ただ無関係だとは思えない。

大手銀行なり、大手自動車産業なり、大手政治家なり……が
転落するとなんとなくそれを喜ぶ風潮があるが、
それってはたしていいことだろうか?
趣味・嗜好の問題なのかもしれないが、
それらはまわりまわって自分自身の生活に直結する。
単に「好き・嫌い」の問題ではなく、はね返ってくる問題である。

「誰か」を攻撃することは、結局自分自身も攻撃される機会を作る。
それでもいいよ」って人が、「代表」だとか「取締役」とか
「議長」だとか「幹事」だとかを務めたり、
攻撃ならぬ口撃を繰り返すのだと思うのだが、まぁそれはそれで
大変なんだとは思う。本人に悪意がなくても敵をつくってしまうし。
持ち上げられたり、突き落とされたり……実にめんどうくさそうだ。

もっと上をめざすのか、現状維持でいいと思うか、落ちてもいっか
と思うのかはまぁその人次第なのだが、正直今の時代は、
もっと上をめざそうという人で現状維持位のレベルなのだから
正直しんどい。それでも、

「世界は誰にでも門を開いて待ってる」よ 
「平等の名の下に 請求書といっしょに」ね

「合格」≒栄光に繋がるのかは、その人の気持ち次第だと思う。
それは、逆もまた然りでもあって気の持ちようだと思う。

何にしろ新しい扉を開けようとしたり、大きな壁を飛び越えよう
とする気持ちが大前提だと思う。
つまり、自分の気持ちを盛り上げたり、落ち込ませたりするのは
自分自身であって、自分を自由にできるのも不幸にするのも、
自分らしさの檻の中に閉じ込めるのも自分自身にすぎない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

漫画『ハレルヤ HARELUYA』梅澤春人

天上から地上に落とされた神の子ハレルヤは、
本物の人間たちと出会い「真実の愛」を見出すのか?

21世紀の神の候補である神の息子ハレルヤは、
酒池肉林のぐーたら生活を繰り返していた。
「好き勝手して、困ったときは神頼みする人間が大嫌い」
なハレルヤはある日父の逆鱗に触れ、天上から地上に落とされる。
無敵の身体を誇るハレルヤだったが、「真実の愛」を見出すため
の試練として「人間」に降格され、生身の身体にされてしまう。

身勝手なオレ様主義のハレルヤは欲望の赴くままにふるまうが、
人の幸せばかりを考えている慈悲深いシスタークリスや、
本物の人間に出会うことで少しずつ成長していく。
悪者が登場して、それをハレルヤらが退治するという勧善懲悪的な
シンプルでわかりやすいストーリー。
端的で伝わりやすいメッセージ性の強い作品であり、読みやすい。
ジャンプで長期連載された「BOY」の原型的作品であり、
ハレルヤ、氷室、清志朗といった「BOY」の主力メンバーも登場。
変に凝っていない所がよい。
ジャンプコミックス。全1巻。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

「×」

数学で、マイナスとマイナスを×(かける)とプラスになる。
しかし、マイナスにマイナスが掛け合わさって
いい結果が出るはずがないのである。一般的に。
三人集まれば文殊の知恵ということわざがあるが、
「バカが三人集まってもバカ話するだけ。いい知恵なんて生まれん」
と尊敬する先輩が言っていたっけ。目からうろこだったなぁ。
いい意味での開き直りは、人を頑張らせるからなぁ。

だが恋愛におけるマイナス(両嫌い同士)は、
興味がある分だけ恋愛感情線内回りをビビッと刺激することや
「大ッキライ」が「大スキッ」になることはありうる。
他にも遺伝に関しては、
それこそ「トンビがタカを生む」場合もある。
何も恋愛に限ったことではない。
そしてその遺伝子の持つ多様性こそが人間の可能性と種の保存に
一役買っているとかいるとかいないとか。
(危険なウイルスや病気が世界中に蔓延しても、
全人類が滅亡するなどのリスクが回避できる)

さて、人が夢見るが叶わないような
どうしようもないことの大半は、諦められることだ。
そして、本当にどうしようもないことは、命に関することだけだ。

命にかかわること以外 どーでもいいことばっかりだよ。
とマンガ「ちびまる子ちゃん」でヒロシが言っていたが、
本当にその通りだと思う。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

「マンガ名言集&迷言集V」

聖書にもあるぜ 
右の頬にハナクソつけられたら左の頬にも……
           
「ジョジョの奇妙な冒険 PARTU 戦闘激流」


わたしはカゼのビールスからも相手にされていない。
                  
「ちびまる子ちゃん」まる子


キミは今はただのデブちんだが 
がんばれば立派なデブちんになるぞ
             
「ちびまる子ちゃん」佐々木のじいさん

お母さんはね、みかんがかわいいから言ってるんじゃないよ。
憎いから言っているんだよ。
                   
「あたしンち」母


「スキ」は無くならないよ 
でもときどき見えなくなるんだ
                
「ラブ・マスター」ナオの父

楽園は逃げ込む場所じゃねぇ!
自分の心が生きようと決めた地が楽園になるんだ!!

「PAPUWA」シンタロー


もう怖がるな 生きることを楽しめ 
限られた人生の中で 無限の希望はいくらでもあるんだ
                 
【PAPUWA】近藤イサミ


ふつうの日にカゼひくよりも
マラソン大会をめざしてカゼひけばヨカッタ… 
もったいないことしたな…
              
【ちびまる子ちゃん】まる子


完全無欠の少年は欠点だらけの大人になります。
でも欠点は克服できるから人間はおもしろい。
         
【南国少年パプワ君】7巻より作者の言葉

【PAPUWA】14巻


僕を見て!僕を見て!
僕の中のモンスターが
こんなにおおきくなったよ。
             
【MONSTER】ヨハン・リーベルト


世界が真っ暗だなんて大嘘だ。
明日はきっといい日だ。
                   
【MONSTER】テンマ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 03:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

漫画『ラブ・マスターX』安野モヨコ

中学生のナオを中心に複雑に絡み合う恋愛漫画。
穢れちまった大人たちと恋を知らない中学生を対比的に描く。
恋って何?心って何?

なぜ人は好きになったり、嫌いになったり心変わりをするの?
教えておじいさん的な物語なのだが、
性描写やきわどい発言、未熟で身勝手な大人キャラが多いのが特徴。
タイトルのラブマスターはゾロアスターをもじったものか?
前半は姓描写やきわどい発言の多いエロ漫画。
後半は恋愛観とか人生とか考えさせられる漫画。
文庫版は上・下巻の全2巻(お買い得)。コミックス版は全3巻。
(文庫版は画像がなかったので、コミックス版の方を載せときます)

中学2年生の野沢ナオは、同じ団地に住む3年の先輩伊丹アラタに
つきあってくださいと告白。一人盛り上がるナオだったが、アラタは
ナオを全然知らなかったし、学校でも美少女として有名なユリナに
恋をしていた。ナオのひたむきな姿勢に
アラタはいつしかナオのことを本気で好きになるのだが……。

そんなナオに恋をする、ロリコン塾講師タケダや、
黒魔術?を操る変態浮遊少年浜松。(浜松は空中に浮いた描写がされ
後にいろんな意味で変態であることがわかる)。
アラタを狙うショタコン塾講師、危なっかしい行動ばかりのセリナ、
芸能界の毒にあてられすっかり穢れちまったセリナの姉、
そして不倫を繰り返すナオの父、覗き趣味のあるナオの祖父
夫の不貞に気づきながら何食わぬ顔で暮らすナオの母……
登場するキャラのほとんどがどこかしら穢れちまった大人感を
漂わせながら動き回る。ストーリー自体はややきつめの展開。

キーパーソンは恋愛関係の鎖に繋がれていないナオの弟てっちゃん。
知らない故に自由で囚われず、発言はストレートにして端的
きつめのストーリーを緩和する意味合いでもこの人物配置はうまい。

恋すると…普段なら絶対しないようなはずかしいこともできてしまう
それは相手を大事に思う気持ちとは違う。(作中より)

結局、恋愛をマスターすることなんてできないんだよな……
ということだと思った。
同著である、「働きマン」「さくらん」
「ジェリーインザメリィゴーラウンド」などもおすすめマンガ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

マンガ『BUZZER BEATER』井上雄彦

2×××年。バスケが宇宙の人々を魅了してやまないが、
世界最高峰の宇宙リーグに通用する地球人はいなかった。
そんな現状を打破しようと大富豪ヨシムネは、
地球規模でバスケ自慢を集め、宇宙リーグ優勝をめざす。
ぞくぞくと集まったバスケを愛するバスケットマンたち。
そこには、契約金1億円に釣られた高速エアー少年ヒデヨシや
巨漢イワン、超人ポイントガードDTら才能に恵まれた人材が溢れた。

そして、選抜メンバーにならんと火花を散らして切磋琢磨。
また、ヨシムネの孫娘チャチェも選抜メンバーに名乗りを上げる。
既に宇宙リーグクラスと言われるDTらに触発されたヒデヨシ、
チャチェたちは合宿において飛躍的な成長を遂げる。
しかしヒデヨシは原因不明の偏頭痛に苦しめられる。

近未来バスケの世界を魅力的なキャラクターとカラーの作画で
描いた絵本形式(右開き)の意欲作。全編カラーで全4巻。

作品に流れるテーマは「挑戦」であり、
不可能だとか無理だとか決められるのは結局自分の心次第だって
ことなんだと思った。

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

「You did it!」

はじめられて、やめられる。それが大前提で、たいせつなことです。
人が何か「したい」と思ったら、まずやってみればいいと思います。
基本的に犯罪だとかじゃない限りは、
やりたいと思った気持ちを大切にしてほしいと思うわけです。私は。
私の性格としては、「熱しやすく冷めやすい」ですから、
結構人生において投げ出したことだの、
三日坊主で終わったことも多いんですけどね。
でも中にはあるんですよ。
とりあえず逃げ出さなくてよかったこととかも。
中学時代の駅伝部のこととか……。
機会があったら書きたいですね。

ほらよく言うじゃないですか。
「やらないで後悔するよりは、やって後悔した方がいい」って。
そりゃあね中には、
「そんなのあんたにはムリだよ」とか
「無謀だ」とか
「できもしないこと言って」
とかあなたの気持ちをくじくようなことを、あなたを心配してか、
それとも悪気があってか知りませんが言う人もいると思いますよ。

あなたの掲げた「やりたい」ことにもよると思いますが、お金だとか
あと周りの人のサポートとかね、
自分も相当努力しないといけないとかね、
もろもろ大変な思いもしたり、嫌なこともあるかもしれませんよ。
でもね繰り返しますが
「やりたい」って気持ちをたいせつにしてほしいんです。

熱が冷めてしまってね、やりたくないなぁって気持ちになることも
あるかもしれませんよ。
自分のがんばった成果とかが、ゲームのキャラクターみたいに
目に見える形で能力がアップしていると実感できればいいのですが。
こればっかりは、肌で感じられる機会が少ないですからね。
難しいとこです。
でも結果はどうあれ「やった」自分に関してはほめてあげて下さい。
誇ってください。そしてまた、やりたい気持ちを育んで下さい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

「あの頃君は苦かった」

「青春アミーゴ」は、昔自称悪かったおっさんたちの支持もあり
大ヒットしたらしい。(曲もいいけどね。しかしいつの話だよ!)
おっさんたちは武勇伝とか好きだからな。
そして、そんなおっさんたちの多くはとてもかっこ悪い。
悪いことをかっこいいと勘違いしている所がかっこ悪い。
過去の栄光にすがっている感がありかっこ悪いのだ。

昔オレは悪かったんや……と遠い目をして話すおっさんたちは
おしなべてかっこ悪い。
恥を誇りのように語るわけだから余計にかっこ悪い。
本質的に成長していないのである。

昔は悪かったはずなのに、「荒れる成人式」を見て
「もっとしっかりしてほしい」とか
「自分が20歳のときはもっとしっかりしていた」とか
「自分には主張なり、美学があった」
とか言ってしまうものなのである。
それなんて朝日新聞!という感じだ。

かっこ悪いよ。自分のかっこ悪さとかをね、
認められない姿はかっこ悪いよ。
反体制を掲げながら、あっさりリクルートスーツに着替えて
髪の色を染め直して、就職活動に走るというのは、
別に今にはじまったことじゃないことだろうけどかっこ悪いよ。
節操がないよ。

生誕百年の太宰みたいに、「恥の多い人生を送ってきました」
と言うように深くまで反省しなくてもいいと思うけど、
自分のかっこいい部分だけじゃなくて
弱さとかズルさとか甘いよなぁと思う部分とかもひっくるめて
自分を見つめないといけないんだろうなぁ。

ほら、ローマ時代からさ「最近の若者は」
と言われていたらしいしさ、自分を美化しない方がいいんじゃない。
自分に置き換えてみたら、もっと人にもやさしくなれる…はず。
そして、フツーに誰にも顧みられず、迷惑をかけないように
生きている人の方がよほどかっこいいと気づく…はず。

参考「ダーリンコラム  世のお父さんは、みんな卑怯だった」
http://www.1101.com/darling_column/archive/2007-05-07.html
自覚のない卑怯が一番性質が悪いという話。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

「推定無罪と絶対犯罪」

小学生のとき自販機漁りしていた同級生。
すでに立派に働いていますよ。泥棒とかじゃなくて。

「自販機漁り」に対する笑いを交えた考察。
「昨日なんか600円になったよ」
11歳の安藤ナツ(仮名)は、学校が終わってから近所の自販機を
漁りまくり結構な収入を得たようです。
なるほど、彼の金回りがいいのはこんな理由があったのかと
思いました。だからと言って、自分もやろう!とまでは思いません。
いいとか悪いとかの判断はありませんが、自分がしてみたいか?
と言われたら別にしようとは思いませんでした。
それよりもアニメの「ハイスクール奇面組」みたり
ドラクエでもやる方が有意義だと感じたからです。
まぁ後にナツ君は、それを見ていた大人に結構本気でとっちめられた
らしく、しなくなったそうです。いやぁいい社会ですね。
叱ってくれる大人いない社会だったら、ナツ君変な生き方してた
かもしれませんよ。
金を拾っていたナツ君は、社会に拾われたわけです。

警察官に見つかっても、小学生ならおめこぼしされ口頭注意で済みますが
14歳以上なら「拾得物横領罪」とか「窃盗罪」になります。

公道に落ちていて「自分のものでない」と認識しているのなら犯罪。
特にお金とか、換金性の高い商品券とかは、間違いなく拾得物横領罪
になるでしょう。判断能力の違いにもよりますが、一般的に
「捨てられている」ものなのか「落とした」ものなのか、はたまた
「盗まれて打ち捨てられた」ものなのか、「持ち主が確定」できるか
などから判断するわけですから。財布や通帳やクレジットカード、
パスポートや免許証などの身分証明書なんかは絶対届けるべき物。
でもポケットティッシュやチラシとかビニール袋なら免責でしょう。
(箱ごと拾ったらだめでしょうが)。

自販機の持ち主本人だと推定無罪ですが、はっきりしません。
自販機の中に「金貨」とか「金ののべ棒」とかつっこまれていたら
さすがに申告しなくちゃいけないとは思いますが多分レアケース。

簡易裁判の傍聴に出かけ、常習窃盗犯が自販機から小銭を盗んだ
ことも犯罪要件として挙げられていたので、
金銭の高に限らず犯罪でしょうね。
最悪の場合、くだんの窃盗犯のように手錠につながれた状態で
裁判で罪状告げられてしまうことになるかもしれません。

この記事の2つ前に賽銭泥棒との対峙を描いた記事もありますが
仮にそれを見かけたとしても「話しかけない」のが上策でしょう。
警察官とかなら絶対捕まえなくてはいけませんし、現行犯なら
一般人でも逮捕できますが、被害が拡大するおそれがあるならば
それに近寄らないのが上策です。「ドラゴンボール」のビーデルさん
(ミスターサタンの娘。世界チャンピオンのサタンより強い!)
位強いならばともかく、首をつっこまない方が無難でしょう。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。