2009年01月31日

「逆転の発想」

「セコムに加入している家庭は財産がある」という逆転の発想で
逆に被害に遭うケースがあるそうですね。

家宅侵入後、ある一定の時間以内に窃盗と逃走を謀るわけです。
窃盗犯の中には、セコムの警備員とすれ違った……
などと証言する者も。窃盗犯はどんな心境なのでしょうか?
そんなニュースを聞きながら私が思い出したのはですね。
近年いろんな意味で注目を集めているあの花形職業ですよ。
ピンときた方もいますね。そうですね。「自宅警備員」ですよ。

セコムに入っているのに?と首をかしげる方もいるかもしれませんが
いわゆる自宅警備員(≒ニート)を家庭に匿っているわけですから
比較的富裕層だと思うんですよね。いや、我が家のニートを
守るためにセコムに入っているという親心や家族の情愛なのかも。
でもなぜなのでしょう?その情愛は社会的にまず理解されません。
むしろ非難されたり、後ろ指差される始末ですよ。
同じひとつ屋根の下に住んでいるのに……そこに愛はあるのか?

まぁ中にはですね。
ニートと犯罪者がはちあわせなんていう悲劇が生じたり。
ネット依存という生産性のない生き方をする者と
人の財産をくすねるだけの生産性のない生き方をする者。
会ってはならない二人が出会ってしまった。
絶望した。「さよなら絶望先生」が今更このマンガがすごい!
に選ばれたという事実に絶望した。

盗んで褒められるのは、野球の塁とかモーションくらいですよ。
まぁ泥棒はその経験から警備員になったり、万引きGメンになったら
いいんじゃないでしょうか。逆転の発想で。
(警備員や万引きGメンの職業を貶める意図はないですよ)
ニートはその経験を活かして……すいません。
特に何も思いつかないので、テンパっておちつきません。
野球は9回裏からが本当の勝負です。
えっ、表攻撃だったら?負けじゃないですか。フツーに。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

「Don't be afraid to try again」

人生うまくいくことばかりではないですが、
まっすぐに生きる志(こころざし)と
前に踏み出す勇気があれば、だいたいなんとかなるものです。

埼玉の恥部として、各界から大絶賛?の私が言うのですから
間違いない(ちゃっかり長井がエンタに戻ってきましたね)。
みんな長井のことなんて忘れていたはず。間違いない。さて、

「Don't be afraid to try again」
(ふたたび挑戦することをおそれるな!)
はビリージョエル「The Stranger」(見知らぬ人)からの引用です。

上記の類似語はごまんとありますが、それならば名曲と美声によって
聴く方が心を打たれます。どんな人だって、最初は見知らぬ人。
ともだち、恋人、パートナー……究極的には親すら見知らぬ人です。
もっとも生まれたばかりの赤ちゃんは親の顔を見れませんが。

試験にパスする方法、恋愛成就、スポーツや趣味を上達する方法、
成功する方法、ひいてはしあわせになる方法は、
「ふたたび挑戦することを恐れない」=「あきらめない」
ってことです。

自動車学校で、最短計34回の路上教習を50回受けた私が言うと
説得力がありますね。まぁ、あきらめなければなんとかなりますよ。
大学、専門学校とかに合格してから免許取る方は多いでしょうが、
確かな技術とか知識を得たいのならば、あせらないことです。
勉強と同じです。
あと技術とか知識もそうですが、「車は走る凶器」ということを
忘れないことの方が大切です。見知らぬ人からの忠告でした。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

漫画『ねこぢる食堂』ねこぢる

「ねこぢるごはん」「ぢるぢる昔話」を主とした、
4コマ漫画、9コママンガ、レジャーレポ、日記漫画などを詰め込んだ
ねこぢるワールド満載の漫画。発行→白泉社

「ねこぢるごはん」

幼児の持つ残酷性としつこさを、猫や動物を擬人かさせて描いた
5つの物語。
グロテスクな表現も多く、かわいい絵柄とは裏腹に残酷でエグい。
「ドラクエ2」をモチーフにしたと思われる「COMPUTER TUNED」、
弱肉強食の世界をブラックユーモアを交えて描いた
「なまず沼」「にわとり」などがある。

「ぢるぢる昔ばなし」

うらしまにゃ太郎の巻
砂浜で、ヤクの売人をしていた亀を
結果的にたすけたにゃー子とにゃっ太は、
「これをなめれば、
海の中だろーが宇宙空間だろーがどこでも行けますよ!」
という亀のすすめで、ラリって「竜宮城」に行く。っていうかイク。

しかし、ヤクの元締めである乙姫は
「あーもしもしカメよカメさんよー。
丁稚どんのおまえが命を助けられたからといって
何でイチイチわらわがもてなさねばらなんのじゃ?」
と言い放つ。……なんか話しが違うにゃー。

シンデレラの巻
むかしある所にシンデレラというとてもイヤな性格のデブがいました
シンデレラとは汚い女の子という意味です。
で始まる夢も希望もない物語。シンデレラの見た目と中身がひどすぎ

和風ヘンゼルとグレーテルの巻
昔々トーホクの山のふもとに低所得のきこり一家が住んでいました…
プレステが出ているのに、ファミコンじゃイヤ!とのたまうふたりは
捨てられてしまいました。でもひねているグレーテルたちは、
森を歩けば「おかしの家」があることをなぜか知っていました。
でも題名の示す通りそこにあったのは、
よーかん・くずきり・まんじゅうでつくられたおかしの家でした。
しかも、グレーテルはあんこが大っきらいでした。

養老の滝の巻
寝たきりの父といっしょに住んでいた二人の兄妹は生計をたてるため
過酷な労働を強いられていました。
しかし二人は大いに疑問でした。
子供のオレたちゃ猫なのになんで父は人間なんだ?
だまして、搾取してんじゃないか?
発言のひとつひとつがおもしろい作品。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

「ふたりのともだち」

マンガ深イイ話。今回は「ちびまる子ちゃん」の
「その95 掃除係の役割の巻」より。

クラスの係り決めで、たまちゃんといっしょに「図書係り」になろう
としたまる子だったが、じゃんけんに負けてしまう。
そして、まる子はマジメなはりきり家前田さんと、
無口で話をしたことがない暗いイメージの野口さんと掃除係になる。

はりきり家の前田さんは、クラスみんなで放課後掃除をする!
と勝手に決める。
まる子は、前田さんにやめるように忠告するのだが、
「学校をきれいにするんだからこれは正しい」
と言われ、結局掃除係の意見としてクラス全員に発表される。
前田さんは強情で、融通が全くきかず、
そのかたくなな態度がクラス全員を怒らせてしまい、
その怒りの矛先は野口さんやまる子にも及ぶ。
理不尽なバッシング(罵倒)を受け続けたまる子は、
「たまちゃん……死んだら楽かな?」とつぶやく。
「ただの小学校のしかも掃除係なのにさ
わたし……なんでこんな目にあってるんだろう……
大人になったらもっと辛いことあるのかな…アハハ……」
気落ちするまる子に唯一無二の親友であるたまちゃんが言う。

負けないでまるちゃん
まるちゃんの人生で今日が一番辛い日だよ 
あとはいい事ばっかりだよっ
。」

…もうね、この時点で物語終わってもイイ話ですがまだ続くのです。

前田さんの提案は全く賛同を得られず、
放課後になると当然のように帰り出すクラスメイトたち。
必死になってそれを止めようとする前田さん。
地団駄踏んで帰らないでほしい!と主張する前田さんは、
クラスメイトの反感を買い、はまじが前田さんの様子をマネし出す。
その様子はおもしろく、みんな笑ってしまうが、
流石に立場上笑えないので必死で我慢するまる子と野口さん。
どうやら野口さんも自分と同じように笑いたいのに我慢している
「我慢顔」だと気づいたまる子は、余計におかしくなってくる。
血管が浮き出ながらも、笑うのを我慢している野口さんを見て
「実は私と同じ面白い物好きでは?」と考えるまる子。
(あかん。耐えられん)
まる子はついに大声で笑い出してしまう。
相乗効果で野口さんも笑い出す野口さん。
「なんで笑っているの?」
と問いかけてくる前田さんに
「あんたが笑えるんや!」
と言えないので、必死にごまかすまる子。
どうにかごまかすことに成功したまる子は、野口さんとの下校中に
「私お笑い好きなの」
と教えられ、友達になりませんか?と誘われる。
「(やっぱり!!この人面白い物好きだったんだ)」
「(そして野口さん)逆光とはいえ暗い……」
そんな思いを抱きながら、まる子は野口さんとともだちになり、
「お笑い」を好むこの二人の友情は
地味ながらも予想よりはるかに強い絆で長く続くのである。
(あのナレーション風に)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

「不況だからこそ輝く」

不況はチャンス!という言葉をよく聞きます。

消費は落ち込み、人々は不景気な顔をしながら、未来に対しての
不安や閉塞感を感じます。
テレビを観れば、みんな不況だと嘆きますし、
自動車をはじめ商品が売れない、こどものお年玉が減った、
派遣社員がリストラされた、正社員も危ない、
連結倒産だ、100年に1度の大不況だ
と言わずもがなのことをマスコミが大々的に報じていますね。

それを聞いて人々は買い控えして、より悪循環に陥っていきます。
みんなが安心して消費活動に走れば、不況なんて終わりますよ。
経済学的な見地から言えば、あっさりトンネル通過しますよ。
デフレスパイラルなんて言葉がありましたが、本来上がるはずの
物の価値が下がること自体、やはりどこかおかしいんです。
でもね。
不況だから笑顔がより輝くんじゃないですか?
こんな世相だからこそ気持ちのよいあいさつが心に残りませんか?
不景気だからこそ景気のよい顔している人に惹かれませんか?
寒いから人のおもいやりとか親切が一層温かく感じますよね?

不況に輝くのは、案外超人ではなくて凡人なのかもしれません。
星で言うなら1等星、2等星ばかりじゃなくて、
6等星にもチャンスがあるかもしれません。
バブルのときは、ただ人より輝いて見える人がもてはやされた
かもしれませんが、暗闇が一層暗くなれば、
6等星の控えめな輝きがもっとも美しく輝くかもしれません。
つまり不況は、光り輝くチャンス。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

「人の株の話」

「あの人は映画で株を上げたなー」
「あの人はあの番組で株を下げたなー」

ソニー株や、アルゼンチン株、ライブドア株、IT株などに限らず
人にも株があると思います。
矢田亜希子、エビちゃん、コブクロ、岸辺シロー、山田邦子……
思えばたくさんの人が株(人気の意味で)を上げたり下げたり
し続けています。自分で気づかぬうちに、株が上がっている人も
下落している人もいるでしょう。読むのが困難なのは株といっしょ。
レイザーラモンHGとかすごかったですよね。悲劇的な喜劇的人生。
ものすごい勢いで上がって、ものすごい勢いで下がりました。
まぁわかるんですけどね。ホントはみんなわかってました。

矢田亜希子さんは、メチャクチャでしたね。
結婚した相手によってムチャクチャ株価が暴落。
犯罪者になったとか、問題発言をしたとかでなく
あんなに暴落したのは最近よく言う所の
「100年に1度」位しかないんじゃないでしょうか?
おしおだけにしょっぱい思いをした……というところでしょうか?

なんか先に挙げた下落株じゃないけど、ものすごかったなぁ。
だって当時の矢田さんって、事実上女優でトップでしたからね。
人間の株が売りに出されていたら「佐々木希」株を買います。

お笑い芸人だと「流れ星」とか「磁石」、「ラバーガール」ですね。
実力から考えてもいいかげん売れそうです。
きっかけ掴めば一気に駆け上がる気がします。

くまだまさし(お笑い芸人)は自ら
「くまだ株大暴落ですよ〜」とくだらないことをしていました。
彼はいつだって、想像の斜め下をいきます。故に、大好きです。

自分の人生における株価ストップ高(ピーク)を知る機械があれば
人は知りたいと思うでしょうか?
あえて知ろうとしないのでしょうか?
生活設計を立てやすくなる反面、夢追い人が激減するのは必然です。
何歳になったって、心に掛けた虹を走り抜けたい!
と考えているからこそ、人は生きていけるのだと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

漫画『幕張』木多康昭

ジャンプ史に燦然と輝く外道ギャグマンガ。
下ネタを筆頭に、編集部の悪口や、編集部の非道を告発したり、
漫画を書くのがつらいと愚痴り出すなどネガティブ・ブラックな
ネタやパロディーが多いことがその特徴。

「ガモウひろし」や「つの丸」「小栗」などの同期の漫画家を
登場させ、罵ったり、自分とケンカさせたりし始める。
自分の通帳を桁数を見てほくそ笑む、身内ネタ
などに代表されるズルい笑いを読者に提供・発表し続けた。

「るろうに剣心」は自分が書いている、つの丸の名を騙りナンパ、
漫画の中で面と向かって「むかつく」と指摘した某漫画家から
「うんこ漫画家」という呼び名をいただいたと披露したりと
自らの恥を赤裸々に告白していく。
恥の上塗りを繰り返すその姿は「まさに外道!」であり
漫画家版太宰治。(太宰治ファンの方、単なる冗談ですよ)
「顔偏差値」をはじめとした差別的表現も多い問題作だが、
爆笑する箇所は多い。その作風とは裏腹に
ジャンプのギャグ漫画としては全9巻と大健闘をした漫画でもある。

邪道なネタが多いため、アンチが多い反面コアなファンもいる。
その作風とジャンプ漫画の三原則とには、大きな隔たりがある。
作者のモチベーションの低下、編集部との方針の違いなどから、
その後肌の合いそうな「少年マガジン」に移籍して、
『泣くよウグイス』という野球ギャグ漫画を書くが、
途中で物語を破綻させたのは残念だった。

〜あらすじ〜

悪道の限りを尽くし、校長らから「塩をまきましょうか?」
とまで言われた塩田と奈良は、惜しまれながら?中学を卒業。
その悪行によって、後に登場する「叶親」の人生を狂わせるなどの
数々の被害を出していた。

幕張南高校にやって来た塩田は、スラムダンクが大好きで三井に
あこがれているが、スラムダンクとかぶるのでバスケ部に入らず、
セクシーコマンド部には入りたくないとわがままを言い、
結局野球部に入る。しかし部員は二人以外に見当たらない。
この時点で部ではないのだが、なぜかマネージャーはいる。なぜ?

そして塩田はひたすら、スリーポイントの練習。
奈良は、おっぱい星人にして凶暴でまともな?塩田と異なる、
ロリコン、ホモ(途中から)、露出狂と三拍子揃った真性の変態。
そんな困った迷コンビが、
野球部のマネージャーで新たな火種を生む桜井、
スラムダンクの赤木キャプテンそっくりの勘違い女「ゴリ子」、
不幸を呼び寄せる叶親、
トリシマ編集長にそっくりで隠し玉を持つ「嶋鳥」などを
巻き込んで、乱暴狼藉の暴走・わがままを繰り返す。

「恥力・体力・時の運」(アメリカウルトラ横断クイズのパロディ)
の世界高校生選手権などが印象に残った。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:03| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

「確率を追う話」

○×問題を考える。
問題の意味を理解していない場合の正答率は50%である。
理解している・いないに関わらず○×問題は50%当たるのが
回答者側にしては魅力であり、問題作成者側から見たら欠点である。
いや、回答者側にとっても、全く理解していないのに得点だけは入る
わけだから始末が悪いとも言える。

自動車免許を取得するには○×問題100問に解答し90点以上が必要だ。
期待値で言うと8割方理解していると、90点になる計算になる。
理解している分80点+理解していない分10点(2分の1の正解率で)
自動車免許は、内容の8割程度しか理解していなくてもパスしてしまう
という結構危険なテストなのである。
ちなみに管理人は91点だった……アブネー。2割は理解していない。

そろそろセンター試験である。
センターは確かほとんどの問題が5択である。
つまり、全然わからない問題でも20%の確率で正解することになる。

「超能力」(いっきに話しがうさんくさくなって恐縮だが)
を持つというこどもたちを集めセンター試験を受けさせて、
中には脅威の的中率(受験生平均点超え)なる点をたたき出す子も
いたが、考えてみるとあれってヤラセだったんだなぁ。
5分の1をただ漠然と選ぶだけで、
平均正答率50〜60%程度にはならないよ。
絶対。期待値は20%程度の正解率。
ムリ。絶対ムリ。
「Numeri」のpatoさんが志田未来と電撃結婚する位ムリ。
管理人が訪問者で「Numeri」を超える位ムリ。

ずるしていたり
この文章を作成した人間の信条を考えて……
特別なテクニックを理解していなければ絶対解けないレベルの話だ。
まぁ本当に超能力者だったのかもしれませんけどね。
アンビリバボーで、刑務所の中で作成された大学入試問題を受刑者が
盗み出して大金をせしめていた事件が取り上げられていた。
うん、正々堂々とテスト受けましょうよ。
のび太ですら、カンニングをしないでテストを受けたんですから。

明日からセンター試験かぁ。
あの問題の答えどうだったのかなぁということよりも、
次のテストに向けて集中するなり、脳を休ませることと、
あとはテスト終わってから復習することですね。切り替えが大切。
なにも受験勉強に限ったことでなく、資格試験とかにも
当てはまることですね。見直しをすることで記憶が定着します。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

「CHANGE?」

麻生総理と小沢一郎のCHANGE。について

麻生総理のCHANGE。
言っていることがポンポン変わってしまうというチェンジ。
朝令暮改ではないですが、これはホント厄介です。
問題発言もそうですが、この腰が据わっていないとも取れる
発言の数々がその支持率を麻生>小沢から麻生<小沢へと
チェンジさせるきっかけを与えたと言えるでしょう。

小沢一郎のCHANGE。
「YES,WE CAN!」
ニセオバマと共にチェンジを呼びかける小沢一郎は髪型をチェンジ。
かつての自分の悪いイメージを払拭しようと、らしくないことを
しています。
どうせなら、顔もチェンジしちゃえばいいのに……と言うのは
誰しもが思っていても口にできないことです。
「首相にふさわしい」は25%に達しましたが、
正直首相になってほしいか?と言うと私はノーですね。
だって顔が……。顔が悪いじゃないですか。
人間は見た目が9割ルックス1割と言われるじゃないですか。
でもだからと言って「この人!」と言える人がもういないしなぁ。
まぁ顔だけで選ぶと、どっかの国のブッシュみたいなことになるので
それはそれで問題ですよ。一昔前なら、25%の支持率なんて
キムタクは軽々とたたき出していましたからね。

おまけにブッシュの悪口。
自分の8年間を振り返ったブッシュは、終始自己弁護していました。
ホント、チェンジしなかったなぁ。
ネオナチ思想も、限りなくテロリストと変わらない身勝手さも。
ホント、芯ぶれなかったよ。ブッシュは。
いいか悪いかで言ったら、最終的な評価としては悪かったわけで。
靴投げられたりもしたけれど、8年間さじ投げたりしなかったのは
だからと言って評価されること……でもないんだよなぁ。

水みたいに 自由にあるがままに 姿や心を変えられたら
もっと楽しくて 違った世界が広がっていけるような気がします。

〜読んでくださって、ありがとうございます〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「寸劇シアター」

【保険会社に保険販売】

「てめぇ!ケンカ売ってんのか?」
「いえ、保険売っています」
「ケガしてもしらないぞ!」
「大丈夫です。保険入っていますから」

【化粧品会社の粉飾決算】

「うちの会社も粉飾決算だったんですね」
「まぁね。餅は餅屋よ。虚飾と粉飾お手の物ってね」

【消防士さんのプロポーズ】

「君のためならたとえ火の中水の中」
「説得力あるわ」

【審判の離婚】

「結局、家庭裁判所で協議離婚しました」
「自分のことじゃ、ジャッジをくだせないものですね」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の茶番劇(創作物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

漫画『ボンボン坂高校演劇部』高橋ゆたか

高校で天使に恋をし、悪魔に見初められた順菜正太郎。
恋愛成就を信じて悪魔と天使が同居する濃いメンバーの多い演劇部に
入部するというドタバタ学園ラブコメディー。
時にSFモノや感動モノやゲームモノ、時代劇モノが描かれること。
完成度の高いおすすめギャグ漫画。
何度でも読みたくなるから最高評価☆☆☆☆☆。

順菜正太郎は、時計坂高校(ボンボン坂高校じゃないじゃん)の
校門前で、天使のような美少女日比野真琴にひとめぼれ。
「いとおしい」彼女を思うあまり、一週間飯がのどを通らず、
一睡もしていない純粋な正太郎はぼろぼろ。
そして正太郎は、学園一の嫌われ者にして、演劇部のキワモノ変態
部長として悪名をとどろかす徳大寺ヒロミと遭遇。
幼少の頃より筋金入りのオカマだったヒロミに目をつけられてしまい
一方的に迫られ辟易する正太郎だったが、真琴が演劇部の副部長と
いうことを知り、思い切って演劇部に入部することにした。

しかし、真琴は校内に熱狂的なファンクラブができるほどの存在。
かつ、外に女をつくり自分と母を捨てて行った父がいた為、
男に触られるとコークスクリューパンチを繰り出すほどの男嫌い。
しかも、ヒロミの策略によって自分もホモ(同性愛者)であるという
レッテルを貼られてしまい、ヒロミの妨害に遭い、
真琴に思いを告げられないのであった。

物語は基本的に、下ネタありのテンポのよいギャグマンガであり、
正太郎と真琴を中心に複雑な恋愛関係をギャグテイストを多めに描く。
ジャンプコミックス。全12巻。
おまけページには、しゃべる犬「クンクン」を題材にした4コマなど
が描かれ、それも結構おもしろい。

順菜正太郎
純情にして、やさしくて芯も強い美少年で好感が持てる。
ヒロミや撫出肩先生の発明の実験体にされるなど不幸に遭遇する
ことが多いが、女性にはよくモテる。
エッチなアプローチをかけられることも多いが真琴一筋である。
ヒロミのおいたが過ぎるときは、ハリセンや金棒でツッコミを入れる。
態度がわかりやすく、傍で見ていておもしろいとは演劇部員の談。
一人暮らしをしている。

日比野真琴
ヒロイン。演技力も高く、校内に限らずファンが多い。
戦闘能力が異常に高い。酒乱の毛があり酒乱時は抑制が利かない。
ヒロミの策略で正太郎をホモだと思うも、どこか気になる様子。
お好み焼き屋を営む母がいて、正太郎との仲をたきつけられることも。
男に触られると反射的にコークスクリューパンチを繰り出すが、
ホモと認識している部長や正太郎なら大丈夫。
実は大洋ホエールズ(現DNA)ファンである。

徳大寺ヒロミ
母がオスカー3回受賞した大女優鳳理津。幼少時の頃より
度を越した演技指導(世間的には折檻(せっかん)を受けたことで
顔が変形してしまったという悲しい過去を持つ。
しかし演技力は抜群であり、その他のことはともかく演技に対する
情熱だけは人並みはずれて大きい。
幼少時からの男好きだったという真性のホモであり、美少年を中心に
たくましい男……などが好きな変態性欲の持ち主。
その欲望は凄く、正太郎を筆頭に被害者には枚挙に暇がない。
生き物を操る・しゃべれる、
眉毛が武器になったり、ケータイになる。
変態的思考と、身体を変形できる「変体」であり、空も飛べる。
人並み外れた(もはや人ではないが)恐ろしい生命力を持つバケモノ。
また人間には忌み嫌われる存在だが、なぜかバケモノには好かれる。
「部長さんを好いてくれる生物なんて
後にも先にもあれ一匹ですよ きっと」
……正太郎君。言うよね〜。
※ あれ…かわいい人気キャラ「ウンタマ」のこと。

ナルシス
自称「白き貴公子」の美しい外国人。その名に恥じないナルシスト!
だが、貴公子と言うよりも奇行師であり、ヒロミに次ぐ変人である。
「やはり他人の瞳に写った美しいボクは虫メガネで見るにかぎる」
という名言(迷言)をかましたり、
寝るときは自分の周りに鏡を置き自分を見ながら眠るという変態。
プライドの塊なので、自分の美しさを否定されるとショックの余り気絶。
今日も美しい自分を際立たせるために、ポーズの探究に余念なし。
また、美的感覚や音感などが一般人のそれと大きくかけ離れている。

観月リサ
極太一家の娘としてポニョ体型と言うよりも山本山体型だったが、
自分に優しくしてくれた正太郎に恋をし、一週間飯を食わなかったら
劇的ビフォーアフターし、一気に普通の体型に。そんなバカな……
リサは正太郎に憧れ、演劇部に入部。ちょっと頭が弱い所も魅力的?
ちなみに、両親と弟の総体重は500キロ。猫のタクヤは70キロ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

「オレたちのリアル」

もし自動的に水が流れるタイプの便器に、
物を落としてしまったら……あなたならどうしますか?

とりあえず私は泣きました。
拾っても地獄、拾わないと流れていき喪失確定……。
そんな避けられない不自由な二択を迫られる。
水に流せない、水に流されていく私有物。
流れたのは水だけではなく、泪だった。
それがオレたちのリアル。

「15点で300円です」
明るく笑顔で答える某店員。
顔で笑って心で泣くあなた。
ちょ……、おまはん、今なんて。
買った時はさ、税抜きで6000円もしたのに、
どうして売ると300円なの?
消費税くらいの価値しかないの?
ねぇなんで?教えておじいさん♪
それがオレたちのリアル

「謝るなら今のうちだぞ!」
と恫喝(どうかつ)する体育教師。
たしかにバレーボールは蹴るもんじゃない。
天井裏にすっぽりとはめて遊ぶものだ。
それもわかってた。だから謝った。
「謝ったぐらいで許すか!ゴラーっッ!」
体育教師がぶちきれた。
そんな!理不尽な!
お前こそ謝るなら今のうちだぞ。
心の中で私の中のバボちゃんがピョンピョンとはねていた。
年も立場も生まれも育ちも違う二人がわかりあうなんてそう、
簡単じゃないのはわかってる。クモの巣の張った頭の片隅では。
それがオレたちのリアル。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

「中庸」

競争を煽る社会もイヤだが、みんな同じがいいという社会もイヤだ。

他人を押しのけて、出し抜いて、時に他人の足元をすくい、
時に寝首をかかれる……そんな殺伐とした世界はイヤだ。

でも徒競走で、みんな手をつないでゴールするこどもの姿を見て
大人がそれを見守る……というような地獄絵図そのものの
ような社会もイヤなのだ。なんか大人のエゴと言うか、
薄っぺらい押し付け理想主義の権化みたいな発想がイヤだ。
いやだ、いやだ。いや、ダイヤだ。

「ダーリンコラム」へ。
http://www.1101.com/darling_column/archive/2007-01-22.html

ここでたとえ話をひとつ。
人間が究極的に「進化」して、
たとえばわかりやすい「完成形」みたいな姿になる。
男も女も、みんな完成形で、みんな同じ容姿で、同じ能力で、
同じ思考で、同じ生殖能力とかを持つ。
みんな同一規格で能力は同じ。
競争のない社会だ。
考えていることが同じで、ほしいものも同じなので効率がよい。
国策は立てやすいであろうし、争いも少ないだろう。
別に意図しなくても、みんなが同じ能力なので
ヨーイドンで走り出したらみんな同じタイミングでゴールする。
そうある意味で「完璧」の世界だ。パーフェクトワールドだ。
……自己嫌悪に陥ることも多いだろうな。

……考えていたら気持ち悪くなってきた。
人類の歴史において、「殺人」が行われかった日なんておそらく
ないのだと思うけど(マンガ「不思議な少年」でそんな話を題材に
していました)、もしそれが実現するとしたら、ほとんど人類が
壊滅的な状態になったときだけなんだろうなぁ。
昔読んだ手塚作品で、地球上に敵同士のふたりきりになったら
はじめて仲良く手を握れた作品みないなね。
映画の「アイ・アム・レジェンド」みたいなね。
ドラえもんの秘密道具で、みんなの能力が同じになる
(のび太を基準にしたから、問題が次々と巻き起こった)
というのがあったけど、それはそれで退屈なんだろうなぁ。

今以上をほしがりながら、変わらないでもいたい!と思ってしまう
のは人間の持つ究極的な悲劇的性格なのかもしれない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

漫画『サイボーグ009』石ノ森章太郎

サイボーグ(超人)となった9人の「人間」の活躍や
心理的葛藤と精神世界を描いた冒険活劇調作品である。

だが未完であり、本来作者が書きたかったであろう
「神々との戦い」編が描かれていないため、
欲求不満を覚えた。

国籍の異なる魅力的な主人公たちの特殊能力を駆使した
凝った戦闘シーンなどもあるが、
この作品の魅力は前述した心理的葛藤と精神世界だと思う。

ジョーとフランソワーズの言葉にできない男女の心の機微、
決して自らの心を理解してくれない他者に対する苛立ち、
自らがサイボーグであることに対する自己嫌悪。
人間(大人)が抱える諸問題に踏み込んだ点である。

赤ん坊であるイワン(001)が最大のブレーン(頭脳)にして、
ある種超然とした人格を有し、精神的支柱であるという事実。
哲学的な発言も多く、コミカルなサイボーグキャラもいるものの、
この漫画が「大人向け漫画」であることは明白である。

正直自分の中で消化できていない感があり、未完ということで
採点は自ずと辛くなる。文庫版で全23巻と長丁場、でも未完。

今年は2009年と言うことで、
「009」をもじって読売新聞の元旦に一面広告が出ていた。
また、結構代々的にメディア展開するみたい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090102-00000049-spn-ent

「オフィシャル……イワンが小さい」
http://www.009.tv/
ラベル:格闘漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

「夢九夜」

漱石先生の「夢十夜」にちなんで歴代夢ランキング。
おもしろいはず(多分)。文学的なはず(なわけがない)。
まぁぶっちゃけ「夢日記」です。気楽にお読みください。

今年の初夢は、「一富士 二鷹三なすび 四扇 五煙草 六座頭」
とはならなかったけど、銃声の聞こえない場所で眠れるしあわせを
かみしめよう。でもどんな場所にだって花は咲いてんだ。
12年前の初夢に、エロい夢を見たことは墓場まで持っていこう。
ちなみに今年の初夢は、なんか同級生と自分の現状を慰め合う
というなんら建設的な価値もないものでした。

【es ミスチルと熱唱編】

気付いたらミスチルメンバーとドライブしながら熱唱。
桜井さん、JEN(鈴木さん)、中川さんに、田原さんに囲まれて。
小林武史はいませんでした。
私の夢のプロデューサーじゃないので。
桜井さんとデュオです。感激ですね。
夢のようです……夢です。

【キンキに楽曲提供?】

なぜかテレビに出ているKinki Kidsが聴いたこともない曲を
歌っています。それがすごい名曲でしてね。
テレビ観ながら涙ですよ。
あのメロディーラインを思い出したいものです。

【はしご】

山と山の間に「うんてい」がかかっています。
向こう側が見えません。
気付くと私は、うんていをしながらその恐ろしい高さと
先の見えない絶望感を抱いています。
フロイト先生的には、青春期に起こる「先の見えない」閉塞感なり
「自分の立ち位置」に悩んでいる「お笑い芸人」的意識下の表象と
言ったところでしょうか?「夢判断」読んだことないですが。
最近、うんていの上の部分を移動している夢を見ました。
まぁ前よりも、ほんの少しだけマシな状況になっていました。

【鬼婆】

出刃包丁を持った「鬼婆」ないしは「山姥(やまんば)」が
執拗に追いかけてきます。口が耳まで裂けていて、
推定2mの巨体で裸足で駆ける姿は、恐怖のメタファーそのもの。
私は、なんとか山姥から逃れようと、部屋に隠れるのですが、
ひたひたと山姥がやってくるわけです。
「ここかなぁ?」とか言いながら。
今にも目が合いそうで、捕まったらと思うと怖すぎです。
「……ここだぁ!」

【溶岩】

溶岩が噴火します。
溶岩は山の上から下に向かって噴き出すものなのに
なぜか下から噴出してきます。夢だからでしょうか。
逃げ場が全くないという意味では、山姥よりも性質が悪いです。

【夢の続きを見る】

高校生時代好きだった人がいまして、その人と和気藹々と話す
夢を見ました。でも途中で起きてしまいました。
「続きがみたい!」と夢うつつでまた眠ったら続きが見れました。
夢だとわかっていても、やはりしあわせでしたね。
「思えば叶う」ものですね。最近、「夢の続きを見たことがある」
とテレビタレントが言ってましてね。私は信じられますよ。

【母の死】

すごく生々しい夢でした。
父と兄と私は、途方にくれながら、気持ちの整理がつかぬまま
葬儀が進行していきます。私は母の死を認めたくなくて、
頑なに死に顔を見ようとしません。去年見た夢なのですが、
とりあえず母は元気ですし、私は未だに母に甘えて生きています。
さだまさしの「秋桜」を聞くと、切なくなります。

【前世の記憶?】

「明日の記憶」というすばらしい小説がありますが、
「前世の記憶」っぽい夢です。
いわゆる幽体離脱した状態で、私が空中を浮遊しています。
山道で、「私」を見つけます。特に根拠などないのに、
「あれは私だ!」と思います。その私は、山を歩いている途中で
急死してしまうのです。それを上から見ている私は泣きます。
「そうか前世に人間だった私は山で死んでいるのか」と。

【オレ死んじゃった】

朝起きたら、何かがおかしい。
なんか実態がないような、不思議な感覚だ。
物はつかめるのに、「自分が死んでいる」と気付いているという
なんとも奇妙奇天烈な心理状態だ。
いつものようにベッドから身を持ち上げて、窓を開けて、
ベランダに出ると母がいた。
「オレ死んじゃった」と悲嘆にくれる私。
なんだかいつもより青空がまぶしくていとしい。
母がつぶやく。
「しょうがないじゃない」
そうだな、死んでしまったことを嘆いてもしようがない。

夢から醒めてもなんか夢の残滓がありすぎて、頬を伝う涙にも
気付いていなかった。生きててよかったと思った。

「初夢」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E5%A4%A2

箱根駅伝はいいですね。記録ラッシュですし。
今年は棄権する大学がないといいなと思います。
マンガのソムリエは箱根駅伝を応援をしています。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

「ケータイ三つ巴戦争」

「おにいちゃんはオバマに似ていない」
→まぁ大概の日本人はオバマさんに似ていない。モンゴロイドなので
 しかし、おとうさん(カイくん)は正月から忙しそうですね。
【ソフトバンク 箱根駅伝バージョンCMより】


「もし、僕が嵐じゃなかったら」
→まぁ大概の日本人は嵐じゃないんです。モンゴロイドですが何か?
 今年も嵐は忙しいのかな?ある程度の風は読めても嵐は読めない。
【au CMより】


「エンジョイ!」
→そう言っている間にケータイシェアを下げている。
「そろそろ本気出してもいいですか?」
→そう言っている間にケータイシェアを下げている。
【NTTドコモ】

もう界王拳10倍とか使った方がいいんじゃないか?

200812221708000.jpg

「残念だったな……いま使っておるのがその10倍界王拳なのだ……」
ラベル:画像
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

「紅白」

歌うまかったなぁ。久石譲さん……歌ってませんが。
ガチだと秋川雅史さんがすごかったですね。

「紅白」は口パクじゃありませんよ!
どっかの国とは違うんです。
「あなたからわたしへ このうたをとどけよう ♪」
ポニョ(通称大橋のぞみちゃん)の歌声ではじまった紅白歌合戦。
なんだかんだでほとんど観ました。
猛烈に腹が痛くなりトイレに駆け込んだタイミングと、
風呂に入ってたとき以外はみました。

羞恥心〜aiko、あとミスチルの後だったSMAP、天童よしみさん、
生理的に嫌いな森山直太郎あたりは観ていないですね。

歌だと、断トツで「東京砂漠」がよかったなぁ。
好きな歌手だとミスチルですが、「GIFT」だと今年の曲でも
5曲はいい曲あるよなぁと思いながら観ました。
あのミスチルを中心にして、円状に北京五輪とかの映像が流れる
演出はよかったですね。私はてっきり「Tomorrow never knows」
のときみたいに崖の上で歌い(PVがそんなだった)
「崖の上のミスチル」とか、またはエコ関連の風車の前とか
そういった場所で歌うのかなぁ?と予想していましたが、
いい意味で期待を裏切られました。
いつもアレンジして歌いますね。桜井さんは。
ミスチル、中居、仲間、久石譲……と「貝になりたい」メンバーが
揃ったわけですが、ある意味事前に布石は打たれていたのですね。

絢香「おかえり」をはじめ、「home」(清水翔太じゃない方)など
家族をテーマにした曲が多かったイメージです。
そうかと思うと、いきものがかりは「帰りたくなったよ」ではなく
「SAKURA」を歌っていたりもします。
読めません。NHKの選曲は。法則があるようで、その実ない。
Perfumeもなぜか「love the world」ではなく、「ポリリズム」です。
speedは、冒頭に「やっちまったなぁ」級の外し方をし、
「残酷に過ぎる時間」(≒スピード)とか思っていたのですが、
その後は持ち直していましたね。カムバックを果たしました。

赤組の中で赤っ恥をかいた人はいなかったと思いますが、
白組の中には赤っ恥かいたのいたなぁ。誰とは言いませんが。

あと印象に残ったのだと、坂本冬美さんがソフトのキャッチャーを
やっていたとかで上野さんの414球めを受けていたこととかかなぁ。
見てておもしろかったのは、サブちゃんと小林幸子。
エンターテイメントに徹する感じが好きですね。
「見せる」ことを前提にした姿勢が見ていて気持ちいいです。
くぅちゃんとセクスィー部長だとどっちがマサルさん
(セクシーコマンドー)なのでしょうか?どうでもいいですが。

こどもの頃から好きな水谷豊さんが出てたり、
あえて氷川きよしをトリに起用したりとなかなか楽しめました。
来年は、「永川きよし」とか「水川きよし」とか(いるのかな?)の
そっくりさんが出てきたりするのかな?
紅白効果としては、木山裕策さんの「home」、
アンジェラ・アキさんの「手紙」が売れそうかなと。
あと、いきものがかりの「SAKURA」はニューアルバムに
入っていませんからご注意を。

ポルノ、隣のお姉さん(GIRL NEXT DOOR)……、
NHKは羞恥心がないのかもしれません……門松。

〜今年も(今年は)いい年にしましょう!新年の誓い!〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。