2008年07月31日

「27時間TV」

「たけしの暴走」は、5回前の拙文で語りましたが、
兄が録画していた残りのVTRとか観ていたらごそごそ
出てきました。27時間テレビネタ総集編です。

深夜の悪乗りで、モナ・二岡問題を聞かれたたけしが
モナはたけしの事務所のメンバーなので「五反田モナ」とでも改名
するかな……とか言っていました。
たけしが自分のクイズ番組で、モナにスイカのかぶりものをさせ
ピエロを演じさせることで、なんとなく世間的に許されたその後
バラエティーを中心に活躍。キャスターに起用されましたが、
最悪のタイミングで不倫騒動。お互いをなじった所で、なくした
信用は決して返ってこないのだから、せめて釈明せず、
潔く二人とも滝壺に沈めばいいと思います。

試合も自主的に出ないという選択があったはずです。
巨人的には坂本いるので二岡は不要ですし。
相応の報いを受けていないという感がぬぐえません。

社会的制裁として、いつも社会は女性に較べて男性に寛大。
はたから見てたら「どっちも同じ位悪い」のに女性の被る
ダメージだけが多い気がします。

悪乗りしたさんま・中居コンビは、たけしに二岡うちわを渡して
ましたが、ブラックジョークが好きな人が他人からブラックネタ
言われるのは嫌いなものなので、引きつった笑いでした。
「社員にならない。今一人欠員が出たんだ」
と、から騒ぎに出たがっていた女性を誘っていましたが、
どこか淋しそうだったのが印象的でした。

ヘキサゴンと牡蠣は生が危ない!

紳助と共演したさんまは、中村玉緒、浅田美代子、間寛平、
村上ショージという仲のよいメンバーを連れてきましたが、
やはり強力だったのは、ジミー大西でしょう。

クイズ番組の生放送中に、
「クイズは引き算にして下さい」
と連呼し、しかもその引き算を(わざと)間違えて、周囲を
混乱と笑いの渦に巻き込みます。
クイズ番組は、細木数子を筆頭にインチキをする芸能人が多いですが
まさか番組放送中に堂々と「やらせ」を主張するジミーちゃん。
逆に潔く画面に映りました。
さんま・紳助にいじられまくるイヤミのないキャラは、ヘキサゴン
メンバーと比較にならない「元祖おバカキャラ」は大活躍。
運転免許を持っているという事実は、この夏一番のホラー。
生放送よりも、編集されている方が絶対内容は安定します。
(笑い声とかも足したり、意図的チョイスも可能ですし)
そして放送事故は許されない以上、どうしても安全そうな芸能人が
司会進行に選ばれるのは、当然と言えば当然。
たけし、爆笑問題、ホリケン、ジミー大西……と結構危険なメンバー
を擁していた割にはまぁ無難?に終わったのではないでしょうか。

27時間テレビを観ていて思ったことですが、サプライズを演出
していますが、ある程度予定調和なんだろうなぁと言うこと。
例えば、さんまさんが「HEYHEYHEY」に乱入?しましたが、
次の日に「撮ってだし」されていたのは不自然でしたし、
たけしのさんま愛車破壊もさんまさんの残した「ここまでとは」
の発言から、ある程度了承済みだった感があります。

また、ナイナイ岡村が愛車破壊騒動に巻き込まれましたが、
これはある意味でたけしに岡村が認められていることと、
さんまとたけしの絡みに入ってきてもOKというサインです。

あと報道の義務のしがらみなのか、お笑い中心の非現実的
バラエティーの合間に、リアルな報道ニュースが入って
現実に引き戻されるのがちょっとイヤでした。
普段はともかく、27時間テレビを観ている人の中に、
ニュース的速報も観たいという方がどれほどいるのか
大いに疑問です。

「平和ボケ」を嘆く方もいらっしゃいますが、結構なことではないですか。
親が武器を所持していたり、一元論に凝り固まっていたり、
本当の意味で貧困を抱えていることの少ない国に「平和ボケ」が
起こらないのであれば、多分人間が幸せになることはない。
「笑い」がある程度許容される国って、私はいいなぁと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本水(やまとみず)を汲みに2」



「1」
http://manga0001.seesaa.net/article/103877473.html

日本水を汲みに埼玉からはるばる埼玉にやってきた安寿(私)は、
人との出会い?に感動したり、
美しい花鳥風月(残念ながら月は出てきません!)を愛でながら、
険しい山道に入っていきます。「自分探しの旅」(笑)パート2です。

傾斜十度の坂道を腰の曲がった老婆が少しずつ登って行く♪「傾斜」

さて、「風布」の看板が出て傾斜がきつくなった辺りから、
疲労は間違いなく出てきました。自転車を押しながら、坂道を
登って行きます。1でも触れておりますが、あくまでママチャリなので
勝気に徒歩(かちorとほ)で山に臨みます。
「ぽたっ、ぽたっ」汗が滴り落ちます。身体の姿勢は崩れ、
歩幅は狭くなり、ペースはガタ落ちです。
「なんでこんな苦しい思いをしているの?」
と思いますが、道端に咲く健気な花や見たこともない鳥
(ヤマセミでしょうか?)、鮮やかなコバルトブルーの
青みがかったカラスアゲハ?(写メ撮りたかったのですが、失敗)
を鑑賞しながら歩きます。道に面している渓流のせせらぎや、
ウグイスの鳴き声、森のもつしずけさ、岩に染み入る蝉の声
などを傾聴していると、
「やっぱり来てよかった」と思います。

しかし、それも急なカーブのある道を歩くときなどは、
楽しいよりも苦しいが勝り、身体はきしみをあげます。
2L飲むと20`カロリーがとれる「超神水」こと烏龍茶(きやすめ)
を飲みながら、「ポカリ」を飲みたくなります。しかし、
この烏龍茶容器はそのまま「日本水」入れなので、できたら
からっぽにしたいのです。流れ落ちる汗でべとつくTシャツ、
のどは渇くし、水分補給はかかせません。
カロリーを摂取するために持参したガムでも食べましょうか?
これだって、1個当たり2`カロリーを摂取できます。
バカにしちゃいけません。きやすめ。
傾斜10度どころか20度位あるんじゃないの?という坂道を登りながら
ついに「日本水」に到着!って、蛇口やないか!
というノリツッコミをする安寿。
ここは、日本水源泉前にある「日本水 蛇口VERSION」。
タイミングによっては、行列ができる蛇口です。中には、
ポリタンクにそれこそ何本も詰め込んでいく料理関係者と思しき
方もいます。日本水でコーヒーとか、料理を作ると確かに
おいしいです。
そんな蛇口スペースですが、本日は誰もいません。

200807301025000.jpg

「大和水 蛇口」画像 行列はできていなかった!


こんな所まで自転車で来た変人がいる、しかもママチャリだ
という奇異の目で見られることに異常な興奮を覚える変人としては
残念でなりません。「前見て、後ろ見て、もっと僕を見て!」
あ〜あっ、残念。 実際は、汗だく大盛りの最臭兵器としては
できるだけ人様のお目に触れないようにしたい所です。
ここから、源泉まで500bとか出ているのですが、これが真っ赤な嘘
だということを私は経験則から知っています。「500b」と書いてある
看板から結構登って行くと、また「500b先 日本水源泉」の看板が
登場するのです。うまい話と酔っ払いの話と山の看板はあてに
なりません。それにしても、蛇口スペースから直後にある
傾斜のきつい坂は一体なんなのでしょうか?
スキーの直滑降を思わせます。烏龍茶も飲みつくしました。
からっぽになったのに 僕はまた歩き出した ♪「からっぽ」BYゆず
と精神的余裕を演出いますが、歩いているときは結構マジで
きついです。しかし、今日は多分過去2回の登山よりもよいペース。
前述した青みがかった蝶を写メに撮ろうとしたり、余計なことを
していた割には精神的に折れることもなく、休憩回数も少なめ。

そして、日本水源泉地点にたどりつきます。ここは、陽射しよけの
スペースがあり、いよいよ山奥にくだって行きます。急な坂を
下っていきます。途中から山道を登って行きます。石を埋め込んだ
道があり、結構険しい道です。途中まで行くと、危険を喚起する
看板があります。確かにココからは、道幅が狭くなり危険度は
アップします。50p位しか幅がない場所とかあります。
手提げカバンを山側に持ち替えて重心を傾けます。
崖側に落ちたらよくて死亡、悪けりゃ腕と足位骨折しそうです。
慎重に歩きます(注 本当に慎重なら君主危うきに近寄らずです)
そしてついに到達。一息ついて、水の流れるありがたい音を
聴きながら、柄杓で口をすすぎ、日本水ゲットです。
「1.8Lまで」とあるので、頂戴していきます。
この日本水柄杓が置いてありますが、寄居市サイドとしては
「沸かしてお飲みください」と注意しています。私も山奥で
腹を壊して生き恥を晒したくないので、当然飲みません。

匂い立つのならいいのですが、ただ単に臭うのでここで大胆にも
着替えをします。移動中首に巻いていたタオルもここで外し、
持参したビニール袋にTシャツともども放り込みます。

実はこのとき結構近くに人がいたのですが、それは別の機会に。
TO BE CONTINUED……!
後記つけたし(人との出会いって、人が登場していない!)

200807301108000.jpg


200807301105000.jpg


「3」(この続き)はコチラから。
http://manga0001.seesaa.net/article/104003625.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

「日本水(やまとみず)を汲みに1」



埼玉県寄居の日本水(やまとみず)を汲みに行きました。
3回目ということもあり、どれ位ハードで、どれ位いい場所かって
いうことはわかっています。大学生時代にも行ったことがあります。

5時起床。バナナ2本と牛乳、コーヒー、なし、ハムエッグを食べ、
日課である愛犬との散歩をこなします。今日は軽めに2キロです。
愛車のママチャリ(9000円)を軽く拭いて、空気入れをします。
デイバックを安価で買おうとしてましたが、結局折り合い付かず
手提げカバンで済ませます。持ち物は着替えのTシャツ、タオル2枚、
烏龍茶2L、ポカリ1缶、ガム、汗拭きシート、iPod、ケータイと財布。
服装はTシャツ、ハーフパンツ、帽子の軽装で臨みます。

本日はバルサンを炊くということで、家を開けておきたいと母と
用意をします。愛猫(明日で9歳)をベランダに追い出し、
家電製品に新聞をかけます。
8時15分頃自転車で、「自分探しの旅」(笑)に出発です。

田園風景広がるアーバンを軽快に疾走。風を感じます。
気張らずに、力まずに自転車を漕ぎます。普段の8割位の力で
自転車を漕ぐと随分ラクです。すいすいっと漕ぎます。
まだ稲は、雑草にしか見えません。どこに行っても、蝉が
うるさいです。左の耳にiPodでブリグリを聴き、右の耳は
イヤホンをつけずに周囲の音を聞きます。軽快そのもの。
ちょっと前にブログで書いた某会社の前を通ります。
内定出ても断ろうと考えていた某会社。内定くれませんでした。
その会社の前を通ります。あぁ○○さんやねぇ……とどこ吹く風で。
自動車だと30分の距離も自転車だと倍近くかかります。
でも自分の身体で(自転車使ってるけどね)移動すると、
何か気持ちいいもんです。それは、身体で風を感じられるから。
生まれ変われるとしたら自由な風になりたい(BY中居正広16歳)
的強い衝動にかられてしまいます。若気?の至りです。
信号に捉まる合間をぬって、烏龍茶で水分補給。`カロリーも補給。
えっ、烏龍茶で`カロリー補給できないんじゃないか?って、
ところがところが(ブックオフっぽい)、この烏龍茶は、
200_リットル当たり、2`カロリーあるんです。
気休めやなー。と、髭男爵っぽく。一人ノリツッコミをする。
そんな軽いノリで、寄居246号線に突入です。

間違って、有料道路に乗らないように気をつけながら
秩父鉄道沿いを右側に臨みながら自転車を走らせる。
「中居さん、私風になってるよ」と脳内中居に語りかけていたら、
競輪用チャリがシャーと倍くらいの早さで走っていく。
お前、空気読めよ。磯野貴理か。この野郎!
と、どっかの漫画のキレキャラのような感じには決してならず
マイペースを保つのです。何しろ、私には山登りが待っているので。

途中違う橋を渡るというミスをしたりしながらも、無事に
「波久礼駅前」の信号を曲がります。寄居方面からだと左折、
長瀞方面からだと右折です。近くに「かんぽの宿」があります。
「よりいはし」を渡ると、道の突き当たりに大きな看板があり、
左折すると日本水や小林みかん山やつりぼりのある風布方面、
右折するとカヌー下りや岩畳のある長瀞・秩父方面に。
もちろん私は、左折です。

このあたりから音楽を聴かずに、両方の耳での移動をはじめます。
少しずつ傾斜がきつくなってきて、身体にかかる負担が大きく
なります。道の近くに渓流があり、マイナスイオンを肌で感じます。
もうすぐ8月だと言うのに、冗談ではなくウグイスの鳴き声が
聞こえてきます。「ホーホケキョ」。和みます。
道端には、きれいな花が咲いていています。心が洗われるようです。
「風布」(ふっぷ)と言う看板が出た場所辺りから傾斜が
きつくなります。

傾斜十度の坂道を腰の曲がった老婆が少しずつ登って行く
(BY 中島みゆき「傾斜」より)
誰が老婆じゃ。とまたノリツッコミ。この辺りまでは、
100_リットル当たり1`カロリーしかない烏龍茶だけで
平気の平左だったのですが、やはり2`の徒歩と20`のサイクリング
による疲労は間違いなく蓄積されていたのでした。
TO BE CONTINUED……。予告第2弾は、「日本水を汲みに2」を
第3弾は、「長瀞方面」を行います。

200807301103000.jpg


「2」はコチラから
http://manga0001.seesaa.net/article/103907502.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

「27時間テレビ2 さんま&大竹しのぶ編」

「さんま、大竹しのぶと共演、対談集及び名言・迷言集」
兄が録画&編集してくれてたので、前々回の1弾に続いて、
27時間テレビネタ第2弾です。

さて、さんまさんが裏番組「から騒ぎ」に出ている時間を考慮して
さんまさんの元奥さんである大竹しのぶさんと鶴瓶がやってきて、
時間をつないでました。しのぶさんのその後のさんまさん
合流後までの発言をピックアップしておきました。
(注 一部修正、ちょっと間違いがあるかもしれません)

大竹しのぶの発言 名言・迷言セレクト
「人に恩を売るのが好きなんですよ。お見舞いとかすごく好き。
 お見舞いに行く俺いい奴。それが、はっきり見えちゃうんです」
「私、舞台稽古もあるし、こんなことしていたくない」
「(二人の中が悪くなって深夜に)下の方から笑い声が聞こえて
くるんです。私もしも、夜中に自分のビデオ観て笑ってたら離婚!
て思いながら、見にいったら、本当に笑っていたんです。
離婚しようって思いました」
「いまる(娘)が生まれたとき、野球に行っていた」
「私のおばあちゃんに、娘がアメリカに行くって言ったら、
開拓しに行くのかい?って言われて」
(家庭内においても)笑いに厳しいんです。
おもしろい話しがあるの〜って言うと、ハードルを上げるんです」
「ちゃんと生きよう!」
「(さんまに)会うとよかったと思うんです
(離婚という)選択が間違っていなかった……と思うんで」

さんまの発言

「家の前には5人位記者がスクープ撮ろうと張ってる。
動くダンボールがあって、あれ俺疲れてるのかな?
と思ったら、中に記者が隠れていたんや。
だから(しのぶさんと)デートとか絶対できない。
ある日、マジックをヒントにして、ケースに(しのぶさん)
詰め込んだら……って考えて、実際に入れた。
タクシーに何とか詰め込んだら、ケースから 苦しい って声が。
運転手さん、あわててはった。それでケースを開けたら、
開けたとこから、口がニューっと。カー(ひき笑い)」

「ズボンから映画のチケット出して、誰と言ったの?って
詰問されて、(村上)ショージやっけ、三宅さんやっけって
思い出そうとしていたら あっ、私だった って言うんです」
「映画とか観てて、感想が違う。
夢に生きる男を見て、ばっかじゃないの……。とか言う。
「ローズ家の戦争」観て 夫婦が殺し合うっていう内容なんだけど、
その時だけは二人とも、わかるなぁ……と」
「(THAT WAS THATという服を着て)
あの時の(愛は)あの時だ。あの時だけのものだと思う」
「深夜にたけしさんにもらったビデオを家のみんなに隠れて
こっそり観ていたとき、(しのぶさんの)おばあちゃんが来て、
画面を観てしまい しのぶがすいません……。全部ホンマです」

「強力殺虫剤で俺を殺そうとしたんや。
これ、人にかけたら死ぬのかな?シュッと(かけられた)」
愛が途絶えていた。ずっと圏外だった
「病院から二人で赤ちゃんといた時、下にピンクか紫のジャガーが
停まった。窓が開いて三輪さんが、窓を開けて 幸せそうねっ て
言わはった。これは別れる(かもしれない)と思った」

そんな二人を見ていた鶴瓶は、
その日に生まれた孫を早く見に行きたいとごねだす。

その後、さんまは中居と共に「今年出会ったいい女ベスト10」を
発表するコーナーに。なぜか、大竹しのぶさんも参加。
しかし自主規制の、気まずいVTRが流れしのぶさん
一気にご機嫌ななめ45度に。
「勝手にやればいい」
「もう二度とお会いすることはない」
「もうちょっとちゃんとしてね」
というセリフを残して帰ってしまった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

「27時間テレビがすごかった」

たけしの暴走に次ぐ暴走。
素人チャンピオンの生たまねぎの一気食い。
さんま全速力でとばすも、安定感は流石の一言。
今田、やはり実力の高さを立証。
ワッキーのボケにからむと、ダダスベリ。

27時間テレビをいざ観んと、わざわざ昼間寝て「全部観よう」と
調整していた兄の、正直社会人としてどうなんだろう?という
ダメな熱意がインフルエンス(感染)して、いっしょになって、
昨日27日のうち12時間くらい27時間テレビを観ていた。
コーナーによっては、本当につまらなかったが、やはり総じて
おもしろかった。レッドカーペットを模した列島カーペットの
女子アナたちのテンションの高さと、芸をみせる素人&動物たちの
ほとんどがスベリ倒したものの、掃き溜めにツルと言うような
本当にすごいなわとび少女やら、パイプイスなどを回す達人、
芸達者のペリカン、小島よしおのマネをするかわいいアザラシ
などが登場し、なんとか総スベリという事態だけは回避された。
また、コメントでは今田の芸の予告テロップに対する
「ものは言いよう」の発言や、戸田恵子さんのコメントがよかった。

笑ったのは、「硝子の少年」の1番を流しながら、2番をつられずに
歌うというすごいのかすごくないのかよくわからない「芸」を披露
した青年だ。歌がものすごく下手であり、
結局つられてしまい(この時点で芸でもなんでもない)
失敗後「歌詞がよく似ているから」というしょうもない言い訳を
はじめるという沖田総司ばりの三段突きをかましてくれた。

そして、生タマネギ早食いチャンピオンである。彼のすごい所は
いきなりタマネギを「シャクシャクシャクっ」と食べはじめて
しまうところだろう。前フリがないのだ。観ているだけで、
苦しくなってくる。チャンピオンがまた、苦しそうに涙流しながら
食べるんだ。私は正直、ここで笑いすぎて一気に咽が痛くなった。

「その男危険につき」
その男の名はワッキー。つまらないワッキーのギャグに絡むと、
「自分もスベッたような感じになる」ので誰もワッキーと
絡みたくない&絡まれたくないので、一斉に逃げる。それを
ワッキーが「ツッコンデクレヨ」と共演者を追い掛け回す。
彼に絡まれた今田は、やはりいっしょにスベらされた感じになり
「初のNGタレント(ワッキー)」と叫び、
「ごっつのビデオを観て初心を取り戻す」、
「今日は4回位、悪夢にうなされる」とその恐怖をまざまざと語った。

「もっと危険な男 ビートたけし」

日本中を転々として、「ウミヘビ名人」などと名乗りながら、
海に落ちるという失敗のないオチ芸をしていたたけしだったが、
「世界のキタノ」の目的はそんなしょぼい笑いではなかった。
佐渡にある男根主義を象徴するお祭りに参加すること
&さんまの自動車を破壊することだった。

さんまはかつて、たけしの暴走によって愛車をボロボロにされて
いたが、今回も当たり前のように暴走に次ぐ暴走。
餌食となったのは、さんまの車とナイナイ岡村の車である。
さんまの車の上に岡村の車が乗っけられ(前左輪がさんまの車に乗り
簡易ステージ上に他の車輪が乗っている状態だった)、
たけしが車に芸術性すら感じるサイコ調のペイントを施して
心から遊んでいた。そして、たけしのワルノリは止まらない。

さんまの自動車に乗り込み発進。当然、上にある岡村の車は
「危険が危ない」状態になり、一同おののく。すると、たけしが
すかさずバックで自動車を元の場所に戻す。たけしは、勢いあまって
というかわざと岡村の車にぶつけたり、後ろの部分をぶつける。
暴走に暴走を重ねたたけしは、今田を轢き(あくまで軽くである)
やっと降りてきたと思ったら、水彩絵の具と思われるバケツ水を
共演者にかけまくる。さんま、たけしに触発されたネプチューンの
ホリケンは心から楽しそうにこの「水遊び」に参戦。
やはりたけしに次ぐ「空気を読まない芸人」だが、こういう場合には
ものすごく重宝するキャラクターである。

会場は阿鼻叫喚の地獄絵図と化し、さんま、たけし、今田、ホリケン
らは絵の具でボロボロ。お笑い芸人の中には、タイミングをつかみ
かねてある意味で「おいしい」後世に残るであろうチャンスに
乗り遅れた者もいた。この輪の中に入れた、小島よしおなどは
結構めっけものだと思う。
あらためて、たけしを野放しにする恐ろしさを立証した。
あと、たけしほどではないが、ホリケンの暴走っぷり、
ワッキーの「クスブリ芸」などがおもしろかった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

漫画『泣き虫甲子園』絵 あだち充 原作 やまざき十三

部員9人。監督は女子高生?
前代未聞だらけのストーリーと同著「タッチ」のあの名場面を
思い出す(ネタばれとなるので言わないが尋ねられたら書く)
ストーリー展開などがおもしろい青春野球漫画。ワイド版全2巻。

園田夏子は、高校野球が大嫌い。夏子は、剣道部の豪快な本郷と
友達以上恋人未満な関係だったが、邪魔な妹の存在もあり、
恋の進展はなかった。高校野球狂いの父を持つ、夏子は遠征試合に
出かけていて母の臨終に遅れてやってきた父を許せずに
頑なに野球を拒んで生きてきた。部員が足りない進学校で監督を
している父は、見込みのある野球生徒を12人も下宿させてきた。

そして、13人目の下宿生大友旭がやってきた。
旭を待っていた野球部員や夏子・チカラの前で、
その実力をみせた旭は野球部員やチカラから歓迎されるが、
夏子はそれでも長年の野球を許せずにいた。

そして自称超高校生級のピッチャー旭は、夏子や妹チカラと
共に生活を送るようになる。

軽薄で、自意識過剰な旭と野球を毛嫌いする同じく自意識過剰な夏子
だったが、旭や父、野球部員の野球に対する真摯な想いや、
両親が白球を通じて強い絆で結ばれていた過去などを知り、
次第に野球を愛するようになっていく。

一見軽薄に見えた旭だったが、本郷に負けない快男児であることを
少しずつ理解していった夏子は、いつしか心惹かれるものを感じる。
そして、夏の甲子園予選が始まった。
父が重い病気だと知った夏子は前例のない女子高生監督として
ベンチに入り、十人一丸となって戦うのであった。

泣き虫だが芯の強い夏子は、甲子園めざして戦う泣き虫だが心優しい
登場人物たちと共に、勝って涙を流せるのであろうか?
そして、恋の行方は?優れたラストシーン。
悪人が登場しないので気持ちよく読める。
迷言 旭
「ぼろぼろ涙をこぼしちゃって見送ってくれた
 淳子や百恵 みどりに奈々ちゃん 
ミーちゃんケイちゃんになんて言ったらいいんだ」
(注 この作品は1977年度の作品です)

200807261854000.jpg


「青春一直線」

夢の甲子園出場を果たした南海高校は、地元の期待を一心に背負い
いざ甲子園に。しかし、自分たちの力を出し切れず30−0の惨敗。
地元の人々から掌を返された3年生の野球部員たちは、グレてしまい
監督もアル中になる始末。
そんな中、一年生部員である間宮は急造のメンバー9人で甲子園を
めざすというムチャなことを言い出す。柔道部、陸上部、茶道部、
珠算部、帰宅部など広範囲のメンバーを揃え、猛烈に練習を重ね、
奇跡の快進撃を続ける。そしてついに決勝に進出した彼らの熱意は、
3年生部員を動かす。展開にムチャな面も多いが、
読後感のよいいい話である。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:06| Comment(1) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「おらが春の夏の甲子園」

本庄第一高校が埼玉県北の代表になりました。

本庄第一高校は、埼玉県の北西にあり、群馬県伊勢崎市との
県境に位置しています。近くを利根川が流れています。
女子サッカー部や習字などが有名な女子高で、最近共学に。
昨年も県代表になった浦和学院と決勝を戦い準優勝しています。
私は当初から北からは本庄第一か春日部共栄あたりが
甲子園にいけるのではないかと考えていました。(13日手記より)
実際、高い守備力、走力を有する2年生を主体とした手堅い
プレーをする昔の広島カープをほうふつとさせるいいチームであり、
強打をほこる上尾高校との決勝を4−3という僅差でせり勝ちました。
4番を1年生が打っている&甲子園初出場&そしてブラジルからの
留学生などが特色です。
NHKのアナウンサーが、「本庄」に変なアクセントを加えて
いましたが、平坦なアクセントが正しいのです。あしからず。
今年の埼玉大会の特色としては、いわゆる当初優勝候補として
挙げられていた「花咲徳栄」「春日部共栄」「聖望学園」といった
県を代表する強豪校が早い段階で破れ、上尾・春日部といった
甲子園経験がある古豪が大会を盛り上げたという所です。
破れこそはしたものの、戦い抜いた高校生たちに素直な気持ちで
エールを贈りたいと思います。本日試合を予定されている
「浦和学院」(うらがく)と「立教新座」に、浦学が勝ちますと
埼玉県初の3年連続甲子園行きとなり、立教新座が勝ちますと
23年ぶりの甲子園行きとなります。
「地元の代表校は?」 書いている時点で残りの代表校は10校です。
http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/
すでに、甲子園での対戦相手が決まっている高校もちらほら。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 04:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「たばこ1000円案 考察」

「増税してたばこを1000円」にするという案を政府が検討している。

これに対するアンケート結果としては、7割強賛成。
賛成理由としては、
「たばこが嫌いだから」
「喫煙者だが、これを機会にやめられると思う」
「受動喫煙の問題があるから」
「1000円は一見高そうだが、欧米では当たり前の値段」
「1000円にすれば、未成年が興味本位で購入できなくなるから」
などが挙げられる。

反対理由としては、
「嗜好品であるたばこだけが上げられるのは納得いかない」
「ストレス解消になるたばこを結果的に取り上げないでほしい」
「貧乏人にだけ吸えなくなるのは不平等である」
「たばこだけに重税を課すのは、やり方としてよくない。
 仮にやるなら、酒や宝石類にも重税をかけて、たばこだけに
 大きな負担をかけないでほしい」
などが挙げられた。

私の家は、喫煙者がいない。父が吸っていたのだが、肺を痛めて入院
退院後吸わなくなった。父は私たち家族の前でたばこを吸う
ことはしなかったが、家にやって来る親戚の叔父などは無遠慮に
吸っていたので、たばこを吸う奴はろくな奴じゃないという刷り込み
がある。(もちろん、喫煙者の中には周りに配慮してくださる方も
いるし、非喫煙者と同じ位やさしい方はいるとフォローしておく)

正直な感想として、たばこが1000円になれば、吸う人間の数は減る
だろうし、毎日のように起こっているであろう「たばこ」トラブルが
減少するのは目に見えている。
たばこを嫌がるそぶりを見せて、殴られるという事件も、
たばこの火が原因でこどもが火傷したり、
たばこの不始末が原因でボヤや火事が起きたり、
たばこが原因でスーツに穴が開いた、弁償しろ
という紛争も減るはずである。(大学構内でよく起こるトラブル)

絶対数が減れば、たばこ関連の係争は減るであろう。
もっとも、タバコを吸うことでストレス解消していた人にとって、
1000円は極論すぎるとは思うのである。端的に言えば、ポイ捨て、
歩きタバコなどをする人にはタバコを吸ってほしくないが、
マナーがいい人に関してはある程度の措置があってもいいなと思う。
タバコの始末をする人と、自動車の吸い殻を全捨てしていくのとでは
キキララとセキララくらい差がある。
月とすっぽんぽんくらい差がある。

たばこが1000円になれば、吸う人の数は減るだろう。
増収になる。医療の観点からも絶大な効果があると言われる。
喫煙者・JT・たばこ農家は反対を叫ぶが、値上がりはする。
大勢として、既に反対論者の方が多いので、政府としては、
6兆円〜の税収アップが見込まれる増税案をしない手はあるまい。

しかし、おそらくいきなり1000円にはなるまい。
それは、かつてのタバコ値上げの際に、
「1本あたり2円上げよう」という案に対し、結局1本当たり1円しか
上がらなかったという過去の事実からも容易に想像が出来る。
多分「白か黒かはっきり」しない折衷案が取られ、
1箱あたり500円〜700円位に落ち着くというのが容易に想像がつく。
結局は、ミスチルの「GIFT」のように、白と黒の間に無限に広がる
可能性を模索しつつ、両者の顔をつぶさない折衷案が採られる。
「勝つか負けるか」だけのアメリカではなく、
日本だから「引き分け」という発想が加わる。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

漫画『YAIBA ヤイバ』青山剛昌

天下一のサムライをめざす少年刃(やいば)は、破天荒な父と共に
ジャングルで生活していたが、漫画特有の異常事態が発生して、
日本にやってきた。ちゃっかりヒロインさやかの家に居候として
居座る刃だったが、鬼丸や歴史上の人物を模した登場人物、
(宮本武蔵、佐々木小次郎、柳生十兵衛、沖田総司など)の剣客や
地球制服を企む輩などが登場し、彼らとの戦いを経て成長したり、
仲間を増やしていくという王道的な格闘漫画&ギャグマンガである。
コメディータッチで描かれたストーリーは、対象年齢が低めに
設定されている感がある。鳥山明の影響受けすぎ!全24巻。

刃(くろがねやいば)

小さい身体からは、信じられないパワーと精神力を兼ね備えた少年。
軽薄だが、仲間想いの面もある。作中登場する数々の剣「雷神剣」
他を使いこなす。強い相手が好きであり、日本一の侍をめざす。
師匠は父だが、最終的にその父が刃の前に大きく立ちはだかる。
アニメの声優は、同著「名探偵コナン」の「コナン」高山みなみ。

さやか(峰さやか)

ヒロイン。中学生。物語のツッコミ役。刃の冒険に半ば強引に
同行させられる。命に危険が迫る事態も多かったが、
最終的にはかけがえのない冒険だったと振り返っている。
途中から刃と両想いだが、少年漫画の常で恋の進展はほとんどない。

鬼丸猛

刃のライバル。お調子者の刃と対照的な堅物のまじめな男であり、
自分の心の中に生んだ刃への憎しみから「鬼」になる。
風神剣の使い手であったが、魔王剣を扱うようになる。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

「ブリーフ派?トランクス派?2」

ブリーフ派?トランクス派?それともブリーフ&トランクス派

ブリーフ&トランクス? という方に「青のり」の歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B07671

あと「1」はこちらから。
http://manga0001.seesaa.net/article/97814352.html

さて、昨夜は過度の暑さによってパンツ1枚、窓全開で寝て、
まだ外がしらみ始めるあけぼのの頃、大量の蝉の鳴き声で
起こされて、ちょっと寝不足です。朝ボーっとしながら
新聞読むと、またイヤな事件があったんだなぁと知りました。
「不快指数」が高い日が続くと、ちょっとしたことでいさかいが
増えそうです。心に水を満たして、花でも咲かせたいものです。

今日は「SONGS」(NHK23時)にミスチルが出るみたいなので、
楽しみです。一週間後には「GIFT」が発売されます。
気付いたら、オリンピックも間近に迫っています。
日本の「拝金主義」は、オリンピック時に加熱しますが、
「出られるだけでもすごい」し、賞賛に値すると思います。
選手の頑張りが、何より素敵な贈り物ではないでしょうか?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「殺人」

「なぜ人は人を殺してはいけないのか?」
ということが広く論じられるのは、人が人を殺す機会が多いという
ことに他ならない。歴史的にも、現代においても。

そのひとつの答えとして、「死んだ人間は生き返らないから」
というのがあると思う。ドラクエのキャラやマリオは、
いくら死んでも生き返る。能力にも変化がない。リセットできる。
神のように死ぬことがなく、紙のように再生ができる。
よってプレイヤーは痛みを感じえないが、リアル世界において
人間(生き物)を殺したら生き返らない。大抵の人間は、アリとか
虫を殺してそのことに気付く。同時に社会は、あらゆる方法で
「殺す者を殺す」という事実に気付き、それが抑止力になる。

殺人事件が起きるたびに、ゲームや漫画などの影響が取り沙汰
される。先の事件においても、漫画の影響と議論されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000003-yom-soci

しかし底が浅い。所詮ゲームはゲーム、漫画は漫画である。
熱中したり、大好きになることはあっても、いっしょに生活している
家族よりも影響力があるとは思えない。それが、いわゆる
理想の親であっても、大嫌いな親であってもだ。
散歩をしていると、無造作にベビーシートが投げ捨てられている
ことがあるが、こういう親のこどもは、高確率でろくでなしに育ち、
中には親を反面教師にして、まっとうな人間になるのだと思う。

仮想の世界は魅力的だが、現実の世界には勝てない(はずだ)。
一人の漫画家が描く世界は、一人の漫画家の世界観であるのに対し、
外に出れば無数の人間がいる無限の可能性をもった世界が
広がっているからだ。
(もっとも、脳自体は宇宙のようにはかりしれないので、
一人の人間の発想が100人の発想を超えることはままある)。
殺人を犯して、「ドラえもんが助けに来てくれると思った」という
人の形をした生き物がいたが、ある意味で「脳≒宇宙」を証明した。
(ドラえもんをどう読んだら、そういう発想が生まれるのか大いに
 疑問であり、大好きなドラえもんを穢された気分になった)

そして、殺人犯には社会的な意味での抹殺や「死刑」が待っている。
「死刑」を残酷な制度という死刑廃止論者は、積極的に計画的に
行われた殺人行為や、殺された人間や被害者に近しい人たちに対して
の配慮に欠けると思うのだが。神が裁いてくれないから、人が裁く。
死神が、悪い奴の命ばかりを狙うのなら、ベターなのだがそうも
いかないし、そもそも神がいたら悪い奴が生まれてこないと思うの
だが……。人が「トトロ」とか「ポニョ」とか安心して観られる
作品を支持するのが、わかる気がする。

「人は、人を生かすものと、人を殺すものを作る」
という言葉があるが、できることなら人を生かす社会を
と願ってやまない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

「警察手帳がない」

あれっ?朝起きたら、警察手帳がないぞ。
どこにもないぞっ。ざわっ。ざわっ……。
「お母さ〜ん、警察手帳どこにあるか知ってる?」
「おにいちゃん、両親が30年前にいっしょにどこに出かけたかのか
知ってる?」
「おとうさん、なかやまきんに君どこ行ったか知ってる?
(本当は全然興味ないけど)」
あっ、そう言えば私は警察官ではないではないか。
みんな困った顔してるよ。低血圧一家め。

……というしょうもないコントを枕詞にして始めます。
警察手帳を紛失すると、そのペナルティーたるやすごいものが
あります。よくて戒告、悪けりゃ辞めさせられることも。
詳しくは、横山秀夫著の「動機」を読むとよくわかります。

一般的に、人が自分の身分を証明するものってあまりありません。
学生証、運転免許証、パスポート、クレジットカード位のものです。
警察手帳同様に、これらは悪用できるものでもあるので、
失くした場合は速やかに、紛失届けを出しましょう。

しかし、なんで証明写真の顔ってあんなにひどいのでしょうか?
自分のも、他人のもすべからくひどい顔で写っています。
加工修正したい所なのですが、今まで学生証や運転免許証などを
提示して見咎められたことがないので、もしかしたら私はこんな顔
なのかとめげそうになります。
家の鏡に写る私は、多分最高値のストップ高なのでしょう。
そして、証明写真に写るときは最安値になるのでしょう。
そういうことにしておきます。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

漫画『アン子 大いに怒る』藤子・F・不二雄

「恋人製造法」

UFOから出てきた謎の生物を助けた主人公は、
クローン人間を作り出せる装置を宇宙人からもらった。
作りたい人間のDNA(ディオキシリボ核酸)=髪の毛が必要
と言われた彼は、あこがれの女性毛利麻里を作り出すことに
成功するのだが……。

200807210750000.jpg

「ともだちになってほしかっただけなのだが……」


「アン子 大いに怒る」

父と暮らすアン子には、不思議な力があった。
いわゆる超能力≒シックスセンスである。
隠していたはずのことや、探し物が手元に来たり、
そんなことがたびたびあった。
ある日、世間知らずの父がお金をだましとられたことを
知ったアン子は大いに怒り、強力な超能力を発動した。

「スーパーさん」

ある日のことだった。
スーパーマーケットの娘がスーパーマン(≒スーパーガール)に
なってしまった……という、赤塚不二雄的作品である。
空も飛べるし、家の壁くらいあっさり壊せる破壊力満点の
スーパーさんだったが、恐竜も現われないし張り合いがないと嘆く。
彼女の空回りっぷりと、おふざけ満開のストーリーが楽しめる。
「お礼にお宅へドロボーが入ったら捕まえましょう」
と縁起でもないことを言い出すスーパーさんに活躍の機会は?

200807210754000.jpg

「ハエをやっつけようと奮闘するスーパーさん」
「倍速」

何をするのにもトロい倉札は、
うさんくさい男魔土災炎(マッドサイエン)から「倍速時計」と
言われる不思議な時計を渡される。
この時計によって、倉札は、周囲の全ての動きに対して
2〜100倍で動くことができるようになる。つまり、倉札から見て
周囲がものすごくゆっくり流れているように感じるようになった。
時間を支配した倉札は、「世界一早い男」になるのだが……。

など8編を収録。→パーフェクト版ではなく、廉価版の内容。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

「ためになる求人広告 水商売編」

否定すれば否定するほど、怪しくなることがある。
例えば、水商売と言われる仕事である。
私は、就職中・離職中に関わらず、求人広告を見るのが好きだ。
世の中には、いろんな仕事があるなぁとか、世の労働者はこんな
低賃金で働いているのかとか、その労働条件の悪さに恐れ戦く。

特におもしろいのは、水商売の求人広告だ。時給3000円。
おいおいコンビニとかファミレスとかの4倍かぁとか思う。
どんなインフレだよ。と思う。

その際に、この求人広告に踊っている文字がおもしろい。
「当店は、ノーピンクの店」だの
「派閥はありません」だの
「イジメはありません」だの
「ノリのいい人待ってま〜す(顔文字)」だの
「貸衣装代タダ」だの
「送迎あり」
だの読んでいて、実にいとをかし。
しみじみとした趣を感じる。
それは読む人に、
あぁやっぱり……。と思わせる。
否定すれば否定するほど、肯定したっぽくなり、
あやしさはますます増すばかり。

百聞は一見にしかずというが、とりあえず小説「レディー、ゴー」
桂望実著を読むことによって、
なるほどキャバクラとはこういうものか……とひとりごちた。
ためになるなぁ。
「大丈夫」と連呼するほど、大丈夫じゃないんだろうなぁと思う。
「不安?心配?そんなの関係ねぇ」
と書き、あのポーズを取った人たちに扮したスタッフが描かれた
秀逸すぎる求人広告を発見。不覚にも笑ってしまった。
世の中、もっとかるがると渡っていけたならいいのに。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大分県教諭のすべらない話」

不正で教諭採用試験に合格する者が出るのは、確かにあっては
ならないことですが、もっとあってはならないのは、
本来合格するはずだった人が不合格にされたことだと思います。

この問題は、悪い奴がお金をもらって……というだけの話しではなく
その悪い奴のせいで人生を狂わされた人間がいて、しかも
はっきりとした証拠が残されていないという現実にあります。
(悪い奴が試験やデータなどの証拠を隠滅しているため)

大分では、不正によって合格した教員の採用取り消しという
措置を取り、同時に本来合格していた人間が希望すれば教職員として
採用するとのたまっているらしいのですが、釈然としません。
自分の意志で不正を行っていない者や、信頼を裏切った県に
就職したくない本来合格者もいると思うのです。

今年の大分県採用試験においては、第三者機関に試験を委託したり、
不正防止に向けて措置が講じられていると言いますが、
一度失われた信頼を取り戻すことはできません。

「すべって転んで大分県」という言葉がありますが、
「すべらず転んだ大分県」という感じです。

世の中、「天網恢恢疎にして漏らさず」(てんもうかいかいそに〜)
とはいかないかもしれませんが、やっぱり悪いことは悪いと
ある程度の処罰なりをすべきだと思います。

このブログのご利用は無計画的に。夏休みのご利用は計画的に!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

漫画『喝揚丸ユスリ商会』藤子不二雄A

強請る者は、強請られる。

ダークな人間の内面を描いたエログロ系漫画。

200807181836000.jpg

主人公たち。つまり、ゆする者と、ゆすられる者。

刑法第249条【恐喝】  

1 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを
 得させた者も、同項と同様とする。

〜あらすじ〜
主人公喝揚丸は、ユスリ商会の社員であり、他人の知られたくない
秘密や悪事などを写真に納め、相手を強請る(ゆする)ことで、
生計を立てている。「同じ材料は、決して二度売りいたしません」を
合言葉に、低姿勢で強請りをかける揚げ丸は、喪黒福造のような
「絶対悪」ではなく、あくまで日々の生活のためにゆすりをする
しがないサラリーマンであり、時には罠にはまった人間を見て
心を痛め、情を見せる場面もある。強請りをかけられる人間の
中には、ひき逃げなどの犯罪をするような自業自得的な者もいて、
作中においては、揚丸を悪人と描かずに、むしろ強請られる側の方が
悪人的に描かれている者もある。水虫のかゆさにのたうつ揚げ丸は
犯罪者ながら、どこか憎めず、ユーモラスですらある。
但し、作品自体は不二雄A色の強いダークでブラックな作品。

200807181839000.jpg


他に、上記の作品と同様のテイストで描かれた「恐喝有言会社」
日本人の悪しき習慣を風刺した「ハレムのやさしい王様」を収録。
「笑ゥせぇるすまん」が好きな方にはおすすめ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

「解説 詐欺の手口」

結論 絶対数が多いと確率が低いことも起こりうる。
〜例〜

ある日のことだった。株に興味があるAさんに電話があった。
つまり、ある特定の株が値上がりするのでAさんに買うように
勧めるものだった。Aさんは相手にしなかった。

次の日、Aさんがいつものように新聞で株をチェックした。
昨日、値上がりすると言われた株が値上がりしていた。
その日も、Aさんの所に電話がかかってきて、また特定の
株が値上がりすると伝えた。Aさんは、株を購入するか迷った。

次の日になり、Aさんは自然と昨日値上がりすると告げられた
株を見た。値上がりしていた。そんなことが何日か続いた。
ある日、いつものように電話にでたAさんは、
なぜ値上がりする株がわかるのか相手に尋ねた。
「プロですから……」と自嘲気味にしゃべる相手。
Aさんは、「これは上がるかなぁ?」とある会社の株の名前を
出した。相手は、教えるのにはお金がかかり、また株が上がったら
一定の成功報酬をいただくとAさんに告げた。Aさんは、
安くはない情報提供料を払い、値上がりするという言葉を信じ、
株を購入した。

次の日、株は値下がりしていた。
そして、それ以来あの電話がかかってくることはなかった。
Aさんは、電話の相手がプロはプロでも詐欺のプロだと気付いた。

このカラクリを解く。
Aさんに電話を掛けてきていた相手は、Aさん以外にもものすごい
数の電話をかけている。仮に、株が値上がりする確率と値下がりする
確率がそれぞれ50%とすると、電話の主が株の値上がりを的中させる
確率は50%である。(横ばいは考えないものとする)

これをたとえば1000人の人間にすればどうなるか?
確率的には、500人の人間に対して自分の予想が当たったと
錯覚させることができる。間違った予想をした相手にはもちろん
電話をしない。残った500人に同様のことを行う。
250人に対して予想が当たったと錯覚させられる。

これを繰り返すと、中には騙されてお金を振り込む者も出てくる
かもしれない。先のAさんの例であるが、Aさんに言った
株の値上がりがたまたま当たっていたら、またAさんから金を
要求すればよい。そして、かける電話の相手(絶対数)が多いほど
騙される人間も増える。ありえなそうなことであっても、
絶対数を増やしていけば、一定の確率で起こりうるのである。

8人
 →4人 値上がり 
 →4人 値下がり     4人残る  

4人
 →2人 値上がり
 →2人 値下がり     2人残る

2人
 →1人 値上がり
 →1人 値下がり     3連続で当たる期待値 0.125
              (但し、横ばいは考慮しない)        

最近のトレンディな?詐欺は「還付金詐欺」です。ご注意を。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガ『スーパー主婦月美さん』臼井儀人

「クレしん」の作者が描く4コマギャグマンガ。
羞恥心は皆無、鶏のような頭脳を持ち、異常な言動を
繰り返す濃いキャラクターの主婦を主人公に繰り出される
ギャグ満載のストーリー。作者のプロフィールが載っている作品。
臼井氏いわく、家族構成と似ているので書きやすい作品とのこと。
絵のテイストは、クレしん初期と同じであり、
カマキリ顔のおばさんや、ボーちゃん似のこどもなどが登場する。

200807150809000.jpg


川越月美

この物語の主人公。「クレしん」のみさえをよりパワーアップした
ようなキャラクター。人の心に土足どころかスパイクで踏み込む
イヤミなセリフを吐き、がめつく、短気、おケチ、見栄っ張り、
暴力的な性格であり、夫婦喧嘩では当然のように彼女が勝つ。
普段の行動がひどすぎるので、娘からは当然尊敬されず
「老後の面倒は絶対みたくない」と思われている。
しかし、自己評価は高い。下品な性格。

川越日出男

月美の夫。
基本的に「クレしん」のひろしと顔も性格もそっくりであり、
月美の被害に遭うという損な役回り。
「おまえ(月美)といると退屈しない」
に彼女に対する想いが集約されている気がする。

川越星美

次女。幼稚園児。当初は違ったが、顔がネネちゃんにシフト。
月美の犠牲者であり、日常生活において月美のせいで恥をかく
ことが多い。理不尽に怒られたり、鶏並みの暗記力の月美のせいで
外に置き去りにされることも多く、時に月美に仕返しをする。

川越朝美

長女。小学3年生。顔や髪型がころころ変わる。瞬間的に
よしなが先生に似ていた。まともな性格であり、イマイチ
キャラ立ちしていない感がある。母の性格を熟知しているので、
時にその性格や性質を利用するしたたかな場面をみせる。


同著「クレヨンしんちゃん」の紹介文はコチラから。
http://manga0001.seesaa.net/article/80675401.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

「コント 朝日新聞」

ケイコ「朝日新聞なんか読んでるの?」
マナブ「いいんだって。朝日新聞。ゴキブリ倒すのに」
ケイコ「なるほど。ゴキブリにとっては朝日新聞が『死神』ね!」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

「ドラクエかよ!!」

某レンタルCD兼本屋に行く。
この店は狭い。非常に狭い。
人が二人すれ違うのが困難。
ゆっくり眺めていられないので、回転率が高い店だ。

レンタルCDを選び、カウンターに行こうとしたら、
向こうからおっさんが来るのでやりすごすことにした。
しかし、後ろにそのおっさんの奥さんと思しきおばさん、
その後ろに長女、またその後ろに長男という感じで、
なぜか一列に並びながら歩いてきた。
距離、スピード共に申し分のないレベルだ。
結局4人分も、ホテルマンよろしく通りすぎるのを
待つはめになった。こんな家族は、
回転寿司に行ってわさび入れすぎでも食べればいい。
むせればいい。

あと、ドラクエと、小学校の登校風景を思い出した。
一列でぞろぞろ。
先頭が旋回すると、重なっちゃうんだよなぁ、キャラたちが。
と細かいことを思い出す。

だが、最近の小学生はなぜか5m位ずつ離れて歩いている。
どんだけプライベートゾーンを尊重しているんだよっ!!
とツッコミを入れたくなるほど、離れて歩いている。
あれは、そのまま小学生たちの心の距離なり、
責任感のなさを露呈しているんだろうなぁ。
上級生は、「我関せず」って感じ。
あれじゃあ、下級生の子頼れないよ。
いっしょにいるのにいっしょにいない。
心が離れたカップルみたいだ。

あと、先頭としんがり(最後尾)に上級生を置くという
黄金シフトは誰が考えたのかしらないが、秀逸だと思う。
ひどい班になると、上級生同士、下級生同士で固まり登校。
縦のつながりを求めず、横のつながり求めんと横並びに歩く。
後で先生にバレて怒られるのだが……。

などと、店内の狭い場所でぼーっと考えていた私を
人々は道端に佇む黒or茶色のアレを見るような目で
「邪魔」と言う感じで見ていた。

こんな私は、シャリとわさびの量が反対の寿司でも
食べればいい。激しくむせればいい。涙目になればいい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

マンガ『ALIVE アライヴ』高橋ツトム

死刑執行を言い渡された八代(やしろ)は、
午前11時ついに「魔の刻」を迎え、連れられていった。

自分の恋人を暴行した4人を次々と殺害。
しかし結果的に、その恋人も失った八代は逮捕され、
模範囚としてすごし、他の模範囚や拘留所の所長などとも
心を通わせるほどだったが、ついに死刑が執行される。

絶望的な状況の中で、八代の前に男女が現れた。
「私たちと来れば、処刑を回避できる。生きるか死ぬか…」
と問われた八代は、迷わず生きることを選択したが、
八代はその代償として「第二の刑」を受けることになる。

200807120754000.jpg


あやしい施設に連れてこられた八代は、八代よりも凶暴で
短絡的な死刑囚権藤と共にそこに収容され、ある実験に加担
させられる。ある女性に憑依し、宿主とし、宿主を支配していく
という謎の怪物を取り除くために、二人は呼ばれたのだ。
怪物は圧倒的な破壊力を持ち、より強い者に乗り移る性質を持つ。

200807120801000.jpg


八代は、この怪物と対峙しながら、自分のかつての過ちを少しずつ
噛み締めていく。心の中につくった大きな暗闇に、光が射す日は
来るのか?人間の本能がむき出しに描かれた、きつめに作品であり
作品自体は総じて殺伐としている。エロ描写・暴力的表現も含む
内容であるが、画力や見せ方などは流石の一言。テーマは「自由」。
生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

「のび太をプロデュース」

ドラえもんって、のび太をプロデュースだよねって、
兄に言ったら、真のプロデューサーはセワシだってさ。
はじめて、兄を尊敬したw
さて、のび太である。
第一話をコミックスで読むと、ドラえもんがこなかった場合の
のび太が描かれている。彼は、就職できずに会社を父と興す。
おぉ、経営者ではないか。
若くして、青年実業家。ホリエモンのようだ。

しかし、花火が原因で火事を興す。さすがのび太。
想像の斜め上を行く、ダメッぷり。
そして、ジャイアンの妹ジャイ子となぜか結婚。
子宝には、恵まれている。しかし、ガリガリに痩せ、
風采の挙がらない感じで、こどもを背負っている姿は、
小学生ののび太には、ショックが大きかったらしく
現実を受け入れられなかったようだ。

そして、ドラえもんとセワシはのび太に
「未来を変えてやる」と宣言。

のび太はこれにすがるが、このやり方って
精神的、経済的理由などを背景に弱った人間をだましこむ
詐欺の手法とよく似ている。相手を不安にさせ脅えさせ、
そこに救いの手(魔の手)を差し伸べる手法はそっくりでは
ないか。ちなみに、ドラえもんが来た場合は、
なぜか近眼が治り、未来ののび太はメガネをかけていない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

「ギャンブルに勝つには」

結論 

・大元になる。(親元になる)
・公営ギャンブルで「勝つ」のは、類稀な強運と意志力を有する者。
・身内でやるしかない。(但し、犯罪。失うリスクもある)
・イカサマをする。

例えば、競馬。「テラ銭」と言われる大元が勝つ仕組みがあり、
すでに馬券を買う時点で不利が発生している。
約25%が大元に取られた状態での払い戻し。
取られたでは聞こえが悪いので、強奪されたと言おうか。
端的に言えば、
1000円買ったら750円のキャッシュバックしかない。
つまり、のっけからものすごく不利な状況である。
そして、忘れがちだが交通費、新聞、情報紙、割高な食事代……
と諸々の出費がかかる。「今日は儲けたから」と大盤振舞したり、
「負けたー」と酒屋で飲んだりすれば、その出費たるや……。
そして、曲者は「今日は」の部分である。ではトータルでは?
と聞いて、芳しい答えがもらえるかと言えば甚だあやしいものだ。
パンチョさんの頭ととなかやまきんに君の未来くらいあやしい。

期待値0.75に打ち勝ち、しかも「勝ち逃げ」するという
確固たる意志で打ち克たなければならない。
ソースは、浅田次郎氏の本だ。氏いわく、
「家計を破綻させない範囲での遊びが望ましい」
つまり生活の糧になるのは、あくまで大元である。

そして、一般論としてギャンブラーは
「今までの負けを一気に取り返そうとする」ものらしく、
それによって、より深い淵に沈みこむようだ。浅田氏も
100万単位の借金をして、競馬場で自分の予想を聞く
なにがしの話をエッセイで面白おかしく書いていたが
傍から見たら喜劇でしかないことも、本人にしてみたら
悲劇なので注意が必要である。
ちなみに管理人は、馬券を買ったことがない。

もし確実に儲けたいのであれば、大元になるしかない。

身内で賭け麻雀(犯罪)をする方法もあるが、これも
雀荘でやるとお金がかかり、知らず知らずにショバ代なりを
掠め取られている。雀荘の店員に代打ちを頼むと、早上がりの
打ち方をされるのは回転率を上げるためである。
ソースは、「さおだけ屋はなぜつぶれないのか」である。
金を得られる娯楽は、金を失うリスクも高い娯楽。
そして身内で行う場合、失う者も大きいという事実に
目を背けてはいけない。

イカサマをするしかない。
絶対に勝つ必勝法があるとしたら、それは詐欺つまり
イカサマしかあり得ない。仁慈にもとるが、これはある意味で
当たり前のことである。しかし、イカサマをする者は、
イカサマをされた時に文句を言えない者でもある。
相手が外道の時には、つとに有効な方法である。
ちなみに「宝くじ」のキャッシュバック率の低さは異常であり、
なぜあれが詐欺にならないのか甚だ疑問である。
ラベル:ギャンブル
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

「昔のなにがし、今の金貸し」

銀行であっても、消費者金融であっても、闇金融であっても
「金貸し」という本質は何も変わらない。金を貸して、
利息や抵当をつけて回収。より多くの金を得る。
回収手段が外側から見た際に、スマートに見えるか
ハードに見えるかの違いはあるが、本質的には同じ。

例えばの話をしよう。
銀行が貸し渋りをする。仕方なく金利の高い消費者金融に出かける。
消費者(借り手)は、抵当などによって、
銀行よりも高い金利でお金を借りるはめになる。
高い金利を返すのは大変なので、返せないことも多い。
そうすると、抵当を取られたり、脅されたり、
仕事先に連絡されたり、あらゆる手段での嫌がらせを受ける。
自分の周りに危害が及び、金策尽きた者の中で自殺という
最悪の手段を選んでしまう者がいるのも肯ける。

一時期、隆盛を誇った消費者金融が、法定金利率の引き下げ
などにより業績悪化したり、倒産したとき、正直胸がスカッとした
ものだが、考えてみると、消費者金融が潰れると、
消費者金融からお金が借りられない者は、
もっと悪条件の闇金融からお金を借りることになる。
悪循環である。

それを考えると、銀行、消費者金融は「必要悪」という
ことになる。釈然とはしないが。
お金を借りようと考える方は、「ナニワ金融道」
を読むとよい。とても金を借りる気にならなくなる。
お金を貸す立場の方は、とりあえず「罪と罰」を読むとよい。
とても、金を貸す気にならなくなる。

〜読んでくださって、ありがとうございます〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

「金利の話」

「ゼロ金利」しか知らない世代にとって
銀行の定期金利が8%とかあった時代というのは
ピンとこないと思う。

「ドラえもん」の中で、定期でお金を預けると
年に8%の金利がつく。8年で2倍になるから、
タイムマシンを利用すれば、80年で1024倍になる!
という夢のような話がある。
ドラえもんの世界ではゼロ金利政策も、
その銀行が倒産することもなかったらしいが、
結果的にのび太とドラえもんが手に入れたのは、
のび太の自転車分の金額だった。

これは、未来の貨幣で、二人の住む時代の貨幣を購入
しようとしたら、ものすごく高騰していたから……
と言うものだが、≒1024倍ほどの価値になるものか?
大いに疑問である。

ちなみに、1994年頃の定期金利は5〜6%であり、
自分の通帳に利息が12000円とかついて、びっくりした
覚えがある。当時の1年の小遣いより多かった。

それでも、投資家にとってのうまみは少ないらしく、
土地や先物取引、小豆相場や株などに手を出して、
破産したりした。
また、投機目的で海外の名画や、土地を買い漁り、
大いに顰蹙を買ったりしていた。

ゼロ金利政策を取った時点で、銀行にお金を預ける
うまみはなくなった。個人の持つ財産は微弱であっても、
それが10万人、100万人単位になれば、
10億、100億、1000億……の金になる。
銀行の基盤である金が預けられなくなるということは
銀行側にとっての、機会損失(儲けるチャンス)を奪う
ことになり、かつて「ゴミ」と蔑んでいた個人の通帳の
お金が銀行にとって決して軽視できないものに成りつつ
あるのかもしれない。足りない金は、どこかから工面する
しかないが、言うなれば銀行は、闇組織やブローカーから
金を調達するしかないという「銀と金」のようなことも
十分に考えられるし、納得できる。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

漫画『明陵帝梧桐勢十郎』かずはじめ

明陵高校には、名物的生徒会長がいた。
その名は梧桐清十郎。他を圧倒する暴力と学園内での権力を有し、
自分の信じる道を突き進まんと「明瞭な帝王学」を断行する。
自分の学園の生徒を「オレのもの」(下僕)と呼び、
他校から明陵校の生徒が攻撃されるとき、全力で明陵高生を守る。
しかし、攻撃される理由として梧桐の郊外における暴力行為が
大きく起因していることは見逃せない。

梧桐勢十郎(生徒会長 2年) 

通称「明陵帝」、「会長」。
人によっては、セージ。梧桐。セーちゃん。と呼ばれる。

性格は、自ら悪役(ヒール)となり、大のめだちたがり屋。
一般的に卑怯と言われる後ろからの攻撃や、凶器の使用などに
ためらいはないらしく、ガンガン使用しているが、
正々堂々のガチンコ勝負においても「最強」の強さを誇る。
イベントのために、学園内の施設や東京ドームを貸切にし、
マイクパフォーマンスもお手の物。
高い所が大好きであり、ことあるごとに高い所から登場する。
食欲旺盛であり、10分間に20個の弁当をたいらげる。鍋奉行。

日常暴力をふるい、盗聴器をしかけたり、人の弱めにつけこんだり、
弱いものいじめが大好きである。部分的にシャイな部分をみせたり、
あえて偽悪を演じている所などもあり、結構学園内において
好き勝手な横暴を繰り返すが、有言実行タイプのカリスマ性は
全ストーリーを通じて、損なわれることはなかった。
「アイシールド21」のヒル魔は彼と似たキャラである。

梧桐道場の師範であった自分の父親から、一方的な暴力(虐待)を
受けて育った彼は、広い意味での「強さ」を求めて生きる。
第一話では、明陵にいじめを理由に転校してきた青木(生徒会書記)
の後押しをしてやっている。

物語は、勢十郎絡みの直接的な問題や、無関係であるはずの問題に
勢十郎がおせっかいで介入する形式をとる。また、勢十郎は
中小企業の社長のようにお説教が大好きらしく、問題の相手を
殴ったり、懲らしめたあとで、バシッと決め台詞を言って去る
というパターンが多い。

青木(生徒会 書記 1年)

進学校からいじめを理由に転校。まじめで、人間観察が鋭く、
この物語の良心的キャラ。まともであり、学年3位の学力を有する。
第一話、最終話の主役であり、成長した彼を見ることができる。
また、最終話を読むと結局作者が何を言いたかったのかがわかる。

クリフ(生徒会 元生徒会副会長 3年)

御曹司。ハーフで、モデルもこなす。モテ系。勢十郎の殴られ役。
勢十郎に出会ってから、明るい性格になったらしい。
レアな消しゴムに2000万円以上使うなど経済観念がない。
また、貞操観念もない。

伊織(生徒会 副会長 1年)

勢十郎のおさななじみにして、唯一勢十郎が甘えられる存在。
同時に、勢十郎に意見をして影響を与えられる存在。
聡明にして、豪快な美少女であり、戦闘能力も高い。
学年1位の頭脳を有し、山のような書類の打ち込みを毎日のように
こなす情報処理能力に優れている。

恵比須(生徒会 会計)

ハーバード大を卒業している、理系・工学系の天才であり、
趣味は発明というギャグマンガで使いやすい存在。
マンモス校である明陵校の仕事を4人でこなすのはつらいと、
途中から会計役を募集。めでたく、人のために働ける彼が
勢十郎の目にとまる。クイズ王でもある。

半屋(四天王 工学科)

勢十郎のおさななじみにして、喧嘩相手。空手をやっていた彼は
喧嘩っ早く、恐れられ、周りから孤立していた。勢十郎とケンカし、
はじめて負けを味わうが、こぶしで語り合うを実践したキャラ。
犬猿の仲であるが、どちらもお互いを認めているような所がある。
金髪、ピアス、刺青(いれずみ)の三拍子揃った工学科のドン。
勢十郎は、女性を殴らないが、彼はたまに殴っている。
単純だが、ある意味で純粋、不器用。かつて、空手で日本代表の
強化選手に選ばれたことがあるほど強い。頭が上がらない姉がいる。

八樹(四天王 体育科)

剣道部エース。勢十郎に助けられたことを機に、「強さ」を求め
実際に強くなったのだが、そこには屈折した想いがあった。
青木がいないときの物語のツッコミ役であり、常識的だが、
やや腹黒なキャラでもある。ある意味では、勢十郎よりも外道。
長身、一見爽やかなモテキャラ。彼が行く所、黄色い声が響く。

嘉神(四天王)

「正しくない」ことが許せない、やさしき巨人。
趣味は、パソコンと裁縫と和料理。
家庭科が得意で、福祉に興味がある。
厳しい道場で育ち、幼少の頃から偏狭な「正義」を押し付けられた
彼は「正しくない」(世間一般で言う)ことが大嫌いであり、
それを他者に押し付けがちである。勢十郎とは、ある女性を介して
中学校時代に対決しており、勝敗がついていない因縁の相手。
柔道を変形させた、より危険な技の使い手である。

みゆき(四天王 芸能科)

勢十郎のおさななじみ。外見は美人であり、性格は女性そのもの。
芸能界を夢見ていて、フランスに留学していたが、帰国。
父親から受けた虐待によって、幼少時から
「女の子ならこんな暴力受けないのに」と思い込んだ彼は、
いっそ女になろうと決意。「強い男」が好きな彼は、
勢十郎の強さに惚れ込み、幼少時に結婚承諾の血判を押させるほどの
アクティブな子だった。靴には鉄板を仕込んでいる。
勢十郎が好きな彼は、すぐに抱きつく。首が折れそうな勢いで。
また首をおとすのがうまいというイヤな特技を持つ。

肉(犬 ミニチュア・ブルテリア)

勢十郎が、いざというときのために育てている「食用犬」。
もちろん本気ではない。凶暴。大食。礼儀知らず。と、
飼い主にそっくりであるが、
芸を仕込ませた所、一流であることを証明した。
勢十郎と、伊織は上位に位置するらしく、言うことをきく。

少年ジャンプでやっていた漫画と思えないほど、悪役の毒が強い。
読んでいて、ちょっと辛いな……という歪んだキャラも多々登場。
でもこの物語は、反省する人間もいる一方で、
全く反省しない人間もいるという事実をまざまざと見せ付けてくれた
ある意味で画期的な作品とも言える。水戸黄門的作品でありながら、
すべての人間が改心するかというと、そうでもないんじゃない?
というリアルさが窺える。また、主要人物のほとんど全員に
暗い過去なり、陰の部分があり、作者の人間観が垣間見える。
また、回によっては、主人公勢十郎が、意図した言動か、
単なる自分の欲望に任せた言動かよくわからない回もある。
全10巻。学園もの&格闘もの&ギャグ&勧善懲悪もの。   

200807010727000.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。