2008年06月29日

「チームミニモニの栄光」

「自分を信じていくのだぴょーん」
と歌っていたミニモニメンバーだったが、
できちゃった婚(授かり婚)をしたり、
未成年喫煙してこどもの夢を壊したり、
自分を信じた結果、あのていたらくである。

ミニモニは、かつて人気もあったし、売れた。
関係者やファンから辻&加護はかなり期待されていた
と思う。自分以外にも、信じていてくれた人がいた。
それに対する返答としてはきつい仕打ちだ。

「おいしい牛乳飲むのだぴょーん」
8年前の6月29日つまりこの日、
雪印が不祥事&不適切発言したことを蒸し返すことにした。
「雪印の黄色ブドウ球菌食中毒」
http://www.mhlw.go.jp/topics/0101/tp0119-2.html

社長「私は寝ていないんだ」
専務「黄色人種と黒人は牛乳を飲むと下痢する」
こっちは、しゃれになってないなと思った。
思えば、この頃から「謝罪」ばかりの十年という感じだ。

プロ意識っていうのは、社会人ならどんな立場でも求められる。
それが、十代のアイドルでも、いい年した大人であってもだ。
加護は、また芸能人として活動をはじめた。
雪印は、「メグミルク」と名前を変えて牛乳を作っている。
肝心なのは管理体制とかじゃなくて、謙虚であることだと思う。
自信が確信になる人もいれば、自身が過信になる人もいる。 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「○×問題の瑕疵」

問題です。
日本人の宇宙人飛行士は、8人いますが
8人全員とも星の名前になっている。
○か×か?(正解はこの記事の下に)

さて、○×クイズ(○×問題)である。
テストや、自動車免許の時などに用いられるこの様式。
全然知らなくても50%は、正解するというこの方式は、
ものごとの本質を曇らせる。

免許を取るためには、教習所に通うのがごく一般的。
その途中で、効果測定と言うテストがある。
教習所内パソコンが置いてあり、問題に対して
○、×で答えていく。その際に、はじめてテストを行ったとき
61点しか採れていなかった。(満点は100点)これって相当まずい。

先にも述べたが、全然知らない問題を答える場合、
○、×の二者択一問題の正答率は50%である。
よって、幼稚園児でも期待値として50点前後は取れる計算になる。↓
       期待値に基づく予想点  実力点
理解力  0%   50点         0
理解力  20%   60点        20
理解力  40%   70点        40
理解力  60%   80点        60
理解力  80%   90点         80   
理解力  90%   95点        90

つまり私の61点と言うのは、せいぜい20%程度しかテストを
理解していなかったことになる。というか、図にしたように
理解力80%でも、合格点90点のボーダーライン付近に達する
計算になる。20%の間違いがあってもよいというのが、
自動車免許の怖い所なのである。事故が多いわけである。
ちなみに、免許取得時の私は91点しか取れていなかった。

冒頭の答えは○。 瑕疵(かし)…欠陥、欠点。法律用語。  
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

「七番目がいい」

カリン様とは、鳥山明がドラゴンボールで描いた
猫の顔をした仙人であり、齢800歳である。
カリン塔に住んでいて、動きは俊敏。
「超聖水」「超神水」(片方は水であり、片方は毒水である)
身体を完璧に完全回復させる奇跡のアイテム「仙豆」、
心のきれいなものは乗れる「筋斗雲(きんとうん)」
などを有している。性格は、おちゃめだが、少し抜けた所がある。
モデルは、鳥山明氏が飼っていた猫。

「眞鍋かをり」のココログ6月28日更新「カリン様」補足
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「不当景品類及び不当表示防止法」

「誰なんだ?おまえは?」
兄と私は、絶叫したのだった。

「不当表示」「不当表示」と騒がれている昨今ですが、
昔は、「不当表示」がもっとあふれていた気がします。

一例を挙げます。
まだ、ノストラダムスの大予言に恐れ
「なんで、おいら死ななあかんの」
と戦いていた当時10歳だった私。
新聞のテレビ欄に「カトちゃん登場」の文字が。
カトケンかと聞かれたら、文句なくカトちゃん派だった私と兄は
心躍らせてテレビの前に。そこで、冒頭の
「誰なんだ?お前は?」である。
やわなハートがしびれる全然知らない「カトちゃん」
出てきたからね。
あれは、本当に誰だったんだろう…?

あれからは、人を信じられないよ。
純情な私を返してください。
耳をそろえて、靴もそろえて、返してください。
テレビの前で待っていた時間を返してください。
貸した記憶は、ないけどお金も返してください。
兄と私に対して、慰謝料ください。
はやく、ミスチルのシングルとアルバムを発売してください。
学生じゃないけど、GReeeeNのアルバム学割してください。

さて、前述したのは単なる「黒歴史」であり、本当の
不当景表法の実体験例を挙げます。
それは、まだ私が母といっしょじゃないと怖くて寝られない!
というような年端もいかないこどもだった頃。
両親と兄といっしょにお祭りに行ったときの話しです。

「イカのゲソ焼き 100円」とたしかに書かれていたのです。
私は、父に「あれ買って」とねだりました。
そのとき、溺死が動いたのです。さっきまで、100円
だったはずの、イカのゲソ焼きが200円になったのです。
溺死(=テキヤ)が、件の親子の会話を聞いていて、
100円だった値段表示を200円に取り替えてしまったのです。
「なんだ、それ……」
温厚な父が怒り、母がなだめ、ゲソ焼きは結局買って
もらいませんでした。まぁ私もそんな人がつくった物
食べなくてよかったと思います。
でも当時は、びーびー泣いたのです。黒歴史ですね。

あのときのテキヤは、まさに死んだイカのような目をしていました。
手の汚れは洗えばおちますが、心の汚れっていうのは、
おちにくいもんだと思います。
そんな彼も、偉い発明家も、凶悪な犯罪者もみんな昔こどもだって
そのときは、ピンときませんでしたが、今ならわかります。
ガソリン高すぎて、イカ釣り漁ができないって話を最近聞いて、
少し昔を思い出しました。

さて、私は「白々しい恋人」も「垢福」も食べたことないし、
今後食べる気もないのですが、大好きな「萩の月」は
大丈夫かなぁと思うようになりました。

この食品は、本当に大丈夫かな?と心配するのは、
本当に嫌なものです。悲しいです。
「食」って、「人を良くする」って書くのに、心配してたら
身体に悪そうです。
私は中国の食品だけじゃなく、アメリカの食品も歴史的に見て、
悪い意味で「ヤバイ」と思います。

BSEの問題とか見ると、本当に呑気な国民だなと思います。
いや、既に脳が……。
詭弁を弄することも、両国に共通していますね。
自分の家の不満を、他の家にぶつけるのは下品です。
自国の政策の失敗を、日本への口撃でごまかす姿勢は
「ちっちゃいな……」と苦笑せずにはいられません。

と、ちっちゃい国の、ちっちゃい私がのたまってみたり。
ちなみにこのブログ、手塚先生推奨ブログです。
紫崎さんが「セカチュー」より別の意味で泣けるって、
言ってくれました。
↑「これこそ不当表示!!!」
注…柴崎さんでなく、紫崎さんです。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

「高騰」

一昔前、日本には「土地神話」というものがあった。
土地は、どんどん価値が上がり続けた。
放っておいてもどんどん価値が上がり続けた。
根拠なんかなかった。
ただ、日本の景気がずっと上向きだったことと、
土地が有限であることに起因する。
土地が上がることは、水が下に流れるのと同じ位
「自然」なことだった。

今では信じられない話だが、
「円を持たず、借金してでも、土地を買う」
ことが莫大な利益を生んだ時代があった。
ある企業グループの話をしよう。

土地を担保に借金をし、新たに土地を買う。
土地を買うことで、企業の利益はなくなるから、
税金をほとんど納めずに力を蓄えられる。

某グループはそれで巨万の富を築き、繁栄を強固なものにした。
元ネタは、漫画「銀と金」(福本伸行著)である。

ホントか嘘かはともかく、日本の土地をすべて売れば
アメリカ全土を2個買えると豪語した過去があるほど、
日本の地価は以上に高く、かつ必ず値上がりするという
「金の鶏」のような存在であったのだ。
そして、その背景で地上げ屋が跳梁跋扈。
土地と言うものは、広ければ広いほど利用目的が広がり、
使用価値が上がり、より多くの利益を生むからだ。

その後の崩壊はともかく、部分的に地価高騰がまた
始まったらしいが、将来海に沈みかねない土地に固執
するのもどうかと思う。

200806272046000.jpg

地上げ屋(とうとうこの幼稚園にも地価高騰の波がby風間)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガ『くそまん−サイテーの漫画短編集−』漫画太郎

タイトルにいつわりなし!の画太郎先生の最低傑作?である。
羊頭狗肉を掲げる、牛肉偽装の社長のような輩が後を絶たないが
中身と題名がしっかり合致しているという意味で高く評価する。
作者名は、漫バカ画太郎。で発表されている。

「スーパーはやっとちりくそババア」
川で用を足していたババア。
そこに、川上からあかんぼうが流れてきた。
たまたまあかんぼうが股の下をくぐったことで、
ババアは自分が産んだと早とちり!!
ババアは、彼に「くそ太郎」と名づけた。

そして時は流れ、太郎は学校に通うように。
今日は、太郎の授業参観日。太郎は、心配だ。
ババアは、普段からおかしな言動が目立つ。
きっと大変なことになる。
「やだー。何あれー。」
「だれのお母さん?」
太郎は後ろを見なくてもわかっていた。
育ての親が笑われているという現実。
コピーネタを多用した作品。超絶「てんぷら」(同じネタを繰り返す)

200806271544000.jpg


「家・なき子」

母の病気の治療代100万円を捻出するために、
ススは、愛犬とお金を稼ぐことに。
「家なき子」パロディー。
漫画「まんゆうき」2巻の「家・なき子」と内容がその大半が
かぶるという、とんでもない演出。
オチもイマイチであり、ドラゴンボールネタ使用を使用した
「まんゆうき」の方が笑える。

「学校」

入学式。メンチきりまくりの不良山田太郎だったが、
いきなり暴力教師に捕まり、髪を包丁で刈られる。
太郎は、抗議する。
「あいつらは、髪を逆立てているじゃないか?」
しかし、彼らは髪を逆立てているのではなかった。
頭から血をふいていて、遠目からはそう見えるだけだった。

読めない字を書くおじいちゃん先生、最強の問題児校長、
太郎の母ちゃん、そして暴力教師によって、
太郎のバラ色の学園生活が、火蓋を切って落とされた……。

200806271532000.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「それでも僕はかんでない」

面接があった。
かんでない。断じて、かんでない。
うまくいったはずさ……。多分ね。
みなまで聞かないでほしい。

思えば、一月前は仕事をやっていて、電話の取次ぎなども
やっていた。電話の取次ぎ……おもしろくなさそうなものだが、
これが結構おもしろく、しかも深いのである。早口の方、
方言やイントネーションのきつい方、声が低い方……などは
総じて聞き取りづらい。そして、日本には聞いたことのない
苗字の方がいっぱいいるのだなぁと思った。聞き取れないよ。
塩野入さんとか、潮(うしお)さんとか、海なし県(埼玉県)じゃ
聞かないような名前の方がいたなぁ。

昼休みに、ラブコメにはよくパンをくわえた美少女(転校生)が
出てきて、角の所でその後恋愛関係に陥る奴とぶつかるよなぁとか
詮無いことを考えていたら、昼一番の電話に
「おはようございます。あぁ〜失礼致しました」
と、のたまってしまった。
かんでない。断じてかんでない。
しかし、かむよりもひどい間違いをしている。

大宮に行ったら、たっくさん人がいてとても疲れた。
大宮駅は20以上のホームがあり、かなり広い。駅中も充実している。
窓買い物(ウィンドウショッピング)をしながら、
本当は、かわいい店員さんがいないかチェックしていた。
あと、ここは物価が高いと思った。ケーキが800円で売っていた。

久しぶりに満員電車に乗ったら、すごく疲れた。
毎日これに乗って、通勤・通学している方は本当に大変だと思った。
「それでも僕はやってない」ではないが、
痴漢冤罪が起こるのもムリがないほど、都心部の電車は混んでいる。
大学時代は、毎日のように乗っていたんだよなぁ。すごい近くで
痴漢現行犯が逮捕されたことがあるが、あれだって本当に犯人だった
のかはわからない。痴漢なんて、なきゃないに、こしたことはない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

「慣用句でボケる」

頭が高い  ←ゴジラ、キングギドラ

地に足がつかない←ドラえもん(3mm浮いているので)
         ナマケモノ、コアラ、コウモリ他

  爪が甘い  ←精神的にやばい状態
         肉体的にやばい状態

爪に火をともす ←精神的に危ない状態
         肉体的に危ない状態

腹を割って話す ←自害(切腹)の途中に話すこと
         手術中に話すこと
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

「DANDY,GO」

面接先からの連絡がこなかったので、書類選考で落とされたんだ
と思い他の求人先を検討していたら、ケータイに電話があった。
面接に来てほしいと言われ、埼玉の都「大宮」に行くことに。
健闘を祈る。私。

小説「Lady,GO」桂望実著を読む。冴えない、自分に自身が持てない、
夢もない、居場所がないヒロインが、六本木のキャバ嬢になり、
周りの人間に支えられながら転身していく物語は、素直に
おもしろいと思った。キャバレーに足を踏みいれたこともないし、
知らない世界だったが、なかなか含蓄のある作品だった。
ヒロインは派遣社員として働いているのだが、一方的に仕事の
契約を切られたり(自分も体験したから共感できる)、
いっしょに仕事をしているのに名前を覚えてもらえなかったり
(これはなかった)、いろいろといやな思いをする。

ヒロインは、キャバレーで働くうちに、プロ意識なり、向上心なり、
夢(目標)ができる。そして、新しい世界に羽ばたく。
わかりやすく言えば、ヒロイン南怜奈ちゃんの成長ドラマと
エヴァ風に言える(エヴァを見ていない人にはピンとこない)。

災難が自分の身に起こっても、それをよい機会に変えようと
努力する前向きさは、誰にでも必要だ。
「辛いのはオレだけ ♪」(B'z「MOVE」)じゃないのだから。

さて、本日は「GReeeeN」のアルバムの発売日ということで、
新聞に1面広告が出ていた。ダルビッシュと結婚したサエコが、
出ていてアルバム名の「あっ、ども、おひさしぶりです」
とかけていたのだと思うが、どうせなら「テツ&トモ」とかを
使ってほしかった。もっとも、前のアルバムの時期から換算すると
「テツトモ」では昔すぎるのかもしれないが……。

レンタルで済ませるか、購入しようか迷う。学割が利けばなぁ……。
(レンタルは、まだだった)
とりあえず、
宇多田の新しいアルバムと、前から探していた松山千春のアルバムを
レンタルすることにした。宇多田のアルバムはなんだかんだで、
結局全部聴いたが、このアルバムは最高傑作な気がする。まだ
はっきりとはわからないが、長く聴けそうな曲が多い。

あと、青山テルマがドリカムの曲を
「きっと何年たっても〜 ♪」(未来予想図)
と歌うCMがあるが、すごく歌唱力の高さがわかる。
ドリカムの吉田美和の歌唱力の高さが。

「人の曲を歌う」っていうリスクの高さは、半端じゃないと
思わずにはいられない。倉木は、山口百恵さんの曲を
歌わなければよかったと思えてならない。この曲↓
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/213023/Y003312
ラベル:音楽
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「NOVAとグッドウィル」

「NOVAの社長逮捕」
ウサギで儲けた猿が、逮捕されました。猿に美学はありません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000014-jij-soci

「いっぱいしゃべれる」とCMで、言っていましたが、
単に、「いっぱいもうける」為だけに作られた会社でした。

カネ以外に何も生み出さないビジネスは貧しいビジネスだ
(by ヘンリー・フォード)と思います。

一時期増殖した「英会話スクール」、「外国系大学」のほとんどは、
自然消滅したり、破綻をきたしました。いろいろな理由があるとは
思いますが、いかに日本に英語がなじまないものかというよい見本
という気がしてしまいます。

「グッドウィル」
仕事が見つからないし、グッドウィルにでも派遣登録してこようかな……。
おっと、いまグッドウィルはそれどころじゃないんだっけ。
Yahooニュースより↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000023-jij-bus_all

グッドウィルは、派遣営業許可早ければ来月から、5年間停止に!
「二重派遣」「保険未払い」などの違法を繰り返していた
グッドウィルはどうやら潰れそうです。

グッドウィルは、営業権とかのれんとかいろんな意味を持ちますが、
グッドウィルのグッドウィルが没収されたんだなぁと思いました。
もとい、営業権から営業権が没収されたんだなぁと思いました。
大学時代に、グッドウィルに登録しようかなぁと事務所に出かけて、
でもなんとなく登録しなかったのですが、あれは虫の知らせだった
のかなぁと思います。
日本に大きくはびこって、たくさんの人に迷惑をかけて、
勝手に死滅していく……。
グッドウィルと言うよりも、バッドウィルスだったのだと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

マンガ『天使の巣』桜沢エリカ

「天使の巣」

恋人ケンの不倫が原因で、彼と別れたキャリアウーマンの
ヒロインは、自宅のベランダで天使を発見。
「疲れているんだ」
と寝ることにしたのだが、天使はなぜかベッドに入ってきた。

朝、めざめた彼女の隣には、夢ではなく天使が寝ていた。
ヒロインは、天使が側にいてくれる猫のように感じて、
日々を送っていたが、そこに不倫相手の女が現われた。
彼女は、ケンがストーカー化したので、ヒロインの家に泊めてくれ
とムチャクチャなことを言い出す。

殺伐とした話しになるかと思わせて、ほっこりした気持ちに
させられる作品。90ページ弱の中編。

200806241750000.jpg


「神様が知っている」

バーに、ゲイのトビオと訪れたハルは、危なっかしい感じの
女の子と出会った。痛々しい感じがする彼女が気になった
ハルの所に彼女がやってくる。

「お茶の時間」

南の島(沖縄と思われる)にやってきたヒロインは、
恋人との未来を信じられずにいた。
抜けるような空と蒼い海を見ても、気分の晴れないヒロイン。
現地のガイドの男に、お茶の葉を渡されて……。

「天の配剤」

合コンが失敗に終わり、
「やはり車がないとダメだ」
と考えていた主人公は、エンジンかけっぱなしのベンツを発見。
何も考えずベンツを盗み、そのままスタート。
ベンツの走りっぷりに感嘆していた彼は、ベンツに女性が
乗っていたことに気付く。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「進化論?退化論?」

もしムダ毛が頭に集まれば、世の多くの人々が
悲しい思いをしないですむのに。
と、英語のI wish I were a birdを使った構文っぽく妄想した。

人類は進化を続けてきた。人類はサルから進化したんだ
という説は多くの人々に支持されているし、定説である。
昨日読んだ「タンノイのエジンバラ」という小説の中で、
700万年前の猿人の化石が見つかったという話しがあった。

植物・動物の研究を熱心に続けてきたダーウィン先生は、
キリスト教からの圧力なども受けたが、
たゆまぬ研究・データによって、そのことを証明した。
その立派な発見とはほど遠い、妄想的進化論を発表したい。

人類は、毛むくじゃらのサルから、徐々に進化を遂げていった。
例えば、サルと人間とを比べた場合、全身を覆う
毛の総量・割合は全く異なる。そして、私は思う。
いわゆるムダ毛が、頭に集中するのであれば、
ハゲに悩む方が救われるのではないか……と。

毛の多い部分とは、身体において「守るべき」重要な部分である。
つまり、頭には毛がたくさんあって然るべきであり、
間違っても抜け落ちてしまっていいものではない。
そして、そのまま生えずに済ませていいものではない。
この点に関しては、人類は進化どころか退化している気がする。

管理人は、小栗旬と生え際だけ酷似している。
彼、私の見立てではハゲ幹部候補……。
まぁ、彼の場合はハゲてもイケメンだから救いがあるのだが……。

あと、いわゆる髪質や長さ、太さの異なるムダ毛が
頭に集中したら、それはそれで不都合なことも多いと思った。
「前髪がまとまらない……」
とかいうレベルでなく、人々がまとまらない髪に四苦八苦する姿が
目に見えるようだ。そうなったら、いっそ剃ってしまえ……
というのがグローバルスタンダードになるかもしれない。
これを進化と呼ぶか、退化と呼ぶかは人それぞれだろう。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

「水と共に去りぬ……」

失敗や不適切な発言が、トイレ同様に、
水に流してもらえたらいいのに……。
(ブログも含めて)

「多重人格」のY平さんの記事を読む。↓
http://tajuujinnkaku.blog12.fc2.com/

要約すれば、最先端のトイレは人が便座から腰を浮かすたびに
水が流れてしまう。よっておしりを拭く際に腰を上げる人は
センサーによって余分に水を流してしまい、
環境にもやさしくないし、それによって罪悪感を覚える。
改良すべき……というものだ。

なるほど、便利なようで、こういった道具の不備・穴は多い。
私の場合気になるのは、ウォシュレットを使い便座を立つ際に、
便座の奥の部分が水浸しになるのが気になる。
「濡れたままだと次に使う人に悪いから」と
ペーパーで拭いたりすると、またトイレットペーパーを
使うことになる。Y平さんが言っていたセンサー式トイレ
だとしたら、また水が流れる。罪悪感に苦しむ……と
いうのが容易に思いつく。ウォシュレットの弊害が浮き彫りに。

また、こんなことが思い浮かぶ。
トメ子(仮)は、彼からもらったイヤリングをトイレの便座に
あやまって落としてしまった。思わず拾おうと立ち上がるトメ子。
だが、センサーが作動。無情にもイヤリングは水と共に去りぬ……。

トイレットペーパーを使わないように作られた(と思われる)
ウォシュレットが、新たにペーパーのムダ使いを促進する。
トメ子のような悲劇を無尽蔵に生み出すと思うと、胸が痛む。

ふー。大便の問題を代弁したら疲れた。
トイレ関係者、ゴールはまだまだ先みたいですよ。

失敗や不適切な発言が、トイレ同様に、
水に流してもらえたらいいのに……。
(ブログでのスベり発言も含めて)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「王様のランチはパンの耳」

「ぶったね、女王様にしかぶたれたことないのに」
「ぶったね、オヤジにもぶたれたことないのに」

「墓に入るまでが人生です」
「家に帰るまでが遠足です」

「あっと驚くタメ口」
「あっと驚くためごろう」

「すってんてんロリコン」
「すってんころりん」

「夏休みのテツ&トモ」
「夏休みの友」

「世界の中心でアイーンを叫ぶ」
「世界の中心で愛を叫ぶ」

「男には、外に7人のテキヤがいる」
「男には、外に7人の敵がいる」

「キモく、ただ泣く、うっとうしく」
「清く、正しく、美しく」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

漫画『コボちゃん』植田まさし

連載9298回(6月22日までで)、生誕は1982年の4月1日。
なんと、私よりも年上であった。私の家は、ずっと読売新聞
なので物心ついた時から「コボちゃん」をほぼ毎日読んでいる。
よって、その量はものすごいことになり、もしかしたら
もっとも読んでいるマンガかもしれない。

詳しくは、ウィキペディア参照のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9C%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

さて、コボちゃんである。コボちゃんとは、田畑さんちの
独特な髪型をもった5才の幼稚園児である。
基本的にこどもらしく、チャンバラあそびをしたり、
同級生とかけっこをしたりするこどもらしいこどもなのであるが、
時に5歳児とは思えない言動、想像をしている。
これは、4コママンガのネタの都合上のことと思われる。

サザエさんと同様に、ほのぼの家族の日常のひとコマや
コボちゃんの家族の出来事を中心に時事問題・社会風刺などを
織り交ぜて描かれている。いわゆる、新聞の4コママンガとしては
「ペエスケ」と並んで、安定感があり、最高位のマンガだと思う。
(注「サザエさん」は読んだことがない)

コボちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんのこぜりあいや、
長年田畑一家といっしょに住んでいた大森たけお叔父さんが、
結婚を機にコボちゃんの家を出て行ったエピソードなどが
印象的な作品である。また、田畑家では犬と猫を両方飼っていて
この動物間においては、フツーに会話が成立しているのも
おくゆかし。
コミックスは「コボちゃん」「新コボちゃん」とあり、70冊超。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「巨人逆転劇と永久追放」

9回裏ツーアウト、巨人戦完封直前で杉内、代打大道に打たれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000117-mai-base

さて、昨日はNHKで野球をやっていたので、巨人戦を最後まで
観られるぞと兄といっしょに野球を観ていた。
巨人は、杉内投手の好投の前に三振の山。ランナーが得点圏に
進んでも、クリーンナップがチャンスを一掃してくれる始末で
まさに目も当てられない状況だった。
それでも、先発グライシンガー、中継の越智が最少失点差で
抑えていたのが救いだった。

しかし、杉内の前に打線は依然沈黙。あまつさえ、小笠原、
阿部がゲッツーで凡退するなど、少ないチャンスを活かせず、
あっさり9回裏ツーアウトランナーなし。
代打大道。
「せめてランナーに出てくれ」
というのが巨人ファンの願いだった。
なにしろ、大道選手バットをかなり短く持つ選手だ。
フルカウント、気持ち的には巨人が追い込まれていた。
高めに入った球を大道がフルスイング。
打った瞬間大道はホームランを確信したようだった。
起死回生、文句なしのホームラン。150球投げた杉内の好投は
実らなかったが、「あれがパリーグ奪三振王の杉内か」という
強い印象を残した。

投手戦が続き、どちらもふんばり、最終回に突入。
そして、12回1点をホームランで入れられた巨人だったが、
木村の2点タイムリーで劇的なサヨナラ勝ち。結局終わったのは
10時30分頃、テレビを3時間も観てしまったが、兄と共に大喜び。
「誰かの願いが叶うころ あのこが泣いてるよ ♪」
という宇多田の曲が思い浮かんだ。そういえば、
チャーリー・ブラウン(スヌーピーの登場人物)もそんな
話をしていたな。ともだちが、大好きなアメフトのチームが
劇的な大逆転したんだと、嬉々として彼にそれを話したら、
「じゃあ、負けたチームのファンはさぞやがっかりしたんだろうね」
年齢にもよると思うが、こんなことに気付くともだちってイヤだ。

「チャーリーブラウンとは?」
http://www.google.com/search?q=%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3

浦和レッズと、ガンバ大阪の因縁試合ではありませんが、
勝った相手が、負けた相手を挑発する行為はいけませんね。
火に油というか、ガソリンを注ぐような行為です。
結局、事件の発端をつくったガンバファン(ファンと言うより輩)
試合前にレッズファンに向けて水風船を発射した2人は、
スタジアムへの入場を永久追放されたみたいです。↓
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20080622-OHT1T00060.htm

選手以外にも、永久追放されることがあるのですね。
なんにしろ、スタジアムに足を運んで、楽しみにしていた試合に
泥を塗られた事件の当事者、特にこどもにとって、苦い思い出に
なっていなければいいなと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「戯言 短文」

人生につまずいて、凹んだとき、大空を高く飛ぶ鳥を
見ていて思いました。

「あぁ、焼き鳥食べたい。から揚げでもいい。
この際、ローストチキンでも北京ダックでもいいや……」

つらい時ほど、お腹も心もいっぱいにしてください。
方法は人によって、違うとは思いますが。

鏡の前笑っている まだ平気みたいだよ ♪
槇原敬之「どんなときも」より

はた目には、それって結構やばいんじゃない?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

「ここが変だよ求人広告」

残業時間115時間、
休日222日、

ハローワークに行って仕事を閲覧していたら、
おもしろい求人が溢れていた。

まず、残業時間115時間。
1日の労働時間は、8時間で決められています。
法律名は忘れましたが、確か8×22日=176時間までが
法が許容する労働時間です。全然守られていませんが……。
(後記←177時間だったかもしれません)
サービス残業、時間外労働賃金未払い、休日になぜか
上司の引越しの手伝いをさせられる……なんて話もあります。
月300時間超の労働が蔓延している職場がある現状。
怖いですね。レストランの従業員、コンビニの店長、不動産屋…
具体的に何人かの顔が思い浮かぶのが怖いですね。

そして、ここまで正直に残業時間を宣言している会社は
ありません。ある意味で、潔さすら感じます。入りませんが。
それでいて、給与面C欄に残業手当の言葉はないので
これはまんまサービス残業とみていいでしょう。怖い。
この不動産会社怖すぎる。だって、これって1日5時間超の残業に
なる計算に……。江戸時代の丁稚奉公みたいだ。

ある会社においては、タイムカードを禁止。
証拠を残さない完全犯罪。
まさに、事件は現場で起きているんだ。ですね。
最も、会議室でも起きているんですけどね。料亭とかでもね。

さて、お次は休日222日。なんて魅力的なのでしょう。
週休3日と言うのは稀に聞きますが、週休4日はまさに極楽。
聖書の神はなぜ週6日も働いたんだと理解に苦しむのですが、
ここなら私でもやっていけそうだと思いました。
でも、よく見たら月当たりの労働日22日と書いてあり、
122日と書く所を222日と書いているドジな会社でした。

どうせなら、その会社が貸しているアパートの賃貸料2月分の所、
1月分の料金で値段にしちゃうドジっ娘がいたら嬉しいですね。

藤原紀○は、ついてこないで下さい。部屋が狭くなりますから。
かわいいドジっ娘は可。ただし、家賃は折半。
金のことは、けじめつけないといけません。(妄想終了)

もちろん、私は先に挙げた会社以外の会社を受けることにしました。
その会社は、書類選考なるものがあり、「職務経歴書」という
しち面倒くさいものを書かねばなりませんでした。

「職務経歴書」とは、
今までどんな仕事をしてきたか、
どんな仕事を希望するのか、
自己PR・セールスポイント、
スキル(資格とか技術力)、
仕事に対する姿勢、
とかをA4の紙とかに、手書き又はワープロなどで表わすものです。
詳しくは、ハローワークで見本をもらったり、
インターネットの転職サイトなどで調べるとよくわかります。

帰りの電車の中で、新人駅員がベテラン駅員に見守られながら、
点呼、危険確認、ゼスチャーなどの練習をしていました。
おぼこいですね。もしかしたら、JRにこの春就職した
同級生の弟さんかもしれません。あの初々しさに負けないように、
私も日々をすごしていきたいものです。

ほぼ日で「どんな会社で働きたいか?」を特集してました。↓
http://www.1101.com/job_study/enquete/hobo/2008-06-20.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「末は、右翼かテロリストか?」

テロリストみたいな団体ですね。
グリーンピースって言うのは。
目的のためなら、手段を選ばない姿勢は
まんまテロリストそのものです。
しかも、正当性があると居直る。
盗人猛々しいとはこのことです。

「居直るグリーンピースの盗人」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080620-00000106-san-soci

自分たちは、いいことをやっているんだと思っているようですが、
所詮「盗人」は「盗人」。かつ、盗人は生産性が皆無であり、
むしろまじめに働いている方々の労働意欲を削ぐので、
働く能力があるのに、盗賊になる者は
ありていに言えば、存在しない方が社会にとってよい存在です。

そして、捕鯨は世界に認められた「政策」です。言うなれば、
既にOKサインが出ているものを、覆そうとするのであれば、
永続的に・熱心に反対するしか方法はないはずなのです。
仮にそれが、悪法(私はそうは思いませんが)だとしても。
なぜそのことに、気付かないのでしょうか。

人は他人の欠点を突くのがうまい反面、自分の欠点は
「見ざる・言わざる・聞かざる」
の態度を選んでしまう矛盾した存在です。もちろん私自身も含めて。
人をしあわせな気持ちにできない仕事は、無価値もしくは有害
だと思います。

「純粋でまっすぐな人」が、突飛な行動を取ったのか、
それとも「金と利権と名誉を求めた俗人」が起こした行動なのかは
わかりませんが、どっちにしろ、筋の通らない話に違いは
ありません。違反を取り締まっていた警察官のパトカーが、
「違法駐車」していたので、他の警察官に切符を切られたという
笑い話がありますが、筋を通すっていうのは、そういうことです。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

「朝日新聞の方が死神」

ブログのようなノリで、新聞のコラム欄に「法相は死神」
って書いたのだろうが、朝日新聞は過去の失敗を
悔いていないんだなぁと思った。
被害者の家族も法相もそりゃあ怒るよ。

過去の失敗とは、朝日新聞がかつて行った社会主義政策を行う
中国・北朝鮮を「天国」と絶賛し、それを読んだ者たちの
何%かを「地獄」に誘った行為に対してだ。
おそらく、朝日新聞の方が死神であろう。実質的に。
記事や、コラムの論調にはっきり悪意を感じることもある。
「新聞は社会の木鐸」と言われ、その影響力は絶大である。

たとえば死刑について反対するのであれば、
もっと違う形でのやり方がいくらでもあると思う。
「ペンは剣よりも強い」を実践できる機会が
与えられている(はず)なのだから。
単なる悪口ほど、気分の悪いものはない。
死刑を認可する法相を、無責任に笑う朝日新聞。
百害あって、一理なしって言葉が頭に浮かんだ。
20日の、しりあがり寿の漫画まで、死刑ネタだった。
(がきデカのこまわり君の「死刑」のパロディー)
作者の意志によるものか、新聞の圧力か。

ろくでなし、礼節なし、反省なしの三拍子揃った新聞である。

後記 「朝日新聞の死神発言に抗議」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000099-jij-soci
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

「モテようと必死な人」

モテようとして、「100倍かっこよくなれる本」を
買っちゃった人がいたんですよ。

200806191531000.jpg


な〜にっ!やっちまったな!
はい、男は黙って「長いお別れ」
はい、男は黙って「長いお別れ」
永沢かよ〜。

200806191532000.jpg


補足 お笑い芸人「クールポコ」
漫画「永沢君」さくらももこ著
←別のページでは「かっこよくなる本」の誤植あり。    

小説「長いお別れ」レイモンドチャンドラー
←「男は強くなければ 生きていけない
やさしくなければ 生きていく資格がない」
ラベル:画像
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「目に見える格差社会」

社員総会があり、2時間300万円で芸能人を呼んだらしい。
その分、給料で還元しろよとそのともだちは思ったそうだし、
私も大いにそう思ったが、300万円もかかる芸能人ということで、
誰が来たのだろう?とワクワクしながら聞いたら、

「アントニオ猪木」
とのことだった。
わぁ。猪木さんか。
いい。
実にいい。
どうでもいい

アントキの猪木は大好きだが、本物の方には無関心。
私の中では、アントキと本物では、開幕から140ゲーム差で
アントキの方が好き(野球のゲーム差ね)。

しかも、ともだちいわく、しょっぱい内容だったらしい。
正社員で、労働条件最悪、時給に換算すると800円程度で
働いているともだちからしてみたら、
「時給150万円」の猪木は、それだけで嫌われる対象でしかない。

だって、
自分の年商<猪木2時間
だよ?やってられないよ。ホント。
呼ばなきゃいいのに。
かえって、労働意欲をそいでいるよ。絶対。

最近、「マック」(マクド)、「和民」と時間外労働の
賃金未払いが続いているけど、氷山の一角にすぎない。
私がバイトしてた外食産業なんて、タイムカードの打刻を
正社員にはさせなかったからね。
時間外労働不払いの証拠が残らないように。
それが、まかりとおっていることや、
それがないとやっていけない状況というのは、
既に破綻しているのではないかなぁと思う。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

漫画『楳図かずお こわい本蛇1』楳図かずお

「口が耳までさける時」

貧しい家の子だったヒロインさくらは、あるお屋敷にもらわれる。
そして、そこで恐ろしい体験をすることに。
屋敷に入ると、蛇が上から落ちてくる。さくらの母親に
なった屋敷の奥様は、なぜか首が伸び、腕が冷たい。
「けして私の部屋をのぞかないように……」と言い、
スルスルスルと動く。悪夢は、通り過ぎてくれるのか?

「へびおばさん」

主人公の住む奈良県の山奥には、「オツネの滝」と言われる
滝があり「うわばみ」と呼ばれる大蛇が昔から目撃されていた。
姉妹とそのともだちは、そのオツネの滝付近で
白い着物を着た女性が出現するのを目撃した。
そして、主人公の姉のともだちの所に、あの女性とそっくりな
新しい「おかあさん」が登場する。そして、恐怖がはじまった。
130ページ超の長編。1964年作。

「蛇娘と白髪魔」

1968年の作品。先の2作との画力の違いに驚く。
「漂流教室」や「まことちゃん」に近いタッチで、
うめずさんの作品として、なじみ深い。

あかちゃんの取り違えによって、施設で育ったヒロイン。
そのことに気付いた父によって、はれて自分の家にやってきた。
だがそこには、精神が病んでいる母、自分とは似ても似つかない姉、
おてつだいのしげさんなどがいて、彼女は心の休まる日がない。
「誰かの目がのぞいている」
寝室に蛇が現われる。
次々とヒロインに、恐怖が降りかかる。

200806181801001.jpg


200806181801000.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

「許せない話」

「人志松本の許せない話2」の録画を観る。
世の中にある怒りを覚えるものを、
発表・言及していくというものだ。

前回の放送で、洋服タグ&チェーンは痛い、不快と
怒りまくった結果、
「そのとおりだ」と改良したメーカーがあったとか。

一番おもしろかったのは、やはり松っちゃん。
「薬局で、ビタミン剤あってねぇ。
ビンのサイズが小・中・大ってあって、
大人は一回に三錠。なのに、それぞれ
80錠・130錠・350錠なんや。
3で割り切れないやないか〜

そして、これは製薬会社の陰謀ではないかと言及。
たしかに、例えば90・180・300のようにすれば、
丁度飲みきれる計算になる。不思議である。

あと、藤原が一人テーマに沿わない「小学生レベル」と
揶揄されるネタを連発し、「こまったちゃん」、
「ギザこまったちゃん」と言われていたのがおもしろかった。
←「なまはげ」が怖すぎるとか
スタジオの空気が、 (´_ゝ`) ←こんな感じに……。
よゐこの有野が意外に技術が高いのに対し、彼はねぇ……。

あと、すべらない話が21日土曜の9時からあり楽しみなのだが、
あれオーディエンスいらない。

笑点の山田のあいさつ同様にいらない

気の利いたコメント言えないのであれば、深夜枠と同じように、
いっそ地味に行ってほしい。その方が、たくさん話し聞ける。
あのコメントのせいで、ケンコバや千原ジュニア・宮崎大輔の話が
一個減らされているかもしれないと思うと、
こっちの方が、よほど許せない話である。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

「ためになる求人広告 一般編」

求人広告は失業中・就職中問わずおもしろい。
見せ方のヒントが、求人広告には転がっている。
労働時間・労働賃金・煽り文句など実にいとをかし。

何がおもしろいって、
わざと労働時間を24時間表記し、閲覧者に錯覚を起こさせたり、
時給と思わせて80分(90分)だったり(塾関連に多い)、
900〜800円(の様に時給を表記したり(もちろんスタート時800円)
休日 土・日 の後に会社カレンダーと書いたりする。
(会社カレンダー 会社稼働日であれば土日も労働あり)
48万円〜とうたい、見習い期間2ヶ月ぶんだったり、
「おっ、ここの給料いいな」
と思わせて「諸手当込みで」と書いてあったりする。
なかなか、油断ができない。

そこには、いわゆる騙しのテクニックがごろごろ転がっている。
見慣れない高校生・大学生・若人が見たら勘違い・錯誤を
起こしうる要素がふんだんにちりばめられている。意図的に。

就職してから
「だまされた」
と思うようなことが多いのだが、泣き寝入りしてしまう
ケースも多いのではないかと思われる。しかも、短期間で
仕事を辞めた場合、後々それはマイナス要素でしかない。

まぁ私が知りうる最悪のバイトは、ポスティングだ。
人間関係が希薄そうであり、かつ自分の空き時間でできる
利点もあるのだが、その実態は……。

かつて母がやっていたのだが、この仕事は会社が用意した
ビラなどを自宅でセッティングして、指定された区域に
配るというものだが、単純に時給換算すると200円程度
にしかならなかった。

もっとも、この仕事は感のいい人だと時給で1000円近く
稼げるようだが(実際に知り合いでいたのだが)、
その労力を考えたら見合っていないのが実情であろう。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

短編集『日替わり矢上ランド』矢上裕

「私はきっとうまくいく!!」

道を歩いていたら、猫の着ぐるみを着た変態っぽい易者から
「コンサートの予約をしに行くと不幸な目に遭い、
しかも立ち直るのに3日間要する」
と告げられた主人公は、意地でも目的を遂げようとするのだが、
次々信じられない出来事が。

「身に覚えのない話」

頭に植木鉢を落とされた男。記憶喪失になるが、
彼に一目惚れした加害者の女性は、妄想を膨らませ、
彼の面倒を見るというドラマティックな展開を思い描く。
危険を察知した男は逃げ出すが、又しても彼の頭に植木鉢が……。

「ウルトラ勘違い」

高校生にもなって、本物のウルトラマンになるのだと
恥ずかしげもなく家族に宣言する徹也。
それもそのはず、徹也は同級生の加納君がウルトラマンとなり、
自分のことを助けてくれた過去があった。
「努力すれば、俺はウルトラマンになれる」
そう信じる徹也だったが……。

「山瀬君消滅!?」

ある日、透明人間から告白された山瀬君。
うーん、声はかわいいけど見た目がわからん。
人の迷惑を考えない天才科学者サクラさんは、
山瀬君を「透明人間」にしてやろうと思いつく。
彼女いわく透明同士であれば、見えるはず……
と言うが、今までの経験から危険を察知した
山瀬君はとんずらこいた。サクラさんは、
いっそのこと……と、恐ろしいことを思いつく。

など前作を超える切れ味鋭い作品全14作収録。

200806131906000.jpg

表紙の画像
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「筒井康隆パロディー」

「家族滑稽」
 →猫の七瀬は、ある日愉快な家族の一員に。
  台所の魚を勝手に食べていたら、変な
  髪型の奥さんに裸足で追いかけられた。

「七瀬またたび」
 →猫の七瀬は、またたびに目がない。
  七瀬の主人波平の頭には毛がない。

「エディプスの変人」
 →猫の七瀬に超能力があると思い込んだ
  愉快だが、変人の一家は……。

「TOKIO書ける少女」
 →TOKIOのおっかけの少女の物語。
  CAT-TUN、NEWSには目もくれず、
  今日も録画した「鉄腕DASH」を観る。
  特技は、TOKIOの似顔絵を習字で描くことだ。

「富豪テカテカ」
 →うまいもの食べ過ぎて、富豪は額が
  テカテカだ。

「最後の喫煙車」
 →単純に、喫煙好きのタクシー運転手。
  JTのゴミ拾い活動に参加すると、吸殻の多さに驚く。

元ネタ 
  
 家族八景
  →超能力少女七瀬(サトリ)は、
   お手伝いとして八つの家庭を渡り歩き、
家庭ごとのあれこれを垣間見る。
 
七瀬ふたたび
  →超能力を持つ七瀬は、他の超能力者と
   いっしょに戦い。そして……。
 
エディプスの恋人
  →それは、運命か?七瀬恋におちるが……。
 
 時をかける少女
  →理科の実験室で、少女は不思議な体験をした。
   ラベンダーの香りがなつかしい。
 
 富豪刑事
  →大金持ちの富豪が主人公。金にものを言わせて、
   事件を解決するコメディー。
   原作は男、ドラマは、フカキョンがヒロインに。
 
 最後の喫煙者
  →喫煙者VS非喫煙者。どんどん肩身が狭く
   なる喫煙者の悲哀と、それに対する怒り
   に満ち溢れた、傑作コメディー。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

「鬼退治」

「桃さん、ぶっちゃけ奴らを退治するの、
ムリっぽくないっすか?」

渋谷でスカウトしたチャラ男のサルの奴が、
桃太郎(源氏名)に諫言した。

サルの奴がビビるのは、ムリもない。
指定暴力団「鬼が島」は、渦武器町どころか
全国に悪名轟く、まさに外道という集団。

サルの危惧などどこ吹く風で、桃太郎は
焦点の定まらない遠い目をしていた。
「夏子……。オレはやってやるぜ」

彼は、大量のお酒を用意していた。
これは、桃太郎が半年前チャットで知り合った夏子が
丹精込めて作ってくれた「夏子の酒」だ。

ホストとなり、すさんだ心で毎日をすごしていた
桃太郎にとって、ひたむきに日本酒の魅力に話す
夏子さん(当時76歳)の姿は眩しく映った。
かさかさした夏子さんの腕が触れたとき、
かさかさした桃太郎の心に一輪の花が咲いた。

これが恋?
夏子さんに大量の金を吐き出させながら、
どこかでその行為に対して、心を痛めている
自分に気が付いた桃太郎は、それ以来、
彼女と店以外で出会うようになった。

桃太郎は、夏子とひとなつの恋を楽しんだが
夏子さんは、あっさり寿命で死んでしまった。

いっしょに映画を観ようねって、
あなた約束したじゃない……。
いっしょのお墓に入ろうねって、
あなた約束したじゃない……。

映画もたくさん観たかった。
「銀のエンゼルとGLAYTERU」いっしょに観たかった……。

ふたたび生きる意味をなくしかけた桃太郎だったが、
夏子さんが生前苦しめられた「鬼が島」に復讐を果たすと
いう新たな目標ができた。桃太郎は、ゆっくりと歩き出す。

桃太郎とサルの手には、夏子が丹精込めてつくった酒が
握られていた。夏子は、生前たくさんの想いこめていた。
この酒に。
桃太郎は、そんな夏子をより愛しく思った。

にがみもなく、かおりもすばらしく、のどごしもさわやか。
安らかな眠りにつけるそんなお酒。それが夏子の酒。

二人はゆっくりと「鬼が島」に赴く。
その格好は誰が見ても、宅配便のお兄さんであり、
間違ってもホストにもチャラ男には見えまい。多分……。

復讐の鬼と化した桃太郎は、鬼が島の連中に送る
彼女特製の酒に名前をつけた。

「鬼殺し」
にがみなく、かおりもすばらしく、のどごしもさわやか。
やすらかな眠りにつけるそんなお酒。           −完−
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の茶番劇(創作物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

漫画『新忍者ハットリ君』藤子不二雄A

ハットリかんぞうただいま参上。

ハットリ君は、弟シンゾウ、忍者犬獅子丸らと共に
ケン一の家に住んでいる修行中の忍者少年だ。(伊賀忍者)

その性格は、義に厚く、ずばぬけた身体能力・忍術の腕前を持ち
更に花火を作れたり、絵心もありかつ優れた倫理観を持つ。

「忍者は耐え忍ぶことも大切」と人の見えぬ所で泥をかぶったり、
あえて嫌われ者になったりする姿は、聖人君子そのものであり、
完璧すぎる優等生キャラである。弱点は、カエルである。

基本的に、ストーリーはわがままで考えたらずのケン一や
シンゾウ・獅子丸や、ハットリ君をライバル視するケムマキ
(甲賀忍者)が起こしたトラブルをハットリ君が尻拭いするもの。

また、悪人、三下、チンピラ、変人、近所の迷惑な博士、
ロボット、忍者(アメリカ忍者、中国忍者、ロボ忍者他)などと
いった「トラブルメイカー」が次々と現われ、
それをハットリ君がこらしめたり、いさめたりする「勧善懲悪」的
なバトル物(格闘もの)である。

それにしても、ハットリ君の住むご近所、すぐに悪人が登場する。
日本とは、思えないほど治安が悪い。

どこかに出かけても、悪人や上記したトラブルメイカーが現われ、
ハットリ君たちが襲われる。少年向きギャグマンガでありながら、
陰湿でいじわる・二枚舌なケムマキ、
こども相手でも容赦なく金を巻き上げるカスいチンピラ、
呪いをかける少年などネ暗なキャラが多いのも特徴。

高い倫理観を持つハットリ君と、倫理観の欠如したキャラクター
たちを対比させて読むとまた楽しめる。

しかし、忍法「むささび」(ふろしきを使って空を飛ぶ)、
忍法「壁歩き」(ニュートンの法則を無視して歩く)
などはわかるが
シンゾウの「泣きわめき」(周囲にいる人間を気絶させる)
などは一体どこが忍法なのか謎である。
また、この技の効果が異常に高い。

管理人としては、チクワ大好き、怠惰な忍者犬獅子丸が好きである。

200806100753000.jpg


200806100756000.jpg

文庫版全4巻。基本は短編形式だが、中編のバトル編が随所に入る。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

「慣用句でボケる」

猫に小判を与えたら、換金していた。

馬車馬のように、馬を働かせる。

袋の鼠が暴れて、見事穴から脱出。

脱兎のごとく、ウサギが逃げる。

死んだ魚のような目をした魚の目。

さっき死んだばかりのイキのいい魚介類。

牛が食べてすぐ横になると、牛になった。

ブタに真珠を与えたら、換金していた。

犬も歩けば某に当たるし、因縁つけられるし、
念書取られるし、慰謝料取られる。

犬も拾い食いすれば、食にあたる。

犬もハローワークに行けば、職にあたる。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。