2008年05月31日

「自力休載の禁止」

日本は、民事における自力救済を禁止しています。

たとえば、あなたが友人にお金を5000円貸していて、
「返せよ」と言っているのに、友人がお金を返して
くれないとします。

その場合に、例えば友人の住居から友人の許可なく
5000円を黙って持っていった場合、あなたが「窃盗罪」
に抵触します。お金の貸し借りは、民事ですが(民法他)
窃盗は刑事事件なので(刑法他)が適用となり、
結構厄介なことになりかねないのです。(自力救済の禁止)

基本的に、返済期日の定めのない金の貸し借りは、
貸し手が「返してくれ」と言った時に返さなくては
いけませんが、相手がお金に困っている友人だったりすると
言えないのが人情ではないでしょうか?また、
借りた側も「返したいのは、やまやまだが……」と
いう場合もあるでしょう。

まぁ、基本的にこれからずっと仲良くしていきたいなぁと
いう人とは原則金の貸し借りをしない、返ってこなくても
問題ない程度の金額にするのがいいでしょう。

金の貸し借りで、ぎくしゃくしたり、友をなくすのは
悲しすぎます。金の貸し借りによって、殺人事件の加害者、
被害者になった犯人のニュースとか聞くと、

たかが金でねぇ……とは思いますが、切羽詰っていると
正常の判断が聞かなくなるものかもしれません。

大学1年生当時、地方裁判所の裁判傍聴体験がありましたが、
実際に手錠にかけられてうなだれている原告(犯人、被疑者)
とかを見ると、少なからず動揺します。原告は、
自動販売機の小銭を漁ったり、お惣菜を窃盗したりして、
罪を繰り返すというタイプのいわゆる「小悪党」でしたが
再犯(確か4回め)だったので、執行猶予がつかずに懲役刑に
処されていました。

大学当局としては、大学生たちにいろいろ考えてほしかったのだと
思いますが、私をはじめとした学生たちは、そこまで真剣には
考えず、裁判所初体験後のレポートの大半には、

≒「手錠をかけられた被疑者の姿が印象的でした。
  犯罪者にはなりたくないです」

的なことしか大抵の学生は書かなかったらしく、教授が嘆いて
いました。あとは、裁判官・検事・弁護士がかっこよかったとかの
意見があったらしく、

「有意義な仕事なので、めざしてください」

的な教授のため息まじりの、言葉で終わりました。


「カジュアルすぎる格好で、こないように」
という教授の訓戒に従って、スーツ・ジャケット・ドレスなど
シックな格好で東京にやってきた普段おしゃれしない面々に
とって、それはいつもと違う都内を散策できる催しであり、
ある学生にとっては、その後のショッピングや外食、遊びへの
前座でしかなかったのかもしれません。

某大学から司法試験に受かる存在は稀有なので「裁く側」に
なったり「弁護する側」になろうとした人は、ほぼ皆無だと
思っていいのでしょう。

法学部生ですらその程度の意識なのに、「陪審員制度」なんて
成り立つのかなぁ?と言うのが、私の本音ですね。
結構な日時、拘束されるようですし、でも実際は1年以内に
スタートする制度ですし、現実味のないまま、スタートラインに
立たされて、いきなり「パン」と鳴らされて戸惑う人たちが
見えるようです。まぁ、他人事ではないのですが。

「陪審員制度」を知りたい方用
http://www.nichibenren.or.jp/ja/citizen_judge/


自力休載の禁止」を胸に、5月更新頑張りました。
6月はわかりませんが、今後ともよろしくお願いします。
おかげ様で、5月の訪問者が5000人を突破しました。
ありがとうございます。

→「ハンターハンター」の冨樫先生
 できれば自力休載しないで下さい。
 本当にお願いします。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画『エンジェリック・ハウス』安野モヨコ

「俺は自由だー」
夜道を疾駆する変な格好をした少年ハル。

そして、場面は変わって中学校の教室。

いつもヘッドフォンで周りを遮断している、
いじめられっ子にして、めだたない存在の
柊志(しゅうじ)はハルと出会う。

当たり前のように、しゅうじに話しかけて
くるハルだったが、全く見覚えがない。

「君…誰!?」

当たり前のようにクラスになじんでいる
ハルだが、それは記憶操作を行い、皆に
「ハルは昔から存在していた」
と認識させていたからだった。

音楽を介して行われたその操作は、
ヘッドフォンで音楽を聴いていたしゅうじ
だけには届かず、洗脳されずにすんだ。

ハルは、しゅうじに自分が21世紀の未来から
やってきた人間だと告げ、サエない人生を
変えてやると宣言する。

ハルは、天才的な音楽を作り出す才能を持ち、
しゅうじの名前で、世間に向けて音楽を発信
することを強要。その音楽は、まるで人々の
心を洗い流すような旋律を奏で、世界規模で
大ヒットを遂げる。争いや、いさかいをなくす
すばらしい音楽だったが、それはハルの時代では
「許されない大罪」だった。ハルの音楽と、
ハルの抹殺をめざして、未来から使者がやってくる。

物語は、自然破壊を繰り返す人類への提唱や、
「生きる」っていう根源的な意味を問う快作。
作品としてのバランスもいい。

「今 生きてる僕たちが未来を変えていくんだ」
ラベル:音楽 安野モヨコ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

「贈るほどでもない言葉」

送別会があった。又の名を追い出す会。

所長と私の。断っておくが、所長は
尊敬を集めていた。あくまで所長はね。

私?私は4ヶ月しかいっしょにいないから
多分、すぐに忘れられてしまう存在さ。

「安寿?そんなのいたっけ?」
「ほら、あのすぐテンパる奴」
「あぁ、いたかも……」

……目に見えるようだ……。


埼玉県某所の、民家を改造した居酒屋で
執り行われ、盛況のうちに幕を閉じた。

まぁ、料理もおいしかったが、従業員が着物で
接客してくれ、かつ美人揃いの店であり、
終始私はハマグリだの焼き鳥だの、刺身などを
カシスソーダとかカシスグレープフルーツ
とか総称される「おしゃれ」なものを
片手に喰い続けていた。

その喰いっぷりは、見ているものを驚愕させ
当たり前のようにぶっちぎりで若輩者の
私のところに、料理が次々と回ってくる。

へべれけ、うわばみなどが闊歩する職場
メンバーにおいて、食べ物はどうも蔑ろに
されるらしく、次々と回ってくる。

それをギャル曽根よろしく、おいしそうに
平らげていく私を美人の従業員がうっとりと
見とれていたのが印象的だった。嘘800だ。
フツーにひいてた。そりゃそうか。

まぁ、3人前近く食べてたからね。


なんか、ひとことと言われて、

「いろいろ御迷惑をおかけしました。
 自分が気付かない所でも、たくさん
 フォローしてもらっていたと思います。
 
(ま、私もフォーローしたけどね……) 

 みなさん、私がいなくなってさびしく
 なるとおもいますが

(そうまるで灯りが消えたようにね)、

 これからもお互い頑張っていきましょう
 
(私いなくなると、この部署平均年齢1歳
 上がるなぁ)」

的なことをどもりながら、きょどりながら、
噛みながら、お酒で呂律が回らない舌で述べた。

見た目まともに見える私の、このきょどりに
女性店員はギャップを感じ、

「好き。母性本能をくすぐった。恋人にしたい!」

と源しずかのようには、もちろんならず、

「あぁ、早く帰って録画したニュースでも観て
 お風呂入りたい」

というような顔をしていたのが、印象的だった。
 
大丈夫。私は、美人が大好きだが、それ以上に
自分が大好きだから。大丈夫。大丈夫……。

「トリ貝、巻貝、僕ナイスガイ」

と、心の中でつぶやきながら狩野英孝のように
強くなりたいと思った。


お開きとなって市街を歩いていたら、客引きの
人とかがいて、バンプオブチキンハートな私と
しては怖かった。いわゆる「夜の顔」になってた。
「家に帰るまでが送別会」とか思いながら、
安全そうな道を選び帰路に着いた。

机の上に、某派遣会社から、雇用保険&健康保険
の喪失手続きするから、うんぬんかんぬんという
内容の郵便物があり、五月の蝿のようにうっとうしい
なぁと思った。

パンパンに膨れた腹は、次の日には嘘のように
凹んでいたが、15年先輩曰く、

「オレも、昔は周りが呆れるほど食べていた。
 そして、太らなかったから、調子に乗っていた。
 だが、30位からは食べたら食べた分だけ太る。
 気をつけた方がよい」

と言う昨日の言葉を思い出した。

実際、私の身長は18をめどにほとんど同じだが、
体重と年齢は年1のペースで増えている。

身長にいたっては、縮んだりしている。やはり、
身体は間違いなく加齢なる転身を遂げている。

いつまでも、あると思うな親と時間と金と愛。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

マンガ『おれ夕子』藤子・F・不二雄

「おれ、夕子」

夕子が死んでから一週間が経った。
おれは、不思議な体験をする。
彼女のネックレスがポケットの中に
入っていたのだ。

おれは、夕子のおやじの所に返しに
行った。夕子のおやじは、あやしげな
科学者であり、なぜかおれのことを
じっと見つめてきた。

そして、ある日クラスメイトが
「夕子を幽霊を見たんだ」と言い出す。

おれは、不思議な体験をする。


「換身」

ヤクザの親分は、平和な日常を手に入れようと
魔土災炎(マッドサイエンティストのもじりか)
の手引きによって、違う人間に転身をはかる。

エクトプラズムによって、放出された魂が
ターゲットである海野五郎の身体に入り……。

転身≒チェンジ

200805270705000.jpg


「影男」

輪廻転生(生まれ変わり)をテーマにした物語。

謎の老人が近くに引っ越してきた。老人は、
倫子に対して、いろいろな忠告をしてくる。

気味が悪いと思いながら、忠告を無視する倫子
だったが、老人の忠告は次々と的中。

謎の老人は、遂には倫子の部屋に現われ……。

得体の知れない世界に読者をいざなう。


「親子とりかえばや」

親の心子知らず。また逆も然り。この心親知らず。

わかり合えないふたりだったが、ある日の朝
父は息子になり、息子は父になっていた。

立場が変われば、見えてくることもあるのかな。


「クレオパトラだぞ」

自分は不幸な星の下に生まれたと、思い込む
主人公楽悟は、同時に自分をクレオパトラの
生まれ変わりだと思っている。それは、彼が
眠りに付くたびに自分がクレオパトラになり、
様々な具体的な体験を夢でするからだ。

楽悟は、遂に究極の選択をするのだが、
それが思わぬ結果をうむことになる……。


「未来ドロボウ」

余命6ヶ月を告げられた、大金持ちの老人と
高校進学の夢を立たれた少年の物語。

少年は脇目も振らず、勉強に取り組んでいたが
父親から「高校にやれない」と告げられた。

絶望感に打ちひしがれる少年は、ある日
大金持ちの老人と出会い、身体を交換することに。

新しい身体を手に入れた老人は、「若さ」の
持つすばらしさを知り、その幸せを噛み締める。

新しい身体を手に入れた少年は、自分の持っていた
「若さ」の価値を知り、取り戻そうとする。

「若いということは、想像以上にすばらしい、
 すばらしすぎるんだ!!
 世界中の富をもってきてもつりあわないだろう」

なんとも、心地よい作品として仕上がっている。

「自分を信じたなら ほら未来は動き出す」(ミスチル「未来」)
的なおすすめの物語である。

紹介したのは 廉価版 小学館発行 

←「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」より。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

「アホ履歴書」

200805261815000.jpg


KO幼稚舎 中退
中田翔 中退
森三中 転校
中村中 中退
蟹高専 中退
柴崎高 中退
凱専門校 中退
物干大 中退
自分次第学院 中退
ケンブリッジ大学を主席卒業 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

「ブリーフ派?トランクス派?」

私は、断トツでトランクス派です。かっこいいですからね。

200805241936000.jpg

ブリーフ(天才的博士、ブルマの父)

ホイポイカプセルなどを考案した天才。
性格は、スケベで抜けている。軽い。

捨て猫、捨て犬、捨て恐竜などを拾って
きてしまう心優しい面もある。

実の娘に「ブルマ」と名づけたことが
「負の連鎖」を生む。



200805241939000.jpg

トランクス(ブルマの息子、ブリーフの孫)

ゲイにもモテるナイスガイ。性格は、まじめで
正義感溢れるキャラ。初登場では、大活躍し、
一気にメインキャラとなるが、管理人的には、
御飯とキャラがかぶっている気がしてならない。

パラレルワールドを創出した人物でもある。



参考文献「ドラゴンボール」(評価 ☆☆☆☆☆)

←パラレルワールド。 
 ……うまく説明できそうにないので、ウィキペディア参照。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

「Sですか?Mですか?それともSですか?」

ハニカミ王子はSである。

エビちゃんはMである。

もっと言うと、所さん、藤原竜也、神木君とかもSである。
意外な結果が出た。

Mの人は鬼束ちひろさん、コブクロの小渕、温水洋一さん
井上康生さんとかがいる。あぁ、朝青龍もMだ。
すごく意外な結果だ。


何の話かって、あぁ「出身地」の話しさ。

Sは埼玉出身の人で、Mは宮崎出身の人。

Sは、他にも静岡、佐賀、滋賀がある。

Mは、宮城もそうだ。既に3敗した暴横綱はモンゴルだ。

それ以外の出身地の方は、それ以外だからS。

この法則に則ると、日本人の大半はSになることに。


埼玉、静岡、佐賀、滋賀+それ以外の都道府県>宮城、宮崎

ものすごくバランスが悪い。

宮崎あおいは、東京都出身ってややこしい。
もっと言うと、ハニカミ王子も石川君だから
やっぱりややこしい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

「数字で遊ぼう!」

922931219(国に救済に行く)

11028349(人にやさしく)

678974(ろくな役なし)

930893(腐れヤクザ)

123457890(ろくでなし←6以外なので)

83263163403219(闇にムサい武蔵を観に行く)

631(ムサい)
931(臭い)
331(山菜)
431(仔細)

241238(藤井フミヤ)

0103(お父さん)
02963(おふくろさん)
01010(弟)

……疲れた。
43291(読みにくい)と言わずに、楽しんでください。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

「ついでにとんち」

「このはしわたるべからず」とは、一休さんが
とんちを働かせる有名な話だ。そう、端でなく
まんなかを渡ればいい!というあれだ。

もし誰かが、いたずらでこんな看板を橋の前に
置いておいたらどうなるであろうか?

まぁ、一休さんのとんちの話を知っていようと
知らなかろうと大抵の人は渡らないはずだ。
だって、警戒するでしょう。怪しいし……。

中には、強引に渡ってしまう者もいるだろう。
勇気と無謀は、いつも紙一重だ。

いつだったか、6歳位のこどもを集めて、
冒頭のようなシチュエーションを用意したら
どういった行動を取るかをテレビで検証していた。
「トリビアの種」だ。

「まんなかを渡ればいい」

ということを理解した上で渡ったこどもも
小数いたものの、端っこの方を渡ってしまったり、
特に何も考えず渡ったり、親を呼びにきたり、
固まってしまったり、近くを通った人に聞いた
なんて子もいた。

まぁ、本当はこんなことが書いてあったら、
先にも述べたがお笑い芸人でもなければ
渡るべきではないのである。
むしろフリだと思って、率先して渡るべきだ。
お笑い芸人って、大変だなぁ。


さて、私たちの生活には、たくさんの看板が
あふれている。
「〜するな」という命令口調の警告的なものや、
「〜しないで下さい」という丁寧な警告文、
一休さんのようにとんちのきいたものもあったりする。
「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」
とは、江国さんの小説の題名である。
海外でであったおもしろい言い回しであり、
江国さんは人生や恋愛もそういった面が
あると語っていたような気がする。

看板には、広告的なものもあり、おもしろい
言い回しやフレーズは人々の心に残り、
購買欲を刺激したり、減退させたりする。

出版業界においては、芸能人を起用して
過度の広告をする傾向が強いが、これは業界的に
「本が売れない」ことに大きく起因する。
とんちのきいたオビ(紹介文)がほしいなぁ。

高田純次さんが、本を出した時のオビが
私は大好きだ。ユーモアを感じる至言だ。

「読まなくてもいいよ。買ってくれれば」

しかし、最近の出版業界の文句は過剰すぎて、
「この先どんな煽り文句を作るのかな?」と
こちらが勝手に心配になるほど美辞麗句や
賛辞を並べている。まぁ、マンガも本も結局
自分がよいと思わなければ、世間がどんなに
認めようと無価値であり、時に有害だ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

「交換日記 桃太郎」

LONG AGO,ロング アゴ〜。
おGさんと、おBARさんが classic してました。
おGさんは、マウント富士に芝刈りに
おBARさんは、三途の川に命の選択に出かけました。

おBARさんが、三途の川で命の選択をしていると、
川下から「Fran(腐乱)」が流れてきました。
おBARさんは、現世でついぞみせたことのないスピードで
「Fran」を掬い取り、それを貪るように食べました。
でも、ソウルが救われることはありませんでした。

その後、カープの前田智徳が川下からのぼってきましたが、
おBARさんは、埼玉西武ライオンズファンだったので
ライトからレフトに受け流しました。

前田は、所々に故障を抱えているようで、
「流れ落ちてしまえば 楽なのにね」と
中島みゆきの「ファイト」風に思われました。
しかし、それでも前田は臆することなく
バッターボックスに立ち続けました。
その心掛けは、敵ながら天晴れ、けっぱれ。
セ界のHERO、野球界のMIRROR(鑑)だと思います。
2000本安打達成おめでとうございます。

そして、苦難の末についに滝登りを達成し、
大きな大きな竜雷太になりましたとさ。
おひたし。おひたし。

おGさんとおBARさんの行方は、誰も知らない。

※ 違うブログで書いた創作もの。
  「交換日記」と称して、吉兆ばりの「使いまわし」を決行!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の茶番劇(創作物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

漫画『ナイン』あだち充

「あの娘の笑顔が見たいんだ」

中学陸上界最強のスプリンターである新見は、ひとめぼれした
野球部マネージャー百合のために弱小野球部に入ることを決意。

おい、陸上部に入れよ! ( ・д・)/−−=≡(((卍 シュッ!!


〜あらすじ〜

勉強は名門だが、野球はからっきし……という青秀高校の入学が
決まっていた新見と唐沢は、電車内で痴漢を発見。県大会柔道
チャンピオンだった唐沢は、とっちめてやろうとするが、痴漢
されていた美少女が目で痴漢相手を撃退。二人は、痴漢していた
のが全国中学野球投手倉橋だと気付くが、そこにはエースとして
輝いていた倉橋の面影はまるでなかった。

その後、二人は青秀高校の野球を球場で観るのだが、そこには
あの美少女もいた。彼女は、青秀高校の監督の娘であり、
チームの勝利を願っていたが試合は惨敗。涙する彼女をみた
二人は、彼女の笑顔がみたいと願い、野球部入部を決める。

弱小野球部に入った二人は、父との約束で野球をやれないという
倉橋家の問題に直球勝負でぶつかり、彼をまんまと野球部にいれる
ことに成功。青秀高校の快進撃が始まる。

物語は、文庫版で3巻と短く、野球と恋愛に的がしぼられた凝縮
された内容と言える。「どうしても甲子園に行くんだ!」という
ような情熱的な野球漫画ではなく、のびのびと野球を楽しんでいる
主人公たちの姿が生き生きと描かれている。主人公を俊足1番の
センターに据えているというのが特徴的であり、イチローを
連想させる。物語においても、この俊足は遺憾なく発揮される。

また、新見と百合の恋愛をはじめとした、数々の恋愛が交錯し、
そちらもなかなか楽しめる内容となっている。

青秀高校の同地区には、甲子園優勝校のエースであり、百合の
おさななじみである新見のライバル?的なのもいて、新見との
対決も目が離せない。基本的に、絵のタッチは「タッチ」に似て
いる。また、人物の絶妙な配置もその後の「タッチ」「H2」を
ほうふつとさせるものがあり、あだち充作品の中でも評価が高い。
余談だが2016年の高校野球大会に全中短距離の覇者が
高校では野球部に入り甲子園をめざしているらしい。
現実の世界でも新見のような子は案外いるのかもしれない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

「アフィリエイトじゃ電気代も稼げない」

笑い話をひとつ。

「本を出したんだ。ともだちのよしみで買ってくれよ」
「へぇ。それでその本の値段は」
「ちょうど千円」
「そのうち印税(作者に入ってくるお金の割合)は?」
「10%。だから一冊売れると100円入ってくるんだ」
「じゃあお前に100円やるよ。本を読む気はないから」

(ほぼ日イトイ新聞、「ライフ・イズ・マジック」より)


私が、ブログをはじめたきっかけは、兄にある。
兄が、ブログはおもしろいし、うまくいけばアフィリエイトで
儲かるって持ちかけてきた。私も「兌換券」としての価値は、
大いに評価している「お金大好き」人間なので、
「よーし、儲けるぞ」と目を「\」にして、ブログの更新を
行った。しかし、このアフィリエイト、びっくりする位儲からない。

リアルな話をすると、複数のブログを創設し、延べ4万人前後の
方が私のブログに来てくれたが、実際に商品を購入してくれたり、
バナー広告などによって私が得たお金(交換していないので、
数字としてしか知らないが)は、500円に満たない。最近、はじめて
amazonの方で、漫画ないしは本を購入してくれた方がいるようだが、
アマゾンの紹介料は、3%なので、32円を逆算すると1060円位の
商品を買ってくれたようだ。毎日のように、何千人、それ以上の
方が閲覧するブログならいざ知らず、「アフィリエイト」で儲ける
なんて、よほど変わったことでもなければ(犯罪やマルチも含めて)
なければないのだと思う。

基本的に、私はブログで儲けようと考えなくなった。正直、
私がブログで紹介している漫画の大半は、新刊でもなければ、
ブック・オフあたりで105円〜で売っている商品である。
何もここで、買うことはないのである。
でも、「絵の感じとかわかった方がいいよな〜」と思うし、
「絵がついている方がブログとして見たとき楽しい」と思うので、
とりあえずつけてるというスタンス。

高田純次氏は、自らの本に対して、
「読まなくてもいいよ。買ってくれれば」
と語っているが、私のスタンスとしては
「読まなくてもいいよ。買わなくてもいいよ」
という考えなのである。それを踏まえて、
購入したり、実際に読んでほしい。

あと、アマゾンをはじめとしたレヴューは、
「買わせたい、売らんかな」ありきの紹介が多くて、
参考にならなかったりする。まぁ、それすらも主観に
ちがいないのだが……。


最近見つけたある意味でおもしろかったブログ。
「4年後に120兆円産業になるんだって」苦笑。
http://next-yourlife.com/hp21/?c=308172

→外食産業が、全体で30兆円に満たない事実を前にして、
 「在宅ビジネス」で120兆円というのがどれほど
 現実味のない話しかを考えると……。

いや、ややもすると、ひょっとしたら、もしかすると、
万が一、百歩譲って、あまつさえ……

ないよなぁ。

「片手間で儲けられる!」

そんな奴おらんやろう。

アフィリエイトじゃ電気代も稼げない。
でも、ブログ運営はおもしろい。
そう、病的なほどに。中毒になるほどに。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

「HERO」

甘いマスクで、甘い顔のHEROといったら、
彼をおいて他にいないであろう。そう、
「アンパンマン」である。彼は、今日も甘い
顔をしながら、バイキンマンを倒し、
「おなかがすいた」という脇役・端役に
「ぼくの顔を食べて」と犠牲精神にのっとって
顔を差し出す。うーん、何度見てもハイセンス。

ちなみに、アンパンマンは顔を食べられると、
体力が一気になくなり、実際「力が入らない」と
発言している。飛んでいるシーンでも、フラフラ
と力がない。よって、アンパンマンは自分の
産みの親であるジャムおじさんの所に行き、
「顔を変えてもらう」ことにするのだが、
そこに宿敵バイキンマンが現われ、仕返しと
ばかりに「ハヒフヘホー」と言いながら、
攻撃を繰り出してくるのである。

まだ、パンツの種類にブリーフ以外があることを
知らなかった当時の私は、アンパンマンを観ながら
「なんで、アンパンマンくわれなあかんの?」
と「蛍の墓」の節子のように思ったものだ。

たとえば、アンパンマンがパンを所持していたら
どうか?ジャムおじさん、バタ子さんでもよい。
彼にパン常備させてやればいい。
「パンがなければ、アンパンマンを食べればよい」と
いう法はない。マリー・アントワネットではあるまいし。

こういうときは、ウィキペディアで調べるとよい。そうしたら
すごくいいことが書いてあった。アンパンマンが
いまでも多くのこどもに受け入れられ、人気を博して
いるのには、やはりそれなりの理由があるんだなぁ。

『ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうの
いいものではないし、そしてそのためにかならず
自分も深く傷つくものです』第1作『あんぱんまん』


人に甘い顔ができるっていうのは、余裕がある証拠で
ある。裏を返せば、余裕がなくなったら素の顔が出る
わけだ。まぁ、HEROは素の顔を見せちゃいけないし、
キンニクマンが実は美形だったりするのは、
秘密なんだよなぁ。イメージ崩れるから。

そういえば私がある仕事を辞めた理由は、仕事が深夜に
及んで、ぼろぼろになってふと鏡を見てぎょっと
したからだ。ダレコレ?とパリコレっぽく思ったんだ。
HEROであることは、難しいけれど 

HEROになりたい ただ一人君にとっての→ミスチル「HERO」より


しかし、アンパンマンの主題歌に出てくる
「愛と勇気だけがともだち」って、
ちょっと悲しすぎるぜ。カレーパンマン、
食パンマン、天丼マン他の立場はどうなる?
とつっこみ!

( ・д・)/−−=≡(((卍 シュッ!!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

漫画『脂肪と言う名の服を着て』安野モヨコ




たとえどんなイヤなことがあっても、食べてれば平気だった。
平気だったはずなんだ……。

主人公のOLのこは、太っているということで、謂れのない
迫害を受けてきた。時に、直接的な言葉を浴びせられたり
することもあったが、それでも、彼女は食べていれば
イヤなことを忘れられた。目を背けられた。

職場には、屈折した同僚のOLマユミがいた。彼女は、容姿に
優れていたが、同時に「醜い」と感じる者に対して容赦のない
性格だった。マユミは、のこを傷つけるためだけに、のこの
彼氏に手を出した。のこは、そのことがきっかけで、
テレホンクラブに電話したことから、大金を手に入れる。

「やせれば幸せになれる、謂れなき迫害を免れる」

そう信じたのこは、法外と思えるエステコースに加入する。


物語は、「過食症」と「拒食症」の恐怖や、屈折した人間、
みせかけの多い人間関係を強調して書かれた辛口の物語だ。
人間の弱さとか脆さとかを、しっかり書いているので、
逆にやすらぎを覚えるという方もいるかもしれない。

登場人物の大半が病んでいるという物語。

おすすめ同著としては、「働きマン」「さくらん」
「ラブ・マスターX」がある。
http://manga0001.seesaa.net/article/92121037.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

「盲点」

CMになったら、風呂をいれようと思っていたら
NHKだったので、風呂がいつまでたっても沸かないんだ。
盲点だ。


のび太の言動がひどすぎて、ドラえもんのドジっ娘
ぶりが読者に露呈しにくいんだ。盲点だ。


吉兆の使いまわしによって、予約のキャンセルが
相次いでいるらしい。当然だ。そして私は思う。

今なら、昔は予約取るのが大変だった吉兆。
簡単に予約が取れるんじゃないか?
※コペルニクス的転回であり、盲点だ。

※カントがその「純粋理性批判」の認識論において、
主観が客観に従うのではなく、逆に客観が主観に従い、
主観が客観を可能にすると考えたことを、天動説から
地動説へのコペルニクスの転回にたとえて自ら称した語。
↑辞書のをまる写ししたら、わかりづらい。↓のが○。

ものの考え方が、がらりと正反対に変わること。


しあわせや大切なものは、すぐ近くにあるのに、
気付かない、気付けないのは盲点だ。


ほら あなたにとって 大事な人ほど すぐそばにいるの♪
「小さな恋の歌」by モンゴル800

母の日だからじゃなくて、毎日母のことは大切にしたい。
こんな気持ちが、私の心にあるなんて、盲点だ。    

そんな母から「いつ食事(外食)に行くの?」
と尋ねられた。どうやら、来週ごちそうしようって
話を勘違いしていたらしい。盲点だ。

その勘違いによって食事は、遅くなるらしい……。
ほうれんそう(報告・連絡・相談)を怠ったツケが
職場だけでなく、家庭においても起こる。盲点だ。

眞鍋さんは、父との語らいや・尊敬の念を
ドラゴンボールで語っていたが、
私は「母の日」はともかく「父の日」のことなど、
忘却の空へと忘れていた。盲点だ。しかも、何もしないw 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いちかばちかカバチタレ」

200805101725000.jpg
田村、七面倒くさい検認の仕事を押しつけられる。

栄田「田村!!お前 宮仕え(サラリーマン)
   ちゅうもんをわかっとんか!!」
  「イヤなことは上から下に流れるモンなんじゃ」
  「大(ボス)のストレスは重さんに、
   重さんの怒りはワシに
   ほんでワシの怒りは増幅されて
   お前に行くんじゃ!」

田村「ぞ 増幅……」
  「そんな理不尽な!!」

栄田「やかましい あきらめんかい」
  「世の中そんなもんじゃ」

重森「う〜ん 栄田の奴
   仕事上のことで叱られた
   思うとったんかい……」(心の声)
  「ワシャ ただ
   女房とケンカして
   やつあたりしとった
   だけなんじゃがのう」(心の声)

「カバチタレ!」(2巻より)


カバチタレ……反論、屁理屈など。広島の方言 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像&+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

「ライスさんの思い出」

ライスさん(美人)は、やり手だった。
仕事ができたし、仕事のやり方とかを
時にドライに、時に優しく教えてくれた。

ライスさんは、起業する夢を持っていた。
ライスさんは夢を叶えて、会社を辞めた。

忙しいけど、やりがいがあると言っていた。
あんまり寝ていないけど、瞳が輝いていた。
よかったなと、私は彼女の成功を喜んだ。

そんなライスさん、KYな所があった。

月末の仕事にヒイヒイフー(ラマーズ法っぽく)
言いながら仕事を必死にやっているときに、
電話の「内線」の説明を始め、
「えっ、なぜ今?」と私に思わせたりした。

暇つぶしに、パソコンに出てくる
イルカのアクションを研究している時とかに
教えてほしいものだ。


昼飯後、音楽聴きながら読書に勤しむ私。
そこから、聞こえてくる朗らかな声。

「昨日、人身事故があって〜〜」

グロい話を、鮮明に詳細漏らさず、
朗らかに語り出すライスさん。

サイモン&ガーファンクルの奏でる音楽は、
大人しすぎた。彼女の、心温まるグロい
ストーリーは、彼女のキレイな声とは
裏腹に子供じみていたが、迫力十分。
いや、声がかわいい故にかえって怖い。
私は、S&GからQueenに切り替えた。
i-podの一曲目は「Killer Queen」だ。
その運命のいたずらに、頬がひきつった。

ライスさん、今も元気にしているかな?
そして、かわいい顔をしながらグロい話
とかしているのかな?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「異臭格闘技戦 本戦」

目の醒めるような一発だった。

サン・サン・サン・さわやか三組〜
さわやかさんくみ〜と頭の中で、
リフレインするあのフレーズを
頭の中に流しながら、浮かれて
いた私に強烈な一発をかまして
くれた。「一発病」に苦しむ上原は、
二軍落ち、大丈夫かな?

さわやか三組?っていう方は、
http://www.nhk.or.jp/3kumi/index2.html

フツーにやっていて、
びっくり鈍器!!!鈍器布袋!!!

ビックリドンキー、ドンキ・ホーテ


原因ははっきりしているんだ。

そう、昨日犬との散歩の時に頭上から謎の光が
私たちをつつんで……というのは多分無関係で、

つまり、ドラえもんの空き地よりも大きい
養鶏場が風上にあってそこから発せられる
フログレンスだかフレグランスだかアデランスだか
フリーランスだかラストダンスだか知らない
芳しいにおひによって、

はねた髪のまま飛び出した 今朝の夢の残り火抱いて →正夢

的な、半分眠っているような頭に喝を入れてくれたわけだ。

↑高村薫氏のように、長すぎてわかりづらい文章。


生きているってことは、クサイことなんだ。きれいごとばっかり
じゃないんだ。そして、動物である人間や、動物を食す人間が
クサくならないわけがない。そう、なんだかんだ言っても、肉を
食べる人間はこの臭いを受け入れなくてはいけない。文句を
言ってはいけないんだ。クサイとかいっちゃいけない。




臭すぎる……。

本当に臭すぎる。

ものには限度があると思う。

高村薫氏の小説は、読みにくすぎる。

阪神の観客が、ラミレスのホームラン叩き落とした。

我慢のきかないこどもとか連れてきたら、修羅場になる。

野球規定のこととは言え、納得できないし理不尽だ。

おすすめするならば「マークスの山」。

鶏糞は臭くて、役に立たない。

薄れていく景色。

UMAだ……。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

「号泣できるマンガ特集」

5月9日にちなんで、号泣できるマンガ特集です。

「ドラえもん」
 
・のび太の結婚前夜
   
のび太と結婚することになり、
しずかはパパと離れ離れになることや、
将来に対する不安(のび太だしね)から、
「結婚をやめる」と言い出す。
登場回数が異様に少ない、
しずかパパはすてきなセリフを、読者を魅了する。
BGMは「秋桜」(さだまさし)で。

・ドラえもん最終回(6巻)

別れは突然にやってきた。
ドラえもんが未来の世界に帰ることに。
のび太のことが心配でたまらないドラえもん。
のび太はドラえもんに心配をかけないために、
いじめっこのジャイアンと真っ向勝負!
いじめられっこのび太の見せた、
意地と勇気に乾杯!

・「のび太と鉄人兵団」

敵であることを知りながら、リルルに攻撃できない
のび太としずか。リルルは、二人の気持ちにふれて
「人間になりたい」と願う。
   
・「のび太と恐竜」

ピー助のしあわせを望んで、
のび太は一生懸命育てたピー助を
タイムマシンで白亜紀で連れて行く。
本当は離れたくないっていうのが、
ひしひしとつたわってくる。
涙がほおをつたってくる。

・「のび太と海底鬼岸城」
 
やはり、ラストシーンが最大の泣き所である。
「好きな人を泣かせる奴は、
 どんな強くて怖い奴でも許せない」
っていう気持ちは忘れずにいたいものだ。


「リアル」

連載中の漫画で最もすばらしいと感じる作品で
号泣できるマンガである。
セリフ回しはうまいし、魅力的なキャラクター
たちの言葉が涙腺を刺激してたまらない。


「H2 エイチツー」

最終巻の親友対決。
いろんな想いが交錯する物語の最大の山場にして
最大の泣き所。どちらの主人公に
肩入れするかで涙の出方は変わってくる?
涙の理由は?


「クレヨンしんちゃん」

・シロがよその家にの回

シロを人に渡してしまったしんのすけ。
その影響は深刻なものであり、食欲は減退。
尻に穴があいた(≒心にぽっかり穴があいた)
ような日々を送る。


「ハイスクール奇面組」

最終回直前の回

主人公が死んじゃう!?という、ギャグマンガとは
思えない衝撃の展開。
「アルジャーノンに花束を」(ダニエルキイス)や
「手紙」(東野圭吾)と同じ、
手紙手法が用いられる。その効果は絶大。


「ワンピース」

ヒルルクの桜

泣けるマンガとしても名高いワンピであるが、
特にあの鹿?の話がいいねぇ。(作者母談)
人の記憶の中に生き続ける限り、人は死なない!


ベルメールさん編

血のつながりを超えた家族の愛と絆を描いた
このシリーズ。


「スラムダンク」

「安西先生バスケがしたいです」

不良になって、湘北バスケ部に殴りこみを
かけてきた三井。
中学時代の試合中にくじけそうになり
試合を捨てようとしていた三井に、
「最後まであきめちゃいけないよ。
あきらめたらそこで試合終了だよ」と
励ましてくれた恩師安西監督の前では、
意地を張らずに本音で気持ちを吐露できた。

安西監督ももちろん好きだが、
田岡監督も好きだ。
二人は、名監督であると同時に、
名脇役の名言・名ゼリフの達人である。
職場をはじめとした、様々な場面でそのまま
使えそうな格言が溢れた名作である。
 

「名門 第三野球部」

正統派根性野球マンガである。
クズと罵られた、野球部の三軍メンバーが、
プライドをかけて戦い、成長していく姿に
胸が揺さぶられる。
大きな檜(ひのき)になるためには、
「意思」と「努力」あるのみ。


「カバチタレ!」

のっけ(1巻)からハードな内容であり、
のけぞさせられたが
為になり考えさせられるマンガである。
日本の社会に潜む歪な姿と、それに立ち向かう
ことを決めた主人公の流した涙が印象的。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

「安寿の加齢なる日常 同窓会 番外編」

大きくなったな、生え際が……
貫禄と言うより、太ったな……
個性と言うより、荒れたな……。

基本的に、男で洗練された感があったのは、
某新郎くらいなもんで、大抵があんまり変わって
いなかったり、むしろマイナスっぽくなってた。

まぁ、仕事をして疲弊したり、3分の1どころか
もっともっともっと、純情でなくなってしまった
者の末路といった感じか。(「3分の1の純情な感情」)
→歌を知らない世代には、3分の1も伝わらない。


反対に、女性陣はマジで綺麗になっていたりして
びっくりした。
MK5だ。(majiで恋する5秒前 ヒロスエ)だ。
ごめん。嘘だ。

やはり某小学校は、レベルが高い気がする。
世間に出てみたら、男女共にレベルの
高い学年だったのだなぁと客観的に思ったよ。
あと、ちょうど女性が一番輝く年齢ってことを
加味しても、やっぱり美人が多かった。

もし、私がそのことに気付いていたら、今頃は……
などと、もし私が鳥だったら、大空をはばたくのに。
と、英語の仮定法みたいな文が浮かんではこなかった。

どちらかと言うと、当時ムチャクチャはやっていた
trfの曲とかなら浮かんできた。今も頑張っている
彼女たちを見て、なんだか切なくなるのは私だけでは
ないはずだ。「貯金がない」とか、某番組で言わないで
ほしい。終わらない 続いていく サバイバルダンス ♪

本当に縁があったら、どっかでつきあっているはずだし。


さて、そういえば、「永遠の20歳」と言い張っていた
某先生だが、年齢聞かれて56歳と素で答えていて、笑った。
私が卒業してから、一気に20歳以上も老けたのかい?
加齢な変身しすぎだろ〜〜。ある意味、同級生よりすごい。
もう、卒業アルバムに20歳の時の成人式の写真を用いる
「必殺技」、「隠し球」をしていないのかが知りたい。
いや、知りたくない!パソコンに苦戦しているとのこと。

で、男連中ですが、一番来ている中でファンキーだった奴は
工場で指落とした(自己申告)とかで、指が一本少なかった者、
一見チャラ男っぽい者、学校の先生になりストレスに苛まれる者、
営業をこなす者、すでに係長に出世していた者、大手の銀行員
……と、様々だった。まぁ、どんな仕事をこなすよりも、
こどもを産んで育てるほど大変ではないよな……と思う。
こどもを産むと、親の顔になると言うが、子育ての関係で
これなかった同級生とかもいると思う。素直に尊敬する。
「母はツヨシ」だ。もとい、母は強しだ。

ほとんどのみんなの感想だが、
「振り返ってみたらあっという間だったな」とサザエさんを
観ていると感じるデジャヴ的な言葉が、出てきた。まぁ、
私自身も小学校当時のビデオが流れていて、そういえば
あいつはどうしているかなぁ?と思う奴もいっぱいいたりして、
年取ったんだなぁと感じる。最近、時間が流れるのが早い気が
する。リアルな話しすでに「曲がり角」の年齢になっている
わけで、同級生によっては親が定年迎えていたり、定年秒読み
だったりしているわけだ。そう考えると、いろいろ感慨深いもの
があるし、もっと自分しっかりしなくちゃなぁと本気で思ったり、
まぁいろいろな意味でためになったよ。

誰かがやろうと言わなければ、「同窓会」は開かれないわけで、
やろうと言ってくれて、ハブらずにちゃんと呼んでくれた幹事に
感謝の意を表したい。たとえ、ちょっとピンハネしていようと、
私は全然気にしていないから。本当に気にしていないから…。
大丈夫だから……。

そして、また同窓会を開いてほしい。
次は、幹事になってもいいかなとも思う。
そして、ピンハネするんだ(笑)

ちなみに、当時の私の夢は
「バスケットボール選手」か「公務員」って……、
スラムダンクの影響受けすぎ。
あと、公務員って堅実。
どちらにもなれていない。
ごめん、小学生の時の私。
でもまぁ、毎日楽しいよ……。
ブログの更新とか。マンガとか……。

なんか、懐メロ聴きたくなったよ。当時も今もミスチル大好き。


「同窓会」関連の話しはコチラから。
http://manga0001.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%AF%91%8B%89%EF&vs=http%3A%2F%2Fmanga0001.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

「異臭格闘技戦」

臭い日には、臭い物を食べよう。と、暑い日には、暑い物を
食べよう的なノリで出かけた。っていうか、ラーメン屋の餃子
(ギョーザじゃないよチャオズだよ!)が安い日だったのだ。

ちなみに、私の愛車は窓がしっかり締まらないので、
手で「ガコッと」ずらしてやらないと締まらないのだ。
あと、助手席側の窓が壊れてて、開かずの扉になってた。
いたく凹んだ。車検の日まで持つかな?

さて、某ラーメン屋である。ギョーザを無料のライスで
ほおばりながら、スープがケイン(ケイン・コスギ→濃すぎ)
な味噌ラーメンを食べる。もやしと食べるとちょうどよく、
めんと食べるとしょっぱすぎる、ラーメンを堪能する。
どうでもいいけど、カウンターに3人もスタッフーがいるのが
ウザイ。ウザさがおもしろい狩野英孝も3人いたら
ウザイだけだ。よくて2人、やはり1人が望ましい。

そして、私は思い出す。学生時代に「餃子の満州」という店で
行われていた「餃子早食い大会」のことを。

これに挑戦して、私は何とか制限時間内に餃子を食べきった
のだが、しばらくは餃子食べたくなくなった。20個を超えた
辺りからは、餃子の脂っぽさや肉汁に食欲が失せていた。

ちなみに、ここの餃子は私が知る限り最もうまい餃子であり、
配送もしている。キャッチコピーは「3割うまい」だ。なぜ?

ちなみに、私が挑戦した年の最高タイムは、1分25秒。
挑戦者は、某大学のラグビー部部員。ちなみに、餃子の数は
42個だ。2秒に1個のペースで、異臭格闘技戦を制している。


餃子を食べた後、とりあえずガム噛んで公共のバスに
乗ったのだが、その臭いは強烈であり、ある種のテロ行為。
「異臭騒ぎ」にこそならなかったが、明らかに迷惑なレベルの
体臭&口臭だったと思う。もちろん、硫化水素ほどではないが。

そういえば、餃子と戦った日、一番にシャワーを浴びた後、
その後みんなから「風呂場が臭い、クサイ、くさい」と
バッシングを浴びた。「稲中」の田辺みたいな迫害を受けた。
やはり、餃子とかにんにくとかは家族全員が食べることが望ましい。


今日だって、「息だけは福山雅治」目指してガム噛んだけど、
実際の所は、「息だけは出川哲郎」状態だったと思う。
職場のみんなは、優しいので何も言わなかったが、
私が帰った後で、「あいつは今日いつにもまして臭かったし、
飲み会も断った、本当に水臭い奴だ、生ゴミだ」
と罵倒されているかもしれない。


しかし、そんな私の手元には「餃子割引券」「餃子スタンプカード」
なるものがある。これは、某ラーメン屋の店員さんがくれたものだ。

罵られたくないので、家族と行こうかな……と思う。


臭い日……職場の近くに悪臭を放つ建物がある。何の建物かは、
     近日書く予定。日によってまちまちだが、これから
     もっともっと臭くなるらしい。職場のみなさんは、
     自動車に消臭系のアイテムを常備する必要があると
     私に熱く語ってくれた。

     ちなみに、私が好きなにおいはコーヒーと柑橘系だ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「美人局と日本ひきこもり協会」

美人局(つつもたせ)

何度見ても、「美人局」って言葉を見ると
管理人は8チャンネルを連想してしまう。
美人局自体の意味を考えると……、
なんだか遠からず近からずな気がする。
テレビが人気稼業である以上、美人や
イケメンを揃えるのは安易だが正しい。

やり方が汚い、賛同できないという方は
観ていないはずだし、やはり顔がいいと
いう私をはじめとした面食いは8チャンネル
を見てしまうのは不可抗力だと思う。

しかし、ニュースとドキュメンタリーだと
NHKが断然トップであることは揺るがない。
あと、前にジャージとブログに書きましたが、
本当はジャージーみたいです。でも私は、
これからもジャージって書きます。

美人局…美人が、色じかけをしてくる。
    男がひっかかる。
    そこに、自称旦那が登場。
    慰謝料を請求される。
    もちろん、美人はグルである。
    
「それでもぼくはやっていない」と言い張る
のは大抵困難な状況である。
漫画「カバチタレ!」(ハード系、裏社会)の
1巻を読むとわかりやすい。


昨日NHKでやっていた、ダーウィンの進化論を
解き明かしていく番組はすごくおもしろかった。
番組の中で、求愛行動として有名なクジャクの
オスの羽広げの話が紹介されていた。
ちなみに、女性キャスターはNHKのイチオシ
アナウンサーなのに神田(かんだ)アナが担当。
→前オンバトの司会をしていた。

つまり、クジャクのオスはメスの気を惹くために、
美しい模様の羽に進化した。同時にこれは、
めだちやすく、外敵から狙われやすくなるという
リスクを高めるものなのだが、あえてクジャクは
こういう進化を遂げたのだ。

しかし、最近では、ほとんどのクジャクのオスは、
美しい羽を獲得し、そこに差異が生じなくなった。
誰もが持つものに魅力を感じなくなるのは、
人間界に限らずクジャク界でも同様らしく、
最近では「鳴き声」がメスをオスを選ぶ要因に
なりつつあるという説が提唱されている。

そして、動物界においては、「メスがオスを選ぶ」
ことがほとんどであるとのこと。うーん、
身につまされるなぁ。動物ですら、努力している
のか……。まぁ、動物は本能そのものだから、
「種の保存」が大前提にくるのは当然か。


日本ひきこもり協会……漫画「NHKにようこそ」参照。
           なお、この漫画NHKのことを紹介している
           漫画ではないので、管理人のように
           勘違いして買わないようにしてほしい。

自宅管理人      主な仕事は、自宅(親名義なども含む)で
           自室などに入りびたり、パソコンやゲームに
           興じたり、家の中を巡回する人のこと。
           一般的には、ひきこもりとかニートである。
           管理人は昔、程度の弱い自宅管理人だった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

「101回目のプロポーズ 同窓会 純情編U」

好きなものは好きと 言える気持ち抱きしめていたい
(どんなときも)

なぜ槇原の名曲を引用して、こんなことを書いているのか
自分でもわかりませんが、拙記事「同窓会 純情編T」
で書いたように、同級生の二人が入籍・結婚を発表
したことに起因する気がします。

小学校を卒業してから、彼らのことを見かけたり、
ちょっとだけ話したことはありましたが、
二人が付き合っていたのも知らなかったし、、
しかも結婚するとは考えてもみませんでした。
ずいぶん高い会費だなぁと思っていたのですが、
その会費の中には二人に送った花束やバカラのグラスの
値段も含まれていたのかぁ。

未来の新郎の言葉を抜粋すると、地域ぐるみでお世話に
なった街のみんなから祝福されたことが本当にうれしい。

未来の新婦の言葉を抜粋すると、彼女は転校生だったの
ですが、たくさんの不安抱えながら学校に転校してきて、
あたたかく迎えられて、しかも結婚相手と思い出を共に
できたのは、本当にしあわせ。

なんかあったかい気持ちになれました。気持ち的には、
ミスチルの「and I love you」とかを贈りたくなりました。
お幸せに……。

もうひとりきりじゃ飛べない 君が僕を軽くしているから ♪


あと、新郎が小学校当時好きだったのは違う女の子で、
文通してたんだよなぁと告白していたとき、新婦の
目が全然笑っていなかったのが印象的だった。
マジでお幸せに……。
頼むよ。本当に。


何に幸せを見出すのかは、その人次第だからなぁ。

眞鍋さんも、確かに結婚適齢期に入ってますし、
ヴァンサンカン(25歳)の私の周りでも同級生が
結婚したりし始めました。大好きな人が、幸せに
なるなら、それもまたいいんじゃないかなぁと
思いました。それが、身近な人であってもテレビで
応援する人であっても。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

「名言を言明して威厳を銘する」

「カーテンを開けてくれ」とは、ゲーテの名言だ。
臨終の際にゲーテは、付き添いの方にそう指示して
息を引き取ったという。そんな彼のエピソードは、
ゲーテの最後を飾るために、変えられた。いわく、

「もっと光を……」

そのニュアンスはわかるし、たしかに脚色されて
いるとは言え、美しいことは美しい。わかりやすい。

しかし、カーテンを幕と捉えるのであれば、
幕が開くということは新しい舞台への旅立ちと
いう広い意味での解釈を加えられる。

人生の幕が閉じる(≒死)という見方ができると同時に、
新しい世界の扉が開いたという見方もできる。
今もゲーテは、人々の心で生き続ける。


「死にとうない」とは、一休さんで有名な一休宗純の
辞世の句だ。(辞世の句……最後の言葉)
深すぎて、いろいろな解釈ができそうな言葉だ。

とんちで有名な一休さんだが、その人間臭い生き方や、
逸話は今でも多くの人を魅了する。長寿であり88歳で没。

「屏風の虎を退治せよ」というムチャ振りに対し、
「では、虎を出してください」と返した逸話が有名だ。

花は桜木、人は武士……など名言多数。

ウィキペディア的紹介。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BC%91

アニメ的紹介。
http://ikkuusan.hp.infoseek.co.jp/kennkyuusitu/ikkyuusann.html


「人の命は地球よりも重い」

そんなわけない。あくまで、精神的・目標的・理想的な発言だ。
当たり前の話だが、地球がなければ人は生きられない。そして、
人がいなくても地球は生きられるし、むしろ地球的にはいない
方がいいんじゃないの人間なんてと、身も蓋もないことを言って
みたり。建前的な発言であり、単純に名言とするのはどうかと思う。まぁ私の命の重さなんて、せいぜいりんご3こ分かも
しれないけど、大切にしていきたいよ。うん、まだ死にとうない。

関連と補足
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9

http://www.ffortune.net/maigo/chikyuyoriomoi.htm

「りんご3こ分の重さ」 
  キティちゃんの体重である。リンゴの重さにもよるが、
  「ふじ」などの大きいもので、1キロ位なのでどんなに
  大きくても3キロ位と考えるべきだ。キティちゃんは、
  なぜかネコ(チャーミーなど)を飼っているが、下手
  するとペットの方がデカいんじゃないのか?
   
  ちなみに身長は、りんご5こ分らしい。
  管理人は、体重はでっかいかぼちゃ3個分、身長は173cmだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%A3
         


「健全な精神は、健全な肉体に宿る」

何度聞いても、いや〜な言葉である。体育会系の、その中でも
本質を見抜けそうにない未成熟児が言いそうな言葉である。
身体の不自由な人に対する、考慮にも欠けているし。
名言と言うよりも、迷言だ。

元々の意味だと、
「健全な精神は、健全な肉体に宿るべき」的ニュアンスだ。

身体だけでかくて、中身が伴わない木偶の坊ほど厄介な奴は
いないという、皮肉も込められている。

また、オリンピック委員会(IOC)は、金に汚いことでも有名だ。


どうやら「不健全な精神は、不健全な金を宿す」らしい。


競技そのものは好きだ。鍛錬に勤しむ選手の姿は美しい。
余談だが、なぜかオリンピック・世界陸上を見ていると、
腹筋とかをしてしまうのは私だけではないはずだ。
しかし、選手が着るユニフォームだとか靴だとかが
一律でないのは、フェアじゃないなぁと思う。

その点、小学校・中学校の運動会とか体育祭とかって、
フェアだよなぁ。みんなダサいジャージで、ダサい安靴で
走るもんなぁ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「パトリシア そして伝説へ……」

結論 パトリシアは魔王よりも強い。

馬車馬のように働く馬車馬パトリシア。
馬車馬のように働かない管理人の、バカな独り言はじめます。

※「ドラクエ」…ドラゴンクエストのこと。ゲーム。8まである。
  モンスターズなどもあり、1と2はおもしろい。
  
  ドラクエは、RPGというジャンルのゲームであり、ゲーム界に
  おける主要ゲームのひとつである。最高におもしろいゲーム。
  ゲーム容量の都合上、小さな村に人が10人配置されているのに
  対し、最も大きい城の住人が100人に満たなかったりする。
  基本的に勇者が、魔王を倒すことをコンセプトにしているが、
  その世界観は広く、随所に遊び心がちりばめられている。
  基本的には、戦闘がおもしろいのだが、買い物、町人との会話、
  船・ドラゴンなどの移動手段が増える点、戦略なども楽しく、
  最高のストーリー、魅力的な登場人物やモンスターたち、
  極上の音楽と効果音など、言葉では言い表せないほどすてきだ。

  パトリシアとは、主人公(勇者たち)と冒険を共にする馬車馬
  であり、ドラクエ4、ドラクエ5、ドラクエ6などに登場する。
  白馬であり、パトリシアを入手することで、戦闘要員を交換
  できるという画期的な選択を取ることができる。よく考えると、
  パトリシアはメチャクチャ強い。なぜなら、馬鹿でかい
  モンスターを最大7匹搭載することが可能である。
  
  例えば、ドラクエ5を例にとる。山のようにでかいギガンテス、
  グレイトドラゴン、鋼鉄のボディに包まれたキラーマシン……
  これらの巨体7人(≒7匹)を馬車に押し込み、パトリシアに
  牽かせても、パトリシアはそれを苦にせず歩き続けられる。
  山道だろうと、でっかい城も、魔王の城であろうと苦にしない。
  毒の沼地であろうと、主人公たちが歩くとダメージを受ける
  罠をいっしょに歩いてもけろりとしている。
  どう考えても、パトリシアの強さは尋常ではない。
  その体力、耐久力、精神力、力、強靭な脚力、
  毒を受けない耐性(特性)などは異常であり、最強である。

  6で言うなら、
   パトリシア>ランプの魔王>主人公

  5で言うなら、
   パトリシア>ヘルバトラー>主人公

  4で言うなら
   パトリシア>隠しキャラ>主人公(勇者)
  
また、5のプレステ番には隠しキャラがいるが、ヘルバトラー
と比してどちらが最強なのかは、意見の分かれる所であろう。

そして、その仮定を証明するひとつの事実がある。端的に言えば、
パトリシアはモンスターに襲われない。主人公たちを乗せ、
いっしょに冒険をしていながら、なぜかパトリシアは襲われない。
モンスターたちは、絶対にパトリシアを襲わない。つまり、
モンスターたちは獣の本能で気付いている。

「あいつが最強のモンスターであり、手を出すと大変なことになる」

事実、主人公たちが全滅してもパトリシアは無傷である。
仮に魔王の城で全滅しても、魔王から攻撃されることもなく、
元来た道を戻ってこれる。パトリシアから見たら、勇者たちなど
お荷物でしかないのではないか?そんな風に思えてしまう。

そして、主人公たちが教会などで甦ってから、
モンスターがわんさかいる歌舞伎町やアメリカのスラム街と
比べ物にならないキケンが危ない場所で、モンスターから危害を
加えられることもなく、たたずんでいる。

パトリシアは、主人公はもちろん、最強仲間モンスターよりも強い。
そして、魔王よりも強い。パトリシアが本気になれば、魔王など
恐るるに足らない存在なのだと思えてしょうがない。
パトリシアこそ、伝説であり、導かれし者なのである。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 12:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「同窓会 暗黒編」

「まさか同窓生がマルチしてるとは……」
冗談交じりに笑いながら語ったあいつの顔は
少し淋しそうだった。

3次会の会場にて。話題の尽きてきた私たちは、
同窓会にこなかった連中の話をし始めた。

「子育てをしていて、スーパーとかで見かける」
「すごい格好で歩いているのをみた」
「あんまり変わってないみたいだよ」
「彼氏or彼女を連れているのを見た」

と、様々な情報が行き交った。その中で、
そういえば、あいつはどうしたのかな……と
思った。あいつとは、今回の冒頭で登場した
この場にいないマルチをやっていた男のことだ。

彼は、転校生として私たちの小学校に温かく
迎え入れられ、同じ小学校・中学校を卒業した。

小6当時、「俺、おまえのクラスの○○が好き」
となぜかこっそり教えてくれた。はにかみながら。
あいつは、ルックスよかったし、実際中学校に
行ってからもかなりモテていた。中には恋愛当事者
の一人から「女ったらし」という、ありがたい
お言葉&仇名をつけられていた位だから、
やはり相当モテていたとみていいだろう。
そして、補足するなら、彼は少なくとも私の身近に
いた小学校当時は、他の同窓生と変わらず、
「いいやつ」だったし、そう見えていたのだ。


「悲しいよ。あの優しかった−P−君が、俺ダマして
 1万円持って行ったんだ。あの時、本当ギリギリの
 生活してたから、マジで苦しかった。ふざけるな
 って、思ったよ。ごめんね、こんな話ししちゃって」

酒も入って、こう語ったK君は私が知る限りいつも陽気な
ムードーメーカーであり、小学校の時からドラムを
叩いているようなちょっと風変わりな男だった。
自分が苦しんでいる姿を、あまり人に見せようとしない
タイプのK君だったが、酒も入り愚痴のひとつも言いたく
なったのだろう。私は知らなかったが、K君以外にも
小学校当時いっしょにお祭りに出かけた、ムウ君とかにも
−P−はあやしげな話を仕掛けていたそうだ。

「本当あいつ、なにやっているんだろうな……」

私よりも、中学校当時−P−と身近にいたメンバーは
多かれ少なかれ、こんな話しを仕掛けられたり、また
同じ被害に遭わないように情報交換していたらしい。
話してくれたK君には、そういう意図もあったと思うし、
聞いてよかったなぁと思う。

私は成人式に出なかったので、そんなことを知らなかった。
なんとなく、話にのぼらないなぁ……と思っていた同窓生の
中には、意図的に名前を挙げない・挙げられないメンバーも
いたりするのだと思う。また、無責任な憶測で来れなかった
同窓生のことをあれこれ言うのもイヤなのかもしれない。

連絡が取れなかった、仕事の都合で、家庭の事情で
単に行きたくなかった……いろいろな事情があったの
かもしれない。「会いたいなぁ」っていう同窓生はいたが、
「会えないなぁ」っていう同窓生もいたのかなぁ……。
ちょっと悲しい。

「思い出は優しいから甘えちゃダメなの」(FF10)

楽しかった小学校時代を追想し、私たちは笑いあったが
その中にはほろ苦いものや、人に言えない格好悪い面も
たくさんあった。でも、それが「笑い話」にできるように
同窓生や私は、自分なりに頑張ってきたんだと思う。

もちろん、−P−をはじめ、ここに来れなかった同窓生も
いろいろな道を歩んできたし、歩んでいくのだと思う。

恥ずかしくって言えないような過去も、全部ひっくるめて
自分。そりゃ、うまくいかないことや、悲しかったことも
つらかったこともあった。でも、同じ数だけ喜びがあったし、
美しいエピソードもあった(はずだ)。私は、時に人は
優しい思い出に甘えてもいいと思う。でも、それはあくまで
一時的なものであり、たとえば過去の栄光にすがるとか
現実から目をそらす手段&逃げ道にしてはいけないと思う。

私は、闘争本能ならぬ逃走本能を有するが、たまには
幸せについて本気出して考えてみたりしようかなと思った。

あと、私が当時好きだった人は、自分の夢をかなえるために
イギリスに渡り、なんか情熱的な恋愛をして、恋人を追って
現在大阪にいるとかいないとか……。本当か嘘かは知らないし、
脚色されてないか?と思ったが、それは言わぬが華。

いつだって思い出のあの人は、背筋をピンと伸ばして
胸張って生きていたなぁ……と感慨にふけてみたり、
実際に老けていたり。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

漫画『Paradise Kiss パラダイスキス』矢沢あい

私がモデルに……!?

200809130722000.jpg


早坂紫(ゆかり)は、優秀な清栄学園に通う170cmの美人女子高生。
3年生になり、母からの過度な期待に耐えながらの鬱屈とした
日々を送っていた。そんな彼女は、「ヤザガク」の服飾科に在籍
する個性豊かな4人のメンバーに出逢い、私たちが作るドレスの
モデルになってくれないかと頼まれる。気が強く、ヤザガクに
対して強い偏見を抱いていた紫は、語気も鋭く、一度は断るのだが
彼らのことを理解していき、いつしか4人と信頼関係で結ばれていく。

200809130745000.jpg


また、4人が在籍する「Paradise Kiss」に出入りするようになった
紫は、メンバーの中心的な人物であり天上天下唯我独尊男ジョージと
恋愛関係に陥ったり、4人を含めたたくさんの人たちとの日々の中で
本当に大学に行かなくてはいけないのかに疑問を持ち始める。

物語はロマンティックで、演出に満ち満ちたユニークな内容や、
魅力的でキャラの濃いみなさんや、悲しい過去を持つキャラたちの
回想を交えながら、減速することなく一気にラストまで走りぬける。
大胆なコマ割りや、キャラ配置も巧みであり、完成度が高い。
正統派恋愛漫画と言えよう。全5巻。表紙は、主要人物5人を描き、
裏表紙では、クモ(ジョージ)とチョウ(ゆかり)を模した、
暗喩的な絵が描かれている。

ゆかり ヒロイン、物語の主人公

有名校に通うも、授業についていけず劣等生だというコンプレックス
を持つ。容姿は端麗だが、パラキスのメンバーに会うまでは、
図書館で勉強したり、隠し撮りしたヒロの写真を懐に忍ばせていた。
直情径行にして気が強く、ジョージとの恋愛の際や人生の分岐路に
立った際、危なっかしい行動を取ることもある。
超教育ママ、要領のよい弟、ほとんど登場しない父を持つ。

ジョージ ヒーロー、物語の主人公
     
デザイナーになることを夢見る自己チューな男であり、
自称バイ(男女両方OK)。自他共に認める才能の持ち主で
将来を熱望されている。
服に対するこだわりはものすごく、一切の妥協を許さないので、
彼をサポートするパラキスの3人のメンバーは、彼によって右往左往。
名前を呼ぶ際、本名の譲二と呼ぶとキレる。
また、コンタクトによって青い目を演出しているが、
ゆかりいわく時々悲しそうな目をしている時がある。
残酷で冷たそうだが、イザベラとのエピソードなど
心やさしい一面も覗かせる。

実和子  

この物語の潤滑油的存在であり、幼い容姿とは裏腹に
大人であり、その温かくやさしいまなざしには
心惹かれるものがある。本作では、脇役という位置づけだが、
影の主役と言っても過言ではない。
嵐・ヒロくんのおさななじみである。
ブランドをプロデュースしているそっくりな姉実香子がいて、
姉の子育てを手伝っている。
また、優秀な姉の後ろをそのままくっついてきた
という負い目を感じている。

嵐    

実和子の彼氏であり、やきもち焼き。バンドにも精を出していて、
耳や目付近にピアスを入れていて、容姿の怖さも手伝って、
モデルスカウトしたゆかりから本気で逃げられた。
強面の外見とは裏腹に、自信のなさ、過去の出来事を引きずっている
のが垣間見える。

イザベラ 

男だか、女だかわからない謎の人物。実は豪邸に住むイザベラは、
パラキスにおける母親的な存在であり、おさななじみであるジョージ
をはじめ、メンバーから厚く信用されている。
自分の人格を認めてくれたジョージのために今日もイザベラは、
彼のためにドレスのパターンを引く。
     
ヒロくん 

清栄学園の秀才。ゆかりのあこがれの君。
ゆかりのクラスメイトであり、ゆかりの情緒不安定な様子や、
彼女の行動に危うさを感じるらしく、なにかと心配している。
彼も、物語に関わる重要なメンバーの一人であり、そのまなざしは
実和子に似た愛にあふれている。

通称「パラキス」。関連は「ご近所物語」
http://manga0001.seesaa.net/article/106481152.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「同窓会 純情編T」

「結婚します」
同じ学校に通っていた二人が、同窓会の会場で高らかに
そう宣言した。私たちは、二人を祝福した。

「関連日記」→2コ前の!合わせて読むと3割マシ。
http://manga0001.seesaa.net/article/95419926.html


さて、先にブログで書いていた「同窓会」の日とあいなり
ました。同窓会の案内状には、正装・カジュアルの有無が
書かれていなかったので、どっちにしようかなぁと考えた
のですが、恩師もいらっしゃるということで結局正装に。

母の指摘で、向かうべき同窓会会場を勘違いしていることに
すんでの所で気付き、最寄りの駅から会場に向かうことに。

「久しぶり〜」そこには、クラス一モテた男でありガキ大将
的存在でもあった、「きれいなジャイアン」ことタケシの姿が。

あんまり、変わってないなあとか、スーツが暑すぎると言う
タケシは、たしかに昔の面影を残したままです。貫禄十分。

「久しぶり〜」そこには、隣のクラスで一種独特の雰囲気を
かもし出していた、タイラさんの姿も。彼は、私服の垢抜けない
格好で来ており、正装の私を見て「2対1か。しまった〜」的な
ことを言っていました。小学生のとき小さかった彼は、急激に
伸び、今は、178cmとのこと。えらく伸びたな〜と思いました。

二人と、ダベリながら電車に乗り、電車で何人位集まるかな?
とか話していたら、学年一の秀才にして郷土の誇りである、
カオルを発見。カオルも、正装であり、テンションの下がる
タイラさん。カオルは、現在某大手銀行のうんたらという
説明してくれたけど、よくわからない仕事を手がけているとの
こと。さすがに、有名大学の院生卒はすごいです。でも、
彼はいいやつなので、それを鼻にかけないし、「いじられキャラ」
的要素もあるので、こういった会には欠かせない人物です。

駅からダラダラ歩いて、会場のあるホテルへ。ドレス姿でたたずむ、
地元の優秀な高校に進んだ才媛サワと合流。黒がシックで似合って
います。会場に向かうと、もう10人位集まってました。おお、
○○か〜、△△やね、変わってないなぁ〜とか言い合って受付に
サインをするのですが、えらく変わっているのも。グラサンに、
茶髪でロングヘアー、ロングTにダメージ加工ジーンズのいでたち
の彼は、はて誰だっけ?グラサン外したら、すぐにわかりました。
なんだ、ヒカルか〜。格好はあれですが、目がすさんでいなくて
よかったです。その後、よくいっしょに遊んだイケちゃんや、
たまに近所で出会って、しゃべったりしてたユーちゃんなんかと
軽くしゃべりながら、開演時間をすごしました。
なんか今日の同窓会には、サプライズが用意されているらしい……
そんな怪文書が出回り、テンションはヒートアップ。

「YOUたち。先生方が案内してくれないか?」と

幹事役のシーサーっぽくなったマナに言われて、幹事役でもない
のに、カオルといっしょに先生を迎えるはめに……。シーサーに
お前がやれよって言ったら、幹事役は受付から離れるわけには
いかない的なことを言われて、大役を賜りました。受付には、
先生方は現われず、同窓生が何人か来たりして、たまたま同じ日に
同窓会をしていた別の会場に、カオルといっしょに誘導したり
しながら、恩師達の到着を待ちます。

恩師が到着し、挨拶を済ませ、今度はちゃんと会場に誘導。
歓迎ムードの中、同窓会の火蓋は切って落とされましたとさ。
めでたし。めでたし。



式の途中で、会場に来ている二人が近々結婚するということで、
それを祝福することに。どうやって嗅ぎ付けたのか、または
風のたより、虫の知らせによるものなのか、世間は狭いのか、
二人の結婚はちゃっかり周りに知れ渡っていて、壇上に誘導
される二人。新郎は、隣のクラスのリーダー的存在だった
なにがし君で、新婦は我がクラスのルナルナ。

二人は、結婚するということで、おたがいの馴れ初めやらを
話すはめに。サプライズがあると式の前に囁かれていたのは
これか〜。

でも、ルナルナが3年生の時転校生としてやってきて、
クラスメイトから温かく迎えられ、少しずつクラス・学校に
溶け込んでいって、結果的に人生の伴侶たるパートナーに
めぐり逢えて本当によかった。っていう話には思わず

ええいやぁ 君からもらい泣き ♪

とまではいかなかったのですが、新郎はなんか泣いているし。
まぁ、二人を知る恩師や私たちは感動も感慨もひとしおです。
盛り上がりを見せる私たちは、二人を煽りだし、

「キスしろ〜!!」

とイヤなテンションで、迫ります。さぁ、さぁ、さぁ。 

結局、二人はキスをさせられ、写真やビデオにおさめられ、
私たちのその後の会話の話の種にされたのでした。
うーん、めでたいことです。

お幸せに〜〜。寿
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

「正装なの?カジュアルなの?」

着るべきか、着ぬべきかそれが問題だ。
(生きるべきか死ぬべきかそれが問題だ「ハムレット」のもじり)

まぁ、何も着ていかなかったら、「電車にGO」する前に
「派出所にGO」ですね。私脱いでもすごいんです。
嘘です。見得はりました。

「私脱いでも、すごいんです」→たしかTBC(エステ会社)の
CMで使われた名フレーズ。


さて、何の話かと言いますと、10年ぶりに同窓会がありますって
何日か前ににブログで書きましたが、それがついに明日なのです。
正しくは、隣のクラスと合同同窓会。
全員参加すると、60人弱です。
その後、家に投函された往復ハガキに「出席いたします」と
書いてポストに入れて、特に誰とも連絡取らないままです。
やはり、ほとんどの同窓生と没交渉なのがたたりました。
逆に、すごく変わった人がおもしろいかと。小学生の時と、
キャラが変わっていたり、見た目が変わっていたり、
性別が変わっていたり……、そんなことを考えると

よって、正装で行くべきか、それともカジュアルな私服で行くべきか
はたまたシックに決めるのか、どっこい笑いを取りに行くのか……
がはっきりわからないのです。ちなみに会場は某ホテルで、恩師も
来ます。ホテルだけを考えたら、正装が無難だと思うのですが、
2次会とか考えたら、動きやすいカジュアルの方がいいかなと
思います。うーん、迷うなぁ。

リコピンと綾瀬はるかのどちらかとだけ、デートできるとしたらと
いうのと同じ位迷うなぁ。

「刑事貴族2」と「立花陽介シリーズ」のどちらかだけ観れると
したら、ムチャクチャ悩むなぁ。(どちらも「相棒」で絶好調の
水谷豊さん主演のドラマ。どちらも4チャンネル。後者は火サス)

ユニクロとしまむらのどちらで買い物するか迷うなぁ。(→ウソ)

ギャグマンガで、山にでかけたらそれはもう「遭難」の前ぶりで
あり、絶対に道に迷うなぁ。

関係ないのも混ざっていましたが、それ位悩んで?いるのです。
まぁ、大いに楽しみながらですが。

IKKO「どんだけ〜?」
さんま「えっとこんだけ(と言って、手を大きさを示す)」


そして、実はこれは「ドッキリ」だ!とかも考えているわけです。
会場と思っていたホテルに行ったら、誰もいなかった。という
ドッキリ。

行ってみたら、私に想いを寄せていたという同級生が現われ、
告白されるというドッキリ。というか妄想。

同窓生の中に、将来の夢が「ホテルマン」だったのがいるので、
実はそいつがグルで……というドッキリ。


まぁ、どんな形であろうと、ブログのネタになりおいしい〜〜と
思ってしまう私は、ブログ管理人の鑑?それとも末期症状?

当時一番人気があったミスチルは、
今でも一番聴かれているのか?
どれ位の割合で結婚しているのか?
恩師の頭は、禿げてしまったのか?(失礼)
性別の変わった人はいるのか?
名前の変わった人はいるのか?
国籍の変わった人はいるのか?
人種の変わった人はいるのか?
大成した人はいるのか?

同窓生でもないのにまぎれ込んでいる奴はいるのか?
それが、わかるのは明日だし、物語はつきないが、
それはまた別の話。(王さまのレストラン風終わり) FIN
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

「社会人の登竜門 五月病+α」

≒「会社や学校行きたくない」っていうのが、五月病です。

間違っても、五月みどりさんが好きすぎて恋の病にかかったとか、
ブログの更新する気にならないっているのが五月病ではありません。あしからず。

またしても、アホな枕詞で恐縮ですが、みなさんは「五月病」に
かかったことがありませんか?私はありましたよ。

別に、五月に限らず「今日は行きたくないな〜」とか「今日は、
家族や恋人とすごしたい」とか「誰とも会いたくない」っていうのは
あると思いますが、新しい環境に身を置いて、一月経ったとき位って
いうのは、心が不安になりがちなものです。まぁ、私の場合は
大学卒業後に就職、社員研修を経て、4月20日位には「五月病」に
罹患していたものです。流行を先取りしていたわけです。同期には、
更に流行に敏感な方がいて、2日で辞めたっていう方も……。

「そんなの気の持ちようだよ」という方もいるかもしれませんが、
こればっかりは、自分の問題ですからね。それに、社会人になって
1年目っていう人は、大抵社会の厳しさや労働条件の悪さに度肝を
抜かれると思います。「8時間労働」とか公務員じゃなければ、
大抵の会社で守られていません。守っているのはレアケースです。

私は、さいわい今までの職場にいじわるな人やちょっとヤバイ感じ
の人がいたことはありませんが(変な人、すぐに愚痴を言う人、
説教好きな人)はいました。

尊敬できるし、「こういう人になりたいなぁ」と方もいました。
これって、すごく恵まれていることだと思います。
(これで、ブログを知り合いに見られても平気!)←心の声

社会人になって、自信なんてない状態で、頭ごなしに怒られたり
時には理不尽なことで怒鳴られたりしたら、やっぱり大抵の人は
凹んでしまうと思います。あと、仕事ができない自分を卑下したり、
変に思いつめてしまうケースもあると思います。
気にすることはないのです。いや、もちろん全然気にしないようでは
問題ですが、「次、頑張ろう」「ミス少なくしよう」と思えば
いいのです。失敗したら、その都度謝ればいいのです。
職場の先輩も、ミスをしているはずなのですから。

仕事に「絶対」はありません。「絶対にミスしない人間」は皆無。
守備の名手イチローも、ただのフライを落とすことがあります。
そして、シーズン通してずーっと調子がいいかというと、それも
また皆無です。どんな人間にも、好・不調があります。
最近では、野球ゲーム(パワプロとか)にも好・不調があります。
リアル(現実)だけでなく、仮想の世界にもあるのです。

余談ですが、サラリーマン育成ゲームとかあったら(あるのかも
しれませんが)、絶対「五月病」、「新人歓迎会の余興」、「接待」
、「栄転」、「オフィスラブ」、「社員旅行」、「人事異動」
なんかが盛り込まれているんだろうなぁ……、書いていて意外に
おもしろそうだな……と思いました。

派遣で会社に入って、会社の大きさ知らなかったのですが、なんか
売上が1兆円とか知って、ぶち驚きました。まぁ、下っ端の私には
それが特にプラスになるとかは皆無なのですが。でも、なぜか
陽あたり良好なので、昨日は30度になったり、2月頃から連日26度
超えていたという、素敵な職場環境です。

ちなみに、「スシ王子」は酢的だと思います。
アニメの「クレしん」が、「スシ王子」のタイアップをしてました。
朝日系列のドラマ・特撮もの・映画……やたら、クレしんに登場する
なぁ。あと、「ドラえもん」はやっぱり旧声優陣の古い方が
好きですねぇ。大長編とかも、今でも見たくなります。好きなマンガ
はいっぱいありますが、あえてひとつ挙げるなら「ドラえもん」。
それ位、ドラえもんはすごいと思います。世界一おいしいのはイチゴ
だって思ってた頃と、寿司でしょう……と思っている現在の私も
変わらずに楽しめる懐の深さを感じる作品です。なにより、前の
ブログに登場したメイちゃんや、もし仮に自分にこどもができた時、
まっさきに読ませたいのがドラえもんですからね。ここは大きい。

現在連載されている作品で、今一番続きが読みたいのは「リアル」。
野宮と、清春の今後はすごく気になります。
高橋は別にいいや……と「幕張」の※「ガモウならいいや」っぽく
言ってみたり。ガソリンが、35円も値上がりしたのに驚いたり。

※「ガモウならいいや」とは……。

「幕張」の作者が、「マンガ家なんて辞めてやる。
 ガモウ(当時連載中だったマンガ家 代表作「ラッキーマン」)
とコンビ組んでお笑いでもやる」
と宣言した際に、担当編集者が放った爆弾発言。
「ガモウならいいや」

しかも、他の漫画家を誘おうとした際には、
「迷惑かかるから……」釘をさしていたりする。

「サクラ」行為でもしようかな〜と思っていましたが、
コメントがついて嬉しいです。
私は、米とか大好物ですからとウザイアピール!
ラベル:サラリーマン
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。