2008年02月28日

「変なキャラ名」

マンガの名前(キャラ名)というのは、重要である。
読者が親近感を抱くかどうかを握るひとつのカギだ。
マンガを読んでいると変な名前のやつに遭遇することは多い。
「名はたいをあらわす」と言うが、マンガにおいてはその
キャラそのままのイメージやキャラ設定を如実にあらわす。
私の好きなキャラ名及び心に残ったキャラ名を抜粋したい。

肉欲棒太郎 肉欲企画のやり手社長」
→マンガ「ナニワ金融道」

この名前は、某ブログ(おもしろい)の管理人も採用している。
このキャラが、銀行に行って「肉欲棒太郎です 金貸して下さい」
と頼むシーンは圧巻。誰がこんな名前の奴に金を貸すんだ。
名前変えてから出直してこい!って感じですね。
ちなみに、結構いいやつです。

すけこましろう すねかじり大学生」
→「クレヨンしんちゃん」

女性が大好きのスケコマシ。女子大生のななこをデートに誘うも
しんのすけの妨害によって阻止される。その後、パッとしない。

なまいきなこ いちどうれい、かわゆいの後輩」
→「ハイスクール鬼面組」

いちどうれい(主人公)に恋をするという、風変わりな女の子。
親友に、「いじがわるい」がいる。

ビビジランテ ソンテネグロ ホメストーニ カルマンドーレ
ポポス
 ぼのぼのの友達のウサギ」
→「ぼのぼの」

父親によって、変な名前をつけられてしまったウサギ。
名前を異様に長い名前を覚えてくれたぼのぼのと友達になる。
ちなみに、父親は「この崖から落ちたらどうなるのかなぁ……」
とか考えている変な奴である。

「田中スーザンふみこ 県立わかめ高校の校長」
→「セクシーコマンドー外伝 すごいよマサルさん」
昔いたアイドルのパロディーらしい。
田中スーザンくみこ。
全力投球すると、天に召されそうになる、
すぐに錯乱してちょうちょを追いかけだす、
マサルたちをワナにはめる、
セクシーコマンドのチャンピオン、
わかめやカカオを栽培している
という変り種。たまにいいことを言う。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

マンガ『地球の行方編 藤子・F・不二雄短編集』

評価は最高評価の☆☆☆☆☆。

地球滅亡を描いたSFもののマンガであり、完成度は高い。
作品に、一切の妥協はなく、死やピンチに直面した人間が
とると思われる行動がありていに語れた名作であり、
内容はかなりきつめに仕上がり。完全に大人向けの作品。

ハンターハンターの1巻の印象的なセリフ

「あらゆる残酷な空想に耐えておけ
 現実は 突然無慈悲なものになるのだからな」

というセリフが思い出された。


「カンビュセスの籤」

荒野を歩く兵士サルクは、ぼろぼろになりながら光の射す方へ
導かれるように歩く。彼は、エチオピアへの遠征中「地獄」を
体験していた。そして、彼が見たものは、面妖な格好をした
全く違う言語を用いる女性と不思議なもの(コンピュータ)。

九死に一生を得た彼だったが、現実はあまりにも残酷だった。
生き残りをかけて、二人は籤(クジ)を引く。
それは、人類の存亡と自らの存亡をかけた「地獄」の選択。

「なぜだ!?なぜそんなにまでして生きねばならぬのだ!!」
彼の悲痛なまでの叫びが悲しい。


「定年退食」

増えすぎた人口。慢性的な食糧不足によって、新法≒「姥捨」が
復活。ほのぼのとしたタッチで描かれながら、その無慈悲なまでの
新制度は、ある年齢に達した者に対して容赦なく施工される。

読んでいてつらくなった。明日は我が身なのだから。

「わしらの席は、もうどこにもないのさ」(作中より)


「大予言」

有名な予言者が発狂したわけは……。

人類が直面する諸問題に対して、本気で取り組んだら発狂せずには
いられないだろう……というブラックジョーク的作品。
不都合な真実には、目をつぶっているよねというアイロニー(皮肉)
と、社会問題に一石を投じた作品。


「みどりの守り神」

細菌によって、世界が滅亡した。奇跡的に生き残った主人公たち。
なぜ、生き残れたのかに関してはちゃんと語られている。

「植物と動物は互いに助け合って生きてきた」


「間引き」

人類が急激に個体数を増やしてきたのは、ごく最近のことだ。
その上昇には、歯止めがかかることなく進んでいる。

「コインロッカーベイビー」に象徴されるような、愛が欠如した
人々のとる行動とは?作品当時は、45億人だった人口は、
現在約60億人。人間も「死の行進」(レミング)を続けるのか?

「人工増殖率は、ずうっと0.001%だったんですよ」


「宇宙人」

宇宙人との交信を夢見る少年は、超難関の門をくぐり抜け、
宇宙パイロットになるのだが、恐ろしい未来予想図を知ることに。

「どこで、なにが、どうまちがったのかぼくらにはわからない」


200802240832000.jpg


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

マンガ『時間旅行編 藤子・F・不二雄短編集』

「タイムトラベル」ものの短編集。

「一千年後の再会」

「盲亀浮木」(もうきふぼく)……めずらしいこと。
                天文学的な確率。
                0、000000……%的イメージ。

宇宙に旅立った青年と恋人が主人公。
彼らは「作為的」に別れさせられ、青年は恋人を想いながら
宇宙旅行を続ける。そして、途方もない時間が流れて……。
「奇跡」ってこういうことをいうんじゃないかな。

「タイムマシンをつくろう」

小学校の時ドラえもんのタイムマシンを作ろうとした親友の
松井と杉本。松井の前にあやしげなおっさんが現われ、
「(YOU!)タイムマシーンをつくっちゃいなよ?」と
持ちかけてくる。そして、タイムマシーンは完成するのだが……。
オチも含めて好きな作品。そういえば、手塚作品にも似たようなの
あったなとか思った。

「昨日のオレは今日の敵」

マンガ家には、締め切りがある。しかし、ネタが浮かばない。
ネームもできていない。追い詰められた主人公は、やけになって
円状に走り回る。本邦初公開!「時間の遡り方」

200802240909000.jpg


気付いたら、彼はちょっと前の時間に遡っていた。
人間って意志弱いよね。仮に一日が36時間になっても、同じ割合
ないしはそれ以上に怠惰になるだけだから、結局変わらないよね
という物語。「ドラえもんがいっぱい」の大人バージョンと言える。

「光陰」

光陰矢のごとし。
老齢を迎えた主人公たちは、「時間が経つのがはやくなった」と
感じるようになった。年齢を重ねると、相対的に時間というのは
「速く流れているように」(感じる)ものだが、この作品では
それだけではないようで……。ユニークな作品。

「オヤジ・ロック」

でかい石のセールスマンとタイムマシーンベルト式のセールスマンが主人公。
石の方は、「需要」がないことから、タイムマシーンの方は
「信じてもらえないから」当然のように売れない。
二人は手を組んで、商売を成立させようとする。ユーモア溢れる作品

「ノスタル爺」

すごくもの悲しい作品。本気で愛した人のために生きる男の物語。
過去に戻れたことは、しあわせだったのか不幸だったのかは
読む人によって変わってくるであろう。

「あいつのタイムマシン」

タイムマシンを発明しようと、いい年こいて熱中しているおっさんと
人並みの生活におさまった男。
タイムマシンのカギを握るのは、「メビウスの環」と「信念」。
「思念をこらして……信ずるただ信ずる」こと。
「そんなバカな……」と思う反面、おのれの可能性を信じることが
まず夢の第一歩ということも一理あるなと思う。
家に帰ったら、成海璃子がみそ汁つくっていると信じるのだ。(笑)

「旅人還る」

無限と思えるような宇宙旅行に出かけた主人公。
「ウラシマ効果」と「冷凍保存」を用いて、気の遠くなるような
歳月を宇宙に漂い続ける。恋人を地球に残して。
話し相手は、超高性能メインコンピュータ「チクバ」。
たまに、ホログラムで地球のことを思い出す。
膨張を続ける宇宙。その神秘とロマンに魅せられた男。
長い旅行の果てに彼が見たものとは……?

・ウラシマ効果…要約すると、光の速さで移動する物体などに
乗っていると、老化がゆっくりになるという現象。
一般的に、双子を例にとって、地球にいる和也と
宇宙旅行をしている達也では、
としをとるスピードが変わるというもの。

・冷凍保存………いわゆる人間を「冬眠」状態にすることで、
老化を遅らせる手法。
これが可能になると、長期の宇宙旅行もそうだが、
「未来の世界を見てみたい」とか
「現在の医療技術では治せない患者が治癒する可能性
(新薬の開発などによって)」が生まれる

200802240946000.jpg

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

「よくあるシリーズ 野球にたとえる」

野球はおもしろい。いわゆるスポーツの醍醐味とか、妙味とかが
凝縮されていると思う。プロの選手・監督のひとつひとつのプレーや
采配(判断)には、かなり高度な意味がある。

時に「なぜこの場面で……?」と首をかしげるようなシーンもある
もののほとんどの場面において、それには何らかの答えがある。
単純にサインミスということもあるが。

さて、ナガシマ元監督(ミスター)は一般的に迷監督だと言われている。
意外なことをするということであれば、あの人の他にいまい。

彼の考える野球とは「魅せる野球」であり「観客を楽しませる野球」
である。よって、どこか憎めないし、敵であるはずの相手
チームからも嫌われることがないのである。

堅実な場面での「ヒットエンドラン」(鳥居みゆきの持ちネタ)に
代表されるように奇抜なことをするのがナガシマ流だ。
ヒットエンドランとは、塁に出ているランナーをピッチャーが投げた
瞬間に走らせバッターに打たせるという攻撃的な作戦。チャンスを
広げることもあるがリスクも高い作戦であり、成功率は低い。
「これやったらおもしろいなぁ」ということを選択するのだ。

「桑田を抑えで起用した」のも、エンターテイナーである彼ゆえの
判断だ。「桑田」を抑えに使うなんて……と誰もが思ったが、
「だって(桑田がリリーフで投げるのは)おもしろかったでしょ?」
と語っている。「勝つこと」が宿命付けられている、プロのしかも
ジャイアンツという象徴の中で、あえて彼はそれをやったのだ。

さて、世の中には物事を野球に喩える人が多い。例えば、
「この場面は野球に喩えるなら、9回裏2アウト満塁、ここで
がんばれるかどうかで勝つ(成功)か、負ける(失敗)か決まる」
とか「攻めた結果のゲッツー(≒失敗)なら仕方がない」などだ。

私はこの喩えをマネしてみたいと思う。
私は昼飯に、カップラーメンを食べるのだが、それにはピッチャーの
ローテーションのようなものがある。

主に、4人
   エース チリトマトヌードル
   2番手 カップヌードル
   3番手 カップヌードル シーフード
   4番手 緑のたぬき

を軸にしているのだが、最近これではきつい。→飽きてきた。
よって、私はこの倦怠期に一石を投じる為に新人・ベテラン・
外国人をとりいれたい。

新人とは、「シーフードヌードル ミルク」であり、
ベテランとは、「カップヌードル カレー」や
「マルちゃん とん汁」「マルちゃん 長崎ちゃんぽん」などであり
外国人とは、「UFO」、「スパ王」などである。

これらの起用によって、私の昼飯のレパートリーは増え、
楽しい食事を満喫できることは請け合い。しかし、新人・外国人は
高いので、やはりある程度出場機会(食べる機会)を減らした方が
いいかもしれない。  
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

日記「無限大 ∞」

たとえば、5歳くらいのこどもには、無限の可能性が広がっている
気がする。その子が、ひとつの可能性を追い続け、結果的に自分が
「これだ」って思えるようなものをひとつでも見つけられたら……
その子の人生って、すごくいいと思う。最高だと思う。
このとき、必ずしも「成功」しなくてもいいと思うのだ。

私は、「勝つことがすべて」と考える人間も
同時に「はじめから負けていい」と考えている人間も
たぶん人生楽しめないなぁと考えている。

前者は、「足ること」(満足すること)を知った方がいい。
後者には、「それじゃあ楽しめないよ」と言いたい。

成功しても、失敗しても、なぜそうなったのかを考える方がいい。
仮に成功したとしても、その理由がわからなければそれはある意味で
「でたらめ」にすぎない。根拠のない○×クイズの正解と同じ。
失敗の原因を探らないと、同じ失敗を繰り返す。自分だけに
降りかかるのなら別にかまわないが大抵他者にも及ぶのだ。

反対に、失敗から何も学べないようであれば、たぶん人生
楽しめない。傷を知らない人間は、多分喜びも得られないし、
他者と喜びをわかち会えない気がする。
どうせなら、楽しい生き方を探す方がいいと思うのだ。
「生きているだけで丸儲け」と言ってたのはさんまさんだったっけ?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

マンガ『ある日、悪夢が編 藤子・F・不二雄短編集』

著者は、「ドラえもん」の作者。

「流血鬼」

気付いたら、世界の大半が吸血鬼になってしまっていた。
主人公は、数少ない仲間と「人類」の存亡をかけて戦うのだが……。

「気楽に殺ろうよ」

激痛と共に世界は一転。主人公は、家族との会話や社会に対して、
大きな違和感を覚える。
その世界では、「食」に関して異常に閉鎖的で、「性」に関して
異常にオープンな世界だった。

「アチタが見える」

チコちゃんは、超能力少女だ。
両親は、彼女が未来を予測していることに気付きだす。
そして、その能力に関して確信を持つにいたる。
想像力をかきたてられる名作ホラー。
など全8編を収録したSF短編集。おもしろい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

「よくあるシリーズ 年を言わない女教師」

女性に年を聞くのは、デリカシーに反する。
「私何歳だと思う?」と聞かれたら、
「20歳くらいだと思います」と、
5〜10歳位は、ワカメに言っとくのが武南大学。
人は時に、心にもないことを言います。
気をつけましょう。暗い道と甘い言葉に。

と、しょーもないネタをかましてしまいましたが、
女の先生って、なんで実年齢タブーな人が多いんだろう?

それはもう、必死で隠しますよね。
本当は、さして興味もないけどこっちが聞いてやっているのに
なんか必死で隠す様子が小学生の私にとってうざかった。
稲中の田辺並にうざかった。

特に、K先生がひどかった。
彼女の推定年齢はどう見ても母より上だった。
小学校当時で、45歳くらいだったと思う。これが
信じられないくらい精神的に幼い、イタい人だった。
しゃれじゃなく、マジで言っていた。あの目はマジだった。
「お前はすでにふけている」とか世紀末的発言したかったけど、
言えなかった。だって、精神的にイタい人にそんなこと言ったら
どんな仕返しされるかわからない。

先生は永遠の20歳

とかフツーに言っている本当にかわいそうな人だった。

まぁ、これ位ならざらにある話だと思う。
しかし、本当の恐怖は卒業アルバムにあった。

卒業アルバムってさ、小学生たちも結構張りきるよね。
安寿は、影武者がいるのか?と疑われるほど、写真撮らないし、
15歳以降の写真とか皆無なんだけど、小学校の卒業アルバムには
満面の笑みで映っている。多分カメラマンの腕がよかったんだ。
他のクラスメイトもみんなよい顔で映っている。
小学校の時のクラスメイトって、なんか知らないけどイケメン・
美女が多い。中学・高校・大学……とクラスメイト持ったり
したけど、小学校時代のメンバーはいい顔のが多かった。
みんな元気にしているかなぁと、担任の顔を見るとそこには、

どう考えても、20の成人式の袴姿のK先生の姿が……。

なんかもうね、泣きたくなった。ああいう人にはなるまい。
クラスメイトたちがね、K先生を反面教師にして
すてきな年のとり方をしていることを願って止まない。

年をとるのは すてきなことです そうじゃないですか
忘れっぽいのは すてきなことです そうじゃないですか
悲しい記憶の数ばかり 飽和の量より増えたなら
忘れるよりほかないじゃありませんか

中島みゆき「傾斜」より
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

「1万円やサイフを拾った」

管理人安寿は、サイフを拾ったことが都合4回あります。
むき出しの1万円を拾ったことがあり、今回はこの話など。
ちなみに、サイフを落としたり、置き去りにしたことも
わかっているだけで5回ほどあります。

まず、サイフを拾ったり、お金を拾ったケースについて。
はじめて、お金(大金)を拾ったのは6歳の時。
自宅の前にどぶがあったのですが、そこになんと一万円がぷかぷか
と浮かんでいました。私には兄がいて、その兄に
「お兄ちゃん1万円落ちとる」的なことを言ったのですが、
多分兄はよく聞こえていなかったか、しょーもない嘘だと思ったの
でしょう。
「そんなのほっとけ!」的なことをいい、ずんずん突き進んで
いきます。当時「ビックリマンチョコ」が流行っていて、
それは安寿が住む田舎町でも例外ではなくこどもたちの間で
大変人気がありました。兄は、おこづかい100円片手にずんずん
行きます。おそらく目当てはビックリマンチョコ3枚。
彼は、世間一般で言う所の横暴な兄とはかけ離れた聖人のような
心の持ち主であり、おかしがあったら自分よりも私に多くくれる
ようなマザー・テレサのような人だったわけです。
ビックリマンチョコ3個買っても、半分以上くれることは
間違いない。さういう漢です。
「10000円落ちている」という与太話に耳を傾けず、着実に
今ここにある100円でビックリマンチョコを3個買うという
目的にまっしぐら。それで、家に帰ってビックリマンチョコ
喰いながら、「そういえば、ドブのところに1万円落ちてたよ」
と母に告げたら、とりあえず見てみようということに……。

現場(私の家)に行くと、見紛うことなき「福沢諭吉」がぷかぷか
浮いていました。外の水道で洗って、母と共に交番へ。
お金などを拾うと、「拾得物に関する」うんたらかんたらと
いう紙にいろいろ書き込まないといけません。この場合のように
お金を直接拾った場合は、大抵持ち主は名乗りでることは
ありません。サイフとかなら、持ち主を特定するものが入って
いることが多いので、わかることが多いのですが……。

半年間持ち主が見つからない時は、拾った者に所有権が移転する
わけですが、安寿もこの例によって全額10000円をゲット。
1万円=1日の労働の対価ですし、まぁ昼飯をカップラーメンと
パン1個で済ませる管理人にとっては今でも大金ですが、
6歳の私にとっては、途方もない大金です。1日のおやつ代が
兄弟で100円前後だったわけです。

ビックリマンチョコが30円、バニラバー30円、ムギムギ30円、
合成着色料まみれのカキ氷が50円だったことを考えると
6歳の私にとって、その当時のお金は現在の10万〜20万円位の
価値がありました。だって、消費税がなかった当時なら、
30円のムギムギなら330個食べられることになりますから。
兄弟二人で半年近く毎日ムギムギ食べられる計算になります。

注:「ムギムギ」…麦チョコのこと。「猛スピードで母は」という
おもしろい小説の中でも取り上げられていたおかしのこと。
そのまま食べてもおいしいが、牛乳との相性は抜群で
いっしょに食べると食が進む。多分今食べてもそんなおいしい
ものじゃないと思うが、当時の私はこれが大好きで貪るように
食べていた。甘すぎないところがヒットした要因だと思う。

さて、1万円の用途ですが、麦チョコ333個という素敵な選択肢も
ありましたが、当時流行っていた某ゲームを購入して兄と共に
ずいぶん楽しみました。→「ドラゴンボール」関連のゲームです。

ちなみにサイフなどを拾って持ち主が見つかった場合、
5〜20%のお礼をもらえます。安寿は、過去サイフを拾った
お礼に3回5000円ずつもらいました。入っていたお金から換算
すると、多めにくれているわけです。

カードとか免許証とか諸々を考えて、多めにくれたみたいです。
高校の帰宅途中に道草して、バッティングセンターに行くと
いう校則違反をしていた帰り道に拾ったお財布の話をします。
「日頃の行いが……」というのは嘘みたいです。
まぁ、交番(警察署)が家から反対方向だったので、余分に
自転車を漕ぐはめにはなりましたが……。
免許証とか、社員証が入っていたので持ち主は簡単に判明。
落し物をした場合、サイフの中身は警察の方といっしょに
検分していくわけです。多分警察官が不正をしないように、
中身を全部出して書類に書き留めていくわけです。
たとえば避妊具とか入っていたら、やっぱり気まずい思いを
するのでしょう。所持してはいけないようなもの(麻薬とか)
をしのばせている者は、サイフを落としたら気が気じゃない
でしょうね……。

私の場合は、いわゆる水商売のお店の名刺を発見して、
持ち主の立場を考えて勝手に捨ててしまったことがありますが、
これって余計なお世話かな……。

おもしろかったのは、持ち主ではなく親が家に来たことですね。
たしか25歳くらいの男の人の変わりに50位のおじさんが来て
お礼にと5000円とお菓子をくれました。母と共にちょっと
あきれてしまいました。電話でもいいから、本人が言えよと
思いました。

あとは、「盗難された」と思しきバックとかサイフとかが
道に散乱していたので全部集めて交番に届けたら、
お礼の手紙とお菓子が家に届きました。そこには、
すごい上品な字体の感謝溢れる文面があり
「あぁ、届けてよかったなぁ……」と思いました。
お金はとられてしまったのですが、その方のかけていた
メガネが無事にかえってきて助かったという内容でした。

当時小学生だった某友達が自販機の中や、その近辺を鬼の
ように必死に散策しまくっていましたが、それって
「拾得物横領罪」だよなぁ。まぁ、小学生がやっていたら
注意されるくらいですみそうだけど、大人がやっていたら
フツーに捕まります。なんか、裁判所に見学に行ったときに
手錠かけられてた人の罪状の中に「自販機のつり銭の中から
ネコババして……」といったものがあって、そんな時代も
あったねと思いました。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

漫画『レベルE』冨樫義博

UMA(=未確認生物)を扱った冨樫義博渾身の短編集マンガ。
山形県に引っ越してきた、「筒井雪隆」(筒井康隆のもじり)は
全国中学野球の優勝チームの補欠。彼は、県下の高校に通う
ことになった直情径行型の野球少年であり、待望のひとり暮らしに
胸を躍らせていた。しかし、部屋のカギを開けた雪隆は部屋の中に
全然見に覚えのない男がいた。どうやら、カギを勝手に開けて
部屋に侵入したと思われる男は「自分は宇宙人だ」とのたまう。
半信半疑どころか、雪隆は男の話を全面的に信じていなかった。
そう、春先は変な奴が多い。なぜか、加速度的に増えるものだ。
しかし、男が差し出した妙な機械によって事態は最悪の展開に。
そして、男は実は宇宙規模の意味でかなり重要な人物であることが判明。
後に、宇宙有数の知能と悪魔的な性格の悪さを併せ持つ
厄介な人物であることも判明。

宇宙人たちは、すでに地球のあちらこちらに住んでいるという
奇想天外で、随所にウィットに富んだユーモアのセンスをちりばめた
名作マンガ。全3巻。

他に、不良中学生4人を主人公に「食」という本能を描いた物語、
RPGゲームの世界に巻き込まれてしまった5人の小学生の物語、
宇宙人との恋愛とそれによってもたらされる地球規模での危機を
描いた物語、ポルターガイストもの、人魚もの、壮大な政略結婚
テロリストものなどを絡めたストーリーが展開される。

全体的に暗い作品が多いものの、内容の濃さには目を瞠る。
ディティールも凝っていて、見応え十分。やや大人向けな作品。
反面、意外にまともな倫理観も存在する世界であり、ハートフルな
内容を含んでいたり。

ダウンタウン要素・RPG要素・鉄拳要素・Xファイル要素など
「アパタイト」要素……が含有量として含まれている。
また、ハンターハンターのゴンの原型になったと思われる主人公
(顔のみ)がいる。絵のタッチは本格的であり、かなり緻密に
書かれているのは、やはり月イチで描けたことが大きかった気が。

〜UMA(ユーマ)〜とは?

Unidentified Mysterious Animal
→アナイデンティファイド・ミステリアス・アニマルのこと

ネッシー・イエティ・火星人・リヴァイアサン・くだん……
といった例に代表されるような奇妙・未確認生物を指しています。
それらが、空想の産物なのか実際に存在するのかはそっちの棚にでも
置いておいて、楽しんだり、怖がったり、想像を膨らませるのが
いいかと思います。また、「UMA」検索すると、なかなか
おもしろいサイトが点在しています。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 冨樫義博『幽白,ハンター』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

マンガ『漂流教室』楳図かずお うめずかずお

〜あらすじ〜

突然の大地震によって、大和小学校の敷地内にいた小学生・教員・
幼稚園児+αが、未来の世界にタイムスリップ。
その世界は、ほとんどの動・植物が死に絶え、大気が汚染された
まさに地獄のような世界。

主人公の高松翔(たかまつしょう)は、持ち前のリーダーシップと
負けん気の強さ、行動力を発揮し、直面する次々の難題を
仲間と力を合わせながら解決していく。

また、時空を超えた「母と子の愛」が次々の奇跡を起こし、
殺伐とした物語の中で燦然と輝く感動的な希望に満ちた光を発する。
ある種、人間がたどった歴史を縮図化したような作品であり、
人生の過酷さや人間の裏の顔をリアルにグロテスクに描いている。

反面、友情・愛情・勇気を描いた物語であり、最後まで読めば、
大きな財産になることはうけあい。

敵役である関谷を筆頭に、主人公の足並みを乱す輩や、未知の生物、
恐ろしい病原菌、宗教の誕生、暴動、漠然とした不安・焦燥……など
ホラー要素の強い作品であり、楳図漫画の真骨頂とも言える。

200802031158000.jpg

関谷:「悪の権化」、「ひとでなし」、マンガ史上最悪のキャラ

楳図かずおさんの代表作にして、最高傑作と名高い名作中の名作漫画。
文句なくおすすめする作品。
文庫版全6冊。hyouryuukyousitu
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

漫画『HAPPY!』浦沢直樹

「YAWARA!!」そっくりの顔のヒロイン海野幸(うみのさちではなく、
うみのみゆき)が主人公。
題名とは裏腹に、主人公が不幸に見舞われ続ける話であり最後まで
読まないといい気分になれないタイプのストーリー。

〜あらすじ〜

幼い弟妹3人の世話をする高校3年生、海野幸。両親と共に鬼籍。
事業に失敗し、蒸発した兄の借金2億5000万円の返済をめぐり、
サラ金業者が来訪。督促をせまり、厳しい現実を突きつけられる。
幸は、ウィンブルドン(テニス界最大の大会)の優勝賞金が
2億5000万円だということを知り、経済的な理由から一度は辞めた
テニスの道を志す。幸は、中学時代にジュニア選手権優勝経験あり。
しかし、日本プロテニス界の有力者である、鳳財閥会長の鳳唄子は
ある理由から幸を毛嫌いし、テニス界からの永久追放を通告。
路頭に迷う幸であったが、唄子の息子圭一郎や、借金取り桜田、
プロテニスプレーヤー賀来などの支えもあってなんとか道を切り
開いていく。同時に、この三人によって傷つけられる場面もあるの
だが……。健気な幸の姿に感動し、エールを送りたくなる反面、
結構きつい話であり、読んでいてちょっとつらい。

「YAWARA」と異なる点として、はっきりとした悪役蝶子の存在が大きい。
典型的な悪人であり、作品の中で幸を騙した数、傷つけた数は数え切れない。
彼女の存在によって、物語が進んでいくと言っても過言ではないほど、
悪事の限りを尽くす。

ある意味では、このマンガにおけるテニス界不動の女王ニコリッチ
よりも手強い相手である。なんか人間の本性むき出しのキャラ。
全23巻。ワイド版全15巻。評価が分かれそうな作品。
HAPPYと言うよりもUNHAPPYな内容である。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦沢直樹『MONSTER』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。
 マンガのソムリエは
 乃木坂と箱根駅伝を
 応援しています。